トマトとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 産業 > 農業 > 一年生作物 > トマトの意味・解説 

トマト [1] 【tomato】

ナス科一年生作物南アメリカ熱帯地方原産多年草日本では明治以後栽培始まり大正末頃一般化した。高さ約1メートル羽状複葉茎・葉は軟毛を密生する。花は黄色果実卵円形から扁球形で赤・紅黄色などに熟し多肉質多汁甘酸味がある生食するほか、ジュース・ピューレ・ケチャップ・ソースなどを作る多く品種がある。蕃茄ばんかあかなす[季] 夏。

トマト

トマト
科名 ナス科
別名: アカナス
生薬名: バンカ番茄
漢字表記 -
原産 アンデス高地
用途 世界各地栽培される一年草果実野菜として食用にされます。果糖ブドウ糖クエン酸・カルシウム・ビタミンなどが多く含まれています。
学名: Lycopersicon esculentum Mill.
   

トマト (蕃茄)

Lycopersicon esculentum

Lycopersicon esculentum

Lycopersicon esculentum

Lycopersicon esculentum

Lycopersicon esculentum

Lycopersicon esculentum

Lycopersicon esculentum

Lycopersicon esculentum

Lycopersicon esculentum

Lycopersicon esculentum

メキシコあるいはペルー原産だといわれています。わが国へは17世紀渡来しましたが、本格的には昭和時代になってアメリカから甘みに富んだ桃色系が導入されてからです。フランスでは「愛のりんご」、ドイツでは「天国のりんご」と呼ばれています。わが国では現在、「桃太郎」と「ファースト」が主に栽培されています。
ナス科トマト属の一年草で、学名Lycopersicon esculentum。英名は Tomato
ナスのほかの用語一覧
トウガラシ:  獅子唐辛子  唐辛子
トマト:  カラントトマト  トマト  ミニトマト
ナス:  じゃが芋  ソラナム・ウェンドランディー

トマト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/16 06:46 UTC 版)

トマト(学名:Solanum lycopersicum英語: Tomato)は、南アメリカアンデス山脈高原地帯(ペルーエクアドル)原産のナス科ナス属植物。また、その果実のこと。多年生植物で、果実は食用として利用される。緑黄色野菜の一種である。日本語では唐柿とうし[1]赤茄子あかなす[2]蕃茄ばんか[3]小金瓜こがねうり珊瑚樹茄子さんごじゅなす[4]などの異称もある。


  1. ^ 「トマト」武田薬品工業株式会社 京都薬用植物園): 2014年10月24日閲覧)
  2. ^ 「赤茄子」(Goo辞書「デジタル大辞泉」): 2014年10月24日閲覧)
  3. ^ 「蕃茄」(Goo辞書「デジタル大辞泉」): 2014年10月24日閲覧)
  4. ^ 「珊瑚樹茄子」(Goo辞書「デジタル大辞泉」): 2014年10月24日閲覧)
  5. ^ トマトのゲノム解読に成功 千葉のDNA研究所など(47NEWS2012年7月1日閲覧)
  6. ^ [1]2016年2月8日 閲覧
  7. ^ みんなのひろば 2016年2月8日 閲覧
  8. ^ 品種登録情報農林水産省
  9. ^ 農林水産省/トマト生産量上位について - 農林水産省 こどもページ 2014年8月3日閲覧
  10. ^ a b c 作物統計調査>作況調査(野菜)>確報>平成24年産野菜生産出荷統計>年次>2012年”. e-Stat. 総務省統計局. 2014年11月8日閲覧。
  11. ^ a b FAOSTAT>DOWNLOAD DATA” (英語). FAOSTAT. FAO. 2014年11月8日閲覧。
  12. ^ ジョンソン 1999, pp. 92-93.
  13. ^ a b Why the Tomato Was Feared in Europe for More Than 200 Yearsスミソニアン博物館ウェブマガジン)
  14. ^ ジョンソン 1999, pp. 100-101.
  15. ^ Nix v. Hedden - 149 U.S. 304 (1893)”. Justia US Supreme Court Center. 2012年9月4日閲覧。
  16. ^ 落合敏監修 『食べ物と健康おもしろ雑学』 p.58 梧桐書院 1991年
  17. ^ 『天下統一めざせ!日本史クイズマスター 歴史クイズ② 安土桃山時代~現代』116頁。
  18. ^ カルビーフードコミュニケーション 〜カルビーの食育〜、Calbee、2012年9月13日閲覧。
  19. ^ [2]。 ※Commodities by country をクリックし、Selected area 欄で World を、Sort by で Quantity を選択。サトウキビ、とうもろこし、米、小麦、牛乳、じゃがいも、サトウダイコン、野菜(未分類)、大豆、キャッサバに続いて11位にトマトが来ることがわかる。いわゆる穀類および芋類、それに牛乳と未分類項目を除けば、トマトが首位となる。なお、単位の MTは metric ton の意で、日本語でいう「トン」のこと。
  20. ^ トマトでメタボ改善! 脂肪燃焼の新成分を発見”. イザ! (2012年2月10日). 2012年9月4日閲覧。
  21. ^ Potent PPARα Activator Derived from Tomato Juice, 13-oxo-9,11-Octadecadienoic Acid, Decreases Plasma and Hepatic Triglyceride in Obese Diabetic Mice”. PLOSone (2012年2月10日). 2012年2月13日閲覧。
  22. ^ “「トマトにメタボ改善効果」で広がる品薄 販売休止も”. イザ!. (2012年2月18日). http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/business/other/546318/ 2012年9月4日閲覧。 
  23. ^ 改めて、2つの機能性が実証されました。「血中コレステロールが気になる方に」「血圧が高めの方に」機能性表示食品「カゴメトマトジュース」(2018年3月12日閲覧)
  24. ^ 「トマッピー」グッズ販売のご案内”. 木曽岬町役場総務政策課政策部門 (2014年4月1日). 2015年12月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年12月30日閲覧。
  25. ^ 魔法少女トマトちゃん”. ご当地キャラカタログ (2014年4月1日). 2015年12月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年12月30日閲覧。
  26. ^ “Is pizza a vegetable?”ロサンゼルスタイムス 2011年11月17日
  27. ^ アメリカで「ピザは野菜」と国家が認定 理由はトマトソース…もぐもぐニュース 2014年6月28日
  28. ^ ジョンソン 1999, pp. 96-97.



トマト

出典:『Wiktionary』 (2011/06/03 19:26 UTC 版)

名詞

とまと ()

  1. 野菜一種果実食用とする。
  2. 1.の果実

語源

翻訳

関連語






トマトと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「トマト」の関連用語

トマトのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

サンセベリア・パルバ

アマチャヅル

大雄生揉

アオジソ

豆軍配薺

ナス

臭木

ビャクダン





トマトのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
エーザイエーザイ
Copyright(C) 1996-2018, Eisai Co., Ltd. All rights reserved.
エーザイ薬用植物一覧
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2018 shu(^^). All rights reserved.
文部科学省文部科学省
食品成分値は文部科学省科学技術・学術審議会資源調査分科会報告「五訂増補 日本食品標準成分表」、 科学技術庁資源調査会編「改訂日本食品アミノ酸組成表」によります。 食品成分値を複製又は転載する場合は事前に文部科学省への許可申請もしくは届け出が必要となる場合があります。 連絡先:文部科学省科学技術・学術政策局政策課資源室 電話(03)5253-4111(代)
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのトマト (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのトマト (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2018 Weblio RSS