小腸とは? わかりやすく解説

しょう‐ちょう〔セウチヤウ〕【小腸】

読み方:しょうちょう

腸のうち、胃の幽門から盲腸の前までの消化管十二指腸空腸・回腸分けられる消化栄養素吸収を行う。


ヒモ(小腸)


小腸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/04/11 07:06 UTC 版)

小腸(しょうちょう、英語: Small intestine)とは、消化器のうち消化管の一部である。小腸では消化吸収を行う。


  1. ^ a b c d e f g h i 解剖学第2版、pp.79-81、第4章 6.小腸
  2. ^ a b c d e f Bogart & Ort (2011)、p.96-99、5.腹部 十二指腸
  3. ^ a b c d e f g 佐藤・佐伯(2009)、pp.128-134、第6章 消化と吸収 4)小腸small inteseineの構造と機能
  4. ^ a b c d Bogart & Ort (2011)、p.99-102、5.腹部 空腸と回腸
  5. ^ a b c d [すこやかゼミ]知っておきたい「短腸症候群」栄養障害への対処が鍵 症状安定すれば仕事も可能『東京新聞』夕刊2023年2月15日2面
  6. ^ a b 栄養・水分、十分吸収できない短腸症候群 小腸粘膜の面積増やす薬も朝日新聞デジタル(2023年1月10日)2023年2月19日閲覧
  7. ^ R.Flindt 著、浜本哲郎 訳『数値で見る生物学』シュプリンガー・ジャパン、2007年、24頁。ISBN 978-4-431-10014-0 


「小腸」の続きの解説一覧

小腸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/06/22 10:40 UTC 版)

消化器学」の記事における「小腸」の解説

カルチノイド腸結核上腸間膜動脈閉塞症

※この「小腸」の解説は、「消化器学」の解説の一部です。
「小腸」を含む「消化器学」の記事については、「消化器学」の概要を参照ください。


小腸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/06 04:31 UTC 版)

五臓六腑」の記事における「小腸」の解説

胃から送られてきた糟粕飲食物のかす)を受け取り内容物をさらに消化し澄んだ清いもの(穀の精微)と濁ったものに分け、清いものは脾を通して全身送り濁ったものは門で水分固形分分けられ水分膀胱へ、固形物大腸送られる。 「受盛の官」と呼ばれる五行は火(君火)で、心に対する。 経は手の太陽小腸経(てのたいようしょうちょうけい)

※この「小腸」の解説は、「五臓六腑」の解説の一部です。
「小腸」を含む「五臓六腑」の記事については、「五臓六腑」の概要を参照ください。


小腸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/03 03:34 UTC 版)

消化器」の記事における「小腸」の解説

小腸は全長6m、太さ3 - 4cmの管路だが、生体内では収縮し長さ3mほどに縮まっている。主に栄養分吸収を行う部位であり、そのために必要な内面積を確保するためにヒダ繊毛構造を持つ。十二指腸空腸・回腸3部位に分けられる

※この「小腸」の解説は、「消化器」の解説の一部です。
「小腸」を含む「消化器」の記事については、「消化器」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「小腸」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

小腸

出典:『Wiktionary』 (2021/06/20 11:52 UTC 版)

名詞

しょうちょう

  1. 消化器官一部大腸の間にあり、食物消化し、栄養分を吸収する機能有する十二指腸空腸回腸からなる

発音(?)

しょ↘ーちょー

関連語

翻訳


「小腸」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



小腸と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「小腸」の関連用語

小腸のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



小腸のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2024 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
サイボクサイボク
Copyright(C)2024株式会社埼玉種畜牧場
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの小腸 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの消化器学 (改訂履歴)、五臓六腑 (改訂履歴)、消化器 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの小腸 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS