国土とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 場所 > 土地 > 国土の意味・解説 

こく‐ど【国土】

読み方:こくど

一国統治権の及ぶ範囲土地領土。「—を防衛する

その国の土地大地。「—の開発

ふるさと郷土

仏語すべての生命あるものが住む所。

[補説] 書名別項。→国土


こくど【国土】


こくど 【国土】

一国統治権行われる境域領土神道では大国主神のような国土を営んだ神を国土経営神といい、伊弉諾伊弉二神のような国土造りの神を国土修理神といい、一国内(例=昔の近江国など)の土地守護する神を国土鎮守神という(仏教で国土といえば衆生人々生物〉の住む所、即ち世界をいう)。

国土

読み方
国土こくど

国土

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/10/31 01:33 UTC 版)

国土(こくど)は、一国の国境線によってその範囲を示された領域。領土領海を含む。戦争の敗北などにより、その一部を他国に分割、割譲することもある。また、その土地、あるいは島を最初に発見したのはどちらかということで、その帰属の行方が国際的な係争問題に発展している例も少なくない。




「国土」の続きの解説一覧

国土

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/07 17:10 UTC 版)

バチカン」の記事における「国土」の解説

バチカン市国ローマ北西部位置するバチカンの丘の上テベレ川右岸にある。その国境はすべてイタリア接しており、かつて教皇外部攻撃から守るために築かれバチカン城壁沿って引かれている。面積は約0.44km2と独立国としては世界最小で、東京ディズニーランド(約0.52km2)よりも小さく天安門広場(約0.40km2)とほぼ同じくらいであり、皇居(約1.15km2)のおよそ8分の3。その狭い領土中にサン・ピエトロ大聖堂バチカン宮殿バチカン美術館サン・ピエトロ広場などが肩を並べている。 またラテラノ条約取り決めに従って国外いくつかの区域(イタリア・ローマ南東約20kmにあるカステル・ガンドルフォ教皇別荘であるガンドルフォ城サン・ジョヴァンニ・イン・ラテラノ大聖堂サンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂などの大バジリカ教皇庁事務所など)でもバチカン主権認められている(バチカンの行政区画参照)。 これらの中にはバチカン放送建物含まれているが、短波ラジオ送信所国外のイタリア・ローマ郊外にあり、その敷地内にはバチカン治外法権認められている。 外国人観光客入れる場所は、サン・ピエトロ広場サン・ピエトロ大聖堂バチカン博物館周辺のみで、その他の場所一般人立入禁止区域となっている。

※この「国土」の解説は、「バチカン」の解説の一部です。
「国土」を含む「バチカン」の記事については、「バチカン」の概要を参照ください。


国土

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/21 22:02 UTC 版)

ヴィシー政権」の記事における「国土」の解説

かねてから係争地であったアルザスロレーヌドイツへ割譲されたものの、それ以外の地域には一応ヴィシー政府主権認められた。しかしパリを含む北部西部ドイツグルノーブルニースを含むイタリア国境から50kmエリアイタリアによって占領され軍政敷かれた(イタリア南仏進駐領域)。この地域フランス主権認められたものの、占領地域 (fr:Zone occupée) として扱われ軍政敷かれヴィシー政府施政権は及ばなかった。また、フランシュ・コンテなどアルザスロレーヌ隣接区域は「保留地域」(Zone fermée)とされ占領地区とは別に扱われた。また北海イギリス海峡大西洋沿岸から数マイルエリアと、ベルギー国境に近い現在のノール=パ・ド・カレー地域圏付近は「禁止地域」 (fr:Zone interdite) とされて分離された。沿岸地域にはドイツ軍トート機関が「大西洋の壁」と呼ばれる防御設備設置した。またベルギー国境付近ベルギー占領軍統治下に置かれた。この占領地域の占領コストフランス側支払うこととなっており、一日あたり4億フラン という莫大な出費となった占領コスト支払い1941年6月には対独協力見返りとして3億フラン減額されたが、1942年11月フランス全土占領以降は5億フランとなったフランス政府統治できるのは占領地域を除いた自由地域 (fr:Zone libre) と海外植民地であった。しかし自由地域においてもドイツとイタリア軍事物資搬送や、ドイツ指定するドイツ人引き渡す義務負った。また自由地域占領地域の間には境界線 (fr:Ligne de démarcation) が配置され小荷物郵送できるが、手紙やりとり禁じられるなどの検問が行われた。そして1942年11月アントン作戦以降フランス全土占領下置かれた。 ドイツ側にとって全フランス占領した場合は、フランス保有する広大な海外植民地や、それらを護衛する海外駐屯部隊フランス海軍などの維持等が重い負担になる可能性があるため、親独的中政権としてのヴィシー政府存在好都合だった。しかし、連合国軍北アフリカフランス植民地上陸トーチ作戦)すると、対岸地中海防備固めるため、フランス全土における軍政踏み切った

※この「国土」の解説は、「ヴィシー政権」の解説の一部です。
「国土」を含む「ヴィシー政権」の記事については、「ヴィシー政権」の概要を参照ください。


国土

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2011/09/01 00:34 UTC 版)

マラウイの地理」の記事における「国土」の解説

国土面積118480km²であるが、そのうちの24400km²はマラウイ湖マロンベ湖チルワ湖チウタ湖のような水域であり、陸地は94080km²となっている。 マラウイの国土はマラウイ湖影響強く受けており、その湖水シーレ川通じてザンベジ川へと注いでいる。その結果東部にある1つの県以外のマラウイ全土は、ザンベジ水系Zambezi drainage system)の一部となっている。チウタ湖およびその周囲湿原はルジェンダ川を通じて排出し、ルジェンダ川はルブマ川と合流することでルブマ川水系(Ruvuma River drainage system)を形成している。チウタ湖のおよそ35km南方にあるチルマ湖は、排出河川持たない珍しい湖であるが、チルマ湖があふれた際にはザンベジ冠水草原en:Zambezian flooded grasslands)と呼ばれる湿地通じてチウタ湖へと流入するとはいえ水分蒸発するペース早いために、チルマ湖があふれることはめったにないまた、大部分時期水深が1メートル前後である。 環境に関する問題森林伐採 農業廃水下水工業排水による水質汚染原因とした土地劣化 産卵場所が沈泥塞がれることによる魚類個体数への影響 環境に関する国際合意署名済み 生物多様性Biodiversity)、気候変化Climate Change)、砂漠化Desertification)、絶滅危惧種Endangered Species)、環境改変(Environmental Modification)、有害廃棄物(Hazardous Wastes)、海洋生物保護Marine Life Conservation)、核実験禁止Nuclear Test Ban)、オゾン層保護Ozone Layer Protection)、湿原(Wetlands) 未批准 海洋法Law of the Sea

※この「国土」の解説は、「マラウイの地理」の解説の一部です。
「国土」を含む「マラウイの地理」の記事については、「マラウイの地理」の概要を参照ください。


国土

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 16:35 UTC 版)

マリネラ王国」の記事における「国土」の解説

特異な環境置かれ孤立した島国であり、多様な自然がみられるマリネラ地名は、パタリロ山・パタリロ湖など、パタリロ8世即位時に変更された場所が多い。 パタリロ山周辺にはマリネラテン(天然記念物指定)・パフィンクス・パタッシー・パタなどの固有種生息している。パフィンクスについては人間襲い食い殺すとも言われているが、特に対策取られている様子はない。ただかつて捕獲計画あったようで麻酔銃用意されていた。また山のふもとの通称妖魔の森」には魔法使い住んでいたことがある恐竜パタッシー棲息するパタリロ湖は上空から見ると国王頭部シルエット同形である。湖を水源としてパタリロ川が海に流れ込んでいる。パタッシーはこの川を利用往来しているらしく、外洋上で目撃されている。パタリロヶ岳の頂上には雪男雪女雪ん子などの妖怪住みついているなど、多様な生物環境維持している。頂上付近気候深さ特徴であったが、後に人工的に積雪があるほど寒冷な気候調整されるようになった

※この「国土」の解説は、「マリネラ王国」の解説の一部です。
「国土」を含む「マリネラ王国」の記事については、「マリネラ王国」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「国土」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

国土

出典:『Wiktionary』 (2021/09/21 13:08 UTC 版)

名詞

(こくど)

  1. その領地である土地地域

翻訳


「国土」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



国土と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「国土」の関連用語

国土のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



国土のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2024 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの国土 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのバチカン (改訂履歴)、ヴィシー政権 (改訂履歴)、マラウイの地理 (改訂履歴)、マリネラ王国 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの国土 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS