記載とは? わかりやすく解説

き‐さい【記載】

読み方:きさい

[名](スル)書類書物などに書いて記すこと。「詳細説明書に—されている」「—事項

ある生物の分類群を定義する際、その主要な形質をすべて記述したもの。模式標本をもとに新種として報告する場合には原記載、これを記した論文記載論文という。


記載

植物分類群形質文字および図で表すこと。(mentionrecord
主要属の記載第1号原種
属   名 記載第1号原種
ディサ属 Disa uniflora1767年記載)
マスデバリア属 Masd. uniflora1794年記載)
シンビジウム属 Cym. aloifolium1799年記載)
デンドロビウム Den.moniliforme1799年記載)
パフィオペディラム Paph. venustum1816年発見
カトレヤ属 C.labiata1818年発見)(1824年記載)
ラビアタ発見以前採集されていたカトレヤがある。
C. loddigesiiC. maximaだ。C. loddigesiiは、1823年
Epi. loddigesii記載された。
C. maximaは、H.ルイスとJ.バボンによって
1777年発見されていたが、J.Lindleyによって
記載されたのは1831年だった。
バンダ属 V.cristata1818年発見
ファレノプシス Phal. amabilis1825年記載)

記載

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/09/01 04:56 UTC 版)

記載(きさい、英語:description)とは書類などに書き記すことである。ここでは生物学、特に分類学における用語としての記載を解説する。


  1. ^ 2011年のメルボルン規約で改称されるまでは「国際植物命名規約」であり、原記載は必ずラテン語の記載が伴わなければならなかった。
  2. ^ 「広く通用する言語で書かれた要約を掲載するべき」とされている。


「記載」の続きの解説一覧

記載

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/23 15:06 UTC 版)

白井滋」の記事における「記載」の解説

リュウキュウカラスザメ(Etmopterus bigelowiShirai&Tachikawa, 1993 )、オオカスミザメ(Centroscyllium excelsum Shirai & Nakaya, 1990 )の2種類の記載に携わったまた、現在はトラザメシノニムとされている、イズハナトラザメに関しても記載に携わっている。

※この「記載」の解説は、「白井滋」の解説の一部です。
「記載」を含む「白井滋」の記事については、「白井滋」の概要を参照ください。


記載

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/01/03 14:40 UTC 版)

キンデサウルス」の記事における「記載」の解説

キンデサウルスは現在までに5つ不完全な標本知られている(もしカセオサウルス(Caseosaurus)がこの属に含まれるなら6つ)。これらの化石のうちタイプ標本であるPEFO 10395が最も完全で、単一の歯、断片的な頸椎胴椎いくつかの肋骨2つの完全な仙椎断片的な尾椎骨盤、完全な状態の左側大腿骨と右の断片的な大腿骨断片的な右の脛骨、右の距骨から構成されている。他の標本はもっと不完全で、孤立した骨盤大腿骨椎骨から構成されるタイプ標本およびパラタイプ体長約2.4 mであった体重50 kgほどと推定されている。

※この「記載」の解説は、「キンデサウルス」の解説の一部です。
「記載」を含む「キンデサウルス」の記事については、「キンデサウルス」の概要を参照ください。


記載

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/04 05:27 UTC 版)

メトリアカントサウルス」の記事における「記載」の解説

メトリアカントサウルス中型獣脚類で、大腿骨は80cmである。グレゴリー・ポール1988年に、その体重10t見積もったメトリアカントサウルスは高い神経棘に基づく命名だが、実際獣脚類としてはそこまで高くはない。その神経メガロサウルスシンラプトルケラトサウルスのような他の獣脚類のものに似ており、椎骨本体1.5倍ほどである。

※この「記載」の解説は、「メトリアカントサウルス」の解説の一部です。
「記載」を含む「メトリアカントサウルス」の記事については、「メトリアカントサウルス」の概要を参照ください。


記載

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/04 06:09 UTC 版)

ラテニヴェナトリクス」の記事における「記載」の解説

ラテニヴェナトリクスは以下の骨盤の特徴によって他のトロオドン類区別できる恥骨17度の角度前に傾斜している。 恥骨の軸が後ろ方に湾曲している。 恥骨後部表面大きな筋肉付着物があり、恥骨末端近くまで達する (これはドロマエオサウルス類のヘスペロニクスにも見られる)。 骨盤の他の特徴は他のトロオドン類のものと大差ない頭骨前部三角形形状が前鼻骨接触面に単一の深い溝を有する第三中足骨裏側表面窪んでいる。この特徴は他のほとんどのトロオドン類には一切見られず、 フィロヴェナトルのようないくつかのにおいてははっきりとは確認されていない

※この「記載」の解説は、「ラテニヴェナトリクス」の解説の一部です。
「記載」を含む「ラテニヴェナトリクス」の記事については、「ラテニヴェナトリクス」の概要を参照ください。


記載

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/05 22:00 UTC 版)

ヴェガヴィス」の記事における「記載」の解説

タイプ種 Vegavis iaai発見は、現生鳥類主要なグループ白亜紀に既に多様化していたことを証明している。これは、中生代生息していた現代鳥類グループ代表する最初物的証拠として扱われた。 ヴェガヴィスホロタイプ標本アルゼンチンラ・プラタ博物館英語版)に所蔵されている。当該標本 MLP 93-I-3-1 は1993年ヴェガ島の ケープ・ランブ(英語版)にて López de Bertodano 累層から発見された。コンクリーション内部埋まった1個体鳥類遺骸は非常に繊細であったため、クリーニングなどの作業注意深く行われ記載されたのは2005年のことであったCTスキャンにより骨の構造非破壊分析行われた第二標本 MACN-PV 19.748 はホロタイプ標本近傍発見された。この標本立体的に保存されており、CTスキャンにより無傷鳴管可視化された。この鳴管には非対称第三セグメント存在し、このことからヴェガヴィス大型軟組織からなる共鳴構造沿うように、頸部2つ発声器官有していたことが示唆されている。これは、カモガンおよび他の基盤的新顎類同様の鳴き方が出来た可能性が高いことを示している。

※この「記載」の解説は、「ヴェガヴィス」の解説の一部です。
「記載」を含む「ヴェガヴィス」の記事については、「ヴェガヴィス」の概要を参照ください。


記載

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/08 04:59 UTC 版)

ティムルレンギア」の記事における「記載」の解説

ティムルレンギアウマ同等体躯獣脚類恐竜だったことが数多く化石から示唆されており、全長3 - 4メートル体重170 - 270キログラム推定されている。しかしこれらは亜成体個体であり、完全に成長しきった個体数値ではない。標本 ZIN PH 1239/16 はより大型成体個体標本である。 2016年には複数明瞭な傾向確立されており、その全てホロタイプ頭蓋関わるのである頭骨後方の上中央の骨である上後頭骨ダイヤモンド状の下方への突起有し大後頭孔には到達しない。基後頭骨極端に短い基底結節をなし、後頭関節丘の3倍の高さに達する。卵円窓と耳の前庭は、耳の領域奥深くまで貫通する、広い出口持った漏斗状の窪み頭蓋側面の壁に形成する半規管発達し内耳大きい。湾曲小さい脳や長いうずまき細管中脳盛り上がり派生的ティラノサウルス科共通する特徴であり、特にアリオラムス類似する上後頭骨突起や基後頭骨突起シオングアンロンのものと共通し上顎骨 ZIN PH 676/16 もまたシオングアンロンの上顎骨酷似している。すなわち、基盤的ティラノサウルス上科派生的なティラノサウルス(上)科の両方特徴持ち合わせるミッシング・リンクということである。 産出した化石断片的であるため、ティラノサウルス上科見られる足の特徴であるアークトメタターサル有無前肢指の本数不明であるほか、四肢そのもの長さ判明していない。記載論文骨格図ではシオングアンロンティラノサウルス中間のような容貌描写されている。

※この「記載」の解説は、「ティムルレンギア」の解説の一部です。
「記載」を含む「ティムルレンギア」の記事については、「ティムルレンギア」の概要を参照ください。


記載

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/10 10:10 UTC 版)

タキアン」の記事における「記載」の解説

現在バングラデシュ領であるチッタゴンからもたらされタキアンの木は、カルカッタ(現・コルカタ近郊にあるダウズウェル(Dowdeswell)という男の庭園植栽されていた。この木にコロマンデル海岸植物』で1811年 Hopea odorata学名与えたのがウィリアム・ロクスバラであった

※この「記載」の解説は、「タキアン」の解説の一部です。
「記載」を含む「タキアン」の記事については、「タキアン」の概要を参照ください。


記載

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/21 04:07 UTC 版)

ディディエレア科」の記事における「記載」の解説

ディディエレア科、またはカナボウノキ科、は刺のある多肉植物2-20m低木または高木肥厚した幹は蓄え長い乾期落葉するいくつかの種は若いときには特徴的な平伏した形を作るすべての種は雌雄異株である(Decariaはfemale dioecious(雌性性?))。一部木の葉サボテン同様に短枝サボテンでは刺座とも言う)から作られ小型で単出または対をなす。円錐形の刺を伴うが、サボテンの刺とは異なり樹皮一部突出したものであり、短枝から出るとは限らない。Decaryaを除き花は単性放射相称である。 スベリヒユ科含められることもあるが、APG分類体系ではナデシコ目の中の独立の科、クロンキスト体系でもナデシコ目独立の科である。APG IIIでは、これまでスベリヒユ科属すとされたケラリア属Cerariaとポルトゥラカリア属Portulacariaを本科含める(本科姉妹群であるツルムラサキ科入れることもある)。 新世界分布する、同じナデシコ目属すサボテン科とは比較近縁であり、ディディエレア科の種はいくつかのサボテン接ぎ木できる。またマダガスカルにはサボテン一種であるリプサリス属も分布している。サボテンは、ディディエレアと同じ乾期落葉性でより通常の植物に近い姿をしている原始的なグループ考えられるコノハサボテン類から、退化させ多肉質貯水組織発達させた他のサボテン類に進化した考えられているが、両者中間状態の体勢のものは発見されていない。ディディエレアは同じよう進化辿ってサボテンほどには特殊化しないまま現在に到ったものと考えることができる。

※この「記載」の解説は、「ディディエレア科」の解説の一部です。
「記載」を含む「ディディエレア科」の記事については、「ディディエレア科」の概要を参照ください。


記載

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/12 04:58 UTC 版)

テティサウルス亜科」の記事における「記載」の解説

テティサウルス亜科原始的小型から中型モササウルス科であり、モササウルス科進化史において初期段階時期生息していた。テティサウルス全長約3メートルで、パンノニアサウルスは6メートル達した可能性がある。彼らの四肢はプレシオペダルの状態であり、後のモササウルス科ほど海洋での生活に適応しておらず、厚みのない体をしていたと推測されている。 パンノニアサウルス唯一淡水堆積層から発見されモササウルス科爬虫類である。 Makádi et al. (2012) では、元々テティサウルス亜科は「テティサウルス・ノプクサイとラッセロサウルス・コヘニの最も新しい共通祖先とその全ての子孫」として定義されていた。ラッセロサウルスは現在ヤグアラサウルス亜科考えられているため、この定義に従うと、ヤグアラサウルステティサウルス亜科分類されることになる。テティサウルス亜科明瞭な特徴を以下に列挙する。 歯の前方に吻が存在しない前上顎骨上顎骨縫合線が第4上顎骨正中線前方または同じ位置存在する前頭骨頭頂骨縫合線がほとんど真っ直ぐである。 方形骨翼状窪みが浅い。 アブミ骨の溝が長い長さ少なくとも幅の3倍)。 方形骨遠位の関節丘が鞍型をなし、上方への偏向がない。 頚椎神経細胞椎体腹側の最底辺超える尾椎よりも前方椎骨椎体背側腹側伸びる巨大な肋骨ないし側方突起を持つ2つ仙椎断面楕円形または卵型をなす。 仙椎側方突起腸骨受け入れるための窪み存在する尾椎椎体が非常に長く(幅の2倍)、ポントサウルスに似る。 肩甲骨前後方向に短い。 腸骨後方突起存在し背側の端に縦方向の溝と畝が存在する恥骨を覆う前寛骨臼突起存在する

※この「記載」の解説は、「テティサウルス亜科」の解説の一部です。
「記載」を含む「テティサウルス亜科」の記事については、「テティサウルス亜科」の概要を参照ください。


記載

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/12 07:13 UTC 版)

ハリサウルス亜科」の記事における「記載」の解説

ハリサウルスのもつ複数特徴から、彼らが派生的な他のモササウルス科亜科よりも原始的であることが示唆されている。特に彼らのヒレ分化進んでおらず、ダラサウルステティサウルスのようなプレシオペダルのモササウルス亜科の属よりも海へ適応していた一方同時期に生息した多くモササウルス科よりも遊泳能力乏しかった。他の小型モササウルス科素早く軽快であったことを考えると、ハリサウルス科の遊泳能力が低いことは驚くべきことである。フォスフォロサウルス・ポンペテレガンスの記載では、フォスフォロサウルスが hydrophalangy を持たないことの埋め合わせとして高度に特殊化していたことが明かされた。 他のモササウルス科亜科(特にティロサウルス亜科プリオプラテカルプス亜科)がマーストリヒチアン終わりまでに衰退見せた一方ハリサウルス亜科上記欠点にも関わらず絶滅までに世界規模分布広げるほど拡散したハリサウルス亜科大陸間の移動成功した証拠もあり、エオナタトルカンパニアンの間に北アメリカ西部内陸海路から現在のスウェーデン大規模な移動見せたことが示されている。 Bardet et al. (2005) では、ハリサウルス亜科は「モササウルスよりもハリサウルス近縁全てのモササウルス科」とされた。明白な特徴を以下に列挙する前上顎骨上顎骨接触面が前方では垂直、中央では斜め後方では平である。 頭頂骨上側頭骨接触面が斜めである。 橈骨三分の二渡って前方隆起存在する脛骨腓骨細長く四肢僅かに広がっている。 曖昧な特徴を以下に列挙する前頭骨前方三分の二背側中央の隆起存在する前頭骨ventral boss を持つ。 頭頂孔ventral boss囲まれている。 方形骨あぶみ骨下の隆起 (infrastapedial process) を持つ。 方形骨あぶみ骨下・あぶみ骨下の隆起癒合している。 椎弓突起(zygosphene)と椎弓窩(zygantrum)の複合体存在しない頚椎シナプス椎体腹側表面まで伸びる血道血道弓から生じ腹側突起)が癒合している。

※この「記載」の解説は、「ハリサウルス亜科」の解説の一部です。
「記載」を含む「ハリサウルス亜科」の記事については、「ハリサウルス亜科」の概要を参照ください。


記載

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/12 08:37 UTC 版)

ブラシサウルス」の記事における「記載」の解説

ブラシサウルス中型のエウオルニソポーダ類(オロドロメウスアギリサウルスなどの原始的なものを除く鳥脚類)であり、頬骨後方部位上側の縁が鉤状となす。同一の層から近縁なアレニサウルスが発見されており、彼らは同属ではなく二次的な隆起存在しないことや歯の形状から識別なされている。ブラシサウルス下顎前縁下方湾曲している点でパララブドドンとも異なる。

※この「記載」の解説は、「ブラシサウルス」の解説の一部です。
「記載」を含む「ブラシサウルス」の記事については、「ブラシサウルス」の概要を参照ください。


記載

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/12 08:53 UTC 版)

プリオプラテカルプス亜科」の記事における「記載」の解説

Russell (1967) ではプリオプラテカルプス亜科が以下のように定義されている。 前上顎骨の歯の前方存在する吻部突出小さいか、あるいは存在しない。 第X - XII脳神経1つの孔を通って耳骨側方の壁から離れる。 基後頭骨基蝶形骨動脈のための深い溝が存在する方形骨あぶみ骨突起大きく末端鈍く側面が平行である。 仙椎以前椎骨29個以下である。 仙椎以前一連の長さ胴体長を下回り後方尾椎神経短く卓越した形成しない血道弓通常尾椎椎体癒合しない。 四肢滑らかな関節面持たない

※この「記載」の解説は、「プリオプラテカルプス亜科」の解説の一部です。
「記載」を含む「プリオプラテカルプス亜科」の記事については、「プリオプラテカルプス亜科」の概要を参照ください。


記載

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/01/07 18:27 UTC 版)

エイニオサウルス」の記事における「記載」の解説

1995年には、スコット・サンプソンが、同じくこの地域ボーン・ベッドから発見された、「アケロウサウルス・ホルネリ」と同様に、「E.プロクルヴィコルニス」について形式的に記載したエイニオサウルス典型的な描写は、栓抜き似た低く著しく前方に曲がる鼻角備えた姿である。しかし、これは単に何体かの成体生じたある種奇形という可能性がある。トリケラトプスのような種類が、顕著に発達した眼窩角を備えるのに対しエイニオサウルス場合、それは低く丸く描かれる一対大きなスパイクが、比較小さなフリルから後ろ突き出る

※この「記載」の解説は、「エイニオサウルス」の解説の一部です。
「記載」を含む「エイニオサウルス」の記事については、「エイニオサウルス」の概要を参照ください。


記載

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/17 04:32 UTC 版)

ススキティラヌス」の記事における「記載」の解説

ススキティラヌス2つ標本背丈1メートル全長3メートルで、体重20 - 40キログラムだった。いずれも成体ではない可能性高く標本1つ成長輪に基づいて3歳推定された。ススキティラヌス頭部と足はティラノサウルスよりも細長いアークトメタターサル系統発生学的に早い記録などススキティラヌスは既にティラノサウルス科ボディープラン主要な特徴持っており、羽毛生えていた可能性もある。

※この「記載」の解説は、「ススキティラヌス」の解説の一部です。
「記載」を含む「ススキティラヌス」の記事については、「ススキティラヌス」の概要を参照ください。


記載

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/16 23:35 UTC 版)

カルボネミス」の記事における「記載」の解説

C. cofrinii は、ノースカロライナ州立大学当時博士課程学生エドウィン・カデナがラ・グアヒーラ県2005年発見した6000万年前のホロタイプ標本 UF/IGM 41基づいて記載された。これは長さ20センチメートルほどの潰れたほぼ完全な頭骨であり、頑健な上顎を含む。頭骨とは関節していなかったもの、同じ層から発見された UF/IGM 71指定され砕けた甲羅標本から、甲長は約1.72メートル推定されている。これは、今まで発見され最大級カメ1つである。甲羅中新世ベネズエラから産出した巨大なカメスチュペンデミスに類似しており、直接カルボネミス割り当てられはしなかったものの、カルボネミス甲羅である可能性が非常に高く、その体格として推定される大きさ満たしている可能性が高い。他のナンベイヨコクビガメ科に属すカメ化石発見されており、これはカルボネミスに関する新たな分類群であるとして正確な同定保留されている。

※この「記載」の解説は、「カルボネミス」の解説の一部です。
「記載」を含む「カルボネミス」の記事については、「カルボネミス」の概要を参照ください。


記載

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/26 08:09 UTC 版)

ゴンシャノサウルス」の記事における「記載」の解説

ゴンシャノサウルス体長14 mほどであった細長い前肢後肢の70-75%に達す長さで、他の竜脚類同じよう四足歩行であったことがうかがえる 趾骨短く太く竜脚類みられる典型的な形状である。 各趾の趾骨の数(phalangeal formula)は内側から順に2-3-4-5-1である。最も外の趾を除いて鉤爪持っていた 。他の竜脚類とは異なり、側腔(椎骨側面にある深い空洞)は無かった;それゆえ椎骨はかなり重かったようだ仙骨は後の竜脚類より少な3つの仙椎癒合してもので構成されていた。血道弓分岐していなかった。 竜脚類重要な特徴一つ四肢骨化減少-つまり骨が軟骨置換される傾向がある。ゴンシャノサウルス既知では唯一の骨化した足根骨を持つ竜脚類である。ゆえに、ゴンシャノサウルスが最も基盤的竜脚類1つであるか、もしくは他の初期竜脚類にも骨化した足根骨存在したが、化石としては断片的過ぎて保存されていないかのいずれかということになる。

※この「記載」の解説は、「ゴンシャノサウルス」の解説の一部です。
「記載」を含む「ゴンシャノサウルス」の記事については、「ゴンシャノサウルス」の概要を参照ください。


記載

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/20 02:06 UTC 版)

ジンゾウサウルス」の記事における「記載」の解説

ジンゾウサウルス全長約7メートル頭骨長さ50センチメートルほどである。頭骨鼻孔大きく吻部細長く前眼窩窓なくなっていた。歯骨下顎の骨)には少なくとも17本の歯があった。

※この「記載」の解説は、「ジンゾウサウルス」の解説の一部です。
「記載」を含む「ジンゾウサウルス」の記事については、「ジンゾウサウルス」の概要を参照ください。


記載

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/17 15:38 UTC 版)

スクレロモクルス」の記事における「記載」の解説

模式種 Scleromochlus taylori は全長がおよそ181ミリメートルで、長い後肢持っており、この後肢により四足歩行二足歩行可能だった可能性がある。歩行様式に関する研究では、この動物カンガルー(またはトビウサギのような蹠行性跳躍行っていたと示唆された。しかしながら2020年ベネット (S. Christopher Bennett) によるスクレロモクルス再評価では、この動物は「カエルのような足を拡げた四足歩行跳躍者」であるとされた。もしスクレロモクルス実際に翼竜類縁があるならば、これは翼竜どのように進化してきたかについての洞察与えることになる。なぜならば初期翼竜もまた跳躍移動への適応示していたからである。

※この「記載」の解説は、「スクレロモクルス」の解説の一部です。
「記載」を含む「スクレロモクルス」の記事については、「スクレロモクルス」の概要を参照ください。


記載

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/18 06:25 UTC 版)

アドクス」の記事における「記載」の解説

アドクスは、角質プレート保護され、丸い輪郭平らな甲羅をもっていた。甲羅は約80cmの長さ達した。この大型淡水性カメ雑食性だった。北アメリカ白亜紀後期から暁新世まで生息していたが、アジアでは漸新世中期にも存在していた。

※この「記載」の解説は、「アドクス」の解説の一部です。
「記載」を含む「アドクス」の記事については、「アドクス」の概要を参照ください。


記載

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/16 03:17 UTC 版)

アランカ」の記事における「記載」の解説

アランカ前上顎骨下顎骨断片と恐らく頸椎とされる断片的な骨のみで知られる模式種はアランカ・サハリカ(Alanqa saharica)。これら二つ断片1999年分類不明プテラノドン類としてビュフェトーらによって記載された。それから、3つの追加の顎の標本上顎骨はより良好な保存状態)が2010年イブラヒム学生たちによって記載された。クチバシ状の顎はまっすぐで尖っており、アズダルコ科ケツァルコアトルスやチェージャンゴプテルスに似ている。この顎を基に近縁の種プロポーションから推定して、アランカ・サハリカの翼開長はおよそ4m見積もられた。しかしイブラヒム学生によると、脊椎はもっと大き個体のものであることを示し翼開長は約6mになったではないか指摘されている。 新たなクチバシ断片2015年cf. Alanqa として記載された。この断片は、顎の開閉関わる2つ骨突起有し以前からアランカとされていた顎の隆起一致している。これらは、この翼竜における異常なほどの機能的特化示唆する考え得る機能には、ビジュアルディスプレイ、軟組織付着部、そして硬い殻をもった獲物粉砕挙げられる

※この「記載」の解説は、「アランカ」の解説の一部です。
「記載」を含む「アランカ」の記事については、「アランカ」の概要を参照ください。


記載

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/28 04:42 UTC 版)

クンバラサウルス」の記事における「記載」の解説

クンバラサウルス小型鎧竜で、長い尾をもつ四足歩行植物食性動物だった。2015年クンバラサウルス頭からいくつかの固有形質提唱された。頭頂部がほとんど完全に平らで、前眼窩骨と鼻骨制限されconvex profile によって分離されている。prefrontal と上眼窩骨、前眼窩骨によって形成される頭頂部の角が頭骨側面と直角になっている。上眼窩骨は複数ではなく1つの骨で構成されている。前頭骨頭頂部にのみ露出し眼窩には届かない鼻骨吻部先に届かず大きく、より中心に位置しており、鼻孔周囲開口する。この完全に鼻骨内側位置する開口部は、吻部の上顎骨部分比較して大きく上部および側部から完全に繋がっている。上顎骨垂直に頭骨全高頭頂骨前部達する。最も奥側の歯は眼窩の後隅の下側に向く。翼状骨は脳函においてその後部が基蝶形骨一切接触せず、完全に離れている。四肢は垂直である。下顎関節突起強く突き出る脳函側面大部分が骨ではなく軟骨でできているため、ほとんどの神経小さなものが枝分かれしていたのではなく単一大きな開口部から出ていたと思われる内耳全体として頭骨比べて非常に大きく前庭が他のすべての既知恐竜とは異なり脳腔から分離されず、うずまき管底面は骨でなく、前庭は非常に大きく半規管短くなっている。頭骨皮骨は平らであるか、せいぜい低い隆条しか持たない頭骨上部の角と頬に鱗状骨方頬骨の角や瘤の類は存在しない

※この「記載」の解説は、「クンバラサウルス」の解説の一部です。
「記載」を含む「クンバラサウルス」の記事については、「クンバラサウルス」の概要を参照ください。


記載

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/28 05:12 UTC 版)

ジュディケラトプス」の記事における「記載」の解説

ホロタイプ YPM VPPU 022404 は上眼窩角、前頭骨一部前前頭骨涙骨、右鱗状骨頭頂骨から成る不完全な頭骨である。いくつかの他の標本同様の鱗状骨確認されているが、いずれも極めて不完全である。ジュディケラトプス既知いかなるケラトプス類にも見られない個性的な特徴組み合わせをもっている。そのフリル構成する頭頂骨の縁は広いアーチを描くような形状で、とても低く丸み帯びたホーンレット備わっている対してフリルの横側を成す鱗状骨の縁はとても大きく鋭くフリル前側向かって伸びる頭頂骨とそれに付属するホーンレットケラトプス類同定において非常に重要である。上眼窩角は標準的な長さであるが、前方かつ外側向かって伸びている点では珍しい。また、ジュディケラトプス既知カスモサウルス亜科の中で発見され地層が最も古く最古カスモサウルス亜科ということにおいて重要である。

※この「記載」の解説は、「ジュディケラトプス」の解説の一部です。
「記載」を含む「ジュディケラトプス」の記事については、「ジュディケラトプス」の概要を参照ください。


記載

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/28 05:10 UTC 版)

ブラヴォケラトプス」の記事における「記載」の解説

ブラヴォケラトプスは、分析可能で保存状態良い断片的な頭骨からなるホロタイプ「TMM46015-1」から知られている。既知カスモサウルス亜科には見られない特有の形質組み合わせ有しており、2つ固有派生形質確立されている。第1にフリル開口部の間の棒状の骨を成す頭頂骨中間部が、扇のように後部広がりその後端部は切り欠けておらず、埋まってもいない。第2に、フリル後端正中線の縁に低い縁後頭骨三角形皮骨)を持ち開口部仕切る骨の棒の上面が、後半段階において、左右対称のうねりにより窪んでいる。このくぼみは上から裂けたような形状であり、サイクロプス一つ目を想わせる。記載者らは、それが角のような後頭骨基底部形成したではないか仮定している。これは、化石化途中で失われた正中線上の第2縁後頭骨が、通常位置しているはずの部分直下フリル表面存在していたことを意味する。それはアンキケラトプス またはパキリノサウルス・ラクスタイの頭頂骨正中線上のホーンレットのような低い瘤あるいはスパイクとして形成され可能性もある。 ブラヴォケラトプス最大級角竜類一つである。頭骨大きさは、トリケラトプストロサウルスのような他の非常に大きな角竜類のそれに匹敵する頭骨形成する骨は、細長い開口部長く頑丈な眼窩角、および二股分かれ頬骨接す鱗状骨特徴的な狭い鼻骨、そして長いフリル鱗状骨頭頂骨)の一部発見されている。脳函構成する骨の一部発見された。頭骨構成要素が完全な癒合状態を示し、骨表面細かな溝があり(血管深くなっている)事から、成体のものである考えられる

※この「記載」の解説は、「ブラヴォケラトプス」の解説の一部です。
「記載」を含む「ブラヴォケラトプス」の記事については、「ブラヴォケラトプス」の概要を参照ください。


記載

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/01/08 09:55 UTC 版)

カニクサ属」の記事における「記載」の解説

多年生草本根茎地下匍匐して伸び、その表面に毛があるが鱗片はない。地上出た無限成長して数m以上に伸び他物巻き付いて這い上がるになる主軸側面には多数羽片が出るが、それぞれ左右1対の小羽片が出た段階先端成長止めてしまう。成長止めた先端小さなになっており、この部分は毛に覆われている。 カニクサ先端小さく巻いている 同上に対して小羽片が対に生じる。 同上小羽片の対の間にある羽片先端部の 左右に突き出す小羽片の部分は更に分かれて羽状叉状掌状に裂片をつけるL. palmatum小羽片が単葉深裂の例 L. radiatum掌状複葉の例 L. volubile1回羽状複葉の例 カニクサ2回羽状複葉の例 胞子嚢つけない裂片は縁が滑らかであるものから深く切れ込むものまであり、葉脈は先で繋がらないものも網状になるものもある。胞子嚢をつける裂片では縁に小さな小裂片が出てその上に胞子嚢が2列に並んで生じる。なお一般シダ植物では胞子嚢複数集まって胞子嚢群の形を取るが、本属では大きな胞子嚢単独生じる。従って上記の2列に並んだ包膜の下にはそれぞれ1個ずつ胞子嚢収まっている。胞子嚢洋なし型で短い柄があり、先端近く環帯が完全に巻いている。一般シダのそれが円盤形でその外周環帯取り巻くのと大きく異なり本属原始的特徴一つとされる胞子四面体型で、前葉体地上生で緑色カニクサ胞子葉部の拡大包膜の下から胞子嚢見える」 偽包膜の下には胞子嚢一つだけ 胞子嚢取り出したところ上の細いところが環帯

※この「記載」の解説は、「カニクサ属」の解説の一部です。
「記載」を含む「カニクサ属」の記事については、「カニクサ属」の概要を参照ください。


記載

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/28 04:54 UTC 版)

イクティオヴェナトル」の記事における「記載」の解説

発見されたのは部分的に関節した体骨格で、最後1つ前の胴椎最後胴椎神経、5個の不完全な仙椎、第1と第2尾椎腸骨恥骨座骨、1本の後方胴椎肋骨からなるスピノサウルス類化石は、主に白亜紀前期ヨーロッパ白亜紀前期末頃から後期初頭にかけてのゴンドワナ知られてきた。アジアにおけるスピノサウルス類存在は、単離した歯のみに基づいてタイ中国、そして日本から報告されていた。Allain et al. (2012) によるイクティオヴェナトル発見により、スピノサウルス類確実な生息域大幅に広がったバリオニクス亜科分類され次のような固有形質をもつ。胴椎から仙椎にかけて、正弦曲線状の帆をもつ(神経棘による隆起2つの峰に分かれている)。最後1つ前の胴椎神経長さ椎体長さ410%で、遠位端の前部に指に似た突起がある。第3と第4仙椎神経扇形をしている。第1尾椎横突起が背方からみてS字状である。第1尾椎に深い前関節突起中央骨端孔( centrodiapophyseal fossae) がある。腸骨長く腸骨/恥骨比率獣脚類中でも最も高い。その他にも、恥骨や座骨には他のテタヌラ類にはみられない独自な特徴あるらしい最後1つ前の第12胴椎は、スピノサウルス除けば獣脚類胴椎の中で最も奇妙なものの一つである。非常に長く発達した神経は、スピノサウルス同様に椎体の上垂直に伸びている。神経/椎体長さ比率410 %で、スピノサウルスより明らかに小さいが、他の獣脚類よりは大きい。神経/椎体長さ比率は、イクティオヴェナトル4.1に対してバリオニクスが1.9-2.7、スピノサウルスが7.85である。スコミムスデータはない。シンラプトル2.17、アロサウルス1.94、コンカヴェナトルは3.91である。他のスピノサウルス類では神経長方形をしているが、イクティオヴェナトルでは神経基部よりも遠位部の方が幅が広がっており、二等台形の形をしている。最後胴椎神経棘だけが保存されていた。この神経近位端と遠位端の両方欠けているため、第12胴椎神経同じくらい長かったかどうか正確にわからない。しかしこの神経棘には、第12胴椎神経同様に靭帯付着痕の遠位端を示す突起があり、この突起から最後の神位置推定すると、最後の神も第12胴椎神経同じくらい長かった思われる。つまり少なくとも第1213胴椎には「帆」があったと考えられる仙椎椎体大部分浸食されていたが、仙椎神経保存されており、同じブロック中に関節状態で発見された。第2および第3仙椎椎体互いに癒合しているが縫合線はっきりしている。仙椎神経の高さは第1から第4まで高くなり、第5で低くなっている。第1仙椎神経は、後方胴椎や他の仙椎神経比べて非常に低く、そのためイクティオヴェナトルの帆は正弦波状の形をしている。つまり胴椎部と仙椎部に二分されている。この帆の形態は、仙椎の上で最も高くなるスコミムスとも、胴椎の帆が未発達であるバリオニクスとも明らかに異なる。現在のところ、イクティオヴェナトル背中の帆がどのくらい前方まで延びていたのかはわからない腸骨/恥骨比率大型獣脚類の中で最も大きい。恥骨近位の板状部には後腹方に開いた2つ切痕がある。恥骨遠位端は、遠位側からみて特徴的なL字形をしており、バリオニクススコミムスとよく似ている座骨典型的なY字形ではなく近位部が板状発達しているが、これは他のテタヌラ類にはみられないのである座骨結合モノロフォサウルスシンラプトル同様に膨らんでいない。 系統解析結果イクティオヴェナトルスピノサウルス科の中で、バリオニクス亜科基盤的なものと位置付けられた。スピノサウルス科明確な特徴は、胴椎神経以外はほとんど頭骨と歯にあり、胴体の骨が十分見つかっているのはバリオニクス亜科だけなので、スピノサウルス科としての明確な共有派生形質見いだすのは難しい。

※この「記載」の解説は、「イクティオヴェナトル」の解説の一部です。
「記載」を含む「イクティオヴェナトル」の記事については、「イクティオヴェナトル」の概要を参照ください。


記載

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/28 04:44 UTC 版)

シュアンフアケラトプス」の記事における「記載」の解説

シュアンフアケラトプス・ニエイ Xuanhuaceratops niei は、河北省発掘され4つの断片的な骨格のみで知られる。これらの骨格には隣の省である遼寧省発見されカオヤングサウルスとの間に(いくつかの頭骨における構成を別として)近縁である可能性秘めた多く共有形質がある。そのうち主な特徴は、前上顎骨に歯があることであるが、方形骨肩甲骨には違い見られる

※この「記載」の解説は、「シュアンフアケラトプス」の解説の一部です。
「記載」を含む「シュアンフアケラトプス」の記事については、「シュアンフアケラトプス」の概要を参照ください。


記載

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/28 04:34 UTC 版)

イスキオケラトプス」の記事における「記載」の解説

頭骨知られていない角竜類は数種類あるが、イスキオケラトプスそのうち一つである。 最も特筆すべき特徴坐骨で、独特な固有派生形質示している。イスキオケラトプス他の特徴は、尾椎近位部の背が高くなっていることである。これはプロトケラトプスコリアケラトプスなどにも見られ、特にモンタノケラトプスケラシノプスのものに近似である。仙椎は9本で、他の既知基盤的(非ケラトプス類)角竜類よりも多いが、ケラトプス類よりは少ない。 楕円形の開口部閉鎖孔突起貫通する

※この「記載」の解説は、「イスキオケラトプス」の解説の一部です。
「記載」を含む「イスキオケラトプス」の記事については、「イスキオケラトプス」の概要を参照ください。


記載

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/28 04:57 UTC 版)

ユロング」の記事における「記載」の解説

オヴィラプトル類全長は1~8mの間くらいが一般的だが、ユロングニワトリ大と記載された。見つかったほとんどのユロング個体全長50~25cmほどで、史上最小オヴィラプトル類として知られている。 記載者はいくつかの独自の形質提唱した前眼窩窓の上部端とクチバシ後ろ上部端が同じ高さに位置するといったものだ。系統的には、ギガントラプトルと他のオヴィラプトル科の間に位置する派生的な動物とされている。個体発生段階かかわらず後肢比率は、肉食恐竜より植物食恐竜により普通に見られ、このことは、オヴィラプトル科が肉食より植物食だったという説を多少支持するものかもしれないらしい。

※この「記載」の解説は、「ユロング」の解説の一部です。
「記載」を含む「ユロング」の記事については、「ユロング」の概要を参照ください。


記載

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/28 05:12 UTC 版)

ヴァガケラトプス」の記事における「記載」の解説

ヴァガケラトプスは主に3つの頭骨化石から知られている。一般的な構造ケラトプス類典型的なもの(オウムのようなくちばし大きなフリル鼻角など)であるが、いくつかの独自性がある。頭骨は上眼窩角が縮小され、低い瘤状に進化しており、近縁動物比較して鼻角大きい。ヴァガケラトプスは、他のケラトプス類比べて頭頂骨小さく縁頭頂骨が奇妙な形をしていた。10個の縁頭頂骨を持ちそのうち8個は中央平らになり、前方上方湾曲し融合してフリル後端沿ってギザギザの縁を形成していた。フリルは他のカスモサウルス亜科比べて短く四角い形をしており、長さよりも幅がある。

※この「記載」の解説は、「ヴァガケラトプス」の解説の一部です。
「記載」を含む「ヴァガケラトプス」の記事については、「ヴァガケラトプス」の概要を参照ください。


記載

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/28 04:31 UTC 版)

ユタケラトプス」の記事における「記載」の解説

ユタケラトプス属はユタケラトプス・ゲッティーの一種のみが知られており、本種の模式標本 UMNH VP 16784 は6体の個体分のアセンブリーである部分的な頭骨知られている。この頭骨頭蓋骨の約96%と頭頂骨の約70%を保存している。その頭骨サイズから平均全高2m全長6~7m、体重3~4tと推定されている。

※この「記載」の解説は、「ユタケラトプス」の解説の一部です。
「記載」を含む「ユタケラトプス」の記事については、「ユタケラトプス」の概要を参照ください。


記載

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/28 04:56 UTC 版)

ヨンジンロン」の記事における「記載」の解説

ヨンジンロン中型竜脚類である。いくつかの独自の形質によって新属記載された。上顎骨の歯が長くスプーン型である。頸椎胴椎に広い中空がある。中央側部の大部分を覆う気嚢胴椎側面隆起部は、「XI」形のパターン形成し前方には「X」型のものがある。少なくとも胴椎1つ低く分岐していない。後腹部三角形の骨板を形成し上方向けられる肩甲骨は非常に長く側面図では非常にまっすぐな前後の縁が見られる

※この「記載」の解説は、「ヨンジンロン」の解説の一部です。
「記載」を含む「ヨンジンロン」の記事については、「ヨンジンロン」の概要を参照ください。


記載

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/28 05:12 UTC 版)

メルクリケラトプス」の記事における「記載」の解説

メルクリケラトプスカスモサウルス同じくらいの大きさだったと推定されるホロタイプ鱗状骨長さは 793mmである。 2014年ライアンらは一つ固有派生形質標本から見出し提唱した。その鱗状骨垂直な三角形で、先細りになると共に狭くなり、棒状の縁鱗状骨有する。そして通常のカスモサウルス亜科がそうであるようトリケラトプスフリルのように縁が丸み帯びている。縁鱗状骨少なくとも6つ多くて8つ存在した鱗状骨構造に基づきフリルにはかなり大きな開口部存在したものと推測されるメルクリケラトプスカスモサウルス亜科分類されている。そのグループとしてカナダでは最古のものであり、またアメリカとカナダ双方見つかったマーストリヒチアン期以前ケラトプス類としては史上初のものでもある。そのことは、メルクリケラトプス鱗状骨セントロサウルス亜科原始的な長方形のそれからより進化した三角形のそれへと移行する途中中間型である事を示唆するようにも思える。しかし記載者は若いセントロサウルス亜科個体発生においてそのような移行時期見られないことからその説を否定している。

※この「記載」の解説は、「メルクリケラトプス」の解説の一部です。
「記載」を含む「メルクリケラトプス」の記事については、「メルクリケラトプス」の概要を参照ください。


記載

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/29 03:34 UTC 版)

アムロサウルス」の記事における「記載」の解説

アムロサウルス数多く固有派生形質あるいは特異的な形質特徴づけられる。例を挙げる頭骨のほか、正面または側面から見た場合尺骨S字型になるなどである。他の大半ランベオサウルス亜科頭頂部に空洞のある鶏冠持ちアムロサウルスにおいてそのような鶏冠をなす骨は発見されていないものの、頭頂部の骨は鶏冠支持理想的であるため、アムロサウルスもまた鶏冠持っていたと推測されている。

※この「記載」の解説は、「アムロサウルス」の解説の一部です。
「記載」を含む「アムロサウルス」の記事については、「アムロサウルス」の概要を参照ください。


記載

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/29 02:52 UTC 版)

ラボカニア」の記事における「記載」の解説

ホロタイプ標本 LACM 20877 は La Bocana Roja 層で発見され、この層は約7300万年前の白亜紀後期カンパニアンにあたる。ホロタイプ標本には、左上顎骨破片歯骨断片右方形骨・左前頭骨単一血道弓坐骨の上部分・右恥骨の軸中央・右第2中足骨大部分単一趾骨複数本の外れた歯が含まれる。これらの要素繋がっておらず、2平方メートル渡って飛散しており、そして強く風化している。骨はハドロサウルス上科肋骨混ざっていた。 正確な体躯想定するのは難しいが、ラボカニアはおそらく中型肉食動物であり、6メートル程度であった推定されている。グレゴリー・ポール2010年ラボカニア全長7メートル体重1.5トン推定した頭骨要素は非常に丈夫で、特に前頭骨厚く発達している。上顎骨の歯は軽く湾曲し、平たい形状をしている。前上顎骨の歯の断面はD字型をなしていない

※この「記載」の解説は、「ラボカニア」の解説の一部です。
「記載」を含む「ラボカニア」の記事については、「ラボカニア」の概要を参照ください。


記載

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/19 04:47 UTC 版)

エウヘロプス」の記事における「記載」の解説

タイプ種Euhelopus zdanskyiは標本PMU 24705 (以前PMU R233)及び PMU 24706 (以前PMU R234)に基づいて記載されている。標本PMU 24706は9個の関節した胴椎仙骨肋骨、ほぼ完全に近い骨盤、第5中足骨いくつかの趾骨を欠く右後肢構成されている

※この「記載」の解説は、「エウヘロプス」の解説の一部です。
「記載」を含む「エウヘロプス」の記事については、「エウヘロプス」の概要を参照ください。


記載

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/04 04:25 UTC 版)

ラプトレックス」の記事における「記載」の解説

唯一知られているラプトレックス標本ティラノサウルス科幼体標本と同じ基本的なプロポーションを示す。頭骨比較巨大硬く構成されており、長い脚は走行適し前肢は2本指で小型だった。これは、小型頭部3本指の長い前肢といった基盤的コエルロサウルス類特徴を持つディロングのような基盤的ティラノサウルス上科対照的である。 標本は非常に小型幼体で、全長3メートル体重65キログラム推定されている。ホロタイプ標本 LH PV18 は2.5メートルであり、3歳死亡している。

※この「記載」の解説は、「ラプトレックス」の解説の一部です。
「記載」を含む「ラプトレックス」の記事については、「ラプトレックス」の概要を参照ください。


記載

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/04 04:25 UTC 版)

モノロフォサウルス」の記事における「記載」の解説

ホロタイプ標本かつ唯一知られている個体全長5メートル推定されている。2010年ポール全長5.5メートル体重475キログラム推定した2016年に Molina-Pérez とララメンディは全長7.5メートル体重710キログラム推定したモノロフォサウルス次に述べるような複数表徴形質確立されている。鼻先には正中線上に大型鶏冠があり、その前方前上顎骨形成される鶏冠鼻骨涙骨後方続き前頭骨触れる。鶏冠最上部は上顎の縁に平行である。前上顎骨の上上がる鶏冠をなす)は後方湾曲する前上顎骨側面に深い溝が走り始点から鼻孔の下まで続く。鼻孔の上後方窪み大きさ異な2つの含気性開口部存在する眼窩の上位置する涙骨後方に、上向きの鋭い手斧型の突起がある。前頭骨長方形細長く長さの幅の比は1.67である。 ホロタイプ標本頭骨長さ80センチメートルである。頭骨はかなり平坦であるが、頭蓋骨長さの約4分の3を占め大きな鼻先鶏冠眼窩まで届いており、曖昧になっている。鼻先前上顎骨端を発する鶏冠は主に鼻骨形成される鶏冠断面三角形で、吻部先端に向かうほど細くなる鶏冠の上面は尖っておらず、むしろ表面平坦になっている。鶏冠側面は非常に粗く隆起した箇所連続して存在する鼻骨前眼窩窓周り窪みの上後方部分形成する。この領域には含気性開口部あるいは pneumatopores が数多くあり、気嚢憩室が骨に入っている。前部には2つ小さな孔があり、後部には2つ大きな楕円形の開口部がある。CTスキャンにより鼻骨内側は含気性高く大きな気室存在するまた、頬骨も含気性である。涙骨はI字型をなし、涙骨には鶏冠垂直な後方縁を形成する上向き存在する断面三角形であるため、この頭骨正中線向かって傾斜するの上外側長方形意気上がり形成する眼窩後方後眼窩骨)には小さな角状構造存在する前頭骨鶏冠形成寄与しない。鶏冠後方にも及んでいて三角形四角形組み合わせた構造をしているという点で、モノロフォサウルス獣脚類中でも珍しい部類である。 前上顎骨鶏冠前部形成する上向きの狭いを持つ。後方湾曲して鼻骨外側突出部を囲んでおり、この特徴1994年オリジナルの記載では確認されていなかった。根元には小さな開口部が、より大型開口部鼻孔直下位置しいずれも鼻孔下側周りカーブを描く明瞭な溝で繋がっている。前上顎骨歯は4本で、上顎骨歯は13本である。前眼窩窓下側前方周りには上顎骨上に短い窪み存在する。この領域内にさらに小さな窪み位置し内側閉じ位置からして fenestra promaxillaris あるいは単一窪みであることから fenestra maxillaris の可能性があるとされる頭蓋内腔では、第V脳神経でもある三叉神経分岐していない。口蓋骨は含気性で、 pneumatopore の存在示されている。 下顎では、外側下顎窓が基盤的テタヌラ類にしては遥かに小さい。ホロタイプ標本では右歯骨18本、左歯骨17本の歯が確認でき、このような非対称性大型獣脚類では珍しいことではない。孔の列が歯列外側と下に存在し、これらは最初の4本の歯の下において相対的に大きい。後方に向かうにつれて孔は小さくなり、孔の列自体下側カーブする。第9歯から孔は溝に合流する。孔の第二列は下顎の縁に平行に走り、第13歯の位置終端迎える。歯骨内側では第3歯の水準にあるメッケル溝(英語版)が2つ重なった狭いスリット正面まで伸びる下顎後部角骨と上角骨ねじれた縫合線特徴的な結合示し、上角骨基底は顎の後部の縁まで届く。上角骨後方のさらに小さな穴は骨自体が厚いためオーバーハングしておらず、これは大型獣脚類には珍しい。 椎骨頸椎]9個・脊椎14個・仙椎5個からなり尾椎の数は不明である。頸椎は含気性高く側面には側腔があり、内側空洞化して大きな気室存在する頸椎神経側面から見ると細く後方に向かうほど幅も細くなる。第8頸椎と第9頸椎神経状である。同様に少なくとも第3脊椎までは側腔が存在する脊椎頑強なハイポスフェン-ハイパントラム関節英語版)で繋がっている。第6脊椎以降神経急激に幅が広くなる仙椎神経中枢神経上の骨板に癒合ていない。尾の根元わずかに下方へ向く。根元尾椎もまたハイポスフェン-ハイパントラム関節確認できる骨盤では腸骨の上部が僅かに凸状をなす。腸骨前方の刃状構造にはフック上の突出部がある。前方刃状構造根元の縁は溝が刻まれている。恥骨附随する突起には2つ関節面があり、1つは下へ、もう1つ前方斜めに突出する。またその基底股関節反転子のフード型の延長部によって張り出しており、この延長部の前面はさらに下側外側到達する明確な brevis shelf(尾の筋肉付着部となる腸骨上の骨)は存在しない恥骨坐骨は足のような構造を持つという点で互いに似ており、穴が開いた骨のを介して繋がっている。

※この「記載」の解説は、「モノロフォサウルス」の解説の一部です。
「記載」を含む「モノロフォサウルス」の記事については、「モノロフォサウルス」の概要を参照ください。


記載

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/03 00:09 UTC 版)

アイギアロサウルス科」の記事における「記載」の解説

アイギアロサウルス科太古のテチス海浅海環境生息しており、化石クロアチアからのみ発見されている。頭骨派生的なモササウルス科類似するが、頭部から後方地上トカゲ遥かに類似する

※この「記載」の解説は、「アイギアロサウルス科」の解説の一部です。
「記載」を含む「アイギアロサウルス科」の記事については、「アイギアロサウルス科」の概要を参照ください。


記載

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/11 09:07 UTC 版)

キイカギテシャコエビ」の記事における「記載」の解説

これまで日本近海から記録されていたカギテシャコエビ属3種のうち、本州からは Naushonia japonica のみが知られていた。ホロタイプ(完模式標本)である1個体の雄は同定のためメチレンブルー染色され国立科学博物館収蔵されている。また、ゲノムDNAデータ抽出のため筋肉組織エタノール中に保存されている。

※この「記載」の解説は、「キイカギテシャコエビ」の解説の一部です。
「記載」を含む「キイカギテシャコエビ」の記事については、「キイカギテシャコエビ」の概要を参照ください。


記載

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/22 21:54 UTC 版)

ホヴァサウルス」の記事における「記載」の解説

ホヴァサウルス全長50センチメートルほどの細長いトカゲ型の体型をしており、全長2/3長い尾が占めていた。水棲生活によく適応しており、その尾はウミヘビ同じように側偏していた。ホヴァサウルス化石腹部からはいくつかの石が見つかっており、この生物狩る際に浮上してしまうのを防ぐためそれらの石をバラストとして飲み込んでいたと考えられている。

※この「記載」の解説は、「ホヴァサウルス」の解説の一部です。
「記載」を含む「ホヴァサウルス」の記事については、「ホヴァサウルス」の概要を参照ください。


記載

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/26 05:29 UTC 版)

ティミムス」の記事における「記載」の解説

ホロタイプ標本大腿骨長さ44センチメートル達し、このことから全長2.5メートル推定された。細長い体型からしなやかな動物であったことが示唆されている。パラタイプ標本大腿骨11センチメートルで、標徴形質思われる複数特徴示されている。下側関節関節丘の間に伸筋の溝が存在せず、これはオルニトミモサウルス類基盤的特徴である。大腿骨頭前後方向に平たい。前方転子大転子同程度の高さにある。

※この「記載」の解説は、「ティミムス」の解説の一部です。
「記載」を含む「ティミムス」の記事については、「ティミムス」の概要を参照ください。


記載

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/23 05:30 UTC 版)

マグナパウリア」の記事における「記載」の解説

マグナパウリア特筆すべき点はその巨大さと尾の高さである。尾は神経血道弓によって上下拡張されており、ヒパクロサウルスのそれに似ている原記載者による推定では、全長は15m〜16.5mの間、体重は28t以上とされた。マルケスらはより小さく見積もって12.5mとしたが、依然として既知ランベオサウルス亜科としては最大地位ついている既知最大標本LACM 17712 で、本来の大きさが 803mmと推定される大腿骨含んでいる。 2012年の再記載で、2つ新し固有形質提唱された。尾の付け根血道弓尾椎本体の4倍の長さで、正面接合部の尾の付け根椎骨において顕著である。神経表面前方の深い溝に入り込むお椀型の突起有する脊柱には、少なくとも背中中央から尾の中央まで、ほぼ連続した高さの背の高いうねが、椎骨中心の約4倍の高さで形成されていた。 マグナパウリアは、皮膚印象を残す多くハドロサウルス類の中の一つである。LACM 17712 の尾は幅4cm以上の骨質オステオダーム有するオステオダームは丸いよりも小さく長さ1cm上の六角形である。

※この「記載」の解説は、「マグナパウリア」の解説の一部です。
「記載」を含む「マグナパウリア」の記事については、「マグナパウリア」の概要を参照ください。


記載

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/02/27 06:29 UTC 版)

オルニトケイルス」の記事における「記載」の解説

O. simus は顎先端の欠片のみが知られている。その吻端には特徴的な竜骨状の」隆起があった。アンハングエラコロボリンクス口先特徴的に広がったロゼットになっているのに比較してオルニトケイルス比較的幅が狭い顎の先を持っていた。近縁の他の翼竜外向き角度持った歯を備えていたのとは異なりオルニトケイルスの歯はほとんどが垂直に生えていた。

※この「記載」の解説は、「オルニトケイルス」の解説の一部です。
「記載」を含む「オルニトケイルス」の記事については、「オルニトケイルス」の概要を参照ください。


記載

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/13 02:59 UTC 版)

ティロサウルス亜科」の記事における「記載」の解説

一般にティロサウルス亜科長い体をした海トカゲである。歯は頑丈な円錐形をなし、前上顎骨長く伸び歯骨は他のモササウルス科亜科異なって末端まで歯を持たなかった。当初エドワード・ドリンカー・コープ鼻先を「破城槌」(城壁破壊突破目的とする兵器)と表現したが、化石証拠からは支持されていないサウスダコタ州発見されティロサウルス亜科標本腹部内容物には他のモササウルス科爬虫類硬骨魚類巨大な飛翔性海鳥のヘスペロルニスサメ可能性がある化石含まれており、ティロサウルス亜科あらゆる動物捕食していたことが示唆されている。チャールズ・スタンバーグ収集した別の標本には小型首長竜含まれていた。 Lingham-Soliar はティロサウルス亜科最速あるいは最強モササウルス科ではないと提唱したしかしながら、彼らの体躯華奢にできており、体重大きく軽減した上に肩帯腰帯および四肢比較小さかった。彼らの骨は遥かに網目状であり、隙間脂肪細胞満たして浮力得ていた可能性がある。これらの特徴からティロサウルス亜科待ち伏せ型の捕食者であった可能性示唆されている。ティロサウルス亜科最大モササウルス科一派であり、特にティロサウルスハイノサウルスの種には全長9 - 12メートル以上に達する種もいる。 Russell(1967) において、ティロサウルス亜科は以下のように定義される前上顎骨の歯の前方に吻が卓越する。 上顎骨と歯骨に12本以上の歯が並ぶ。 第X - XII脳神経1つの孔を通って耳骨側方の壁から離れる。 基後頭骨基蝶形骨動脈のための溝が存在しない方形骨あぶみ骨突起遠位方向突出する仙椎以前椎骨29存在する仙椎以前長さ頭骨以降よりも短い。尾椎後方神経わずかに伸びているだけで、卓越した形成しない血道弓尾椎椎体癒合しない。 四肢滑らかな関節面持たない

※この「記載」の解説は、「ティロサウルス亜科」の解説の一部です。
「記載」を含む「ティロサウルス亜科」の記事については、「ティロサウルス亜科」の概要を参照ください。


記載

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/14 15:14 UTC 版)

バナナ (種)」の記事における「記載」の解説

詳細は「バナナ」および「プランテン」を参照 ほぼ全ての栽培されているプランテン多く栽培されているバナナはM. × paradisiacaの3倍体栽培品種である。東南アジア農家最初にマレーヤマバショウ栽培化したと信じられている。この栽培された種がリュウキュウバショウ自生していた地域へと北西広がった時、これら2つの種間の交雑種生じ次に多様な栽培品種へとさらに発展した数百種類のM. × paradisiacaの栽培品種知られており、これらは非常に多様性があるが、おおむね祖先種間の中間的な特徴有している。これらは成熟する典型的には高さ2–9 mになる。地上部は「偽茎」であり、とそれらの融合した基部から成る個々偽茎は花をつける単一作りうる。結果後、偽茎は死ぬが、側枝植物の基部から発生するかもしれない。M. × paradisiacaの栽培品種は大抵は不稔性であり、種子または生存能力のある花粉付けない

※この「記載」の解説は、「バナナ (種)」の解説の一部です。
「記載」を含む「バナナ (種)」の記事については、「バナナ (種)」の概要を参照ください。


記載

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/24 10:26 UTC 版)

エウロパサウルス」の記事における「記載」の解説

エウロパサウルスは以下の固有派生形質を持つ :前上顎骨鼻骨突起が前背側突出している;内側切痕頸椎椎体後方腹側の縁になっている;肩峰突起著しく後方突出している;距骨横幅上下幅、前後幅の2倍である。カマラサウルス比較してエウロパサウルス後眼窩骨の翼状後部突起前部突起よりやや長て広くカマラサウルスのものよりはるかに短い。これ以外の違いとしてエウロパサウルスでは鼻骨前頭骨接触部がより短く頭頂骨後ろから見て四角い。カマラサウルス異なり仙骨前方椎骨では神経二股になっていない。また、ブラキオサウルス比較して吻部短く方形頬骨鱗状骨接触している。肩甲骨の前内側が平らで遠位近位の骨端一直線並んでいない。マクロナリアのルソティタン(Lusotitan)や"ケティオサウルス"・フメロクリスタトゥス("Cetiosaurus" humerocristatus)と比較され両種どちらとも異なる独自の種であることが示されている。決定的にエウロパサウルス既知新竜脚類成体としては最小である。

※この「記載」の解説は、「エウロパサウルス」の解説の一部です。
「記載」を含む「エウロパサウルス」の記事については、「エウロパサウルス」の概要を参照ください。


記載

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/14 15:23 UTC 版)

タワ」の記事における「記載」の解説

タワ成体では全長約2.5mに成長した推定された。タワは他の恐竜タクサ区別できる特徴保存していた。その頭骨の形態コエロフィシス類のものに似ており、骨盤ヘレラサウルス類のそれに近い。コエロフィシス類と同様にタワには上顎骨前上顎骨の間にくびれがある。四肢プロポーションに関しては、大腿骨脛骨比べて非常に長いタワ頸椎を含気化させていることは、気嚢起源新獣脚類発生よりも前である事、およびヘレラサウルス類竜脚形類祖先である可能性支持する。また恐竜への進化とも結びつけられるヘレラサウルスエオラプトルのような初期恐竜比較すると、タワ華奢なつくりである。 2009年ネスビットらによるとタワは、次の特徴基づいて同定できる。前耳骨は、頭蓋内腔腹側正中線で合わさり、前鼓膜陥凹は基後頭骨前面大きく拡大し、前耳骨と副蝶形骨後部突起後背基部に深いくぼみがあり、基底結節後面中央腹側伸びる鋭い隆起があり、大腿骨頭後面不完全な靭帯溝があり、半円形第四転子存在し脛骨近位端の内側後顆の後縁にある小さな半円形の溝があり、距骨腹側表面に「段」が存在し、第1中足骨が他の中足骨と同じ長さである。

※この「記載」の解説は、「タワ」の解説の一部です。
「記載」を含む「タワ」の記事については、「タワ」の概要を参照ください。


記載

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/14 15:03 UTC 版)

マレーヤマバショウ」の記事における「記載」の解説

マレーヤマバショウは木ではなく常緑多年生草本である。幹(偽茎呼ばれる)は、完全にあるいは部分的に埋もれた球茎から生じた葉鞘が、緊密に折り重なった層で出来ている。 花序はこの幹から平あるいは斜めに成長する個々の花は白色から黄味がかった白色で、負の屈地性英語版)を示す(すなわち、地面とは反対方向上向き成長する)。雄花雌花は、両方単一花序中にある。雌花根本側にあり、果実へと成長する雄花先端側の革質の間にある。 果実細く漿果にあたり個々大きさ含まれる種子の数による。それぞれの果実15から62個の種子を含む。それぞれの果房には、平均して161.76 ± 60.62個の果実があり、個々果実大きさはおよそ2.4 cm × 9 cmである。 本種の野生のものでは、種子直径およそ5–6 mmである。種子の形は亜球形あるいは角があり、非常に硬い。胚は非常に小さく胚珠先端位置する個々種子は、バナナ可食部にあたるデンプン質柔組織包まれる典型的なものでは、可食部の厚みは種子大きさのおよそ4倍(0.23 cm3)である。本種の野生のものは 2n=2x=22染色体を持つ2倍体であるのに対し栽培品種はほぼ3倍体(2n=3x=33)で単為結果性であり、種子のない果実付ける。最も身近なデザートバナナの栽培品種キャベンディッシュ亜群属する。こうした有用な栽培品種は、栄養繁殖から得られ自然突然変異通して形成された。種子対す果肉比率は、「種なし」の食用栽培品種において劇的に増加しており、23倍にあたる。種子はほぼ不稔で、果実中心軸沿った黒い点状の粒にまで小さくなっている。

※この「記載」の解説は、「マレーヤマバショウ」の解説の一部です。
「記載」を含む「マレーヤマバショウ」の記事については、「マレーヤマバショウ」の概要を参照ください。


記載

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/23 13:38 UTC 版)

ボレアロペルタ」の記事における「記載」の解説

サンカーのボレアロペルタは体の大きさ三次元的に保存されている点、軟組織残っている等の点で特筆すべきである。多く小型恐竜において、軟組織皮膚の痕跡保存されているが、化石化の過程扁平になっている似たようなハドロサウルス類の「ミイラ」は、化石化する前に部分的なミイラ化が行われたために、表面粗く乾燥した外観をしている。しかし、サンカー標本は、死亡直後海底沈んだため、身体の上半分が最小限変形すばやく砂に埋もれたものと見られるその結果扁平になった縮んだりせずに、生体に近い姿で保存され標本となった。 サンカー標本は、幅広い上部側面覆っている小さな鎧の板、または皮骨多数密集した列を保存している。肩からは、雄牛の角のような形をした一対長い突き出ていた。皮膚および痕跡存在する色素研究では、それは生体では擬態のためにカウンターシェーディングパターンになっており、赤褐色呈していた可能性があると示唆されている。この発見は、ボレアロペルタその大きさにも関わらずカモフラージュによって捕食者から身を隠していたことを意味し、また背中装甲視覚的なディスプレイよりも主に護身目的為に存在していたことを示唆する

※この「記載」の解説は、「ボレアロペルタ」の解説の一部です。
「記載」を含む「ボレアロペルタ」の記事については、「ボレアロペルタ」の概要を参照ください。


記載

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/22 01:38 UTC 版)

ネドケラトプス」の記事における「記載」の解説

保存状態の悪い頭骨は、ネドケラトプス過去生きていたことを示す唯一の化石である。それはハッチャー所持していたトリケラトプス頭骨同様にワイオミング発見された。一見してトリケラトプスのものに似ているが、最近の研究においては明確な違いがある。 トリケラトプスには存在する鼻角ネドケラトプスでは完全に消失しており、上眼窩角は後頭骨(額)に対してほとんど垂直に伸びている。また、トリケラトプス頭骨比較する平均2.0メートル)よりわずかに長大であるのに、鼻面はやや短い。決定的な相違点として、フリルトリケラトプスには無い大きな穴が開いている。これらのうちのいくつか奇形病気によるものかもしれないが、大部分遺伝形質考えられるネドケラトプストリケラトプス、あるいはその最も近い属の直接祖先であることを示唆していると考え研究者もいる。[要出典]

※この「記載」の解説は、「ネドケラトプス」の解説の一部です。
「記載」を含む「ネドケラトプス」の記事については、「ネドケラトプス」の概要を参照ください。


記載

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/27 00:47 UTC 版)

モリムシクイ」の記事における「記載」の解説

体長は11-12.5cmで、外見典型的なメボソムシクイであり、上部緑色下部白色、胸はレモン似た黄色である。眉、喉、上胸の黄色三列風切羽の端の淡い色、初列風切羽が長いこと、尾が短く太いこと等で、チフチャフやキタヤナギムシクイ等の類似種と区別できるイギリスには、4月から8月頃に夏のとして渡ってくるが、近年その数は減っている。アイルランドでは滅多に見られないが、ウィックロー県では非常に少ないながら確かに繁殖している。 傾斜被覆広葉樹割合林冠の高さ、林縁長さ等、森林構造に関する様々な要因がこの種の占有率影響与える。そのため、保存のためには、モリムシクイが好む森林構造維持する取組が重要である。また、繁殖期以外の森林好みもあるが、ガーナなどの越冬地ではこのような生息地減少している。森林生息域減少しているが、モリムシクイは木の多い農場等でも生息できるため、数自体はあまり変わっていない。しかし、さらに森林減少すると、将来的にこの種にとって良くない影響与え可能性がある。

※この「記載」の解説は、「モリムシクイ」の解説の一部です。
「記載」を含む「モリムシクイ」の記事については、「モリムシクイ」の概要を参照ください。


記載

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/27 08:48 UTC 版)

ボスニアマツ」の記事における「記載」の解説

高さ25-35m、幹の直径2mになる常緑樹である。 複維管束亜属分類されいわゆる二葉松である。長さ4.5-10cm、幅1.5-2mmで、強固な葉鞘持っている松かさは5-9cmの長さで、薄く壊れやすい鱗片からなる未熟な時は濃青色から紫色で、受粉から16-18か月成熟する茶色になる。種子長さ6-7mmで、2-2.5cmの羽を持ち風により拡散する

※この「記載」の解説は、「ボスニアマツ」の解説の一部です。
「記載」を含む「ボスニアマツ」の記事については、「ボスニアマツ」の概要を参照ください。


記載

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/27 09:05 UTC 版)

ヤマイグチ」の記事における「記載」の解説

傘の幅は、5-15cmである。形は、当初半球型であるが、後に扁平型になる。傘の表面茶色で、通常縁の色は薄い。傘は平滑無毛で、乾燥しており、粘着性がある。 孔口は若いうちは白く年を経る灰色になる。古いものでは、傘の孔口は膨らんでおり、柄の周りのものは強くくぼんでいる。孔口の覆い容易に外れる。 柄は長さ5-15cm、幅1-3.5cm、白色で、上に向かって細くなっている。菌糸体は白い。 肉は白く日光にさらすと黒くなることがある。若い個体では比較柔らかいが、特に雨季には、すぐにスポンジ状になり、貯える調理すると、肉は黒くなるヤマイグチは、カリフォルニア州等、本来自生する範囲の外の鑑賞用カバノキ木の根元で発見された。

※この「記載」の解説は、「ヤマイグチ」の解説の一部です。
「記載」を含む「ヤマイグチ」の記事については、「ヤマイグチ」の概要を参照ください。


記載

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/05 01:10 UTC 版)

シエラケラトプス」の記事における「記載」の解説

属名化石発見されシエラ郡に、種小名発掘地がテッド・ターナー所有する牧場であったことに由来するカスモサウルス亜科としては例外的に、上眼窩角が比較短く頬骨突起頑丈な造りである。

※この「記載」の解説は、「シエラケラトプス」の解説の一部です。
「記載」を含む「シエラケラトプス」の記事については、「シエラケラトプス」の概要を参照ください。


記載

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/06 06:18 UTC 版)

ヒエンクラート」の記事における「記載」の解説

ヒエンクラートフランス植物学者ルイ・ピエール(Louis Pierre)により当時フランス保護国であったカンボジア採取され1874年イギリス植物学者ウィリアム・ターナー・シセルトン=ダイヤーにより新種記載された。種小名とされた intricatus はラテン語で〈入り組んだ〉を意味する。Smitinand, Vidal & Hô (1990:44) によればこの記載に用いられホロタイプ正基準標本)はフランス国立自然史博物館所蔵されているとあるが、実際にイギリスキュー植物園収められている。

※この「記載」の解説は、「ヒエンクラート」の解説の一部です。
「記載」を含む「ヒエンクラート」の記事については、「ヒエンクラート」の概要を参照ください。


記載

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/16 14:49 UTC 版)

メネフィーケラトプス」の記事における「記載」の解説

メネフィーケラトプス模式標本20年上前アメリカ合衆国ニューメキシコ州のメネフィー累層アリソン部層発見記載され化石構成されているが、同層で同じ動物のものと思われる骨が新たに発掘されこれまで考えられていた形態再解釈されたことに加え追加標本によって系統的位置付け新たな情報もたらされた。Dalman らはこれらの新たな知見によりこの標本再評価し2021年に新属新種としてメネフィーケラトプス・セアレイを提唱した。この種はセントロサウルス亜科最古のものである可能性がある。ホロタイプ頭骨および体骨格構成されている。その頭骨は、左前上顎骨一部、 ほぼ完全な左後眼窩角、頭頂骨断片左右鱗状骨、左頬骨前歯骨、左の歯骨からなる体骨格要素は、2つ頚椎8つ胴椎6つ仙椎を含む部分的な仙骨11個の肋骨、左橈骨遠位部、左尺骨近位部および遠位部、左大腿骨、左第2中足骨からなる。本種の有効性は、以下の形態的特徴組み合わせによって裏付けられている。縁頭頂骨がないこと(マカイロケラトプスと共通)、3つの鱗状骨があること、および第1縁鱗状骨一部3つの小さな二次的な隆起があることなどである。また、鱗状骨後縁には2つの同じ大きさ凹みがあり、背側凹み(第1・2列目の間)は腹側凹み(第2・3列目の間)よりも明らかに大きい、鱗状骨外側背側)に3つの隆起がある、鱗状骨後部細長い鱗状骨内側表面には浅いが明瞭な溝があり、腹側縁と腹側後方はほぼ平行であること、細長い後眼窩角は外側前方湾曲していること、歯骨外側表面にある2つ細長い隆起前方向かって分岐し明瞭な三角窩を形成していることなどが挙げられる系統解析では、メネフィーケラトプス・セアレイはクリッテンデンケラトプス・クルジザノウスキィに最も近縁とされた。これにより北米西部発見され基盤的セントロサウルス亜科記録増えたまた、白亜紀後期ララミディア大陸におけるこれらの動物年代的古生物地理分布や、異なる種における形態多様性に関する重要な発見となったまた、セントロサウルス亜科中でも最古の種の一つであることから、セントロサウルス亜科北米西南部やロッキー山脈南部発生しその後カンパニアン中期後半北方移動した考えられる

※この「記載」の解説は、「メネフィーケラトプス」の解説の一部です。
「記載」を含む「メネフィーケラトプス」の記事については、「メネフィーケラトプス」の概要を参照ください。


記載

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/28 14:33 UTC 版)

アンキロポレクシア」の記事における「記載」の解説

先述通りアンキロポレクシア二足動物だったが、そのルールにはマンテリサウルスのようないくつかの例外がある。マンテリサウルス前肢胴体が短いので、動くときは二足歩行だが、立ち止まっている時とゆっくり歩くときに前肢支えとなった。 彼らはまた植物磨り潰す為の強靭な顎と長い頭骨をもっている。多くは歯群をもっており、磨り減る定期的に生え換わった。

※この「記載」の解説は、「アンキロポレクシア」の解説の一部です。
「記載」を含む「アンキロポレクシア」の記事については、「アンキロポレクシア」の概要を参照ください。


記載

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/15 19:03 UTC 版)

シュヴウイア」の記事における「記載」の解説

シュヴウイア小型軽量造り動物で、体長60 cmほどで既知では最小恐竜一つである。頭骨軽量で、細かい歯の生えた細い顎を持っていた。シュヴウイアにはプロキネシス(prokinesis)、つまり脳函独立上顎曲げれる、非鳥類獣脚類中でも珍しい頭骨能力がある。 シュヴウイア後肢長く細くつま先短く優れた走行能力があったことがうかがえる。しかし、前肢異常に短く、力強い構造をしていた。もともと、シュヴウイアは他のアルヴァレスサウルス科の属のように1本指の前肢を持つと考えられていたが、新しく見つかった標本では、最初標本から知られている大きく伸びた親指以外に縮小した第二及び第三の指の存在確認された。シュヴウイアは他のアルヴァレスサウルス科のように前肢使って昆虫の巣を掘り起こし細く特異な顎を使って捕食したとみられるシュヴウイア化石の発見により獣脚類原始的な形質である尾椎35個以上あることと、前肢3本の指があることがモノニクス類として初め明らかになり、モノニクス類が鳥類ではなく獣脚類考えられるようになったシュヴウイア化石モンゴル国ウムヌゴビ県にあるウハトルゴト (Ukhaa Tolgod)とツグリキンシレ (Tögrögiin Shiree)のジャドフタ層から記載された。これらの場所はカンパニアン後期7500万年前の地層考えられヴェロキラプトルプロトケラトプス同時代である。

※この「記載」の解説は、「シュヴウイア」の解説の一部です。
「記載」を含む「シュヴウイア」の記事については、「シュヴウイア」の概要を参照ください。


記載

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/19 06:38 UTC 版)

コモンツパイ」の記事における「記載」の解説

コモンツパイは、ツパイ科の中で最も大きく体長平均で16-21cm、体重は約190gである。色は、上側赤茶色灰色黒色腹側は白い。長く毛の多い尾は暗い灰茶色で、ほぼ体長同じくらいの長さである。手の平には毛はなく、鋭い爪があり、長い鼻の上にも毛の生えていない部分がある。両性とも似た外見である。頭と体長さは13-21cm、尾の長さは12-20cmである。通常両肩には、白色の薄い縞模様がある。 T. g. longipesとT. g. salatanaの2つ亜種があり、前者の方が鈍い色である。前者下面は、赤っぽいもみ革色で、尾の下側灰色である。後者は、尾の下側は暗い赤色である。アカオツパイ(英語版)やヤマツパイ(英語版)は、よく似た種である。

※この「記載」の解説は、「コモンツパイ」の解説の一部です。
「記載」を含む「コモンツパイ」の記事については、「コモンツパイ」の概要を参照ください。


記載

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/21 05:13 UTC 版)

アロサウルス上科」の記事における「記載」の解説

アロサウルス上科確かな派生形質共有している。その一つ三角形をした恥骨遠位端である。アロサウルス上科片手3本ずつの指をもつ。第2と第3指概して均等な長さ大腿骨脛骨より長い尾椎には血道弓発達するアロサウルス上科全長は10mに達することがあった。全長対する尾の割合54%から62%の間であり、頭から腰までの長さ38%から46%とされるアロサウルス上科ティラノサウルス科のような他の大型獣脚類同様に前肢を体に対して相対的に縮小させていた。白亜紀において、アロサウルス上科いくつか最大級ティラノサウルス科同等長さにまで成長したそのような大型アロサウルス上科は、モリソン層上部やテンダグル層で発見されるような他の大型獣脚類と同じ時代生きていた。 アロサウルス上科サイズ関わらずどれも重心似たような位置にあった。それは股関節前方大腿骨長さ37%から58%の間であることがわかっている。他にもアロサウルス上科共通しているのは、後肢骨盤の構造である。特に骨盤は体の大きさに関係なく負荷軽減するように設計されていると考えられている。特に大腿骨傾き方によって、曲げや捻じれ等のストレス軽減されている。さらに、アロサウルス上科は他の尾を持つ動物同様に尾大腿筋を持っており、これによって尾を屈曲させることができた。大型アロサウルス上科は、より小さアロサウルス上科よりも尾大腿筋の体重との比率相対的に低いことがわかっている。 加えてアロサウルス上科ある種頭骨特徴共通している。特徴的なものとしては、小さ下顎骨頭頂骨窓、短い方形骨骨、脳函口蓋の間に短い接続部があることなどが挙げられるアロサウルス上科頭骨長さは高さの2.5から3 倍になる。彼らは狭い頭骨セレーションのある歯を持ち獲物の肉をたやすく切り裂くことができた。アロサウルス上科の歯は平らで、両縁には同じ大きさ歯根がある。歯の平らな面は頭骨基準として側面配置されており、歯の縁は頭骨と同じ平面上に並んでいる。異なアロサウルス上科頭骨分析したところ、頭蓋底体積は、シンラプトルでは95ミリリットルギガノトサウルスでは250ミリリットルの間であることがわかった

※この「記載」の解説は、「アロサウルス上科」の解説の一部です。
「記載」を含む「アロサウルス上科」の記事については、「アロサウルス上科」の概要を参照ください。


記載

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/29 19:58 UTC 版)

シアッツ」の記事における「記載」の解説

ホロタイプ未成熟単一個体のもので、脊椎癒合が完全ではなかった。シアッツはいくつかの固有形質によって特徴づけられる。その形質は、遠位尾椎三角形断面近位尾椎に穴を欠く伸長した正中線の厚い層、腸骨横方向窪んだ寛骨臼、そして腸骨下部突起の横側の端部存在する切れ目である。他の注目すべき形質には、胴椎にある広い神経含まれるシアッツ北米大陸から知られる獣脚類最大級のものの一つである。ザノとマコヴィッキーは2013年大腿骨基準に仮に他のメガラプトル類プロポーション当てはめた場合ホロタイプFMNH PR 2716の全長は11.9mと推定された。大腿骨円周から計算して体重はおよそ4トン推定した。 ザノらは、骨格未成熟個体のものであることを示しているにもかかわらずホロタイプ標本がすでにサウロファガナクスアクロカントサウルス匹敵する著している。もしシアッツネオヴェナトル類であるとすれば、その発見後期白亜紀ティラノサウルス類現れてもアロサウルス上科動物北米大陸支配続けていたことになる。しかしながら2016年までに彼らは実際メガラプトル類であると指摘された。メガラプトル類はしばしネオヴェナトル類かティラノサウルス類であるとされる。しかし、他のメガラプトル類研究では、彼らがティラノサウルス類独立して収斂進化したカルノサウルス類であることが明らかになっている。

※この「記載」の解説は、「シアッツ」の解説の一部です。
「記載」を含む「シアッツ」の記事については、「シアッツ」の概要を参照ください。


記載

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/29 23:22 UTC 版)

コンコラプトル」の記事における「記載」の解説

コンコラプトル小型恐竜で、体長1-2 m 。オヴィラプトル科では珍しく頭部にとさかがなかった。 また、他のオヴィラプトル科の種と同様に歯はない。オヴィラプトル科の種は歯がない代わりに強力な嘴持ち軟体動物の殻も壊すことが出来たのだろうという推測から本種は「コンコラプトル」と命名された。コンコラプトル頭骨は含気性度合い強く、ほとんどの骨に空隙があった。両耳の間の内部連絡共鳴室聴力の向上に機能した

※この「記載」の解説は、「コンコラプトル」の解説の一部です。
「記載」を含む「コンコラプトル」の記事については、「コンコラプトル」の概要を参照ください。


記載

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/01 09:32 UTC 版)

ステノニコサウルス」の記事における「記載」の解説

ステノニコサウルス小型恐竜で、全高0.9m以上、全長2.4m、そして体重は50kg以上と見積もられている。最大標本デイノニクスウネンラギア同じくらいの大きさである。彼らはとても細長い後肢をもっており、素早く走ることができたと思われる第二肢には鎌状の鉤爪備わっており、走るときはそれを上にあげたと言われている。 目はとても大きく、恐らく夜行性だったことを示唆している。そしてわずかに正面向いているのである程度立体視ができた。

※この「記載」の解説は、「ステノニコサウルス」の解説の一部です。
「記載」を含む「ステノニコサウルス」の記事については、「ステノニコサウルス」の概要を参照ください。


記載

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/01 09:35 UTC 版)

クロボウモドキ」の記事における「記載」の解説

クロボウモドキ1973年8月玉城松栄西表島大富北方石灰岩地帯初め発見したが、この時は花も果実採取されず属の鑑定難航し初島住彦はサメハダノキ属(Polyalthia)と目星をつけつつ米国ウォーカーWalker)やオランダのファン・ステーニス(van Steenis)に鑑定依頼したものの、結局何であるのかは判明しなかった。ところが1972年から1981年にかけて行われた社寺林全国的調査一環として八重山列島伝統信仰聖地御獄(うたき)が調査されたことで状況一変する1975年6月琉球大学宮城康一(やすかず)が波照間島拝所多数自生しているのを偶然発見し果実標本採取した。これを受けて初島当初見立て通りサメハダノキ属で良いという結論達し1979年新種 Polyalthia liukiuensis として記載したクロボウモドキはさらに2012年見直しインドネシアジャワ島などに産する Monoon lateriflorum (Blume) Miq. をタイプ種とするMonoon属に組み替えられた。 ホロタイプ正基準標本)は先述宮城波照間島採取したもの(5707番)で、琉球大学理学部植物標本室所蔵されている。

※この「記載」の解説は、「クロボウモドキ」の解説の一部です。
「記載」を含む「クロボウモドキ」の記事については、「クロボウモドキ」の概要を参照ください。


記載

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/18 05:10 UTC 版)

アンゴラサウルス」の記事における「記載」の解説

アンゴラサウルス小型モササウルス科爬虫類であり、全長4メートル程度であったボディプラン多く近縁プラテカルプス共通するが、わずかに頭骨全長に対して長い頭骨には11本の上顎骨の歯と4本の前上顎骨の歯、そして12本の歯骨の歯が並んでいる。アンゴラサウルス系統関係は、本属個体が尾ビレ前方に傾いた鼻孔持ち流体力学効率性高め倒れたウロコ存在した。 後の Bientiaba 産地でもあるアンゴラサウルス生息した海域海水温低下したため、アンゴラサウルスや同海域生息した他のモササウルス科爬虫類は、背側表面の暗い色のパターン覆われる面積拡大して体温調節一役買っていたという仮説立てられている。

※この「記載」の解説は、「アンゴラサウルス」の解説の一部です。
「記載」を含む「アンゴラサウルス」の記事については、「アンゴラサウルス」の概要を参照ください。


記載

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/01 09:57 UTC 版)

リンゴマイマイ」の記事における「記載」の解説

貝殻クリーム色から薄い茶色で、不明瞭な茶色の帯の模様があることが多い。5-6渦巻きがある。殻の開口部大きい。開口部の縁は白色で、成体では、わずかに反射性を持つ。臍は狭く反射性のある殻軸筋で部分的に覆われている。殻の幅は30-50mmで、殻の高さは30-45mmである。

※この「記載」の解説は、「リンゴマイマイ」の解説の一部です。
「記載」を含む「リンゴマイマイ」の記事については、「リンゴマイマイ」の概要を参照ください。


記載

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/02 00:52 UTC 版)

レッドマルベリー」の記事における「記載」の解説

落葉性で、高さ10-15mになり、稀に20mになることもある。幹の直径は、最大50cmになる。木としては小型から中型で、125年生きるものもある。 互生で、長さ7-18cm(稀に36cm)、幅8-12cmと、マグワの2倍程度大きさになる。幅広いハート形で、根本部分に浅い切込みがある。特に若い木では2-3の裂片があり、葉縁は細かい鋸歯状になる。上面光沢のあるマグワとは異なりの上面は非常にざらざらした紙やすりのような質感であり、下面柔らかい毛状突起密に覆われている。葉柄切断すると乳のような樹液滲み出てくる。秋になると、黄色に色づく0℃以下で生きるのは難しく干ばつ汚染貧土に対しては、マグワ比べても弱い。 花は小さな黄緑色または赤みがかった緑色比較目立たず出てくる前に開く。雄花雌花通常別の木に付くが、同じ木に付くこともある。果実はいくつかの痩果集まってがくに包まれた房となっており、ブラックベリー似た外見で、長さは2-3cmである。最初淡緑色であるが、熟す赤色から深紫色になる。北アメリカでは、春から初夏になると食べる。アーカンソー州では、31種類集まってきたという記録がある。

※この「記載」の解説は、「レッドマルベリー」の解説の一部です。
「記載」を含む「レッドマルベリー」の記事については、「レッドマルベリー」の概要を参照ください。


記載

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/28 14:24 UTC 版)

ロンコサウリア」の記事における「記載」の解説

ロンコサウリアは、広く異常に厚い頸肋骨、非常に堅牢な首の神経比較的狭い神経管、および巨大なアーチ型の神経弓によって他のティタノサウルス類区別される。彼らはまた、翼型側面突起を持つ非常に広い胴椎と、非常に広い胸郭持っていた。それらの背側突起も、神経管の高さとかなり一直線並んでおり、リトストロティアのように神経弓のさらに上に付着している[要出典]。 ロンコサウリア姉妹群であるマラウィサウルス頭骨要素は、少なくとも初期ティタノサウルス類基盤的マクロナリアにおいて、大きな鼻腔丸み帯びた頭部形状基本的形質である事を示唆する[要出典]。

※この「記載」の解説は、「ロンコサウリア」の解説の一部です。
「記載」を含む「ロンコサウリア」の記事については、「ロンコサウリア」の概要を参照ください。


記載

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/05 21:31 UTC 版)

ナンキョウ」の記事における「記載」の解説

ナンキョウ根茎から生長したくさんのと赤い実を付ける。高さは最大2メートルになる。この植物の根茎がほとんどの場合料理使われるガランガル」である。食材伝統医学での利用重んじられショウガよりも優れていると見なされている。根茎黒コショウ松葉思わせる鼻にツンとくる匂いと強い味を持つ。赤色白色栽培品種はしばし異な目的使用される赤色品種は主に医療白色品種は主に香辛料として使われる。赤い「果実」は紅豆蔲という名称で中国医学使われカルダモン似た香りを持つ。そのため、 中国では小豆蔲(Elettaria cardamomumグリーンカルダモン)、白豆蔲(Amomum kravanh)、豆蔲(Alpinia hainanensis)、砂仁Amomum villosum)、縮砂Amomum villosum var. xanthioides)、果(Lanxangia tsaoko)などと共にカルダモン生薬一つとされる

※この「記載」の解説は、「ナンキョウ」の解説の一部です。
「記載」を含む「ナンキョウ」の記事については、「ナンキョウ」の概要を参照ください。


記載

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 16:48 UTC 版)

「郯」の記事における「記載」の解説

『春秋左氏伝』昭公十七年:郯子来朝,公与之宴。昭子(叔孫婼)問焉,曰:「少皞氏命官,何故也?」郯子曰:「吾祖,我知之。…我高祖少皞摯之立也,適至,故紀于,為鳥師名:氏,暦正也;玄鳥氏,司分者也;伯趙氏,司至者也;青鳥氏,司啓者也;丹氏,司閉者也。祝氏,司徒也;鴡氏,司馬也;鳲氏,司空也;爽氏,司寇也;鶻氏,司事也。五民者也。五雉為五工正,得器用,正度量,夷民者也。九扈為九農正,扈民无淫者也。」

※この「記載」の解説は、「郯」の解説の一部です。
「記載」を含む「郯」の記事については、「郯」の概要を参照ください。


記載

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/23 04:13 UTC 版)

カイカイフィル」の記事における「記載」の解説

カイカイフィルホロタイプ標本指定され頭骨は、保存され部位長さ0.7メートル達し、完全な頭骨長では1.1-1.2メートル及んだことが示唆されている。全長10メートル推定されている。これは頭骨長0.65メートルタニファサウルス・アンタークティクスなどの同時期のモササウルス科爬虫類よりも大型であり、カイカイフィル南半球から産出した既知モササウルス科爬虫類では最大となる。頭骨縫合線癒合し、外上顆と内上顆筋肉附随する上腕骨隆起)が発達し内側テクスチャ比較的密で、この個体成体であったことが示唆されている。 体躯の他にも、カイカイフィル近縁属から際立たせる特有の特徴がある。眼窩の上部縁の正面卓越した隆起存在しタニファサウルスとは違って鼻孔の間にも隆起存在する前頭骨形状モアナサウルスのものとも異なり三角形をなして鼻孔果孔に接する。加えて頭骨の幅は眼下前方狭くなり、上腕骨頭は垂直方向に非常に厚い。 特に、カイカイフィルの歯は異歯性、すなわち複数異なタイプの歯が存在する咬耗症が全く存在しない中型円錐形の歯、内外側に2,3咬耗症がある中型円錐形の歯、咬耗症全くない非常に大型円錐形の歯、そして断面がD字型をなして柔らかいエナメル質覆われた、おそらく成長中の丸身を帯びた小さな歯が確認されている。他に異歯性確認されているモササウルス科爬虫類には、モササウルス亜科モササウルス族エレミアサウルスモササウルス亜科グロビデンス族カリノデンスがいる。

※この「記載」の解説は、「カイカイフィル」の解説の一部です。
「記載」を含む「カイカイフィル」の記事については、「カイカイフィル」の概要を参照ください。


記載

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/12 03:30 UTC 版)

オヴィラプトル」の記事における「記載」の解説

Oviraptor philoceratops は1つ部分的な骨格 AMNH 6517 と、本種のものとされる15個の卵のある巣 AMNH 6508 から知られる生きていた頃、オヴィラプトルは最も鳥類似た鳥類恐竜1つであった。特に肋骨鳥類典型的な特徴示しており、例え胸郭強固にする各肋骨突起などが挙げられるノミンギア呼ばれるオヴィラプトル親戚には、後に鳥類尾羽支えることになる癒合した一連の椎骨尾端骨が確認されている。カウディプテリクスプロターケオプテリクスといったさらに基盤的オヴィラプトロサウルス類皮膚の印象化石からは、体や翼、尾扇など幅広く羽毛覆われていたことが明示されている。また、尾扇ノミンギアにも存在示されており、この特徴オヴィラプトロサウルス類の間で広がったことが示唆されている。さらに、卵を孵化させているシチパチ巣篭る位置から、羽毛のある翼で卵を覆っていたことが暗示されている。これらの属はオヴィラプトルと近い解剖学的類似性持ちオヴィラプトルにも同様に羽毛があった可能性極めて高い。 オヴィラプトルヒクイドリにも似た目立つ鶏冠のある姿で伝統的に描かれてきた。しかし、複数オヴィラプトル科に行われた再調査では、高い鶏冠を持つ種は実際にオヴィラプトル親戚であるシチパチ属に属す可能性があるとされた。オヴィラプトルにも鶏冠があった可能性は高いが、唯一の認められ標本破損しているため、鶏冠正確な大きさと形状は不明である。 オヴィラプトル後肢長く発達しており、それぞれに生えた3本の指には鉤爪があり、獲物捕獲引き裂き用いられていた。オヴィラプトル巨大な目には強膜輪があり、嘴には歯がなく、頭蓋には鶏冠があった。

※この「記載」の解説は、「オヴィラプトル」の解説の一部です。
「記載」を含む「オヴィラプトル」の記事については、「オヴィラプトル」の概要を参照ください。


記載

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/18 06:16 UTC 版)

クリトサウルス」の記事における「記載」の解説

タイプ種であるKritosaurus navajoviusのタイプ標本部分的な頭骨下顎骨いくつかの首から後の骨でのみで構成されている。吻部上側くちばし前上顎骨en))の大部分失われていた。 頭骨長さくちばし先端から方形頬骨基部のまでの長さ87 cm推定された。なお、方形頬骨頭骨後部下顎関節している骨である。クリトサウルス潜在的な固有派生形質属を識別する特徴)には前歯骨(下側くちばし)に鋸歯状突起がないこと、下顎くちばし付近鋭く下方曲がっていること、上顎骨重厚で、やや長方形をしていることが挙げられる最初アナサジサウルスAnasazisaurus)とされた頭骨標本に基づけば、とさかは完全な状態では鼻骨から骨のひだのように伸び両目の間に、後方折り返すような形で立ち上がっている。この独特のとさかによりグリポサウルスのような良く似たハドロサウルス類識別できる。とさかの先端ざらざらしている。保存されている最大頭骨長さ90 cmほどである。

※この「記載」の解説は、「クリトサウルス」の解説の一部です。
「記載」を含む「クリトサウルス」の記事については、「クリトサウルス」の概要を参照ください。


記載

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/18 06:32 UTC 版)

アズダルコ科」の記事における「記載」の解説

アズダルコ科長い脚と極めて長い首で特徴付けられるアズダルコ科分類される種のほとんどはその長い頸椎によって同定されており、他の特徴はあまりわかっていない。 いくつかの属は非常に保存状態良い骨格知られている。チェージャンゴプテルスとケツァルコアトルスがそれである。アズダルコ科は頭も長く巨大で、のようなクチバシをもっている。アズダルコ科には主に2つのタイプがある。クチバシが「短く深く鈍いもの」と「長く薄く鋭く尖るもの」である。 これはアズダルコ類スキマーアジサシのように水面かすめるように飛びクチバシだけ水中入れて獲る動物)だったことを示唆しているとも考えられたが、更なる研究によってその考え懐疑的な判断出てきている。それによるとアズダルコ科スキマーとしての摂取必要な適応欠いており、むしろコウノトリジサイチョウのように地上歩き回って餌を探すタイプ捕食者だったと考えられる最大アズダルコ科一つハツェゴプテリクスは恐らく孵化直後小型恐竜などの小さな獲物捕食していた。ハツェゴプテリクス例外的に太く長いクチバシ備えており、それを使って獲物襲撃しながら、当時トランシルバニア生態系頂点君臨していたと思われる。他の典型的アズダルコ科生態としてはアランカクチバシ参考になる。アランカはその顎の骨の形状から、恐らく貝やその他の硬い殻や甲羅をもつ獲物クチバシ突き壊して食べていたと考えられている。 アズダルコ科一般的に中型から大型翼竜だった。最大のものは翼開長1012mと推定されている 。しかしいくつかの小型種最近発見されている。

※この「記載」の解説は、「アズダルコ科」の解説の一部です。
「記載」を含む「アズダルコ科」の記事については、「アズダルコ科」の概要を参照ください。


記載

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/18 06:33 UTC 版)

バラウル (恐竜)」の記事における「記載」の解説

バラウルは約7000万年前の白亜紀後期マーストリヒチアン生息した推定されている獣脚類恐竜であり、バラウル・ボンドックただ1種を含む。本種の骨は基盤的原鳥類比較して短く重い。大半初期原鳥類格納され地面から離れる第2指シックルクロー(鎌状の鉤爪)を1つ持つが、バラウルには格納可能なシックルクロー両足第1指第2指備わっていた。この奇妙な足に加え白亜紀後期ヨーロッパから出土したほぼ完全な獣脚類化石であるという点でバラウルタイプ標本特異的である。バラウルには数多く固有派生形質があり、第3指未発達趾骨から形成され縮小しておそらく関節失っていることが含まれるルーマニアセベシュ層の氾濫原にあたる泥岩から部分的な骨格発見されている。この標本多様な椎骨からなり肩帯腰帯および四肢大部分含まれる白亜紀後期ヨーロッパから産出したほどよく完全で保存状態良い初めての獣脚類である。 バラウル体格ヴェロキラプトル近く発見され骨格要素から全長1.8 - 2.1メートルであると示唆されている。バラウル自重支えるために機能的な第1指再度進化しており、異常なまでに巨大な鉤爪存在したバラウルの脚は短く頑丈であり、骨盤の筋肉附随部分大きく、これらはバラウル速度よりもむしろ力に適応していたことを示唆している。こうした頑強な脚とシックル・クローは、獲物強く捕らえ働きがあった可能性がある。Csiki らは、「島を生息地とする分類群において発達した異様な形態ドラマチックな例」としてこの「新たなボディプラン」を記載している。頑丈な足の例として、中足骨長さが幅の2倍しかないこと、中足骨の幅が後肢1.5倍広いことが挙げられ、この両方比率獣脚類には特異的である。バラウル骨格はまた四肢の骨の広範な癒合示唆している。手首の骨と中手骨癒合して腕掌骨をなし、骨盤の骨も癒合している。ふくらはぎの骨である脛骨足首の上の骨が癒合して脛足根骨形成し足首の下の骨と中足骨癒合して足根中足骨形成する癒合度合い鳥類およびその直接的な親類である鳥群典型的である。

※この「記載」の解説は、「バラウル (恐竜)」の解説の一部です。
「記載」を含む「バラウル (恐竜)」の記事については、「バラウル (恐竜)」の概要を参照ください。


記載

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/18 06:26 UTC 版)

フォルスラコス科」の記事における「記載」の解説

フォルスラコス科の首は3つの部位分けることが可能である。フォルスラコス科の首の高い部位では分岐した神経持ち、その下の部位ではさらに高い神経を持つ。これは、フォルスラコス科柔軟発達した首を持ち、重い頭部支えることや驚異的な速度と力で打撃することが可能だったことを示している。フォルスラコス科の首の外見長くないが、柔軟な骨格構造ゆえ予想される長さよりも長く首を伸ばすことができ、頭部重量活かして容易に攻撃可能だった最大限まで首を伸ばして下方攻撃すると、卓越した首の筋肉と重い頭部により獲物深刻なダメージ与えるのに十分な勢いと力が発揮された。 2006年パタゴニア発見され1500万年前に当たる中新世ランギアン生息したケレンケン・ギレルモイは、これまで発見された中で最大頭骨を持つ鳥類であり、ほぼ完全な頭骨71センチメートル記録されている。クチバシは約46センチメートル達し鉤状カーブ描いてワシクチバシ類似している。フォルスラコス科分類され大半の種はこれよりも小型背丈6090センチメートルであるが、背丈3メートル達するものも発見されている。巨大な恐鳥類俊敏に走ることができ、時速48キロメートル達した科学者仮説立てている。フォルスラコス科生息環境調査では、ボルヒエナ科やティラコスミルス科といった肉食性有袋類激し生存競争繰り広げて優位に立ち、攻撃的な性質により彼らの生息地平野から森林退けた可能性があると示唆されている。

※この「記載」の解説は、「フォルスラコス科」の解説の一部です。
「記載」を含む「フォルスラコス科」の記事については、「フォルスラコス科」の概要を参照ください。


記載

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/20 01:35 UTC 版)

キングサリ」の記事における「記載」の解説

高さ7m程度までの落葉性低木または大きなになる。樹皮滑らかで、深緑色大きく広がり小枝は軟毛に覆われ垂れ下がっている。楕円形の3枚組長い葉柄を持つ。表側の面は滑らかで、裏面には毛が生えている。 5月から6月にかけて花が咲くマメ似た黄色い花で、長さ10-25cmの総状花序密に集まっている。甘い匂いがする。 種子豆果で、ヒトヤギウマにとって毒となるアルカロイドであるシチシンを含む黒い種子をたくさん含む。特に未熟なものは毒性が強い。しかし、ノウサギシカ等の一部野生動物は、これを問題なく食べるため、一部地域では魔法のような性質持っている考えられている。

※この「記載」の解説は、「キングサリ」の解説の一部です。
「記載」を含む「キングサリ」の記事については、「キングサリ」の概要を参照ください。


記載

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/21 23:35 UTC 版)

ダケントルルス」の記事における「記載」の解説

ダケントルルス大型剣竜類で、いくつかの標本から体長7-8 m 、体重5 tほどと推定されている 。多く書籍ではダケントルルス小型剣竜類とされているが、実際には幅1.5 mほどの骨盤発見されており最大級剣竜類だったことを示す。剣竜類では内蔵の幅が特に大きく 、そして尻が大きかったことが特に広い胴椎椎体から示される後肢はかなり短いが、前腕長いために前肢比較長く大きかったダケントルルスステゴサウルスと同じプロポーションだとみなされるが、プレートスパイク配置は違うことが知られており、おそらく首に2列の小さなプレート並び、2列のより長いスパイクが尾に沿って並んでいただろう。Dacentrurus armatusのホロタイプ標本小さく鈍角非対称な首のプレートとを含みサゴマイザーthagomizer一部分である尾のスパイク含んでいる。尾のスパイク前後鋭く切り立った縁を持っている

※この「記載」の解説は、「ダケントルルス」の解説の一部です。
「記載」を含む「ダケントルルス」の記事については、「ダケントルルス」の概要を参照ください。


記載

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/24 02:59 UTC 版)

ニシイワシ」の記事における「記載」の解説

ニシイワシ小型から中型長細い形で、ニシン似たである。腹びれ背びれのすぐ下から始まる。尻びれの軟条最後2つは、残りのものよりも大きい。上半分は緑色オリーブ色で、側面金色腹側銀色である。

※この「記載」の解説は、「ニシイワシ」の解説の一部です。
「記載」を含む「ニシイワシ」の記事については、「ニシイワシ」の概要を参照ください。


記載

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/15 01:51 UTC 版)

ドレッドノータス」の記事における「記載」の解説

ドレッドノータス・スクラニ Dreadnoughtus schrani の発見大型ティタノサウルス類大きさ解剖学についての知見を深めるのである上腕骨肩甲骨骨盤については著しい。ドレッドノータスの骨の偉大性はその良好な保存状態にある。変形風化極めて少なく、特に上腕骨良好である。細部観察可能で、筋肉付着部などが非常によく確認できるドレッドノータス背中には外側伸びる大きなスパイク状の皮骨が何本か備わっていた可能性がある。ドレッドノータスはまた体の大きさのわりに例外的に長いをもっており、全長半分ほどもあった。

※この「記載」の解説は、「ドレッドノータス」の解説の一部です。
「記載」を含む「ドレッドノータス」の記事については、「ドレッドノータス」の概要を参照ください。


記載

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/26 18:42 UTC 版)

ブロントサウルス」の記事における「記載」の解説

ブロントサウルス頭骨はまだ見つかっていないが、恐らく近縁アパトサウルス似た頭骨であった考えられる。他の竜脚類のように、頚椎上面には深い溝があって一対形成しているため、首が幅広く深くなっている。脊椎15個の頚椎10個の胴椎、5個の仙椎82個の尾椎からなる。ただし尾椎の数は種内変異認められている。頚椎は他のディプロドクス類よりも太く頑丈だったが、アパトサウルス成熟個体ほどではない。頸肋骨脊椎癒合ていないか、あるいは強く接してはおらず、むしろ緩い。10個の肋骨胴体側面まんべんなく存在した大きな首は空気満たされ気嚢によって軽量化されていた。ブロントサウルスは、アパトサウルスのように、脊椎に高い棘突起有していた。これらは個々椎骨半分以上の高さがある。尾の形状はディプロドクス類としては異常で、比較華奢で、腰から先の棘突起急激に減少するブロントサウルスまた、他のディプロドクス類比べ非常に長い肋骨をもち、それにより非常に胸の位置深くなっていた。他のディプロドクス類同様、尾の先は鞭のような構造になっている肋骨はまた非常に頑丈なつくりである。前肢の骨も健固で、大腿骨カマラサウルス似ており、B. excelsus のそれは Apatosaurus ajax のものと見分けつかないチャールズ・ギルモア1936年に、以前復元では橈骨尺骨交差する可能性があると誤って診断していたと発表したブロントサウルス単一大きな鉤爪両方前肢備えていた。そして全ての脚において、最初3つの指先に爪がついていた これは一頭竜脚類に対して保存された爪の数としては、今も最大数として認められている 。前肢単一鉤爪は、緩やかに曲がっており、末端垂直に短縮されている。腰の骨は頑丈な腸骨癒合した恥骨坐骨構成される脛骨腓骨ディプロドクス華奢なものとは異なっているが、カマラサウルスのものには非常に良く似ている腓骨脛骨よりも細く長い

※この「記載」の解説は、「ブロントサウルス」の解説の一部です。
「記載」を含む「ブロントサウルス」の記事については、「ブロントサウルス」の概要を参照ください。


記載

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/27 05:12 UTC 版)

マグワ」の記事における「記載」の解説

若木では、大きさ最大30cmの長さになり、深く複雑な裂片を持つ丸い形である。古い木では、大きさは5-15cmで、裂片はなく、根元部分ハート形であり、先端は丸か尖っており、葉縁鋸歯状である。通常温帯では落葉性であるが、熱帯では常緑のものもある。 花は単性尾状花序であり、雄花は2-3.5cm、雌花1-2cm長さである。通常雄花雌花別の木に生じるが、1本の木に両性の花が生じることもある。果実は、長さ1-1.5cmである。野生のものは深紫色でるが、栽培されたものでは、多く白色から桃色になる。味は甘いが、強い風味を持つレッドマルベリークロミグワとは異なり風味は弱い。果実食べた等により、種子は広い範囲運ばれる科学的には、尾状花序から花粉放出する際を含めRPM植物の急速運動)の事例として有名である。雄蕊カタパルトとして働き25マイクロ秒の間に蓄えた弾性エネルギー放出するその結果動き速さ音速約半分、610km/hに達し植物界既知運動の中で、最も速いものとなっている。

※この「記載」の解説は、「マグワ」の解説の一部です。
「記載」を含む「マグワ」の記事については、「マグワ」の概要を参照ください。


記載

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/30 07:08 UTC 版)

メンダコ」の記事における「記載」の解説

メンダコの記載は、理科大学動物学教室(現東京大学理学部)の飯島魁池田作次郎によって行われた記載論文は、1895年7月出版された『奇形章魚 (Opisthoteuthis depressa n. sp) ニ就テ』である。同年12月、同著者らによって出版され記載論文英語版Description of Opisthoteuthis depressa, n. sp』が誤引用されることが多い。

※この「記載」の解説は、「メンダコ」の解説の一部です。
「記載」を含む「メンダコ」の記事については、「メンダコ」の概要を参照ください。


記載

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/25 10:23 UTC 版)

カッコウセンノウ」の記事における「記載」の解説

高さ20-90cmの多数花茎地面に近いところのからなるロゼット形成するの上伸びており、頂部付近枝分かれしており、末端に幅3-4cmのピンク色の花が付く。花は、幅の狭い5花弁各々がさらに深い切込み4つ分かれており、ボロボロになった印象与えるため、英語ではragged-robinボロボロコマドリ)と呼ばれる筒には10本の雄蕊がある。は対になっており、下の方の歯はスプーン状で付いている。真ん中から上の方のは、披針形で、先端尖っている全てのは、葉縁鋸歯はない。には、下向き棘のある毛が生えており、そのため粗い手触りである。5月から8月頃に花が咲き、蜜を吸いチョウハチが集まる。他の種類昆虫多く訪れるが、汎用の送粉シンドローム分類される果実は、先端開いた6-10mmの小さなカプセル状で、その中に多く小さな種子含み8月以降見られる

※この「記載」の解説は、「カッコウセンノウ」の解説の一部です。
「記載」を含む「カッコウセンノウ」の記事については、「カッコウセンノウ」の概要を参照ください。


記載

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/07/14 22:32 UTC 版)

ネペンテス・アッテンボロギ」の記事における「記載」の解説

ネペンテス・アッテンボロギ直立するか、潅木撒きついて伸びる直径 3.5cm ほどの太さになり、断面は丸い。高さは時に 1.5m にも及ぶ。

※この「記載」の解説は、「ネペンテス・アッテンボロギ」の解説の一部です。
「記載」を含む「ネペンテス・アッテンボロギ」の記事については、「ネペンテス・アッテンボロギ」の概要を参照ください。


記載

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/09/29 01:36 UTC 版)

ヌルハチウス」の記事における「記載」の解説

発掘地は中華人民共和国遼寧省朝陽市にある、前期白亜紀バレミアンバーレム期)からアプチアンアプト期)の地層不完全な頭蓋骨格により記載された。ホロタイプ標本IVPP V-13288。

※この「記載」の解説は、「ヌルハチウス」の解説の一部です。
「記載」を含む「ヌルハチウス」の記事については、「ヌルハチウス」の概要を参照ください。


記載

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/08/06 03:53 UTC 版)

ディストロファエウス」の記事における「記載」の解説

タイプ種D. viaemalaeで1887年E.D.コープにより記載された。属名は"粗い関節 "を意味しギリシャ語で"悪い"を意味するdysと" 関節 "を意味するstropheusから派生し軟骨付着するための穴の開いた関節面にちなんでいる。種小名ラテン語で"悪路の"を意味するviae malaeからで化石発見調査回収するための困難な道のりにちなんでいる。ホロタイプ標本USNM 2364は部分的な骨格から構成され1859年8月John Strong Newberryによって発見され尺骨1個、76 cmの上腕骨1個、肩甲骨1個、部分的な橈骨、および、いくつかの中手骨含まれている。これらはより古いオクスフォーディアン-カロビアンのものだとされることもあるが、おそらくモリソン累層層序領域1(キンメリッジアン前期)のものだろう。ディストロファエウスアメリカで最初に発見され竜脚類1つである;これ以前には1855年アストロドン数本の歯が発見されている。

※この「記載」の解説は、「ディストロファエウス」の解説の一部です。
「記載」を含む「ディストロファエウス」の記事については、「ディストロファエウス」の概要を参照ください。


記載

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/05/04 01:11 UTC 版)

スカフォグナトゥス」の記事における「記載」の解説

スカフォグナトゥスには3つの標本知られているが、その全てキンメリッジ階ゾルンホーフェン石灰岩産である。頭蓋骨におけるいくつかの顕著な差を除けば全体骨格ランフォリンクス酷似している。 一例として、スカフォグナトゥスランフォリンクス比べてあまり鋭くない口先より大きい前眼窩窓そなえた相対的に短い頭蓋骨(11.5cm)を持つ。その歯は平方ではなく直方向に伸びている。これまでの研究では上顎18本、下顎10本の歯があるとしていたが、ベネット (S. Christopher Bennett) は第3標本である SMNS 59395 を調べ2004年上顎の歯は16本しかなく、これまでの計数超過生え替わり途中の歯を間違って数えていたことによると発表したスカフォグナトゥス強膜輪現生鳥類爬虫類比較することにより、スカフォグナトゥス昼行性だったことが示唆されている。これは夜行性だったと推測されているクテノカスマランフォリンクスなど同時代の他の翼竜とのニッチ分化示している可能性がある。

※この「記載」の解説は、「スカフォグナトゥス」の解説の一部です。
「記載」を含む「スカフォグナトゥス」の記事については、「スカフォグナトゥス」の概要を参照ください。


記載

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/06/07 20:38 UTC 版)

バトラコグナトゥス」の記事における「記載」の解説

3体の化石天山山脈北西カラタウ山脈の麓の湖底堆積物から発見されている。ジュラ紀にはこの地域は、ドイツバイエルン州のゾルンホーフェン堆積物とよく似た環境だった。本属模式標本PIN 52-2 であり、頭骨破片上下顎・脊椎肋骨後肢・翼指骨からなる不完全でバラバラになった標本である。長さ48 mm頭骨上下長が高く前後長は短く横幅は広い。上顎には全部22から24本の後に反った円錐歯があり、下顎と共に短いが非常に横幅の広い口を形成する。この動物の尾は保存されていた例がない。尾を持ってたかどうかについては議論の余地があるが、通常は短い尾を持っていたのではないかとされている。翼開長はおよそ50 cm推測されているが、デイヴィッド・アンウィンは2000年より大きい75 cm という推定値出している。他の全てのアヌログナトゥス科翼竜同様にバトラコグナトゥス飛び回りながらその大きな口で昆虫捕まえていた食虫性の動物だったと考えられている。

※この「記載」の解説は、「バトラコグナトゥス」の解説の一部です。
「記載」を含む「バトラコグナトゥス」の記事については、「バトラコグナトゥス」の概要を参照ください。


記載

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/06/18 21:06 UTC 版)

ディンヘイロサウルス」の記事における「記載」の解説

ホロタイプ標本であるML 414部分的な骨格構成され保存状態のいい関節した胴椎注目に値するまた、標本には12個の肋骨四肢の骨の断片含まれるD. lourinhanensisを特徴付けるのはディプロドクスのものに似た二股神経を持つ椎骨で、これはディプロドクス比較するプロポーション異なっている。また胴椎には下(hyposphene 椎骨後方突起)による付随的な椎骨間の関節en)も存在した

※この「記載」の解説は、「ディンヘイロサウルス」の解説の一部です。
「記載」を含む「ディンヘイロサウルス」の記事については、「ディンヘイロサウルス」の概要を参照ください。


記載

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/08/25 22:19 UTC 版)

アリノケラトプス」の記事における「記載」の解説

この恐竜頭骨のみで知られるようになって以来科学者たち僅かな解剖学的な情報しか与えられていない復元され頭骨は、2つ楕円形の開口部有する幅広い正方形フリル特徴とする。フリル表面には深い血管の溝が形成されている。フリルの縁はホーンレット装飾されていた。後部の縁は明瞭に波打っている。ホロタイプの左の鱗状骨には穴が空いているが、おそらく傷跡であるとされる。上眼窩角は適度に長いが、鼻角はほとんどのケラトプス類よりも短く鈍かった。鼻は前後短く上下に高い。首から下は典型的なケラトプス類のそれだったと思われる頭骨に基づく全長は、一般的な科学書では成長しきったものだった場合約6mと見積もられている。2010年グレゴリー・ポールはその全長を4.5m、体重を1.3tと見積もった。 既にリチャード・スワン・ルル1933年に、パークスによる原記載批判していた。そしてタイソンは、パークスによる多く間違い発見したそのうち最も特筆すべきなのは、鼻角もたないという理由与えられ属名である。実際は普通のケラトプス類のように鼻角有していた。

※この「記載」の解説は、「アリノケラトプス」の解説の一部です。
「記載」を含む「アリノケラトプス」の記事については、「アリノケラトプス」の概要を参照ください。


記載

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/02/19 20:16 UTC 版)

バルスボルディア」の記事における「記載」の解説

テレサ・マリヤンスカ(en)とハルツカ・オスモルスカ(en)は部分骨格であるZPAL MgD-1/110に基づきバルスボルディア記載した。この標本には9個の胴椎、9個の仙椎15個の尾椎左側腸骨及び左右恥骨1部分、7個の肋骨後肢断片大まかに脊椎関節した状態で含まれている。この骨格の最も顕著な特徴神経棘に見られる神経は特に仙椎高く、ヒパクロサウルス・アルティスピヌスに次ぐ高さであり、最初数個尾椎では神経先端棍棒形である(おそらくこれは加齢を示す兆候である)。

※この「記載」の解説は、「バルスボルディア」の解説の一部です。
「記載」を含む「バルスボルディア」の記事については、「バルスボルディア」の概要を参照ください。


記載

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/03/24 07:09 UTC 版)

ケラシノプス」の記事における「記載」の解説

ケラシノプスは、80%完全な標本MOR 300 に基づき2007年にブレンダ・チネリーとジャック・ホーナーによって命名された。ケラシノプス北米大陸アジア白亜紀生息していたオウムのような嘴をもつ植物食恐竜分類群である角竜類含まれるその中でも、新角竜類基盤的位置付けである。しかしその分類は論文によって様々で、例えレプトケラトプス科とする記載や、そうではなくレプトケラトプス科姉妹群、または一般的な角竜類とする考えもある。

※この「記載」の解説は、「ケラシノプス」の解説の一部です。
「記載」を含む「ケラシノプス」の記事については、「ケラシノプス」の概要を参照ください。


記載

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/17 15:49 UTC 版)

Eoperipatus totoro」の記事における「記載」の解説

本種の最初標本2007年11月モスクワ大学とベトナム・ロシア熱帯センター属する P.V. Kvartalnov, E.A. Galoyan, I.V. Palko によってベトナム得られ2010年文献による最初の記載が、Thai Dran Bai と Nguyen Duc Anh によって行われた2013年まではEoperipatus属に属すカギムシ東南アジアでは3種類し確認されなかったが、Eoperipatus totoro従来知られていたのとは異な種類であることが詳細な研究により判明した

※この「記載」の解説は、「Eoperipatus totoro」の解説の一部です。
「記載」を含む「Eoperipatus totoro」の記事については、「Eoperipatus totoro」の概要を参照ください。


記載

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/08 04:38 UTC 版)

タラルルス」の記事における「記載」の解説

タラルルス頭骨長さ24 cm、幅約22 cm体長4 mから6 mと推定される。この曲竜類四肢の上に5 tの重量乗っていた。付加的な識別特徴としては下突起が横に広い胴椎を持つこと、縦溝装飾のある皮骨を持つことが含まれる

※この「記載」の解説は、「タラルルス」の解説の一部です。
「記載」を含む「タラルルス」の記事については、「タラルルス」の概要を参照ください。


記載

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/07 06:26 UTC 版)

ジョバリア」の記事における「記載」の解説

ジョバリア原始的な竜脚類であり、体長は21.3メートル体重22.4 トンほどと推定されるジョバリア背骨や尾は後の時代北米竜脚類であるディプロドクスアパトサウルスの持つ複雑な椎骨や鞭のような尾に比べて単純である。 現世ゾウの上腕骨大腿骨外周比率比較した結果、セレノはジョバリア後肢だけで立ち上がることが可能だったかもしれない結論している 。ジョバリア体重配分は(ゾウのように)前肢よりも後肢支えられており、ゾウ後肢立ち上がれるように、ジョバリア簡単に立ち上がれたかもしれない

※この「記載」の解説は、「ジョバリア」の解説の一部です。
「記載」を含む「ジョバリア」の記事については、「ジョバリア」の概要を参照ください。


記載

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/08 08:54 UTC 版)

化石分類群」の記事における「記載」の解説

1996年1月1日以降化石分類群学名が正式発表になるためには、ラテン語か英語の記載文 (description) または判別文 (diagnosis) を伴うか、以前有効に発表されたそれらの出典引用を伴わなければならない。なお、判別文や記載文について書かれた第39条は化石分類群含まないため、化石植物学名はこの条によって規制される。第39条では1935年1月1日から2011年12月31日までに発表され分類群学名ラテン語判別文または記載文を伴うか、その出典引用が必要であったが、これは1996年より前の化石分類群学名には適応されないため、正式発表のための記載文または判別文はどのような言語であっても良いまた、1912年1月1日以降発表され化石属またはそれ以下ランク新化分類群学名は、必要不可欠形質を示す図解 (illustration) または図 (figure)を伴うか、以前発表されたそれらの出典引用伴わない限り正式に発表されていない。この趣旨により、化石属またはその下位区分学名が正式発表されるためには、1912年1月1日以降正式に発表され化石種学名引用または出典引用で十分となる。2001年1月1日以降発表され新化石種または種内分類群学名は、正式発表のための図解のうち少なくとも1つタイプ標本表したものとして特定されていない限り正式に発表されていない。なお、菌類ではさらに2013年1月1日以降発表され命名法上の新提案では、正式発表のために F.5.1 条と F.5.2 条を満たさなければならない規約中に挙げられる実例として、"Laconiella"は、Krasser (in Akad. Wiss. Wien Sitzungsber., Math.-Naturwiss. Kl. Abt. 1, 129: 16. 1920) によって発表されたとき、ただ1種のみを含んでいた。そこで意図され学名"Laconiella sardinica"は、図解または図あるいは以前発表され図解または図への出典引用を欠くため、正式に発表されなかった。そのため、"Laconiella"は正式発表された学名ではな