蜂蜜とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 食物 > 食品 > > 蜂蜜の意味・解説 

はち みつ [0] 【蜂蜜】

ミツバチが花から集めて巣にたくわえた蜜。無色または飴色で、ねばりがあり甘い。大部分糖分栄養価が高く、保存性にもすぐれる。食用薬用ハニー


蜂 蜜


蜂蜜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/28 00:53 UTC 版)

蜂蜜(はちみつ)とはミツバチ[† 1]を採集し、の中で加工、貯蔵したものをいう[2]。約8割の糖分と約2割の分によって構成され、ビタミンミネラル類などの栄養素をわずかに含む[3]。味や色は蜜源植物によって様々である[4]


注釈

  1. ^ 花以外の器官から分泌される蜜(花外蜜腺蜜)やが分泌する甘い体液甘露)が含まれる場合もある[1]
  2. ^ 花粉を分析することで蜜源植物や産地を推定することが可能である[1]
  3. ^ ビタミンB1ビタミンB2ビタミンB6ビタミンCビタミンKニコチン酸パントテン酸葉酸、ピオチン、コリン[29]
  4. ^ カルシウム[30][31]マグネシウム[30][31]カリウム[30][31]ナトリウム[30][31][30][31]マンガン[31][31]硫黄[31]塩素[31]リン[31]ケイ素[31]ケイ酸[31]
  5. ^ プロリン(アミノ酸の7割以上を占める[32][30]グルタミン酸[30][32]アラニン[30][32]ロイシン[30][32]イソロイシン[30][32]リジン[32]アスパラギン酸[32]ヒスチジン[32]アルギニン[32]スレオニン[32]セリン[32]グリシン[32]バリン[32]メチオニン[32]チロシン[32]フェニルアラニン[32]。アミノ酸の組成は蜂蜜の味に影響を及ぼす[32]
  6. ^ 蜂蜜を長期間保存すると、アミノ酸がグルコース(ブドウ糖)やフルクトース(果糖)と反応してメラノイジンを生成し、蜂蜜の色が褐色に変化する[32]
  7. ^ 7割以上[32]グルコン酸[33]で、他にコハク酸[32][33]酒石酸[33]酢酸[32][33]酪酸[32][33]シュウ酸[32][33]乳酸[33]クエン酸[32]リンゴ酸[32]乳酸[32]ピルビン酸[32]ギ酸[32]マロン酸[32]フマール酸[32]α-ケトグルタル酸[32]シスアコニット酸[32]
  8. ^ グルコースオキシダーゼ[34][35]アミラーゼ[34][35]カタラーゼ[34][35]インベルターゼ[34][36]ジアスターゼ[37]α-グルコシダーゼ[32]、β-フルクトフラノシダーゼ[38]フォスファターゼ[35]
  9. ^ クロロフィルカロテノイドメラノイジン[34]
  10. ^ 蜜源植物によって異なる部分が大きい。蜜源植物を問わず共通するものに酢酸エチルベンジルアルコール安息香酸、2-フェニルアルコール類など[39]。一般に、色が濃いものほど香気が強い[34]
  11. ^ 巣ごと食べる蜂蜜を巣蜜という[78]
  12. ^ これとは別に、ムーンは月を指し、「蜂蜜のように甘い夫婦の愛情も月のように欠けていく」という意味だとする説もある[102]
  13. ^ エーベルス・パピルスからは、蜂蜜が瀉下薬駆虫薬として活用されていたことが読み取れる。渡辺孝は、現代においてもあまり知られていない蜂蜜の駆虫作用が紀元前1600年代に知られていたことは注目も値すると述べている[106]
  14. ^ 文政11年刊本の巻之十一(用薬類虫類部)に「須波知阿免 味多 土中者八月堀[掘カ]出採之 無毒」とある。
  15. ^ 蜂蜜の吸水性は膿を吸い出す効果や、火傷が水ぶくれになるのを防ぐ効果ももたらす[129]
  16. ^ ローマの美食家マルクス・ガウィウス・アピキウスの著書『アピキウスの料理書』には肉や野菜を蜂蜜に浸けて保存する方法について記されている[92]
  17. ^ 古代エジプトではミイラを作る際の材料の一つとして用いられたとされる[134]アレクサンドロス3世バビロンで死亡すると、死体を蜂蜜に漬けてアレクサンドリアまで運ばれたと伝えられている[135]
  18. ^ ミツバチにさされることに求める見解もある[146]
  19. ^ 国文学者の山岸徳平はこれを、「荷葉の香の仕方(方法)を、調合に用いた名香は、蜂蜜を目立たぬように少し加えて、ぼろぼろと脆くして焚いた匂いが」と訳している[162]
  20. ^ 採蜜をこまめに行う地域では蜜源植物が一つであるといって差し支えない蜂蜜がとれるが、1年に1、2回しか採蜜しない地域では様々な蜜源の蜂蜜が混合し純粋性が損なわれる[177]

出典

  1. ^ a b 佐々木1994、108頁。
  2. ^ a b 角田1997、154頁。
  3. ^ a b 清水2003、28-31頁。
  4. ^ a b 渡辺2003、53-54頁。
  5. ^ 清水2003、4頁。
  6. ^ a b 渡辺2003、20頁。
  7. ^ a b c 世界のはちみつ生産量” (日本語). 日本蜂蜜株式会社. 2015年3月26日閲覧。
  8. ^ a b c d 世界の養蜂状況” (日本語). 社団法人 日本養蜂はちみつ協会. 2015年3月26日閲覧。
  9. ^ 原1988、39頁。
  10. ^ 清水2003、19頁。
  11. ^ 渡辺2003、32頁。
  12. ^ a b 渡辺2003、34-35頁。
  13. ^ 清水2003、19-20頁。
  14. ^ a b 渡辺2003、35-37頁。
  15. ^ 原1988、116-118頁。
  16. ^ "The Archaeology of Beekeeping", Eva Crane(1983)
  17. ^ a b 清水2003、12頁。
  18. ^ 渡辺2003、20-21頁。
  19. ^ 渡辺2003、21頁。
  20. ^ 原1988、84-85頁。
  21. ^ 清水2003、16頁。
  22. ^ 渡辺2003、38頁。
  23. ^ a b 渡辺2003、39頁。
  24. ^ 佐々木1994、21頁。
  25. ^ 渡辺2003、41-42頁。
  26. ^ 原1988、167-168頁。
  27. ^ a b c ナショナルジオグラフィック 2015年10月号 青色の巣、仏の不思議な蜂蜜
  28. ^ 赤司一武、「蜂蜜に関する研究」 活水論文集 12, 31-33, 1969-03, NAID 110007057500
  29. ^ 渡辺2003、102-107頁。
  30. ^ a b c d e f g h i j k l 清水2003、29頁。
  31. ^ a b c d e f g h i j k l 渡辺2003、108頁。
  32. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag 佐々木1994、109頁。
  33. ^ a b c d e f g h i 清水2003、29-30頁。
  34. ^ a b c d e f g h 清水2003、30頁。
  35. ^ a b c d 佐々木1994、112頁。
  36. ^ 渡辺2003、93頁。
  37. ^ 渡辺2003、94頁。
  38. ^ 佐々木1994、109-112頁。
  39. ^ a b 佐々木1994、113頁。
  40. ^ 渡辺2003、84頁。
  41. ^ a b c 清水2003、28頁。
  42. ^ a b 渡辺2003、90-91頁。
  43. ^ a b 渡辺2003、91-92頁。
  44. ^ a b c 越後多嘉志、「蜂蜜の特性とその利用」 日本釀造協會雜誌 Vol.72 (1977) No.4 P.244-249, doi:10.6013/jbrewsocjapan1915.72.244
  45. ^ 越後多嘉志、竹中哲夫、江沢真、蜂蜜の品質に関する研究 (第2報)加熱による品質変化 日本食品工業学会誌 Vol.22 (1975) No.4 P.148-153, doi:10.3136/nskkk1962.22.148
  46. ^ 清水2003、31頁。
  47. ^ 清水2003、54頁。
  48. ^ 渡辺2003、89頁。
  49. ^ 渡辺2003、6-7頁。
  50. ^ 原1988、23頁。
  51. ^ 渡辺2003、157頁。
  52. ^ 渡辺2003、92頁。
  53. ^ 渡辺2003、153頁。
  54. ^ 渡辺2003、101頁。
  55. ^ 渡辺2003、99-100頁。
  56. ^ 渡辺2003、34-35・93頁。
  57. ^ 渡辺2003、93頁。
  58. ^ 渡辺2003、93-94頁。
  59. ^ a b 渡辺2003、94-95頁。
  60. ^ 清水2003、28-29・58-59頁。
  61. ^ a b 渡辺2003、78頁。
  62. ^ 渡辺2003、80頁。
  63. ^ 清水2003、59頁。
  64. ^ 渡辺2003、81頁。
  65. ^ 渡辺2003、80-81頁。
  66. ^ 清水2003、59-60頁。
  67. ^ 渡辺2003、82頁。
  68. ^ 渡辺2003、154頁。
  69. ^ 渡辺2003、78頁。
  70. ^ 渡辺2003、16-17頁。
  71. ^ 清水2003、31頁(『四訂日本食品成分表』を根拠として挙げている)。
  72. ^ 渡辺2003、98頁。Huber Mackeyによる調査結果。
  73. ^ 渡辺2003、98頁。
  74. ^ a b 清水2003、54頁。
  75. ^ a b 清水2003、55頁。
  76. ^ 清水2003、53頁。
  77. ^ マン・ジョーンズ(編)2002、1頁。
  78. ^ 原1988、165頁。
  79. ^ 清水2003、7-8頁。
  80. ^ 原1988、97頁。
  81. ^ a b 渡辺2003、24頁。
  82. ^ 清水2003、8頁。
  83. ^ 渡辺2003、24-25頁。
  84. ^ 清水2003、45-46頁。
  85. ^ 清水2003、46頁。
  86. ^ a b c 清水2003、48頁。
  87. ^ 清水2003、46-47頁。
  88. ^ a b c 清水2003、47頁。
  89. ^ 清水2003、50-52頁。
  90. ^ 清水2003、48-49頁。
  91. ^ a b c 清水2003、49頁。
  92. ^ a b c d 清水2003、56頁。
  93. ^ 清水2003、57頁。
  94. ^ 清水2003、57-58頁。
  95. ^ 清水2003、58頁。
  96. ^ 清水2003、9頁。
  97. ^ 原1988、91頁。
  98. ^ a b c 清水2003、10頁。
  99. ^ 原1988、92頁。
  100. ^ a b 渡辺2003、2頁。
  101. ^ 渡辺2003、25頁。
  102. ^ a b 原1988、93頁。
  103. ^ 渡辺2003、3頁。
  104. ^ 渡辺2003、114頁。
  105. ^ 清水2003、2頁。
  106. ^ 渡辺2003、22頁。
  107. ^ 清水2003、24頁。
  108. ^ 原1988、114頁。
  109. ^ 清水2003、24-25頁。
  110. ^ 清水2003、25頁。
  111. ^ マン・ジョーンズ(編)2002、4頁。
  112. ^ 原1988、122-123頁。
  113. ^ 原1988、123-124頁。
  114. ^ 清水2003、25-26頁。
  115. ^ 清水2003、26頁。
  116. ^ 渡辺2003、30頁。
  117. ^ 原1988、113-114頁。
  118. ^ 清水2003、27頁。
  119. ^ 季語・季題辞典”. 日外アソシエーツ. 2013年9月23日閲覧。
  120. ^ 原1988、118-120頁。
  121. ^ 大塚1956
  122. ^ 原1988、120頁。
  123. ^ 渡辺2003、114頁。
  124. ^ 清水2003、31頁。
  125. ^ 渡辺2003、132頁。
  126. ^ 渡辺2003、135頁。
  127. ^ マン・ジョーンズ(編)2002、10頁。
  128. ^ a b 渡辺2003、135-136頁。
  129. ^ 渡辺2003、133頁。
  130. ^ 清水2003、31・55頁。
  131. ^ 渡辺2003、136頁。
  132. ^ 渡辺2003、132-133頁。
  133. ^ 清水2003、31-32・55-56頁。
  134. ^ 原1988、124-125頁。
  135. ^ 原1988、126-127頁。
  136. ^ a b c d 清水2003、32頁。
  137. ^ 渡辺2003、22・116頁。
  138. ^ 渡辺2003、116頁。
  139. ^ 渡辺2003、117頁。
  140. ^ 渡辺2003、23頁。
  141. ^ マン・ジョーンズ(編)2002、10-11頁。
  142. ^ マン・ジョーンズ(編)2002、11頁。
  143. ^ マン・ジョーンズ(編)2002、29頁。
  144. ^ 渡辺2003、128頁。
  145. ^ 渡辺2003、128-129頁。
  146. ^ a b 渡辺2003、129頁。
  147. ^ 渡辺2003、129-130頁。
  148. ^ Townsend, Gordon F.; Morgan, Joseph F.; Hazlett, Barbara (1959). “Activity of 10-Hydroxydecenoic Acid from Royal Jelly against Experimental Leukæmia and Ascitic Tumours”. Nature 183: 1270–1271. doi:10.1038/1831270a0. 
  149. ^ a b c d 渡辺2003、121頁。
  150. ^ Stamboliu, Dan Walter (1965), “Preliminary researches regarding the utilisation of some melliferous products in the auxiliary therapeutics of hepatic pathology”, XXth Apimondia Congress, Bucharest, Romania, pp. 555–557 .
  151. ^ 渡辺2003、118-119頁。
  152. ^ 渡辺2003、122頁。
  153. ^ 渡辺2003、122頁。
  154. ^ a b 渡辺2003、123頁。
  155. ^ 渡辺2003、119-120頁。
  156. ^ 渡辺2003、125-127頁。
  157. ^ マン・ジョーンズ(編)2002、13頁。
  158. ^ 渡辺2003、127-128頁。
  159. ^ 渡辺2003、114-116頁。
  160. ^ 渡辺2003、130-132頁。
  161. ^ a b c 原1988、171頁。
  162. ^ a b 渡辺2003、28頁。
  163. ^ a b 原1988、172頁。
  164. ^ 原1988、172-173頁。
  165. ^ a b c 渡辺2003、134頁。
  166. ^ 原1988、169頁。
  167. ^ 原1988、170-171頁。
  168. ^ 渡辺2003、55頁。
  169. ^ 清水2003、36-37頁。
  170. ^ 角田1997、127頁。
  171. ^ 渡辺2003、43頁。
  172. ^ 渡辺2003、43-46頁。
  173. ^ 渡辺2003、43・46頁。
  174. ^ 清水2003、35頁。
  175. ^ 清水2003、42-43頁。
  176. ^ 清水2003、43頁。
  177. ^ 渡辺2003、54頁。
  178. ^ 清水2003、41-42頁。
  179. ^ 渡辺2003、50-51頁。
  180. ^ 渡辺2003、51頁。
  181. ^ 荊条蜜(百度百科、中国語
  182. ^ 渡辺2003、74-75頁。
  183. ^ 渡辺2003、54-55頁。
  184. ^ 原1988、149頁。
  185. ^ 原1988、167頁。
  186. ^ 渡辺2003、75頁。
  187. ^ 渡辺2003、137-138頁。
  188. ^ 渡辺2003、137頁。
  189. ^ 渡辺2003、116-117頁。
  190. ^ 原1988、84頁。
  191. ^ 清水2003、33頁。
  192. ^ 清水2003、33-34頁。
  193. ^ 蜂蜜の知識” (日本語). 有限会社福島商事. 2011年9月28日閲覧。
  194. ^ 「授乳・離乳の支援ガイド」の策定について 平成19年3月14日 雇児母発第0314002号 厚生労働省雇用均等・児童家庭局母子保健課長通知、8頁” (日本語). 厚生労働省法令等データベースサービス. 2014年2月7日閲覧。
  195. ^ 離乳食などにハチミツを用いない方が良いのはなぜ?” (日本語). 広島舟入こども相談室. 2011年9月28日閲覧。
  196. ^ 原1988、141頁。
  197. ^ こどもちゃれんじ「子供の病気とトラブル」
  198. ^ 乳児ボツリヌス症で死亡=国内初、蜂蜜が原因-東京都
  199. ^ 登田美桜、畝山智香子、春日文子、過去50年間のわが国の高等植物による食中毒事例の傾向 食品衛生学雑誌 Vol.55 (2014) No.1 p.55-63
  200. ^ 小華和忠、邦産有毒蜂蜜源としてのホツツジTripetaleia Paniculata, Sieb. et Zucc. の意義に就て 日本薬理学雑誌 Vol.53 (1957) No.1 P49-53
  201. ^ Sutlupinar, N. et al. 1993. Poisoning by toxic honey in Turkey. Arch. Toxicol . 67:148-50.
  202. ^ アセビ” (日本語). 写真で見る家畜の有毒植物と中毒. 独立行政法人 農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究所. 2011年9月28日閲覧。
  203. ^ a b 安元(森)加奈未、ニュージーランド産ハチミツに混入した神経毒:更なる成分の解明 ファルマシア Vol.52 (2016) No.4 p.344, doi:10.14894/faruawpsj.52.4_344
  204. ^ 蓮華躑躅(レンゲツツジ)の毒性” (日本語). 医薬品情報 21. 2011年9月29日閲覧。
  205. ^ 原1988、128頁。
  206. ^ a b c d e f g Food and Agricultural commodities production”. FAO STAT. 2011年10月22日閲覧。
  207. ^ はちみつがタジキスタンを変える?障害者自立支援の新事業スタート”. NPO法人 難民を助ける会. 2011年10月22日閲覧。
  208. ^ 農家が悲鳴を上げる消えたミツバチの謎”. 日経BP (2009年6月15日). 2011年10月22日閲覧。
  209. ^ 柚洞一央 (7 2007). “「花蜜資源」を求めて―アルゼンチンにおける日系人養蜂業者の移動と経営戦略―”. 地理学論集 (北海道地理学会) No.82: 55. http://chiri.let.hokudai.ac.jp/~you/gakkai/gs/gs82/gs82_05.pdf 2011年10月22日閲覧。. 



蜂蜜

出典:『Wiktionary』 (2012/04/22 16:30 UTC 版)

和語の漢字表記

  1. はちみつ 参照





蜂蜜と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「蜂蜜」の関連用語

蜂蜜のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



蜂蜜のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
イシハライシハラ
Copyright (C) 2018 Ishihara Co.,Ltd. All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの蜂蜜 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの蜂蜜 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2018 Weblio RSS