シェアハウスとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > シェアハウスの意味・解説 

シェアハウス

別名:ハウスシェアリング

賃貸住居のうち、複数人で1戸建て住居借り台所風呂トイレなどを共同利用する形態借り方住居内の各部屋が住居者のプライベート空間となり、そのほか共同利用空間となる。

他人同士一つ住居借り同居することは、ルームシェアリングルームシェア)と呼ばれるルームシェアリング既存賃貸物件対象とする入居形態を指すのに対して、シェアハウスはあらかじめ同居用に改装改築された物件などを指すことが多い。

シェアハウスは完全独立型の賃貸住居比べれば安く同居人との交流が自然と図れるというメリットもある。最近では清潔で便利なシェアハウスの物件が増え、仲介業者募集を増やしており、徐々に人気となりつつある。

シェア‐ハウス【share house】


シェアハウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/21 14:19 UTC 版)

シェアハウスとは、1軒の住居を複数人で共有することである。ハウスシェアリングともいう。同居人をシェアメイトという[1]




「シェアハウス」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「シェアハウス」の関連用語

シェアハウスのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



シェアハウスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのシェアハウス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS