エスペラントとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > エスペラントの意味・解説 

エスペラント【Esperanto】


エスペラント

名前 Esperanto

エスペラント(Esperanto)

読み方:えすぺらんと

  1. 通人を云ふ。殊に女色方面発展する事を云ふ。
  2. 通人を云ふ。エスペラントは世界共通語なる故、エスペル動詞化して、殊に女色方面発展する事を云ふ。
  3. 通人。エスペラントは世界共通語なる故エスペル動詞化して「きやつのエスペルには閉口するよ」と云へば「彼の女方面発展には閉口する」と云ふ意。又「今夜其の道エスペル一任しやうぜ」と云へば其の道通人に任かせようといふ意。
  4. 世界通語』の意。例へば、「通人若しくはやり手」といふ場合に於ける如きもの、吉原あたりへ行きて、「おい今日はエスペラントに任せよう」といふ時は、其道の通人任せやうといふ意味。「あいつのエスペラントにも困るよ」と言へば無暗に女を引掛ける意味。此意味の発展をば、「エスペル」といふ。
  5. 通人。エスペラントは世界共通語であるからエスペル動詞化して「きゃつのエスペリには閉口するよ」といえば彼の女方面発展には閉口する」という意。

分類 学生

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

エスペラント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/28 20:12 UTC 版)

エスペラント (Esperanto) とは、ルドヴィコ・ザメンホフとその弟子(協力者)が考案・整備した人工言語。母語の異なる人々の間での意思伝達を目的とする、国際補助語としてはもっとも世界的に認知され、普及の成果を収めた言語となっている[1]


注釈

  1. ^ 人工言語として。自然言語ではケチュア語などにも不規則動詞が少ない。

出典

  1. ^ 二木紘三 著、「国際語の歴史と思想」(1981年、毎日新聞社)p.166
  2. ^ M.ボウルトン著、水野義明訳「エスペラントの創始者ザメンホフ」(1993年、新泉社)p.128-130
  3. ^ 藤巻謙一「まるごとエスペラント文法」(2001年、日本エスペラント学会)、p.51
  4. ^ "Plena Ilustrita Vortaro"(1971年、Sennacieca Asocio Tutmonda)
  5. ^ "La Nova Plena Ilustrita Vortaro"(2005年、Sennacieca Asocio Tutmonda)
  6. ^ 辞典編集委員会編「エスペラント日本語辞典」(2006年、日本エスペラント学会)p443・ĥ解説
  7. ^ "La Nova Plena Ilustrita Vortaro"(2005年、Sennacieca Asocio Tutmonda)、前書き
  8. ^ La Revuo Orienta誌2019年12月号p.22
  9. ^ 辞典編集委員会編「エスペラント日本語辞典」(2006年、日本エスペラント学会)p578・該当の語に対する「より望ましい語」の注記による
  10. ^ CED編、"Esperanto en Perspektivo"(1974年、世界エスペラント協会)、p664-669
  11. ^ 2019年度事業報告 - 一般財団法人日本エスペラント協会
  12. ^ Esperanto aldoniĝis al la Pola Listo de Nemateria Kultura Heredaĵo” (エスペラント語). Europo Demokratio Esperanto (2014年11月21日). 2021年2月16日閲覧。
  13. ^ Riješenje” (クロアチア語). Republlka Hrvatska Ministarstvo Kulture (2019年2月11日). 2021年2月16日閲覧。クロアチア共和国文化・メディア省による決定
  14. ^ 辞典編集委員会編「エスペラント日本語辞典」(2006年、日本エスペラント学会)ĥの説明
  15. ^ Hugo Röllinger "Monumente pri Esperanto - ilustrita dokumentaro pri 1044 Zamenhof/Esperanto Objektoj en 54 landoj",Universala Esperanto Asocio, Rotterdam 1997, ISBN 92 9017 051 4.
  16. ^ 旭化成不動産レジデンス株式会社
  17. ^ フェスティバロの生い立ちをご紹介します - 唐芋菓子専門店【フェスティバロ】
  18. ^ プークについて - 人形劇団プーク
  19. ^ felicaの意味とは - フェリカ建築&デザイン専門学校
  20. ^ 世界観 - Rahxephon_______official web site
  21. ^ “仮称)丸の内1丁目1街区(東京駅丸の内北口)開発計画 街区名称は「丸の内オアゾ(OAZO)」に決定 ~2004年9月14日オープン~” (プレスリリース), 三菱地所株式会社 / 株式会社丸ノ内ホテル / 日本生命保険相互会社 / 中央不動産株式会社, (2004年4月27日), https://www.mec.co.jp/j/news/release/040427.htm 2021年8月14日閲覧。 
  22. ^ http://www.movado.com/AboutMovado.aspx
  23. ^ 商品紹介 - [時計] モヴァード
  24. ^ ヤクルトのマメ知識 - ヤクルト本社京都工場
  25. ^ 「はじまりへの旅」公式サイト



エスペラント

出典:『Wiktionary』 (2021/06/19 11:15 UTC 版)

言語コード
ISO639-1 eo
ISO639-2 epo
ISO639-3 epo
SIL ESP

名詞

エスペラント

  1. ルドヴィコ・ザメンホフ考案した人工言語

語源

発音

翻訳


「エスペラント」の例文・使い方・用例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

エスペラントのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



エスペラントのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのエスペラント (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのエスペラント (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS