糖類とは? わかりやすく解説

とう‐るい〔タウ‐〕【糖類】

読み方:とうるい

単糖類少糖類多糖類総称炭水化物同義用いられることが多い。


糖 類

しょ糖ブドウ糖果糖乳糖水飴およびデキストリン等の他、ソルビト-ルやマルビト-ル等の糖アルコ-ル加え場合もある。

(糖類 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/19 08:06 UTC 版)

(とう)とは、多価アルコールの最初の酸化生成物であり、ホルミル基 (−CHO) またはカルボニル基 (>C=O) をひとつ持つ。




  1. ^ Furukawa, Yoshihiro; Chikaraishi, Yoshito; Ohkouchi, Naohiko; Ogawa, Nanako O.; Glavin, Daniel P.; Dworkin, Jason P.; Abe, Chiaki; Nakamura, Tomoki (2019-12-03). “Extraterrestrial ribose and other sugars in primitive meteorites” (英語). Proceedings of the National Academy of Sciences 116 (49): 24440–24445. doi:10.1073/pnas.1907169116. ISSN 0027-8424. http://www.pnas.org/lookup/doi/10.1073/pnas.1907169116. 


「糖」の続きの解説一覧

糖類

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 02:49 UTC 版)

白ワイン」の記事における「糖類」の解説

糖類は光合成由来する炭水化物である。スクロースの中で作られ植物の体内流れ込み、そこでグルコースフルクトース分解される。そしてブドウ成熟するにつれて果実中に蓄積される多くの異なる糖が共存するが、最も一般的なものがグルコースおよびフルクトースであり、これらは酵母嫌気発酵中でアルコール変わる。この2種の糖はちょう等しい量存在する発酵完了確認するには、化学分析グルコースおよびフルクトース還元糖あるためフェーリング試薬呼ばれるアルカリ性溶液反応する)、酵素法、または赤外分光法によって定量的分析する手法がある。 その他の糖類は全く発酵性がない。酵母発酵の際糖を消費した後の非発酵性糖類(酵母によって発酵使われないアラビノースおよびキシロース))の量は0.5 - 1.7g/Lである。糖類は、酸やアルコールによる刺激緩和させるなど、味のバランスを取る役割担っている

※この「糖類」の解説は、「白ワイン」の解説の一部です。
「糖類」を含む「白ワイン」の記事については、「白ワイン」の概要を参照ください。


糖類

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/03 02:27 UTC 版)

魚肉練り製品」の記事における「糖類」の解説

これは必須ではないが、原料である冷凍すり身添加されているため結果として含まれる。味の調整のために加えるほか、結着性や保水性高めるために増粘多糖類使用することもある。その他、黄金かまぼこ金色は、ソルビトール筋肉タンパク質が糖-アミノ反応メイラード反応)を起こすこと発色させる。

※この「糖類」の解説は、「魚肉練り製品」の解説の一部です。
「糖類」を含む「魚肉練り製品」の記事については、「魚肉練り製品」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「糖類」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

糖類

出典:『Wiktionary』 (2021/08/21 08:23 UTC 版)

名詞

とうるい

  1. 単糖類少糖類多糖類総称狭義では遊離糖類、すなわち単糖類二糖類を指す。

発音(?)

と↘ーるい

「糖類」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

糖類のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



糖類のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日本酒日本酒
(c)Copyright 1999-2022 Japan Sake Brewers Association
イシハライシハラ
Copyright (C) 2022 Ishihara Co.,Ltd. All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの糖 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの白ワイン (改訂履歴)、魚肉練り製品 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの糖類 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS