境界とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 器官 > > 境界の意味・解説 

きょう‐かい〔キヤウ‐〕【境界/×疆界】

読み方:きょうかい

土地のさかい。「隣国との—」

物事のさかい。「哲学文学の—」


きょう‐がい〔キヤウ‐〕【境界】

読み方:きょうがい

各人をとりまく境遇境涯

これまでの不安心な—を一歩離れて」〈鴎外阿部一族

精神感覚の働きによりもたらされる状態。境地

恋とか愛とか云う—は既に通越して」〈漱石草枕

仏語

善悪報いによって各人が受ける境遇

㋑「境(きょう)4」に同じ。

自分の力及ぶ範囲

己が—にあらざる物をば、争ふべからず」〈徒然一九三〉


けい‐かい【境界/経界】

読み方:けいかい

土地などのさかい。きょうかい

立札だけの荒れた土の中にむなしく残った一ト廓(くるわ)の—」〈万太郎春泥


境界(きょうかい)


境界


境界

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/07 14:27 UTC 版)

境界(きょうかい、きょうがい、けいかい)とは、事物や領域などを分ける境目のこと。分野や用法により様々な用例がある。




「境界」の続きの解説一覧

境界(修行レベル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/22 09:32 UTC 版)

霊剣山」の記事における「境界(修行レベル)」の解説

境界 修行レベル、あるいは修行段階錬気修仙基本修行最初段階霊剣派はエリート主義で、門下生基礎を固めるために錬気前に体を鍛える段階――つまり鍛体という段階を追加した

※この「境界(修行レベル)」の解説は、「霊剣山」の解説の一部です。
「境界(修行レベル)」を含む「霊剣山」の記事については、「霊剣山」の概要を参照ください。


境界(きょうかい)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/16 14:16 UTC 版)

ダンタリアンの書架」の記事における「境界(きょうかい)」の解説

現世うつしよ)と幻書世界の間。幻書ふさわしくない人間幻書をもつことで制御利かない力が境界を越えてしまう。

※この「境界(きょうかい)」の解説は、「ダンタリアンの書架」の解説の一部です。
「境界(きょうかい)」を含む「ダンタリアンの書架」の記事については、「ダンタリアンの書架」の概要を参照ください。


境界(きょうかい)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/17 06:03 UTC 版)

我が家のお稲荷さま。」の記事における「境界(きょうかい)」の解説

現実界における町外れ橋のたもとといった境界となる場所は、同時に死者の世界との境界として禁忌の場所でもある。その守護のため近くに神社や祠が建てられる。鈴ノ瀬の場合はすぐ傍に羽柴神社がある弥生川橋のたもとが「境界」であり、橋姫配置されてこれを守っている。なお、橋姫用件がある場合は、川の水面に酒を捧げる

※この「境界(きょうかい)」の解説は、「我が家のお稲荷さま。」の解説の一部です。
「境界(きょうかい)」を含む「我が家のお稲荷さま。」の記事については、「我が家のお稲荷さま。」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「境界」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

境界

出典:『Wiktionary』 (2021/07/23 05:31 UTC 版)

名詞

(きょうかい)

  1. 物と物とのさかい疆界極限
  2. (心理学) 意識無意識の境。識閾marginal
  3. (法律) 土地において、2以上の者の所有権する境。古くは「ケイカイ」と読み(現在でも、法曹関係者ではこのように読む)、経界とも書かれ[1]
  4. (位相空間論) ある位相空間のある部分集合考えるとき、その部分集合全ての境界点から成る集合

発音(?)

きょ↗ーかい

関連語

翻訳


「境界」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



境界と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「境界」に関係したコラム

  • FXのパリティとは

    FX(外国為替証拠金取引)のパリティ(parity)とは、通貨ペアの為替レートが1になることです。パリティは、日本語では「等価」といいます。パリティは、通貨ペアの為替レートが1を挟んで推移している場合...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

境界のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



境界のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
法テラス法テラス
Copyright © 2006-2022 Houterasu All rights reserved.
日本電子株式会社日本電子株式会社
Copyright(C)1996-2022 JEOL Ltd., All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの境界 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの霊剣山 (改訂履歴)、ダンタリアンの書架 (改訂履歴)、我が家のお稲荷さま。 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの境界 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS