省略とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 省略 > 省略の意味・解説 

しょう‐りゃく〔シヤウ‐〕【省略】

読み方:しょうりゃく

[名](スル)簡単にするために一部取り除くこと。せいりゃく。「説明を—する」「前文—」


せい‐りゃく【省略】

読み方:せいりゃく

[名](スル)しょうりゃく(省略)」に同じ。〈和英語林集成


省略

読み方:セイラク(seiraku)

詮議工面

別名 精略情略


省略

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/29 03:54 UTC 版)

省略(しょうりゃく、ellipsisギリシャ語έλλειψις, élleipsis)とは、文中のある要素が欠如しているが、文脈から、あるいは論理もしくは全文のパターンから、それが何かを推断かつ復旧することが可能な修辞技法省略法を用いて作られた構文が省略構文elliptical construction[1][2]




「省略」の続きの解説一覧

省略

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/08 03:48 UTC 版)

「∴」の記事における「省略」の解説

フリーメイソン黄金の夜明け秘教団体では、省略記号使われるA∴A∴ (銀の星 = Argenteum Astrum) のようなアクロニム各文字の後に付けられる

※この「省略」の解説は、「∴」の解説の一部です。
「省略」を含む「∴」の記事については、「∴」の概要を参照ください。


省略

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/02 13:20 UTC 版)

リーダー (記号)」の記事における「省略」の解説

引用で文の一部省略していることを示す

※この「省略」の解説は、「リーダー (記号)」の解説の一部です。
「省略」を含む「リーダー (記号)」の記事については、「リーダー (記号)」の概要を参照ください。


省略

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/23 13:59 UTC 版)

2ちゃんねる用語」の記事における「省略」の解説

「無理っぽい」を「無理ぽ」と表記するように一部を省略するもの他にも命令文において「寝ろ」を「寝れ」、「食べろ」を「食べれ」のように表記する例があるが、これらは日本語動詞での命令形文法規則において、本来であれば上一段活用下一段活用ルール適用すべき場合であるにもかかわらずすべて五段活用規則代用してしまうという省略が行われると解釈することができる。

※この「省略」の解説は、「2ちゃんねる用語」の解説の一部です。
「省略」を含む「2ちゃんねる用語」の記事については、「2ちゃんねる用語」の概要を参照ください。


省略

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/12 15:35 UTC 版)

速記」の記事における「省略」の解説

音の省略: 日本語頻出する特定の音の基本文字符号表記省略する。「ん」「い」「く」「き」「つ(っ)」など。

※この「省略」の解説は、「速記」の解説の一部です。
「省略」を含む「速記」の記事については、「速記」の概要を参照ください。


省略

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/08 10:09 UTC 版)

天文対話」の記事における「省略」の解説

出版時に多くの天文学者が好む体系であったが、最終的には誤りであることが判明するティコ・ブラーエ体系(en:Tychonic system)は扱っていない。ティコ体系静止した地球体系であるが、プトレマイオスの体系ではなくコペルニクスプトレマイオスモデルハイブリッド体系である。水星と金星は(コペルニクス体系のように)太陽小さな円で周回し太陽静止する地球周回する火星木星土星それよりずっと大きい円で太陽周回する、つまりこれらの星も地球周回するティコ体系数学的にコペルニクス体系同等である。しかし、コペルニクス体系が年視差予測する一方ティコ体系は何も予測しない。年周視差19世紀まで測定できなかったため、当時経験的根拠に基づティコ体系に対する有効な反証も、コペルニクス体系決定的な観測証拠もなかった。 ガリレオ往復文書見られるように、ティコ体系不十分で物理学的満足のいかない妥協案とみなして深刻に受け止めなかった。ティコ体系登場しない理由は(この著書の中でティコその業績について多くの言及があるにもかかわらず)、『天文対話』の原題構成原理提供するガリレオ潮汐理論求めることができる。というのもコペルニクス体系ティコ体系幾何学的に等しいが、力学的には全く異なものであるからであるガリレオ潮汐理論地球実際の物理的な運動含んでいた。つまり、もしそれ真実であれば2世紀後にフーコーの振り子明らかにたような証拠提供するものであったガリレオ潮汐理論なければプトレマイオスティコ体系との間に違いはなかった。 ヨハネス・ケプラーが、楕円軌道提案し火星の軌道正しく計算した自身の1609年著書新天文学英語版)』の複製ガリレオ送っていたが、ガリレオは非円軌道可能性について議論していない。1612年フェデリコ・チェージ公のガリレオの手紙では、この著書示された2つ惑星運動の法則一般常識として扱われケプラーの第3法則1619年発表されていた。

※この「省略」の解説は、「天文対話」の解説の一部です。
「省略」を含む「天文対話」の記事については、「天文対話」の概要を参照ください。


省略

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/21 03:20 UTC 版)

機能性構音障害」の記事における「省略」の解説

発音一部脱落するもの。音節の中の子音省略され母音聞こえ誤り。たとえば、「ラッパ」が「アッパ」と聴取される場合

※この「省略」の解説は、「機能性構音障害」の解説の一部です。
「省略」を含む「機能性構音障害」の記事については、「機能性構音障害」の概要を参照ください。


省略

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/08 02:27 UTC 版)

ケニング」の記事における「省略」の解説

よく知られたケニングから、一部言葉省略されることがある例えば"val-teigs Hildr"「地のヒルド」という表現は、貴婦人を指すケニングだが、元々は「地のきらめきヒルド」すなわち「腕のきらめき女神」=「金の女神」=「貴婦人」という表現であったと考えられる(「の地」=「腕」は鷹狩り文脈である)。聞くものが元のフレーズ十分に知っており、省略しても意味が伝わると考えて詩人こういった表現使用した

※この「省略」の解説は、「ケニング」の解説の一部です。
「省略」を含む「ケニング」の記事については、「ケニング」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「省略」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

省略

出典:『Wiktionary』 (2021/10/28 14:55 UTC 版)

名詞

しょうりゃく

  1. 省くこと。抜かすこと。やらないこと。
    • 以下省略
    • 挨拶省略
  2. 単語短くすること。
    • 省略

発音(?)

しょ↗ーりゃく

類義語

翻訳

英語

動詞

活用

翻訳

英語

「省略」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



省略と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「省略」に関係したコラム

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

省略のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



省略のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの省略 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの∴ (改訂履歴)、リーダー (記号) (改訂履歴)、2ちゃんねる用語 (改訂履歴)、速記 (改訂履歴)、天文対話 (改訂履歴)、機能性構音障害 (改訂履歴)、ケニング (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの省略 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS