痛みとは? わかりやすく解説

いたみ【痛み/傷み】

読み方:いたみ

病気や傷などによる肉体的な苦しみ。「腰に—が走る」「傷の—」

精神的な苦しみ悩み悲しみ。「胸の—をいやす」

傷み器物などの損傷破損。「家の—がひどい」

傷み食物、特に果実などの腐敗。「—が早い果物


痛み

読み方:いたみ

マ行五段活用動詞痛む」の連用形、あるいは連用形名詞化したもの

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

痛み

作者徳田秋声

収載図書秋声全集 第2巻復刻版
出版社臨川書店
刊行年月1990.1

収載図書徳田秋声全集 第9巻 足迹・黴
出版社八木書店
刊行年月1998.1


痛み

作者小泉喜美子

収載図書日本ベストミステリー選集 11 悪意プリズム
出版社光文社
刊行年月1991.4
シリーズ名光文社文庫

収載図書短編で読む 推理傑作選50
出版社光文社
刊行年月1995.11


痛み

作者池田

収載図書わかれ
出版社日本図刊行
刊行年月1997.6


痛み

作者こみやかずお

収載図書ショートショートの広場 14
出版社講談社
刊行年月2003.2
シリーズ名講談社文庫


痛み

作者夏樹静子

収載図書モラルの罠
出版社文藝春秋
刊行年月2003.2

収載図書モラルの罠
出版社文藝春秋
刊行年月2006.2
シリーズ名文春文庫


痛み

作者永沢光雄

収載図書恋って苦しいんだよね
出版社リトルモア
刊行年月2007.1


痛み

作者安妮宝貝

収載図書さよならビビアン
出版社小学館
刊行年月2007.7


痛み

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/08/26 15:07 UTC 版)

本記事では神学哲学文学等々で扱われている痛みあるいは苦痛 (いずれも pain)を扱う。




「痛み」の続きの解説一覧

痛み

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/12 08:00 UTC 版)

アイソレーション・タンク」の記事における「痛み」の解説

ストレス関連の痛みだと診断され患者REST用いた治療行った研究探索した報告存在するリウマチの痛み、月経前の痛み、線維筋痛症むち打ち関連障害といった状態に効果を示す研究見つかった線維筋痛症 アイソレーション・タンク全身筋肉弛緩作用と、精神緊張緩和によるリラクゼーション作用線維筋痛症疼痛緩和作用があると言われている。 慢性筋緊張性頭痛 1991年報告され研究では、31症例4つ処置のうち1つ参加したそれぞれ4週間1時間半〜2時間セッション行った対照群/暗い部屋ベッド積極的に3種類の治療処置アイソレーション・タンク浮いているリラクゼーション筋弛緩運動 アイソレーション・タンク筋弛緩運動加えた全体優位に頭痛改善した。6か月フォローアップで4の群57%が継続改善した。2の群と3の群は25%平均25%継続改善であった対照群1は治療の終了から34%悪化したストレス性燃え尽き症候群によるうつ病による筋痛症に対す効果 32名のストレス関連性筋痛症、そのうち16名は燃え尽き症候群によるうつ病診断された。アイソレーション・タンクによる6週間12週間プログラムで、参加者血圧低下、痛み、不安、抑うつストレス否定的な感情低下させて、ならびに楽観性エネルギー肯定的な感情増加させた。フローティングストレス関連の痛みを伴う治療に際して有効な侵襲性治療であることが結論された。

※この「痛み」の解説は、「アイソレーション・タンク」の解説の一部です。
「痛み」を含む「アイソレーション・タンク」の記事については、「アイソレーション・タンク」の概要を参照ください。


痛み

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/29 15:36 UTC 版)

レーザー脱毛」の記事における「痛み」の解説

レーザー脱毛広告などでは、「痛みはない」という表現がされていることが多いが、それは誤りである。以前の「針脱毛」と比較すれば、かなり痛みは軽減されているため、痛みは無いという表現になった思われる

※この「痛み」の解説は、「レーザー脱毛」の解説の一部です。
「痛み」を含む「レーザー脱毛」の記事については、「レーザー脱毛」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「痛み」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

痛み

出典:『Wiktionary』 (2021/08/21 07:37 UTC 版)

和語の漢字表記

(いたみ)

  1. いたみ」を参照

「痛み」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「痛み」の関連用語

痛みのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



痛みのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの痛み (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのアイソレーション・タンク (改訂履歴)、レーザー脱毛 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの痛み (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS