をもってとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > をもっての意味・解説 

を‐もっ‐て【を以て】

連語⇒もっ(以)て


を‐もって

連語〕 (「をもちて」の変化したもの動詞具体的な意味が薄れて、格助詞的に用いられる。

手段方法表わす。…によって。…で(もって)。をもて。

大慈恩寺三蔵法師伝永久四年点(1116)五「素きを以て書を作りて」

太平記14C後)二「事すでに急に当りたり。武を以て治むべきなり」

日葡辞書(1603‐04)「デウスノ minauo(ミナヲ) motte(モッテ)」

原因理由表わす。…ゆえに。…によって。をもて。

*金刀比羅本保元(1220頃か)上「しかるを当腹寵愛をもって、はるかの末弟近衛院に位をうばはれたりしかば」

③ 「を」を強め用法。をもて。

西大寺本金光明最勝王経平安初期点(830頃)一〇「を以て其の身に灑ぐ」

申楽談儀(1430)序「申楽とは神楽なれば、舞歌二曲をもって本風と申すへし」

[補注]以て」と表記されていて、「もて」か「もって」か読みの明らかでないものは、便宜上本項におさめた。



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「をもって」に関係したコラム

  • 株式の投資8原則とは

    株式の投資8原則とは、過去の相場経験を8つの法則にまとめたものです。1.十分に調査する購入予定の銘柄の財務内容やチャートなどを十分に調査して研究することが望ましいとされます。また、企業の発表する決算報...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「をもって」の関連用語

をもってのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



をもってのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2021 GRAS Group, Inc.RSS