果実とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > > 法概念 > > 果実の意味・解説 

か‐じつ〔クワ‐〕【果実】

種子植物の花の子房が発達変化したもの中に種子を含む。狭義には、成熟した子房主部になる真果(しんか)をさし、花托など子房以外の部分主部になるものを仮果として区別することもある。果皮性状から乾果液果分け由来する子房一つかそれ以上かによって単果複果とに分けられる。実(み)。

液果のうち、食用となるもの。くだもの水菓子

精神的肉体的働き成果。みのり。

日本で結んだ学術の—を」〈鴎外妄想

法律用語。ある物(元物(げんぶつ))から産出される収益物。穀物羊毛牛乳などの天然果実と、利息地代・家賃などの法定果実とがある。

果実の画像

か‐じつ クヮ‥ 【果実】

〔名〕

植物の成熟した果皮およびその付属物すべてをいう。狭義には種子果皮をさすか、または、卵子受精した結果発達した子房をいう。果実の形式多様で、堅果(けんか)(=クリなど)、穎果(えいか)(=イネなど)、痩果(そうか)(=スミレなど)、豆果(とうか)(=エンドウなど)、液果(えきか)(=ミカンなど)、石果(せきか)(=ウメなど)等があり、子房以外のものが伴って果実の主体をなすものに偽果(ぎか)(=リンゴナシなど)がある。実。果物。〔日葡辞書(1603‐04)〕

日本開化小史(1877‐82)〈田口卯吉〉一「所謂天造の果実根を集めて其食物為し」〔礼記王制

努力などの結果

正法眼蔵123153伝衣「本祖あらず、いかでか善根種子をきざさん、いはんや果実あらんや

元物から生ず経済的収益物。果樹の実、羊毛牛乳どのように元物から自然に産出される天然果実と、家賃地代利息どのように元物使用する対価として受ける金銭などの法定果実とがある。

民法明治二九年)(1896)一八九条善意占有者占有物より生する果実を取得す」


果実

英訳・(英)同義/類義語:fruit

種子植物の子房が発達して形成されるもの。植物の種によって異な繁殖戦略により、多様な形態や色をもつ。
「生物学用語辞典」の他の用語
個体の器官や組織など:  末梢リンパ器官  末梢神経系  末梢血  果実  柔組織  栄養体部  栄養器官

果実

作者三島由紀夫

収載図書三島由紀夫短篇全集
出版社新潮社
刊行年月1987.11

収載図書三島由紀夫集―文豪ミステリ傑作
出版社河出書房新社
刊行年月1998.8
シリーズ名河出文庫

収載図書決定版 三島由紀夫全集 18 短編小説
出版社新潮社
刊行年月2002.5


果実

作者岸田四郎

収載図書水色の朝
出版社皆美社
刊行年月1989.8


果実

作者林真理子

収載図書死ぬほど好き
出版社集英社
刊行年月2000.3

収載図書死ぬほど好き
出版社集英社
刊行年月2003.7
シリーズ名集英社文庫


果実

作者高橋るい子

収載図書囚われの春
出版社審美
刊行年月2000.7


果実

作者篠田節子

収載図書天窓のある家
出版社実業之日本社
刊行年月2003.9

収載図書天窓のある家
出版社新潮社
刊行年月2006.10
シリーズ名新潮文庫


果実

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/03 06:39 UTC 版)

果実(かじつ)


  1. ^ 「樹木学」p131 ピーター・トーマス 築地書館 2001年7月30日初版発行
  2. ^ 「森林の百科」p217 朝倉書店 2003年12月1日初版第1刷
  3. ^ 「食品学」(栄養科学ファウンデーションシリーズ5)p84 和泉秀彦・三宅義明・舘和彦編著 朝倉書店 2014年4月1日初版第1刷
  4. ^ 「食品学」(栄養科学ファウンデーションシリーズ5)p84 和泉秀彦・三宅義明・舘和彦編著 朝倉書店 2014年4月1日初版第1刷
  5. ^ 「食品学」(栄養科学ファウンデーションシリーズ5)p82 和泉秀彦・三宅義明・舘和彦編著 朝倉書店 2014年4月1日初版第1刷


「果実」の続きの解説一覧

果実

出典:『Wiktionary』 (2018/07/06 00:58 UTC 版)

名詞

 (かじつ)

  1. 被子植物において、種子及びそれを取りまく子房起源とする器官
  2. (法律) 民事法において、元物収益発生する元になる物)から生じる収益

発音

か↘じつ

語源

関連語

くだもの

翻訳




果実と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「果実」の関連用語

果実のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



果実のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JabionJabion
Copyright (C) 2021 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの果実 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの果実 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS