意志とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 学問 > 学術 > 心理学 > 意志の意味・解説 

い‐し【意志】

あることを行いたい、または行いたくないという考え意向。「参加する意志がある」「こちらの意志が通じる」

目的計画選択し、それを実現ようとする精神働き知識感情対立するものと考えられ、合わせて知情意」という。「意志を貫く」「意志強固

哲学で、個人あるいは集団行動意識的決定する能力広義には、欲望含まれる倫理学的には、道徳的判断主体あるいは原因となるものをいい、衝動対立する。

[用法] 意志・意思——「意志」は「意志を貫く」「意志の強い人」「意志薄弱」など、何かをしよう、したいという気持ちを表す場合用いられる。哲学心理学用語としては「意志」を用いることが多い。◇「意思」は、「双方意思を汲(く)む」「家族意思尊重する」など、思い考えの意味に重点を置いた場合用いられる。法律用語としては「意思」を用いることが多い。◇「意志(意思)の疎通を欠く」「意志(意思表示」などは、話し手意識によって使い分けられることもある。


い‐し【意志】

〔名〕

目的のはっきりした考え。あることをしたいという思いこころざし

訓幼字義(1717)七「意とは、意志とつづきて、心の内にたくわへおもふことなり」〔淮南子‐繆称訓〕

② (━する) 物事思慮し、選択判断して実行ようとする積極的な心ぐみまた、その心ぐみを持つこと。特に、心理学で、知識感情対立する精神作用一つ。〔哲学字彙(1881)〕

葛飾砂子1900)〈泉鏡花〉八「随分気の確な女、むづかしく謂へば意志が強いといふ質(たち)で」

青鬼の褌を洗ふ女(1947)〈坂口安吾〉「私が意志して生れわけではないのだから」

哲学で、多く動機目標手段から一つ選択し、その実現を意欲すること。広義にはある目的実現ようとする人間または人間集団の、行動触発する過程または原因をいう場合もある。

[語誌]日本では、「哲学字彙」(一八八一)に収録され、定着見た明治中期から後期にかけて「意思」との混同が起こったが、「意志」は、主に哲学心理学また、日常生活で、「意思」は主に法律関係多く用いられ、今日に至る。


意志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/30 00:04 UTC 版)

意志(いし、: will)は、目標を定めてその達成のために行為を促す自発的な気持ち思考を意味する。自由意志を参照。




「意志」の続きの解説一覧

意志




意志と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「意志」の関連用語

意志のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



意志のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの意志 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの意志 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS