積雪とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 気象 > 気象 > 積雪 > 積雪の意味・解説 

せき‐せつ【積雪】

読み方:せきせつ

降り積もった気象観測では、観測所周囲の地面2分の1上がおおわれた状態をいう。「―30センチ」《 冬》


積雪

分野
雪の量的表現に関する用語
意味:
地表面などに堆積しているやあられ。
備考
「積雪0cm」とは、観測場所周辺の地面半ば以上を雪が覆う現象。「積雪なし」とは、観測場所周辺の地面雪が全くないか、または半ば以上を覆っていない状態。

積雪

作者滝井孝作

収載図書昭和文学全集 7
出版社小学館
刊行年月1989.5

収載図書松島秋色
出版社講談社
刊行年月1999.1
シリーズ名講談社文芸文庫


積雪

読み方:セキセツ(sekisetsu)

降り積もった

季節

分類 天文


積雪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/16 03:55 UTC 版)

積雪(せきせつ)とは、地面に積もったのこと。気象用語としては、雪または(あられ)が地面の半分以上を覆った状態をいう。


  1. ^ 積雪分類の用語集”. 日本雪氷学会北海道支部. 2014年2月6日閲覧。
  2. ^ a b c d e 気象庁監修『気象年鑑』 2007年以前の版における日本の気象要素別順位表、及び世界と日本の気象記録
  3. ^ 気象庁 観測史上1~10の値(年間を通じての値)月最深積雪(cm)
  4. ^ a b 18時間で積雪256センチ、新記録か イタリア CNN、2015年3月11日
  5. ^ 過去の気象データ検索」気象庁、(随時更新)、2021年9月10日閲覧
  6. ^ a b c サハラ砂漠に雪が降る! ウェザーニューズ、2017年2月9日


「積雪」の続きの解説一覧

積雪(堆積)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/07 18:21 UTC 版)

水循環」の記事における「積雪(堆積)」の解説

寒冷地では、融けず堆積していく。すぐに融解するものもあるが、冬季の間残る根雪、年をまたいで残る万年雪があり、万年雪毎年新雪圧縮されていって固結し氷河となる。

※この「積雪(堆積)」の解説は、「水循環」の解説の一部です。
「積雪(堆積)」を含む「水循環」の記事については、「水循環」の概要を参照ください。


積雪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/08 22:55 UTC 版)

3DCGソフトウェア」の記事における「積雪」の解説

標準搭載されている統合ソフトウェア存在するBlender付属Real SnowアドオンHoudiniのSideFX LabsSnow Buildupなど)。 SnowFlowPro (48DESIGN) 積もった生成する3ds Maxプラグイン。SnowFlowの後継PolySnow Plus (Poly Design) 積もった生成する3ds Maxプラグイン

※この「積雪」の解説は、「3DCGソフトウェア」の解説の一部です。
「積雪」を含む「3DCGソフトウェア」の記事については、「3DCGソフトウェア」の概要を参照ください。


積雪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 06:09 UTC 版)

マリオカート ツアー」の記事における「積雪」の解説

Wii DK スノーボードクロス」に登場する雪が積もったダート部分で、スピード遅くなる

※この「積雪」の解説は、「マリオカート ツアー」の解説の一部です。
「積雪」を含む「マリオカート ツアー」の記事については、「マリオカート ツアー」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「積雪」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

積雪

出典:『Wiktionary』 (2021/08/13 09:30 UTC 版)

名詞

 せきせつ

  1. 降り積もった。冬の季語

発音(?)

せ↗きせつ

関連語

翻訳


「積雪」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



積雪と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「積雪」の関連用語

積雪のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



積雪のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
気象庁気象庁
©2022 Japan Meteorological Agency. All rights reserved.
なお、「気象庁 予報用語」には、気象庁の「気象庁が天気予報等で用いる予報用語」に掲載されている2009年11月現在の情報から引用しております。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの積雪 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの水循環 (改訂履歴)、3DCGソフトウェア (改訂履歴)、マリオカート ツアー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの積雪 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS