マスクとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > マスク > マスクの意味・解説 

マスク [1] 【mask】

面。仮面
寒気やほこり,あるいはウイルスの感染などを防ぐために,口・鼻をおおうもの。 [季] 冬。 《 遠くより-を外す笑みはれやか富安風生
顔面保護のためにつける面。特に,スポーツ顔面をおおう防具
顔。容貌。 「甘い-をしている」
写真映画撮影時または焼き付け時に画面一部を写らないよう遮光するために用いるもの。

マスク [mask]

テキスト コントロール内のユーザー入力特定の種類入力制約する文字列。マスクは、マスク言語の文字構成されます。マスク言語は、マスク文字が許可する入力種類指定します。マスク言語が "0" を数値入力だけを許可するものと定義した場合、マスク "00:00" によって、ユーザーヨーロッパ時刻形式数値入力するよう制限されます。

マスク

別名:マスキング
【英】mask

マスクとは、Photoshopなどのグラフィックスソフトが備え機能のひとつで、作業対象にしたくない範囲保護するために覆うことである。

画像特定の部分をマスクで覆っておくと、例えばその部分を他の色で塗りつぶしたりしても、影響与えことがない

マスク機能は、複数画像合成する際や、作業範囲を正確に指定する場合に用いられる。


シマノフスキ:マスク

英語表記/番号出版情報
シマノフスキ:マスクMaski Op.34作曲年: 1915-16年  出版年: 1919年  初版出版地/出版社Universal 

作品概要

楽章・曲名 演奏時間 譜例
1 シェラザード "Szeherezada"8分30 No Image
2 道化タントリス "Blazen Tantris"6分00 No Image
3 ドン・ファンセレナード "Serenada Don Juana"5分30 No Image

ブリス:マスク

英語表記/番号出版情報
ブリス:マスクMasks作曲年: 1924年  出版年: 1925年  初版出版地/出版社Curwen 

マスク

作者干刈あがた

収載図書借りたハンカチ―物は物にして物にあらず物語
出版社集英社
刊行年月1992.8
シリーズ名集英社文庫


マスク

作者永倉万治

収載図書二人でボサノバ
出版社小学館
刊行年月1998.12
シリーズ名小学館文庫


マスク

作者町井登志夫

収載図書マスカレード異形コレクション
出版社光文社
刊行年月2002.1
シリーズ名光文社文庫


マスク

作者木戸順子

収載図書思秋期
出版社弦の会
刊行年月2002.11


マスク

作者川上八郎,川上敦夫

収載図書影絵
出版社川上八郎
刊行年月2004.9


マスク

名前 Musk

マスク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/22 09:50 UTC 版)

衛生医療医学等の分野を中心に用いられるマスク: mask)とは、人体のうちの一部または全体に被るもの、または、覆うものを指す[1][2][3][4][5][6]部まで覆うものを含めることもある。広義では体の他の部分を覆うものもそのように称することがある。


注釈

  1. ^ なお、ここで示した出典はいずれも係る変化が日本全体で起こったことのようにとれる論調になっているが、提示された統計学的論拠も「映像で確認した」という話も全て東京都心部の特定の場所のデータであることを見落とすべきでない。東京で起きたことを主語を欠いた形で報道するとき「日本で起きたこと」に置き換わりがちなのはむしろ通例であるから、本項ではそのような誤解が生じないよう「東京都心部」という語彙をあえて多用した。
  2. ^ 歳時記によって用語はまちまちであるが、要するに「人が生活するなかで行う事柄」を指す。
  3. ^ a b キーワード検索[ スポーツマスク ]

出典

  1. ^ 小学館『デジタル大辞泉』. “マスク”. コトバンク. 2020年4月5日閲覧。
  2. ^ 三省堂大辞林』第3版. “マスク”. コトバンク. 2020年4月5日閲覧。
  3. ^ 小学館『精選版 日本国語大辞典』. “マスク”. コトバンク. 2020年4月5日閲覧。
  4. ^ 山根信子、小学館『日本大百科全書(ニッポニカ)』. “マスク”. コトバンク. 2020年4月5日閲覧。
  5. ^ 日立デジタル平凡社世界大百科事典』第2版. “マスク”. コトバンク. 2020年4月5日閲覧。
  6. ^ 小学館『デジタル大辞泉』 サージカルマスク”. コトバンク. 2020年4月5日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g h 築城寿長「機能性マスク」『繊維学会誌』第65巻第9号、繊維学会、2020年3月6日閲覧。
  8. ^ a b c d e f g h i j k l 日本における産業用防じんマスク、医療用マスク及び家庭用マスクの実態”. 厚生労働省 除染作業等に従事する労働者の放射線障害防止に関する専門家検討会. 2020年3月6日閲覧。
  9. ^ a b c d e f 日本における産業用防じんマスク、医療用マスク及び家庭用マスクの実態”. 環境省、日本衛生材料工業連合会. 2020年3月6日閲覧。
  10. ^ 医療用マスク不足 「滅菌し再利用を」医療機関に周知 厚労省 - NHK
  11. ^ 布マスクは有効? WHOは「どんな状況でも勧めない」 [新型肺炎・コロナウイルス] - 朝日新聞
  12. ^ Advice on the use of masks in the community, during home care and in healthcare settings in the context of the novel coronavirus (COVID-19) outbreak
  13. ^ 世界保健機関(WHO)資料
  14. ^ [1][リンク切れ]
  15. ^ Respiratory Protection Against Airborne Infectious Agents for Health Care Workers: Do surgical masks protect workers?”. Canadian Centre for Occupational Health and Safety (2017年2月28日). 2017年2月28日閲覧。
  16. ^ 大正製薬、消費者庁に審査請求”. 共同通信 (2019年10月5日). 2019年10月5日閲覧。
  17. ^ 「花粉を分解」光触媒マスク表示問題で大正製薬が消費者庁に徹底抗戦”. diamond (2019年7月18日). 2019年10月5日閲覧。
  18. ^ 興和株式会社公式ホームページ・マスク
  19. ^ a b c d だてマスク急増のハテナ”. 公式ウェブサイト. HATENAVI ZIP!. 日本テレビ (2012年11月28日). 2020年3月25日閲覧。
  20. ^ a b c d e きっかけはSARS!? マスクが日本で広まった理由」『ANNニューステレビ朝日、2018年11月20日。2020年2月4日閲覧。
  21. ^ マスクの市場動向について調べています。”. レファレンス協同データベース. 国立国会図書館 (2010年8月26日). 2020年3月25日閲覧。
  22. ^ 飯田裕貴子; IBA MUSTAFA HILMI、齋藤彩乃、今井千華 (2017年6月). “マスクの知られざる秘密”. ときめき取材記. 国際文化フォーラム. 2020年3月25日閲覧。
  23. ^ a b c d マスク”. きごさい歳時記. NPO法人 きごさい(季語と歳時記の会). 2020年4月5日閲覧。
  24. ^ a b 岡村和彦(入力)、酒井和郎(校正) (2016年6月10日). “高浜虚子 『五百五十句』”. 青空文庫. 2020年4月5日閲覧。
  25. ^ 清水哲男. “季語がマスクの句”. 新・増殖する俳句歳時記(公式ウェブサイト). 2020年4月5日閲覧。
  26. ^ a b c d e f マスク”. 575筆まか勢. 2020年4月5日閲覧。
  27. ^ 新型コロナ 中国「マスク外交」存在感 発生国一転、支援国に」『毎日新聞 東京朝刊』毎日新聞社、2020年4月18日。2020年4月25日閲覧。
  28. ^ a b 中国新聞「中国・新型肺炎で自動車企業もマスク製造 異業種参入続々、前例ない大規模増産」『SankeiBiz』株式会社産経デジタル、2020年2月20日。2020年4月25日閲覧。
  29. ^ 中国のマスク生産能力と生産量、1日当たり1億枚を突破」『AFPBB News』AFP、2020年3月2日。2020年4月25日閲覧。
  30. ^ 福田直之「中国のマスク生産、1日1億枚を突破 日韓にも送る」『朝日新聞デジタル朝日新聞社、2020年3月2日。2020年4月25日閲覧。
  31. ^ マスク生産、1日1億枚突破 中国、1カ月で12倍に」『時事ドットコム時事通信社、2020年3月3日。2020年4月25日閲覧。
  32. ^ a b 世界マスク争奪戦 駆け引き過熱 生産量10倍増の中国存在感 新型コロナ」『毎日新聞毎日新聞社、2020年4月10日作成、同月18日更新。2020年4月25日閲覧。
  33. ^ 「【世界点描】中国のマスク生産、10倍に急増/電気自動車のBYD、「世界最大手」に」『日経産業新聞日本経済新聞社、2020年4月6日。2020年4月25日閲覧。
  34. ^ 京都新聞』京都新聞社、2020年4月23日朝刊、7面。2020年4月25日閲覧。
  35. ^ a b c d e f g 今川輝男「呼吸用保護具の選択と使用方法について」 日本船舶電装協会 2020年4月11日閲覧。
  36. ^ a b c d 田中茂(cf. KAKEN[2]、日本の研究.com[3]) (2008年8月). “ナノマテリアル製造・取扱い作業現場におけるばく露防止のための呼吸用保護具の使用について (PDF)”. 公式ウェブサイト. 厚生労働省. 2020年4月11日閲覧。
  37. ^ a b c d 平成23年度 第3回化学物質の健康障害の防止措置検討会参考資料 厚生労働省 2020年4月11日閲覧。
  38. ^ 保護めがね 日本保護眼鏡工業会 2020年4月11日閲覧。


「マスク」の続きの解説一覧

マスク

出典:『Wiktionary』 (2020/02/04 18:46 UTC 版)

語源1

英語 "mask"より。

名詞

マスク

  1. ウイルスなどの吸入放出防ぐために鼻及び口を覆うもの。
  2. 塵埃などの吸入を防ぐために鼻及び口を覆うもの。防塵マスク
  3. 顔面保護のために被る
  4. 仮面
  5. 黒塗りモザイクなどにより、文書画像などの一部見えないように覆うもの。マスキング
  6. 容貌かおだち

発音

ま↘すく

翻訳

動詞

マスク-する

  1. マスク(医療用又は防塵マスク)を着用する。
  2. 黒塗りモザイクなどにより、文書画像などの一部見えないように覆う。マスキングする。

活用

サ行変格活用
マスク-する

語源2

英語 muskより

名詞

マスク

  1. 麝香ムスク



マスクと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「マスク」の関連用語

マスクのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



マスクのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日本マイクロソフト株式会社日本マイクロソフト株式会社
© 2020 Microsoft.All rights reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2020 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリマスクの記事を利用しております。
社団法人全日本ピアノ指導者協会社団法人全日本ピアノ指導者協会
Copyright 1996-2020 PianoTeachers' National Association of Japan
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのマスク (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのマスク (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS