香りとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 性質 > におい > 香りの意味・解説 

かおり〔かをり〕【香り/薫り/×馨り】

読み方:かおり

よいにおい。香気

顔などのにおいたつような美しさ

「―をかしき顔ざまなり」〈源・柏木

→匂(にお)い[用法]


香り、臭気

【仮名】かおり、しゅうき
原文odor

ある特定のにおい。

におい

(香り から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/16 09:54 UTC 版)

まず『広辞苑』でどう解説しているか紹介する。次の順番で掲載されている。


注釈

  1. ^ 例外として「くさいにおい」は「臭いにおい」と書くのが基本だが、「臭い匂い」と書くことはある。読みづらいので「臭い臭い」とは通常書かない。
  2. ^ また、匂いが商品の販売推進の際の重要な訴求点になることもある。例えば、かつてキッコーマン醤油アメリカ合衆国で、(まだ醤油になじみのない)非アジア人に売り込む際には、店頭実演でを焼いて醤油をかけ、その匂いを大いに活用した[10]

出典

  1. ^ デジタル大辞泉
  2. ^ 『広辞苑 第5版、p.2018。※『広辞苑』第5版でも第6版でも、視覚的な匂いの方をまず一番目に挙げており、嗅覚的な匂いの説明はその後に配置している。
  3. ^ 『広辞苑』第5版、p.2018。※『広辞苑』第5版でも第6版でも、視覚的な匂いの方をまず一番目に挙げており、嗅覚的な匂いの説明はその後に配置している。
  4. ^ デジタル大辞泉
  5. ^ 注. 『広辞苑』では嗅覚系の説明は2番目以降である。
  6. ^ 広辞苑第六版「におい」
  7. ^ 『広辞苑』第5版、p.2018。※『広辞苑』第5版でも第6版でも、視覚的な匂いの方をまず一番目に挙げており、嗅覚的な匂いの説明はその後に配置している。
  8. ^ 『広辞苑』第五版 p.2018 「匂い」
  9. ^ a b c d e f 国本浩喜「暮らしの中の匂いと香り」金沢大学サテライト・プラザ「ミニ講演」講演録集、金沢大学大学教育開放センター、2006年8月、 NAID 1200008140542022年4月4日閲覧。
  10. ^ デリシャス・オン・ミート!肉によく合うKIKKOMANキッコーマン国際食文化研究センター(2018年2月26日閲覧)
  11. ^ 一例として、「JR中央線で異臭騒ぎ ヒーターにかばん触れる」産経新聞ニュース(2017年12月5日)2019年7月26日閲覧。
  12. ^ 体臭気にしすぎ!?相次ぐにおいトラブルNHKクローズアップ現代』(2017年10月25日放映)2018年2月26日閲覧
  13. ^ 小泉武夫『くさいはうまい』(文春文庫)には実例が多く紹介されている。
  14. ^ 米国で「最も臭いスニーカー」コンテスト、12歳少年が優勝ロイター(2017年3月29日)2018年6月19日閲覧
  15. ^ 池袋PARCO「におい展」(2018年2月26日閲覧)
  16. ^ 世界中の「不快な食べ物」博物館日刊工業新聞』2018年10月4日4面掲載の時事通信配信記事。
  17. ^ a b 青木孝志, 足達義則「ジャスミンの匂いが心拍変動に与える影響(研究発表,第21回生命情報科学シンポジウム)」『国際生命情報科学会誌』第24巻第1号、国際生命情報科学会、2006年、 121-125頁、 doi:10.18936/islis.24.1_121ISSN 1341-9226NAID 110004848824
  18. ^ 斎藤勇『面白いほどよくわかる!「女」がわかる心理学』西東社, 2014 p.61
  19. ^ a b c d e f g 斎藤勇『面白いほどよくわかる!「女」がわかる心理学』西東社, 2014 p.118-119
  20. ^ 鈴木隆『匂いのエロティシズム』集英社, 2002、ISBN 4087201295
  21. ^ 鈴木隆『匂いの身体論:体臭と無臭志向』八坂書房, 1998、4896944151
  22. ^ NHKクローズアップ現代「広がる“においビジネス”
  23. ^ 「香り可視化カメラ開発 豊橋技科大など 特徴をチャート表示」日刊工業新聞』2018年4月19日(大学・産学連携面)2018年10月8日閲覧。
  24. ^ 【きょうの授業】「におい」を再現する 香りの「もと」組み合併せ追求朝日新聞』朝刊2018年7月18日(教育面)2018年10月8日閲覧。
  25. ^ 【NextTech2030】東京工業大学/VR技術、嗅覚も追求 におい成分、組み合わせ工夫『日経産業新聞』2018年12月19日(先端技術面)。
  26. ^ a b c d e 矢野きくの『省エネで部屋干し洗濯物を早く乾かす方法』株式会社オールアバウト, 2013。「部屋干しをした洗濯物は、そもそもなぜ臭うのか?」の章。google eブックスで確認可能。
  27. ^ 室内干しおすすめグッズ人気比較ランキング15選【部屋干しでもストレスフリー】”. タスクルヒカク | 暮らしのおすすめサービス比較サイト. 2019年12月4日閲覧。
  28. ^ 岡田 謙一「匂いのデジタル制御」 2022年3月28日閲覧
  29. ^ 磐田市香りの博物館(2018年2月26日閲覧)
  30. ^ 大分香りの博物館(2018年2月26日閲覧)



香り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/29 21:56 UTC 版)

焼き芋」の記事における「香り」の解説

サツマイモ自体の香りは、柑橘類バラのようなテルペン由来香気相互に影響しあって形成しているまた、焼く際の加熱によって麦芽糖アミノ酸からメイラード反応によって生成した成分甘く焦げた香りを生むサツマイモには100グラムあたり228ミリグラムほどのポリフェノール含まれており、主にクロロゲン酸構成され、特に表皮部などに集中している。これはコーヒー同程度であり、焼き芋焦げた香りはコーヒー共通している面がある

※この「香り」の解説は、「焼き芋」の解説の一部です。
「香り」を含む「焼き芋」の記事については、「焼き芋」の概要を参照ください。


香り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/27 19:45 UTC 版)

プワゾン (香水)」の記事における「香り」の解説

ブルーベリーの甘いトップノートからチューベローズへの多面的なノートをワイルドベリー・コリアンダー・シナモンが引き締め全体蜂蜜甘美な香りで調和させている。

※この「香り」の解説は、「プワゾン (香水)」の解説の一部です。
「香り」を含む「プワゾン (香水)」の記事については、「プワゾン (香水)」の概要を参照ください。


香り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/07 07:36 UTC 版)

ティアレ・タヒチ」の記事における「香り」の解説

日本流通しているティアレ・タヒチ多くタイ産であるが、日本の香料メーカー長谷川香料タヒチ産の花を入手して両者比較行ったタヒチ産はパウダリー濃厚な甘さ感じるフローラルフルーティ調の香りであるのに対しタイ産はフローラルフルーティ調であるものの、タヒチ産に比べフレッシュシトラスのような爽やかさと花の蜜のような甘さ感じる香りであった。ダイナミックヘッドスペース法を用いた揮発性成分捕集分析において、タヒチ産では140種類主な香気成分としては安息香酸ベンジルサリチル酸メチル安息香酸リナロール安息香酸フェネチルバニリンサリチル酸ベンジルなどが検出された。これに対しタイ産は160種類同定されリナロールサリチル酸メチル安息香酸フェネチル安息香酸cis-3-ヘキセニル、安息香酸ベンジルなどがみられた。 AEDA法(Aroma Extract Dilution Analysis)による分析では、タヒチ産・タイ産ともリナロールが最も香気貢献度FD値)が高く、ほかに両者共通してFD値の高い成分にはバニリンフェネチルアルコールフェニルアセトアルデヒドサリチル酸メチル挙げられるタヒチ産ではγ-デカラクトンδ-オクタラクトンクリーミー濃厚な甘さ寄与すると考えられる。これに対しタイ産では酢酸cis-3-ヘキセニルや酢酸ヘキセニルがフルーティみずみずしい香り、さらにフェニル酢酸メチル花の蜜思わせる甘い香り構成すると考えられるかぐわしい香りを持つ花であるが、日本においてはフレグランストイレタリー製品への応用多くない

※この「香り」の解説は、「ティアレ・タヒチ」の解説の一部です。
「香り」を含む「ティアレ・タヒチ」の記事については、「ティアレ・タヒチ」の概要を参照ください。


香り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/20 09:55 UTC 版)

中国茶」の記事における「香り」の解説

上述記載で香りを大事にする旨の記載あるとおり中国茶の香りには魅力があり、「清香」「甜香」等の表現をされる中国茶製造工程多くの手法用いて魅力的な香りを出す工夫行っている中国茶は、食品香り付けにも使用される四川料理の「」、庶民的な食品である「茶鶏蛋」など、お茶の香りを料理に移す手法用い料理少なくない洋風では、紅茶クッキーケーキ香り付けに使う例もある。台湾では、砂糖煮紅茶の葉加え、香りをつけたものもある。

※この「香り」の解説は、「中国茶」の解説の一部です。
「香り」を含む「中国茶」の記事については、「中国茶」の概要を参照ください。


香り (アロマ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 02:49 UTC 版)

白ワイン」の記事における「香り (アロマ)」の解説

白ワインの香りの中にはワインの香りの要素のうちのほぼすべてが含まれる果実の香りには、レモングレープフルーツなどの柑橘類果物リンゴマルメロモモアプリコットなどの白い果実クルミヘーゼルナッツなどのナッツの香りが含まれるパイナップルマンゴーライチのようなエキゾチックな果物もある。さらに、アロマパレットと呼ばれるワインの香りの一覧には、コンポートジャム果物砂糖漬けなどの調理した果実の香りも含まれている。また、白ワインは、アカシアスイカズラバーベナスミレなどの花の香り表現されることもあるし、その花の蜂蜜香りがするといわれることもある。 熟成また、ワイン別の風味もたらす熟成は、バニラバターブリオッシュトーストカラメルなどの香りを作り出すヴァン・ジョーヌシェリーのような長期熟成するワインでは、典型的に生のクルミアーモンドヘーゼルナッツの香りが感じられる土壌によっても、栽培地域特有な香りが生まれることがある。すなわち、シャルドネソーヴィニヨン・ブラン では燧石フリント発火石匂いのようなミネラルアロマがあると言われ熟成したアルザスリースリング典型的に石油アロマ表現される赤ワインしかない思われているような香りも、白ワイン感じられることがある。これは、特に黒ブドウから作ったシャンパン一部見られイチゴラズベリーブルーベリーグースベリー といった赤い果物 香りを連想させる

※この「香り (アロマ)」の解説は、「白ワイン」の解説の一部です。
「香り (アロマ)」を含む「白ワイン」の記事については、「白ワイン」の概要を参照ください。


香り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/08 13:26 UTC 版)

シーケーワン」の記事における「香り」の解説

トップノートにはパイナップルマンダリンオレンジパパイヤベルガモットカルダモンレモンが、ミドルノートにはナツメグスミレオリスの根 、 ジャスミンスズランバラ。そのベースノートには、 サンダルウッドアンバームスクスギオークモスなど。

※この「香り」の解説は、「シーケーワン」の解説の一部です。
「香り」を含む「シーケーワン」の記事については、「シーケーワン」の概要を参照ください。


香り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/20 04:43 UTC 版)

芋焼酎」の記事における「香り」の解説

芋焼酎特有の香りは長所となる一方で好き嫌い分かれる。香りは以下のような成分構成される。 モノテルペンアルコール:マスカットライチに近い、主たる香りα-テルピネオールライラックの香り β-ダマセノン甘い香り グアイアコール消毒薬のような香り ファルネソール柑橘系の香り このうちα-テルピネオールグアイアコールは、他の焼酎にはみられない特に固有の揮発性成分となっている。モノテルペンアルコールはサツマイモの皮や両端多く含まれるモノテルペンアルコール配糖体が麹によって分解され生じるため、原料処理酵素活性によって香りが変化するまた、黒麹菌白麹菌よりもこの分活性が高い。これ以外の成分サツマイモ由来ではなく常圧蒸留際に醪が加熱され生じ副生成物が多い。

※この「香り」の解説は、「芋焼酎」の解説の一部です。
「香り」を含む「芋焼酎」の記事については、「芋焼酎」の概要を参照ください。


香り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/21 14:18 UTC 版)

食肉」の記事における「香り」の解説

食肉特徴付ける「肉らしい香り」は複数成分によってもたらされるもので、いわゆるとなる成分存在しない考えられている。肉の種類などによっても成分異なり一概に説明できないのが現状である。肉の悪い臭いについては、オス由来するいわゆる性臭や、糞便由来するインドール系臭気、および保存によって生じ酸化臭などが知られており、それぞれ成分同定進められている。

※この「香り」の解説は、「食肉」の解説の一部です。
「香り」を含む「食肉」の記事については、「食肉」の概要を参照ください。


香り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/08 06:56 UTC 版)

ヒドロキシシトロネラール」の記事における「香り」の解説

スズランの香りを表現するために開発され合成香料一つで、クリスチャン・ディオール香水ディオリシモ(英語版)に配合された。その後皮膚に対する感作性や安定性問題のあることが分かり化粧品中に1.0%以上含まれてはならない規制設けられた。酸やアルカリに弱い欠点があり、より安定性のあるフロロールやマジャントール、ヒドロキシイソヘキシル-3-シクロヘキセンカルボキシアルデヒドなどが開発された。不斉炭素原子一つ含むことから光学異性体知られるが、香料目的で区別されずに使用される皮膚の感作性の点では(S)-(-)体は(R)-(+)体に比べ弱いこと確認されている。使用制限あるものの、スズランミューゲユリなどのフローラル調合香料使われるほか、シトラスチェリー、ベリータイプのフレーバー花調与え目的で使用される日本の消防法では、危険物第4類第三石油類該当する

※この「香り」の解説は、「ヒドロキシシトロネラール」の解説の一部です。
「香り」を含む「ヒドロキシシトロネラール」の記事については、「ヒドロキシシトロネラール」の概要を参照ください。


香り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/10 01:25 UTC 版)

1-オクテン-3-オール」の記事における「香り」の解説

村橋報告によれば合成した光学活性体香りについてはほとんど特性に差がなかったとされている。しかし高光純度の鏡異性体合成した研究によるとかなりの特性の差が見られとされている。それによれば (R)-(−) 体は強いマッシュルーム様の香りを持ち閾値は0.01 ppm(S)-(+) 体は弱いハーブ様のカビ臭い香りで閾値0.1 ppm大きな差がある。なお、マツタケ中の1-オクテン-3-オール(R) 体が過剰でその光学純度は約80% eeとされている

※この「香り」の解説は、「1-オクテン-3-オール」の解説の一部です。
「香り」を含む「1-オクテン-3-オール」の記事については、「1-オクテン-3-オール」の概要を参照ください。


香り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/28 14:23 UTC 版)

ラズベリー」の記事における「香り」の解説

詳細は「ラズベリーケトンを参照 ヨーロッパキイチゴ Rubus idaeus主な芳香族化合物としてラズベリーケトン含まれるキウイフルーツリンゴカエデ松の木樹皮などにも含まれる香料として用いられる

※この「香り」の解説は、「ラズベリー」の解説の一部です。
「香り」を含む「ラズベリー」の記事については、「ラズベリー」の概要を参照ください。


香り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/10 09:03 UTC 版)

ギ酸3-メルカプト-3-メチルブチル」の記事における「香り」の解説

カシス代表的な香り成分一つであり、高濃度では動物体臭思わせる匂いとなる。白ワイン用ブドウソーヴィニヨン・ブランみられるネコの尿を思わせる香りの成分一つでもあるコーヒーにおいてはケニア高地生産されるアラビカ種コーヒー豆特徴的に含まれる本物質はコーヒー豆焙煎過程精油中のプレニルアルコール、ショ糖加熱生じギ酸含硫アミノ酸反応して生成するが、この地採れるコーヒー豆には、含硫アミノ酸元となるコーヒーペプチドが他の産地1.5倍ほど含まれることに起因すると考えられるコーヒー抽出液中ではpH4.0前後で最も安定し加水分解により減少する工業的に3-メルカプト-3-メチル-1-ブタノールから合成されるこれまでにゴマおよびごま油から検出されことはないが、ごま油にごく微量添加することによりゴマ香気増強する効果発見されている。

※この「香り」の解説は、「ギ酸3-メルカプト-3-メチルブチル」の解説の一部です。
「香り」を含む「ギ酸3-メルカプト-3-メチルブチル」の記事については、「ギ酸3-メルカプト-3-メチルブチル」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「香り」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

香り

出典:『Wiktionary』 (2021/08/21 12:04 UTC 版)

和語の漢字表記

(かおり)

  1. かおりを参照

「香り」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



香りと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「香り」に関係したコラム

  • CFDのコーヒー相場の見方

    飲用として流通しているコーヒーの木には、「アラビカ種」と「ロブスタ種」の2つの品種があります。アラビカ種は世界のコーヒー生産量のおよそ80%を占めています。一方、ロブスタ種は世界のコーヒー生産量のおよ...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「香り」の関連用語

香りのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



香りのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2022 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのにおい (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの焼き芋 (改訂履歴)、プワゾン (香水) (改訂履歴)、ティアレ・タヒチ (改訂履歴)、中国茶 (改訂履歴)、白ワイン (改訂履歴)、シーケーワン (改訂履歴)、芋焼酎 (改訂履歴)、食肉 (改訂履歴)、ヒドロキシシトロネラール (改訂履歴)、1-オクテン-3-オール (改訂履歴)、ラズベリー (改訂履歴)、ギ酸3-メルカプト-3-メチルブチル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの香り (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS