炭水化物とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 炭水化物の意味・解説 

たんすい‐かぶつ〔‐クワブツ〕【炭水化物】


炭水化物

同義/類義語:糖
英訳・(英)同義/類義語:carbohydrate, carbohydrates

デンプングリコーゲンなどの糖類総称
「生物学用語辞典」の他の用語
化合物名や化合物に関係する事項:  液相  溶血素  溶質  炭水化物  炭酸ガス  無機化合物  無機塩類

炭水化物

読み方たんすいかぶつ
別名:糖質
【英】:carbohydrate,glucide

 炭水化物は炭素水素化合物で、たんぱく質脂質と並ぶ三大栄養素のひとつです。食物として体内に取入れられエネルギー源となる糖質と、体内消化酵素では消化できない食物繊維があり、糖質単糖類少糖類多糖類分類されます。
 単糖類それ以上分解されない糖類で、ブドウ糖グルコース)、果糖フルクトース)、ガラクトースあります少糖類単糖2つ以上結びついたもので、多糖類ほどは分子量が大きくないものですオリゴ糖とも呼ばれますが、定義はややあいまいで実際には二糖類含め場合と、3つ以上の糖が結びついたものをさす場合あります二糖類にはショ糖ブドウ糖果糖)、麦芽糖ブドウ糖ブドウ糖)、乳糖ブドウ糖ガラクトース)などがあります多糖類消化性多糖類と難消化性多糖類分かれます消化性多糖類にはでんぷんグリコーゲンなどがあり、難消化性糖類食物繊維仲間となります
 不足すると、エネルギー不足による疲労感集中力減少見られまた、ブドウ糖必要な脳・神経供給不足起こると、意識障害起こすことあります。また過剰な場合エネルギーとして消費されなかった糖質中性脂肪として蓄積され肥満生活習慣病原因となります


炭水化物

【仮名】たんすいかぶつ
原文carbohydrate

糖分子。炭水化物は小さく単純なものもあれば(ブドウ糖など)、大規模複雑なものもある(デンプンキチンセルロースのような多糖類など)。

炭水化物(たんすいかぶつ)


炭水化物


炭水化物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/04 01:46 UTC 版)

炭水化物(たんすいかぶつ、: carbohydrates: Kohlenhydrate)または糖質(とうしつ、: glucides: saccharides)は、単糖を構成成分とする有機化合物の総称である。非常に多様な種類があり、天然に存在する有機化合物の中で量が最も多い[1]。有機栄養素のうち炭水化物、たんぱく質脂肪は、多くの生物種で栄養素であり、「三大栄養素」とも呼ばれている。


注釈

  1. ^ 2015年時点で砂糖の摂取量が低い母集団に関する疫学研究が不足しているため、WHOは5%未満ないし一日25g未満への抑制は「条件付き」の推奨であるとしている。
  2. ^ 栄養表示基準において「食品の重量から、たんぱく質脂質灰分及び水分の量を控除して算定」した値と規定されている。従って、体内での働きが一般の炭水化物とは異なる成分、例えばクエン酸なども炭水化物の含有量として表示される事に注意が必要である。
  3. ^ 正式には「食品の重量から、たんぱく質、脂質、食物繊維、灰分及び水分の量を控除して算定」した値と規定されている。
  4. ^ 低い:生活の大部分が座位で、静的な活動が中心の場合
  5. ^ 普通:座位中心の仕事だが、職場内での移動や立位での作業・接客等、あるいは通勤・買物・家事、軽いスポーツ等のいずれかを含む場合
  6. ^ 高い:移動や立位の多い仕事への従事者。あるいは、スポーツなど余暇における活発な運動習慣をもっている場合

出典

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m 生化学辞典第2版、p.908 【糖質】
  2. ^ 渡邊昌 『運動・からだ図解 栄養学の基本』2016年、92頁。 
  3. ^ 食事バランスガイド 厚生労働省・農林水産省決定 フードガイド(仮称)検討会報告書』(PDF) 第一出版、2005年12月。ISBN 4-8041-1117-4
  4. ^ Report of a Joint WHO/FAO Expert Consultation Report of a Joint WHO/FAO Expert Consultation 2003
  5. ^ BURKITT D.P, TROWELL H.C Refined Carbohydrate Foods and Disease: Some Implications of Dietary Fibre, 1975 . ISBN 978-0121447502
  6. ^ Marquart L, Jacobs DR Jr, Slavin JL. "Whole Grains and Health: An Overview" Journal of the American College of Nutrition Vol.19(90003), 2000, pp289-290. PMID 10875599
  7. ^ Burros, Marian; Warner, Melanie (2006年5月4日). “Bottlers Agree to a School Ban on Sweet Drinks (Published 2006)” (英語). The New York Times. ISSN 0362-4331. https://www.nytimes.com/2006/05/04/health/04soda.html 2021年2月27日閲覧。 
  8. ^ Guidelines on reducing sugar in food published for industry” (英語). GOV.UK. 2021年2月27日閲覧。
  9. ^ WHO guideline : sugar consumption recommendation” (英語). www.who.int. 2021年2月27日閲覧。
  10. ^ 生活習慣病予防のための各学会のガイドラインの整理 (PDF) (厚生労働省)
  11. ^ 「食料の世界地図」p78-81 エリック・ミルストーン、ティム・ラング著 中山里美・高田直也訳 大賀圭治監訳 丸善 平成17年10月30日発行
  12. ^ 山田和彦、「炭水化物の消化・吸収・発酵とその利用」『栄養学雑誌』 2001年 59巻 4号 p.169-176, doi:10.5264/eiyogakuzashi.59.169
  13. ^ a b 佐藤・佐伯(2009)、p.122-141、第6章 2.消化digestionと吸収absorption
  14. ^ 佐藤・佐伯(2009)、p.148-151、第7章 2.生体内の物質代謝 1)糖質
  15. ^ a b 佐藤・佐伯(2009)、p.379、第17章 ホメオスタシスと生体リズム 1.ホメオスタシス 4)血糖値blood suar(blood glucose)調整
  16. ^ a b 佐藤・佐伯(2009)、p.337、第14章 内分泌 2.内分泌器官の構造と機能 4)肝臓のランゲルハンス島Langerhans isletの構造とホルモン (1)インスリン
  17. ^ 日本人の食事摂取基準(2005年版) (厚生労働省)
  18. ^ a b 「日本人の食事摂取基準」(2010年版)厚生労働省 (PDF)
  19. ^ Report of a Joint WHO/FAO Expert Consultation Diet, Nutrition and the Prevention of Chronic Diseases 2003
  20. ^ 体力・運動能力調査2010年度


「炭水化物」の続きの解説一覧

炭水化物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/10 04:03 UTC 版)

細胞膜」の記事における「炭水化物」の解説

細胞膜は炭水化物も含んでいる。それは主に糖タンパク質であるが、糖脂質 (セレブロシドガングリオシド) も含まれ真核生物細胞間認識重要な役割果たしている。それらは細胞表面位置し宿主細胞認識して情報共有している一方でウイルスこれらの受容体利用して細胞結合し感染引き起こしている。ほとんどの場合細胞内部の膜では糖鎖修飾起こらず一般的には細胞膜外側表面糖鎖修飾されている。グリコカリックスは、すべての細胞、特に微絨毛を持つ上皮細胞重要な特徴である。グリコカリックス細胞接着リンパ球ホーミング英語版)や他の多くの過程参加していることが近年データからは示唆されている。ゴルジ体での糖鎖修飾が行われるため、末端から2番目の糖はガラクトース末端の糖はシアル酸である。シアル酸は負に帯電しており、電荷を持つ粒子に対する外部障壁となっている。

※この「炭水化物」の解説は、「細胞膜」の解説の一部です。
「炭水化物」を含む「細胞膜」の記事については、「細胞膜」の概要を参照ください。


炭水化物(糖質)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/14 21:52 UTC 版)

栄養学」の記事における「炭水化物(糖質)」の解説

詳細は「炭水化物」を参照 1グラムにつき4キロカロリーエネルギーがある。炭水化物は糖類とも言われ単糖類多糖類分けられる。炭水化物はもっとも多く必要とされる栄養素で、日本の食生活指針で炭水化物が多く含まれる食品主食とされる2003年のWHO/FAOの報告では、2型糖尿病肥満のリスク減らすとして、食物繊維の摂取源として野菜果物と共に全粒穀物挙げられている。このように全粒穀物健康に対す有益性科学的に判明してきた結果アメリカをはじめとして全粒穀物が国的に作られた食生活指針において推奨されることが増えている。全粒穀物血糖負荷GI)が低く血糖値急激に上げにくいという特徴がある過去に食物繊維役に立たない考えられ利用効率下げると考えられたために穀物精白推奨されていたが、精白されると今度栄養損失問題となり栄養学者七分搗き米や胚芽米推奨した佐伯矩述べるように、栄養学創設したような頃から「淘洗は精白にも優る米食人の禍根である」と、米を精白することと淘洗(とぎ洗い)するという処理は共に栄養損失させるとして問題視されていた。矩によって、1937年国連会議で、精白度の低い分搗米用い要望採択されている。食物繊維重要性報告していたバーキットは、1975年にトロウェルと一緒に精製炭水化物と病気-食物繊維影響』を出版し精白していない全粒穀物重要性訴え以降このことは科学的研究によって追認支持されていく。 ところが、1970年前後バーキット (Denis Burkitt) の報告によって、食物繊維少ないと腸内疾患リスク上がるだろうという説が広く知られるようになっていった。1980年には日本にも食物繊維研究会開かれ広く浸透し有用な腸内細菌増やすプレバイオティクスとして、また血清コレステロール低下作用便秘改善など様々な健康への関与知られている。しかし1985年には、がんの予防効果に関して穀物繊維や豆に含まれるフィチン酸作用ではないかともいわれている。日本食物繊維の摂取量は、穀物からの食物繊維の摂取低下に伴って減少してきており、摂取目標量より低い。 砂糖は炭水化物以外の栄養素がほとんど含まれていないため、あまり多く摂取しないよう言われている。また砂糖主成分である蔗糖糖類の中でう蝕虫歯)のリスクを最も高める。WHO/FAOでもう蝕との関連指摘され砂糖の多い食品肥満との関連指摘され、また砂糖摂取量全エネルギー10%未満にすべきだと報告している。2014年には、これまでの砂糖目標に加え砂糖を5%以下にするという案を公開している。砂糖では、2000キロカロリー10%50グラム、5%は25グラムである。 果物含まれる果糖中性脂肪増やす効果が高いので、生活習慣病において摂取制限指導され場合があるオリゴ糖などの腸内分解されやすい糖類は、プレバイオティクスとして知られ有用な腸内細菌増やす作用がある。

※この「炭水化物(糖質)」の解説は、「栄養学」の解説の一部です。
「炭水化物(糖質)」を含む「栄養学」の記事については、「栄養学」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「炭水化物」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

炭水化物

出典:『Wiktionary』 (2021/06/19 13:14 UTC 版)

名詞

たんすいかぶつ

  1. 炭素水素酸素からなる糖類及びその誘導体総称

発音(?)

た↗んすいか↘ぶつ

翻訳


「炭水化物」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「炭水化物」の関連用語

炭水化物のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



炭水化物のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JabionJabion
Copyright (C) 2022 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
厚生労働省厚生労働省
(C)2022 Ministry of Health, Labour and Welfare, All Right reserved.
e-ヘルスネット
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2022 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
日本酒日本酒
(c)Copyright 1999-2022 Japan Sake Brewers Association
イシハライシハラ
Copyright (C) 2022 Ishihara Co.,Ltd. All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの炭水化物 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの細胞膜 (改訂履歴)、栄養学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの炭水化物 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS