放浪とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > > 放浪の意味・解説 

ほうろう〔ハウラウ〕【放浪】

[一]岩野泡鳴長編小説明治43年(1910)刊行北海道での放浪生活をもとに描いた長五部作の一。

[二]葛西善蔵私小説大正10年(1921)「国本」誌に発表


ほう‐ろう〔ハウラウ〕【放浪】

[名](スル)あてもなくさまよい歩くこと。さすらい。「放浪の旅」「各地を放浪する」

[補説] 書名別項。→放浪


ほう‐ろう ハウラウ 【放浪】

〔名〕

あてもなくさまよい歩くこと。一つ所定住することなく、転々とさすらうこと。流浪

東海一漚集(1375頃)三・与虎関和尚爾後浪佗国今十有二年」

囚はれたる文芸(1906)〈島村抱月一一而して其の放浪する所は情の大海なるべし」〔杜甫石櫃閣詩〕

気ままにすること。心のままにして、物事にくよくよしないこと。〔王羲之蘭亭集序〕


放浪

作者織田作之助

収載図書昭和文学全集13
出版社小学館
刊行年月1989.2

収載図書夫婦善哉
出版社講談社
刊行年月1999.5
シリーズ名講談社文芸文庫

収載図書織田作之助作品集 1
出版社沖積舎
刊行年月1999.12

収載図書夫婦善哉
出版社フロンティアニセン
刊行年月2005.3
シリーズ名第2刷 (フロンティア文庫)

収載図書織田作之助作品集 1
出版社沖積舎
刊行年月2008.8


放浪

作者岩野泡鳴

収載図書岩野泡鳴全集 第2巻
出版社臨川書店
刊行年月1994.10

収載図書岩野泡鳴全集 第3
出版社臨川書店
刊行年月1995.2


放浪

作者金子勝

収載図書愛の錯覚
出版社日本図刊行
刊行年月1997.11


放浪

作者ヘルマン・ヘッセ

収載図書ヘルマン・ヘッセ全集 8 ロスハルデクヌルプ、放浪、物語集6
出版社臨川書店
刊行年月2005.12


放浪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/12 12:19 UTC 版)

放浪(ほうろう)は、定住する場所を持たずに各地をさすらうこと、あてもなくさまよい歩くこと[1][2]さすらい流浪(るろう)、彷徨(ほうこう)とも。


  1. ^ 放浪デジタル大辞泉コトバンク、2012年9月20日閲覧。
  2. ^ 放浪大辞林 第三版、コトバンク、2012年9月20日閲覧。
  3. ^ a b goo辞書「放浪(ほうろう)/流浪(るろう)/漂泊(ひょうはく)/流離(りゅうり) の類語・言い換え」、小学館『類語例解辞典』の解説(使い分けと関連語)より。
  4. ^ 松下博宣「第5講:仏教に埋め込まれたインテリジェンスの連鎖」日経クロステック、2009年5月14日。仏教の開祖である「ゴーダマ・シッダールタは放浪の旅に出て悟りを開き,釈迦牟尼世尊(しゃかむにせそん)と呼ばれるようになった」。
  5. ^ 西東社『図解 世界の宗教』、2010年5月10日、180頁。ジャイナ教のなかでも「白衣派の出家者は、一か所に定住せず一生にわたって放浪の生活をおくる」。
  6. ^ アムネスティ日本「先住民族/少数民族 - ロマの人びと」2020年7月20日閲覧。


「放浪」の続きの解説一覧



放浪と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「放浪」の関連用語

放浪のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



放浪のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの放浪 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS