契約とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 関係 > 契約 > 契約の意味・解説 

けい やく [0] 【契約】

( 名 ) スル
〘法〙 私法上、相対する二人上の合意によって成立する法律行為債権発生目的とするもののほか、身分上の合意物権的な合意含まれる典型契約非典型契約混合契約有償契約無償契約諾成契約要物契約等に区分される。また、より広く合同行為も含めた、複数意思表示によって成立する法律行為を意味することもある。
約束をかわすこと。また、その約束。 「日来ひごろ)の-をたがへず、まゐりたるこそ神妙なれ/平家 2
ユダヤ教キリスト教で、神からの恩恵として、人間との間に交わされた取り決めシナイ山モーセを介して交わされた契約において、神はイスラエルの民を自らの民として選びとり、律法与えた。これ以降イスラエルの民は、律法厳守することを宗教生活の根幹に置いてきた。これに対してキリスト教は、神への信仰によってこそ罪の赦し救いもたらされるという新しい契約、つまり新約イエスによってもたらされたとみなしている。


契約

【英】contract

二人上の当事者合意することによって権利義務の関係をつくりだす行為のこと。相対する意思表示合致によって契約は成立するが、通常申込み意思表示承諾意思表示という形式となる。「民法」では、売買契約の他、贈与交換消費貸借使用貸借賃貸借雇用請負委任寄託組合終身定期金和解合計13種の契約を規定している。倉庫契約や運送契約は「商法」によりその型が定められているが、このように法律上の契約の型が定められているものを典型契約といい、定められていないものを不典型契約という。

契約(けいやく)

民法基本用語に関わる用語

複数当事者間の合意によって発生する権利義務の関係。当事者は契約の内容法的拘束され、互いに、契約に定め義務債務)を行うよう要求でき、義務違反債務不履行)があった場合には損害賠償などを請求できる。


» 法テラス・法律関連用語集はこちら

契約

複数対立当事者売買契約でいえば「買いたい人」と「売りたい人」)の意思表示によって成立する法律行為のこと。不動産に関する主な契約には「売買契約」「建設工事請負契約」「金銭消費貸借契約(ローン契約)」「賃貸借契約」「定期借地権契約」などがある。

けいやく 【契約】

ユダヤ教キリスト教で、神の特別な意志をいい、また、それによって結ばれた神と人との関係をいう。イスラエル民族に対しモーセ通じて結ばれた関係が旧約旧い契約)で、神はイスラエルの民を自分の民として選び律法厳守を命じた。のちにイエス通じて結ばれた関係が新約新しい契約)で、神への信仰によって罪の許し約束され、イエス十字架上の死がそのしるしとされる

契約

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/17 07:30 UTC 版)

契約(けいやく、: pactum, : contrat, : contract)は、複数の者の合意によって当事者間に法律上の権利義務を発生させる制度[2]。合意のうち、法的な拘束力を持つことを期待して行われるもののことで、特に雇用・売買・所有 等々に関して行われるもの[3]


  1. ^ 内田貴『民法I 総則・物権総論(第3版)』東京大学出版会、2005年、336 - 337頁
  2. ^ a b c d e f 滝沢昌彦、武川幸嗣、花本広志、執行秀幸、岡林伸幸『新ハイブリッド民法4 債権各論 新版』法律文化社、5頁。ISBN 978-4589039422
  3. ^ [1]
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n 澤田壽夫、柏木昇、杉浦保友、高杉直、森下哲朗、増田史子『マテリアルズ国際取引法 第3版』有斐閣、51頁。ISBN 978-4641046696
  5. ^ a b c 近江(2006)5頁
  6. ^ 遠藤・原島・水本・川井・広中・山本(1996)4頁
  7. ^ a b 滝沢昌彦、武川幸嗣、花本広志、執行秀幸、岡林伸幸『新ハイブリッド民法4 債権各論 新版』法律文化社、6頁。ISBN 978-4589039422
  8. ^ 遠藤・原島・水本・川井・広中・山本(1996)6頁
  9. ^ 川井(2010)1頁
  10. ^ 近江(2006)8-9頁
  11. ^ 遠藤・原島・水本・川井・広中・山本(1996)1-3頁
  12. ^ 山本(2005)17頁
  13. ^ 近江(2006)2頁
  14. ^ a b 遠藤・原島・水本・川井・広中・山本(1996)12頁
  15. ^ 大島・下村・久保・青野(2003)6頁
  16. ^ a b 山本(2005)18頁
  17. ^ 遠藤・原島・水本・川井・広中・山本(1996)13頁
  18. ^ a b c d e f 大島・下村・久保・青野(2003)6-7頁
  19. ^ 遠藤浩編(1997)『民法〈5〉契約総論』青林書院〈注解法律学全集〉12-13頁
  20. ^ a b 遠藤・原島・水本・川井・広中・山本(1996)18-19頁
  21. ^ 遠藤浩編(1997)『民法〈5〉契約総論』青林書院〈注解法律学全集〉14頁
  22. ^ 遠藤・原島・水本・川井・広中・山本(1996)14頁
  23. ^ 近江(2006)2頁
  24. ^ 山本(2005)332頁
  25. ^ 遠藤・原島・水本・川井・広中・山本(1996)11頁
  26. ^ 遠藤・原島・水本・川井・広中・山本(1996)18-19頁
  27. ^ a b c d e f g 滝沢昌彦、武川幸嗣、花本広志、執行秀幸、岡林伸幸『新ハイブリッド民法4 債権各論 新版』法律文化社、8頁。ISBN 978-4589039422
  28. ^ 谷口・五十嵐(2006)394-399頁
  29. ^ 内田(2011)19頁
  30. ^ a b 大島・下村・久保・青野(2003)7頁
  31. ^ a b 柚木・高木(1993)1頁
  32. ^ 柚木・高木(1993)1-2頁
  33. ^ a b 近江(2006)15頁
  34. ^ a b 柚木・高木(1993)7-8頁
  35. ^ 大島・下村・久保・青野(2003)7頁
  36. ^ a b 大島・下村・久保・青野(2003)8頁
  37. ^ a b 柚木・高木(1993)4頁
  38. ^ a b c 遠藤(1997)46頁
  39. ^ 川井(2010)4頁
  40. ^ a b c d e f g h 大島・下村・久保・青野(2003)9頁
  41. ^ a b 遠藤(1997)48頁
  42. ^ 遠藤(1997)49頁
  43. ^ 我妻(1954)37頁
  44. ^ 川井(2010)5頁
  45. ^ 遠藤(1997)51頁
  46. ^ a b c 近江(2006)16頁
  47. ^ 遠藤(1997)52頁
  48. ^ ジャン=ポール・デコール、平野裕之訳(2011)「契約の方式」慶應法学19号
  49. ^ a b c d e f g h i j k l m 澤田壽夫、柏木昇、杉浦保友、高杉直、森下哲朗、増田史子『マテリアルズ国際取引法 第3版』有斐閣、52頁。ISBN 978-4641046696
  50. ^ 遠藤(1997)55頁
  51. ^ 遠藤(1997)55-56頁
  52. ^ 遠藤(1997)56頁
  53. ^ 川井(2010)7頁
  54. ^ a b 内田(2011)31頁
  55. ^ 山本(2005)26頁
  56. ^ 川井(2010)10頁
  57. ^ 谷口・五十嵐(2006)437頁
  58. ^ 内田(2011)35頁
  59. ^ 谷口・五十嵐(2006)438頁・443頁
  60. ^ 谷口・五十嵐(2006)438頁・445頁
  61. ^ 谷口・五十嵐(2006)440頁
  62. ^ 谷口・五十嵐(2006)452-453頁
  63. ^ 谷口・五十嵐(2006)438頁
  64. ^ 谷口・五十嵐(2006)449頁
  65. ^ 内田(2011)37頁
  66. ^ 内田(2011)32頁
  67. ^ 山本(2005)26頁
  68. ^ 滝沢昌彦、武川幸嗣、花本広志、執行秀幸、岡林伸幸『新ハイブリッド民法4 債権各論 新版』法律文化社、15頁。ISBN 978-4589039422
  69. ^ a b 山本(2005)40頁
  70. ^ 川井(2010)22頁
  71. ^ 川井(2010)8-10頁
  72. ^ 大島・下村・久保・青野(2003)22頁
  73. ^ 内田(2011)79頁
  74. ^ 川井(2010)51頁
  75. ^ 谷口・五十嵐(2006)691頁
  76. ^ a b 内田(2011)82頁
  77. ^ 我妻(1954)37頁
  78. ^ 内田(2011)108頁
  79. ^ 内田(2011)110頁
  80. ^ a b c d 谷口・五十嵐(2006)17頁
  81. ^ 遠藤(1997)4頁
  82. ^ Curie v.Misa(1875) L.R.10Ex 153, at 162.
  83. ^ 樋口(2008)82頁
  84. ^ 樋口(2008)17頁
  85. ^ 滝沢昌彦、武川幸嗣、花本広志、執行秀幸、岡林伸幸『新ハイブリッド民法4 債権各論 新版』法律文化社、13頁。ISBN 978-4589039422
  86. ^ 経済産業省(2001)『電子消費者契約及び電子承諾通知に関する民法の特例に関する法律逐条解説』12頁
  87. ^ 大橋(2004)339頁
  88. ^ 大橋(2004)356頁


「契約」の続きの解説一覧

契約

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 14:01 UTC 版)

名詞

けいやく

  1. 約束であって、それが守られない場合第三者によりそれが実現されるような強制なされるもの。
  2. 法律)相対立する意思決定合致により成立法律上効果発生させる法律行為。この場合語義1における強制は、最終的国家により担保される。

関連語

翻訳

約束
法律行為

動詞

活用

サ行変格活用
契約-する

翻訳




契約と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「契約」に関係したコラム

  • CFDの口座開設時における契約内容は

    CFDの口座を開設する時には、CFD業者の提示する契約書に同意しなければなりません。契約書には、銀行に口座を作る時や商品を分割で支払う際のクレジット契約の時などと同様に細かく取引時のルールが明記されて...

  • 株365の相場を動かす経済指標は

    株365の銘柄を構成しているのは、日本、イギリス、ドイツ、中国の各国の主要株式です。そのため、各国の発表する経済指標には敏感に反応して値動きをします。例えば、その国にとってよい経済指標が発表されれば株...

  • CFDの口座開設の方法

    CFDの取引を行うには、CFD業者の口座を開設する必要があります。ここでは、口座開設までの手続きの方法について解説します。ほとんどのCFD業者では、Webサイトから口座開設の手続きができます。まず、口...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「契約」の関連用語

契約のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



契約のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2020by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.
法テラス法テラス
Copyright © 2006-2020 Houterasu All rights reserved.
SUUMO(スーモ)SUUMO(スーモ)
COPYRIGHT 2020 RECRUIT CO.,LTD
リクルート SUUMO(スーモ)住宅用語大辞典
中経出版中経出版
Copyright (C) 2020 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの契約 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの契約 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS