別荘とは? わかりやすく解説

べっ‐そう〔‐サウ〕【別荘】

読み方:べっそう

ふだん生活している家とは別に避暑避寒休養などの目的で気候風景のよい土地つくられた家。


別荘

作者谷麻

収載図書奇妙にとってもこわい話寄せられた「体験
出版社光文社
刊行年月1999.5
シリーズ名光文社文庫


別荘

読み方:べっそう

  1. 妾宅。⑵〔犯〕拘置所又は刑務所。⑶便所のこと。

分類 犯罪者


別荘

読み方:べっそう

  1. 獄屋のことをいふ。〔犯罪語〕
  2. 〔犯〕留置所又は刑務所のこと。「ムシ」に同じ。「病院行参照(※参照箇所不明)。
  3. 監獄刑務所のことにいふ。〔刑事
  4. 犯罪語にて獄屋のことをいふ。
  5. 刑務所又は便所のこと。
  6. 刑務所を云ふ。
  7. 刑務所油木 博徒不良虞犯仲間
  8. 刑務所。〔一般犯罪
  9. 刑務所本住居から離れて暮すところで、しやれていう。〔盗〕

分類 刑事博徒不良虞犯仲間、犯、犯罪犯罪語、盗/犯罪


別荘

読み方:べっそう

  1. 便所上品に云つた言葉。〔隠語

別荘

読み方:べっそう

  1. 避病院のことをいふ。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

別荘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/03 22:55 UTC 版)

別荘(べっそう、英語cottagevillaラテン語vīlla)とは、普段生活しているとは別に、比較的短期的な避暑・避寒・保養・休養などの目的で気候風景のよい土地温泉地などに作られた一戸建ての家。本質は日常生活を送る住居ではなく、余暇のためのレジャー施設である。


  1. ^ a b c 朝比奈佳尉、アンドレア・フィオレッティ 『日本人が知りたいイタリア人の当たり前』2017年、33頁。 
  2. ^ 江川良武「別荘地・軽井沢の発展過程の研究 その一」(信濃 [第3次] 67(8), 563-580, 2015-08, 信濃史学会)573-574頁
  3. ^ 平成30年住宅・土地統計調査 住宅及び世帯に関する基本集計 結果の概要 p.9”. 総務省. 2022年3月1日閲覧。
  4. ^ 現住居以外の住宅の所有状況”. 総務省統計局. 2022年3月1日閲覧。


「別荘」の続きの解説一覧

別荘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/28 17:48 UTC 版)

怪物王女」の記事における「別荘」の解説

姫の所有する湖畔に立つ別荘。「交渉王女」及び「継承王女」で登場。湖に向かって突き出しており、建物土台数本支柱支えられている。半魚人襲撃支柱へし折られ、湖に向かって滑落、湖に引きずりこまれて水没した。「継承王女」では半魚人の手再建されたものの、半魚人御殿風に魔改造されていた(姫は気に入らなかったらしく、仏頂面のまま室内置かれた半魚人置物さりげなく窓から投げ捨てていた)。

※この「別荘」の解説は、「怪物王女」の解説の一部です。
「別荘」を含む「怪物王女」の記事については、「怪物王女」の概要を参照ください。


別荘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/25 20:24 UTC 版)

ピグライフ」の記事における「別荘」の解説

2018年3月26日から追加され個人エリア作成には庭レベル20以上、10,000ライフチップ必要であるエリア広さ32×32、うち建物内広さ24×24建物内家具置ける高さの制限がある。現在は広さ拡張できない

※この「別荘」の解説は、「ピグライフ」の解説の一部です。
「別荘」を含む「ピグライフ」の記事については、「ピグライフ」の概要を参照ください。


別荘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/08 00:43 UTC 版)

神谷伝兵衛」の記事における「別荘」の解説

大正7年1918年)、東京湾面する松林広がる避暑地であった千葉県稲毛海岸に別荘を構えている。洋館和館からなっていたが、現在は洋館のみ現存する洋館鉄筋コンクリート造2階建ての瓦葺。なお和室床柱にはワイン醸造立身した伝兵衛らしく、葡萄古木用いられている。現在は「千葉市民ギャラリー・いなげ」(旧神谷伝兵衛稲毛別荘)として活用されている。国の登録有形文化財で、初期の鉄筋コンクリート建築として全国的に大変貴重な建築物である。所在地千葉市稲毛区稲毛1-8-35。

※この「別荘」の解説は、「神谷伝兵衛」の解説の一部です。
「別荘」を含む「神谷伝兵衛」の記事については、「神谷伝兵衛」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「別荘」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

別荘

出典:『Wiktionary』 (2021/08/13 06:50 UTC 版)

名詞

べっそう

  1. 通常暮らすとは別に建てられた家。特に避暑休養などのためのもの。
  2. 隠語刑務所

類義語

関連語

翻訳


「別荘」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「別荘」の関連用語

別荘のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



別荘のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの別荘 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの怪物王女 (改訂履歴)、ピグライフ (改訂履歴)、神谷伝兵衛 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの別荘 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS