果実とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > > 法概念 > > 果実の意味・解説 

か‐じつ〔クワ‐〕【果実】

読み方:かじつ

種子植物花の子房が発達変化したもの。中に種子を含む。狭義には成熟した子房主部になる真果(しんか)をさし、花托など子房以外の部分主部なるもの仮果として区別することもある。果皮性状から乾果液果分け由来する子房一つそれ以上かによって単果複果とに分けられる。実(み)。

液果のうち、食用なるものくだもの水菓子

精神的肉体的な働き成果。みのり。

日本結んだ学術の―を」〈鴎外妄想

法律用語。ある物(元物(げんぶつ))から産出される収益物。穀物羊毛牛乳などの天然果実と、利息地代・家賃などの法定果実とがある。

果実の画像
「果実」に似た言葉

果実

英訳・(英)同義/類義語:fruit

種子植物の子房が発達して形成されるもの。植物の種によって異なる繁殖戦略により、多様な形態や色をもつ。
「生物学用語辞典」の他の用語
個体の器官や組織など:  末梢リンパ器官  末梢神経系  末梢血  果実  柔組織  栄養体部  栄養器官

果実

作者三島由紀夫

収載図書三島由紀夫短篇全集
出版社新潮社
刊行年月1987.11

収載図書三島由紀夫集―文豪ミステリ傑作選
出版社河出書房新社
刊行年月1998.8
シリーズ名河出文庫

収載図書決定版 三島由紀夫全集 18 短編小説
出版社新潮社
刊行年月2002.5


果実

作者岸田幸四郎

収載図書水色の朝
出版社皆美社
刊行年月1989.8


果実

作者林真理子

収載図書死ぬほど好き
出版社集英社
刊行年月2000.3

収載図書死ぬほど好き
出版社集英社
刊行年月2003.7
シリーズ名集英社文庫


果実

作者高橋るい子

収載図書囚われの春
出版社審美
刊行年月2000.7


果実

作者篠田節子

収載図書天窓のある家
出版社実業之日本社
刊行年月2003.9

収載図書天窓のある家
出版社新潮社
刊行年月2006.10
シリーズ名新潮文庫


果実

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/15 20:07 UTC 版)

果実(かじつ)


  1. ^ 「樹木学」p131 ピーター・トーマス 築地書館 2001年7月30日初版発行
  2. ^ 「森林の百科」p217 朝倉書店 2003年12月1日初版第1刷
  3. ^ a b 「食品学」(栄養科学ファウンデーションシリーズ5)p84 和泉秀彦・三宅義明・舘和彦編著 朝倉書店 2014年4月1日初版第1刷
  4. ^ 「食品学」(栄養科学ファウンデーションシリーズ5)p82 和泉秀彦・三宅義明・舘和彦編著 朝倉書店 2014年4月1日初版第1刷


「果実」の続きの解説一覧

果実(かじつ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/23 16:19 UTC 版)

絶園のテンペスト」の記事における「果実(かじつ)」の解説

世界各地散らばるという巨大な果実。外見眼球付いたのようなもの。

※この「果実(かじつ)」の解説は、「絶園のテンペスト」の解説の一部です。
「果実(かじつ)」を含む「絶園のテンペスト」の記事については、「絶園のテンペスト」の概要を参照ください。


果実(種子・胚芽)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/06 11:05 UTC 版)

トウモロコシ」の記事における「果実(種子胚芽)」の解説

トウモロコシの実は、人間食用としての他、畜産業での飼料として大量に消費されている。そのほかデンプンコーンスターチ)や、サラダオイルなどに用いられるコーン油供給源としても利用されている。2007年度には、家畜飼料用世界総消費64%、コーンスターチ製造コーン油などに用いられる工業用32%を占めたまた、黒鯛等を釣る釣り餌としての需要もある。 トウモロコシからは効率よく純度の高いデンプン得られるため、工業作物としても重要な位置を占める胚乳から得られるデンプン製紙や糊などに使用される他、発酵によって糖やエタノールなど、様々な化学物質転化されている。こうして作られるコーンシロップ甘味料として重要である近年では環境問題持続的社会への関心から、生分解性プラスチックであるポリ乳酸や、バイオマスエタノールとしてブラジルでは自動車燃料などへの用途広がりつつある。 また、アメリカ合衆国では、飼料用トウモロコシの実を燃料にする暖房ペレットストーブが、コーンストーブ(英語版)と呼ばれて製造販売されている。 特にアメリカではバイオマスエタノール原料として注目され価格急騰し2008年にはアメリカ国内需要3割占めるようになり、大豆からの転作進んでいるが、大豆小麦に比べ成長消費するため、一部の地域で水資源の不足が問題になりつつある。また、エタノール相場トウモロコシ相場ミスマッチ輸送供給のためのインフラ不整備によって起こ採算悪化や、エタノール対応する機種少ないことなどからバイオマスエタノール用の需要伸び悩み供給過剰によって生産されエタノール価格ガソリン価格暴騰にもかかわらず横ばい続けているなどの問題もある。 果実は、胃腸の調子を整える薬効がある玉蜀黍ぎょくしょくしょ)と称される生薬にもなり、茹でて食される胚芽から搾った脂肪油は、溶剤軟膏基剤としての利用もある。 そのほか文化的な用途としては、「インディアンコーン」とも呼ばれるフリントコーン種が北米感謝祭の間(または収穫期の間)、ドアテーブルに飾るなどする習慣がある。

※この「果実(種子・胚芽)」の解説は、「トウモロコシ」の解説の一部です。
「果実(種子・胚芽)」を含む「トウモロコシ」の記事については、「トウモロコシ」の概要を参照ください。


果実(種子)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 03:00 UTC 版)

コリアンダー」の記事における「果実(種子)」の解説

種子植物学上では果実)を乾燥させたものは主にスパイスとして利用されそのままか、砕いて使われるヨーロッパインドでは香辛料としての利用盛んである乾燥したコエンドロ種子(果実)はコリアンダーシードやコリアンダーホールなどともよばれ、すりつぶした粉末はコリアンダーパウダーともよばれている。とは全く風味異なり柑橘類オレンジアニスのような、あるいはレモンセージ合わせたような香り表現される種子容易に砕くことができ、家庭で挽いて粉末にできるが、インドでは少し焙煎して香り引き立ててから粉挽いている。 肉・卵・豆料理などに広く利用されカレーはもとよりチャツネラタトゥユサルサソースピクルスソーセージ用いられアップルパイシフォンケーキなどお菓子風味づけにも使われるベルギーでは小麦ビール醸造に、中東では挽肉卵料理、豆の煮込みファラフェルに、また欧米ではピクルスマリネ用のスパイスとして使われる牛乳紅茶と共に入れて煮るという利用法もある。ウォッカジン漬け込み果実酒とすることもできるモロッコ産のものが多く流通しており、インド産のものは香り甘味がある。果実の匂い主な成分の臭い成分とは異なりモノテルペン類のd-リナロールである。品質評価は、粒の大きさあるいは、香り成分リナロール臭の強弱によって決まり一般に小粒のものが香味が強い。使うときは、同じ甘い芳香を持つスパイスとの併用効果的ともいわれ、相性のよい他のスパイスとして、アニスカルダモンクローブシナモンナツメグセージなどが挙げられている。 種子大量に摂取すると、強い眠気に襲われるきがあるそのため、コリアンダーは dizzycorn (「めまいの実」の意)ともよばれる

※この「果実(種子)」の解説は、「コリアンダー」の解説の一部です。
「果実(種子)」を含む「コリアンダー」の記事については、「コリアンダー」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「果実」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

果実

出典:『Wiktionary』 (2021/06/20 07:36 UTC 版)

名詞

 (かじつ)

  1. 被子植物において、種子及びそれを取りま子房起源とする器官
  2. (法律) 民事法において、元物収益発生する元になる物)から生じ収益

発音(?)

か↘じつ

語源

関連語

くだもの

翻訳


「果実」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



果実と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「果実」の関連用語

果実のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



果実のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JabionJabion
Copyright (C) 2022 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの果実 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの絶園のテンペスト (改訂履歴)、トウモロコシ (改訂履歴)、コリアンダー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの果実 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS