後継とは? わかりやすく解説

こう‐けい【後継】

読み方:こうけい

前任者や師・先輩などから、事業学問地位などを引き継ぐこと。また、その人あとつぎ。「—の内閣」「—者」

あとに続くこと。特に、あとから続く軍隊あとぞなえ


あと‐つぎ【跡継(ぎ)/後継(ぎ)】

読み方:あとつぎ

家督引き継ぐこと。また、その人跡取り世継ぎ後嗣(こうし)。

師の学問や芸などを引き継ぐこと。また、その人後継者

前任者続いて、その地位に就くこと。また、その人後任


後継

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/14 09:01 UTC 版)

後継(こうけい)は、仕事、地位などをつぐ事である。もしくは、後から続くとこや、後に続く軍隊、後備えの事である。




「後継」の続きの解説一覧

後継

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 17:53 UTC 版)

ニセフォール・ニエプス」の記事における「後継」の解説

息子イシドール (1805–68) は父の死後ダゲール協力して写真の技法完成させ、ニセフォール写真技法詳細公開するのと引き換えに1839年政府から年金与えられた。 いとこのクロード・フェリクス・アベル・ニエプス・ド・サン=ヴィクトール英語版) (1805-70) は化学者で、初め写真卵白使ったまた、鋼板の上に写真の彫版を製作した

※この「後継」の解説は、「ニセフォール・ニエプス」の解説の一部です。
「後継」を含む「ニセフォール・ニエプス」の記事については、「ニセフォール・ニエプス」の概要を参照ください。


後継

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/28 02:32 UTC 版)

陳淏子」の記事における「後継」の解説

長子は陳1638年-1707年)、字は簡侯、号は東阜。父陳淏同じく文筆家出版業者であった文治堂は陳淏父子経営した書坊である可能性が高い編集室を凴山閣といい、杭州の呉山にあった。『凴山閣留青集選10巻康煕12年序刊)以下一連の留青集および『尺牘写心集』4巻康煕19年序)、同二集(康煕35年序)がある。これらの応酬文集本国禁書対象になったが、日本にはほとんどの伝本そろっており、陳淏事績をうかがう資料ともなっている。陳李漁女婿心友(因伯)と親しく最後の留青集である『凴山閣増輯留青新集30巻(康煕47年序刊)の序は沈心友書いている。ほかに『周易直解12巻順治17年序刊)、『四部備解』16巻康煕28年序刊)、『歴科状元図考』6巻などを編集刊行した。『水滸伝』の版本にも陳刊行関係した見なすべきものがある

※この「後継」の解説は、「陳淏子」の解説の一部です。
「後継」を含む「陳淏子」の記事については、「陳淏子」の概要を参照ください。


後継

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/30 01:54 UTC 版)

望月玉蟾」の記事における「後継」の解説

望月派は子の望月玉仙望月誠斎。名は重祐)が継ぐ。彼も玉蟾の号を用いており、父と区別するために「玉蟾誠斎」とも呼ばれる 弟子大西酔月画僧鼇山がいる。浅井図南足代弘訓皆川淇園も画を玉蟾師事した

※この「後継」の解説は、「望月玉蟾」の解説の一部です。
「後継」を含む「望月玉蟾」の記事については、「望月玉蟾」の概要を参照ください。


後継

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/10 23:13 UTC 版)

Skylakeマイクロアーキテクチャ」の記事における「後継」の解説

後継製品開発コード当初Skymontと言われていたがCannon Lakeとなったその後10nmプロセスルール遅延により予定変更されSkylakeと同じ14nmプロセスルールKaby Lakeを挟むこととなったKaby Lake2016年9月第7世代Intel CoreプロセッサとしてノートPC用の電圧仕様が先行発表され続いて2017年1月ノートPC用の標準電圧仕様およびデスクトップ用が発表された。更に14nmプロセスルールCoffee Lake2018年投入し並行して10nmプロセスルールCannon Lake投入する予定とされたが、Coffee Lakeはやや前倒しされて2017年5月第8世代Intel Coreプロセッサとして予告2017年10月より順次発売された。最終的にCannon Lake2018年5月Core i3 8121Uとして出荷されるに留った。

※この「後継」の解説は、「Skylakeマイクロアーキテクチャ」の解説の一部です。
「後継」を含む「Skylakeマイクロアーキテクチャ」の記事については、「Skylakeマイクロアーキテクチャ」の概要を参照ください。


後継

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/30 08:47 UTC 版)

17K114 レゲンダ」の記事における「後継」の解説

レゲンダの後継としてリアーナロシア語:Лиана)が開発されている。 詳細は「リアーナ (衛星)を参照

※この「後継」の解説は、「17K114 レゲンダ」の解説の一部です。
「後継」を含む「17K114 レゲンダ」の記事については、「17K114 レゲンダ」の概要を参照ください。


後継

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/09 08:34 UTC 版)

戦術航空偵察ポッドシステム」の記事における「後継」の解説

退役完了したF-14後継機F/A-18E/F スーパーホーネットにも、TARPSの後継装備SHARP(SHAred Reconnaissance Pod分割偵察ポッド)が用意され運用されている。

※この「後継」の解説は、「戦術航空偵察ポッドシステム」の解説の一部です。
「後継」を含む「戦術航空偵察ポッドシステム」の記事については、「戦術航空偵察ポッドシステム」の概要を参照ください。


後継

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/16 05:31 UTC 版)

シクヴァル」の記事における「後継」の解説

後継としてエレクトプリボル設計局がキシュニクと呼ばれる高速魚雷開発していることをSvobodnaya Pressa(ロシア語版)が報じている。

※この「後継」の解説は、「シクヴァル」の解説の一部です。
「後継」を含む「シクヴァル」の記事については、「シクヴァル」の概要を参照ください。


後継

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/25 14:57 UTC 版)

Bourne Shell」の記事における「後継」の解説

Bourne shell ではなく Thompson shell から派生した C Shell (csh) は 4.1BSD で配布されBSDカーネルの「ジョブ制御機能導入したジョブ制御対話的にプログラム止めたり後でそれを再開させる機能である。C Shellコマンドインタプリタとして人気になったのはこの機能があったためである。また C ShellC言語風の文法採用したことにより Bourne Shell互換性なくなってしまった。なお、ジョブ制御機能後に Bourne shell にも導入されその後シェル多くにも採用されている。 後にデビッド・コーン開発した KornShell (ksh) は、Bourne ShellC Shell中間のようなもので、文法はほぼ Bourne Shell同一でジョブ制御機能C Shell から取り入れた当初KornShell (ksh88)の機能POSIXにおけるシェル標準基盤となっている。その後、ksh93 が 2000年オープンソース化され、いくつかのLinuxディストリビューション使われている。ksh88 のクローン pdksh もあり、OpenBSDのデフォルトシェルとなっている。 Bash (Bourne Again Shell)は、その名が示す通り Bourne Shell基本として C ShellKornShell機能取り入れGNUプロジェクト一部として開発された。macOSCygwin多くのLinuxディストリビューションでデフォルトシェルとなっている。 rcは、ベル研究所のトム・ダフ(英語版)が Version 10 Unix英語版) での sh の後継として開発したPlan 9 from Bell Labs ではデフォルトシェルとされているPlan 9 from User Space英語版) の一部としてUNIXにも移植されことがある。 かつてCSRGBSDリリースでも使われBourne Shell には著作権問題まとわりついていた。そこで Kenneth AlmquistAlmquist Shell とも呼ばれる Bourne Shellクローン開発した。これはBSDライセンス提供されていて、現在もBSD系メモリ容量小さ場合などに使われている。Linux にも移植され Debian Almquist shell または dash呼ばれている。メモリ使用量小さいため、シェルスクリプト実行bash よりも高速という特徴がある

※この「後継」の解説は、「Bourne Shell」の解説の一部です。
「後継」を含む「Bourne Shell」の記事については、「Bourne Shell」の概要を参照ください。


後継

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/27 18:18 UTC 版)

81式自走架柱橋」の記事における「後継」の解説

81式自走架柱橋平成19年度から損耗更新時期迎えることや、90式戦車99式自走155mmりゅう弾砲などが通過できないこと、迅速にセットできないこと、河床土質制限があること川の水速などに制限があることから、平成15年度から後継架橋研究開発進んでおり、07式機動支援橋として制式化されている。この新架橋使わない方式であり、長は60mである。なお、海外同程度性能のものはあるが、陸上自衛隊長などの要求車両大きさなどが国内法範囲収まるものが無いため国産開発となった

※この「後継」の解説は、「81式自走架柱橋」の解説の一部です。
「後継」を含む「81式自走架柱橋」の記事については、「81式自走架柱橋」の概要を参照ください。


後継

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/02 01:08 UTC 版)

96式多目的誘導弾システム」の記事における「後継」の解説

システムコスト削減性能向上目的とした「多目的誘導弾システム(改)」の開発が行われており、平成31年2019年)度から令和6年2024年)度までに試作を、令和4年2022年)度から令和6年2024年)度まで試験を行う予定である後継システムは、現有装備比較して射程延伸同時多目対処高速目標対処全周対処等の機能・性能向上する一方取得コスト低減図っている。また現有システムが6両で構成されているのに対して指揮統制装置捜索標定装置発射装置いずれも高機動車)の3両で構成されており、システム簡素化図られている。

※この「後継」の解説は、「96式多目的誘導弾システム」の解説の一部です。
「後継」を含む「96式多目的誘導弾システム」の記事については、「96式多目的誘導弾システム」の概要を参照ください。


後継

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/02 01:35 UTC 版)

82式指揮通信車」の記事における「後継」の解説

将来の装輪戦闘車両構想指揮通信型が提案されている。

※この「後継」の解説は、「82式指揮通信車」の解説の一部です。
「後継」を含む「82式指揮通信車」の記事については、「82式指揮通信車」の概要を参照ください。


後継

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/05/18 08:20 UTC 版)

安井春哲仙角」の記事における「後継」の解説

御城碁1771年(明和8年)に最後の出仕生涯では30局を勤めた1772年(明和9年)に、門下坂口仙徳六段外家として御城碁への出仕推薦外家出仕星合八碩以来となった1775年(安永4年)に退隠し、仙哲に家督を譲る。しかし仙哲は1780年(安永9年)に37歳死去したため、既に仙哲の養子迎えていた仙徳の子の仙知に17歳二段跡式相続し家督継がせ、七世安井仙知とした。1789年(寛政元年)没。法名高石院仙角日慰信士深川浄心寺葬られる

※この「後継」の解説は、「安井春哲仙角」の解説の一部です。
「後継」を含む「安井春哲仙角」の記事については、「安井春哲仙角」の概要を参照ください。


後継

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/26 05:32 UTC 版)

VisiCalc」の記事における「後継」の解説

電子式表計算画期的なアイデアだったが、ブリックリンはこのアイデアでは特許取れないだろうと助言され、この発明から得られであろう莫大な利益逃してしまった。当時アメリカ合衆国ではソフトウェアの特許認められておらず権利著作権でのみ守られるされていた著作権アイデアそのものを守るのには適しておらず、競合他社コンセプト即座にコピーして表示形式変えるだけで著作権侵害問われずに販売することができたのである。ただしVisiCalc開発され当時表計算ソフト自体大型コンピュータ世界で既に存在していたことから、仮にソフトウェア特許認められていたとしても、どのみちブリックリンらが特許取得することはできなかっただろうという意見有る。 InformationWeek 誌の Charles Babcock は「VisiCalc問題大いにあり、ユーザー求めた多くのことを実現できなかった」としている。間もなく VisiCalc よりも強力な他社製品登場したSuperCalc1980年)、マイクロソフトMultiplan1982年)、Lotus 1-2-31983年)、ClarisWorks1984年)の表計算モジュールなどである。そして、Microsoft ExcelMac OS版1985年Windows 2.0 版が 1987年)に至って表計算ソフト新世代移行していった。特許成立してなかったので、これらはビジコープ社に何も支払うことがなかった。 本来であればこれら後継ソフト対抗すべくVisiCalcバージョンアップ重ねるべきであったが、当のブリックリンらはこの頃販売元ビジコープとの間の裁判忙殺されており、プログラム開発にほとんど時間を割けなかった。特にIBM PC向けの移植作業が大幅に遅れたことがVisiCalcにとって致命傷となったこのためVisiCalc売上急減しSoftware Arts社もビジコープとの間の訴訟には勝訴したもの経営難陥ったことからブリックリンらは1985年同社ロータス売却した

※この「後継」の解説は、「VisiCalc」の解説の一部です。
「後継」を含む「VisiCalc」の記事については、「VisiCalc」の概要を参照ください。


後継

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/17 04:49 UTC 版)

プリムス・ホライゾンTC3」の記事における「後継」の解説

TC3一定の人気を獲得できなかったため、プリムスリファインの上新しネーミング与えることを決定1981年プリムス・ツーリスモ販売開始した

※この「後継」の解説は、「プリムス・ホライゾンTC3」の解説の一部です。
「後継」を含む「プリムス・ホライゾンTC3」の記事については、「プリムス・ホライゾンTC3」の概要を参照ください。


後継

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/07 21:48 UTC 版)

Broadwellマイクロアーキテクチャ」の記事における「後継」の解説

後継はSkylakeマイクロアーキテクチャ

※この「後継」の解説は、「Broadwellマイクロアーキテクチャ」の解説の一部です。
「後継」を含む「Broadwellマイクロアーキテクチャ」の記事については、「Broadwellマイクロアーキテクチャ」の概要を参照ください。


後継

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/08 05:36 UTC 版)

Haswellマイクロアーキテクチャ」の記事における「後継」の解説

後継は14 nmシュリンクされたBroadwellマイクロアーキテクチャ

※この「後継」の解説は、「Haswellマイクロアーキテクチャ」の解説の一部です。
「後継」を含む「Haswellマイクロアーキテクチャ」の記事については、「Haswellマイクロアーキテクチャ」の概要を参照ください。


後継

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/08 08:37 UTC 版)

Ivy Bridgeマイクロアーキテクチャ」の記事における「後継」の解説

後継のマイクロアーキテクチャHaswellマイクロアーキテクチャ

※この「後継」の解説は、「Ivy Bridgeマイクロアーキテクチャ」の解説の一部です。
「後継」を含む「Ivy Bridgeマイクロアーキテクチャ」の記事については、「Ivy Bridgeマイクロアーキテクチャ」の概要を参照ください。


後継

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/08 15:13 UTC 版)

Sandy Bridgeマイクロアーキテクチャ」の記事における「後継」の解説

後継は、22nmにシュリンクした Ivy BridgeマイクロアーキテクチャおよびHaswellマイクロアーキテクチャ

※この「後継」の解説は、「Sandy Bridgeマイクロアーキテクチャ」の解説の一部です。
「後継」を含む「Sandy Bridgeマイクロアーキテクチャ」の記事については、「Sandy Bridgeマイクロアーキテクチャ」の概要を参照ください。


後継

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/25 08:30 UTC 版)

Abramowitz and Stegun」の記事における「後継」の解説

2010年5月11日NIST長期間かけて製作されたこの書籍デジタルな後継著作物であるDigital Library of Mathematical Functions (DLMF) が公開され、またケンブリッジ大学出版局による印刷版であるNIST Handbook of Mathematical Functionsも出版されたさらなる情報NISTサイト見つけることができる。

※この「後継」の解説は、「Abramowitz and Stegun」の解説の一部です。
「後継」を含む「Abramowitz and Stegun」の記事については、「Abramowitz and Stegun」の概要を参照ください。


後継

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/27 04:31 UTC 版)

師団対空情報処理システム」の記事における「後継」の解説

師団対空戦闘指揮所運用されるシステム方面隊対空戦闘指揮所運用される高射指揮所装置(MTQ-1)」の後継の「対空戦闘指揮統制システム」の調達平成21年度から開始され平成23年度から取得され予定である

※この「後継」の解説は、「師団対空情報処理システム」の解説の一部です。
「後継」を含む「師団対空情報処理システム」の記事については、「師団対空情報処理システム」の概要を参照ください。


後継

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/23 07:18 UTC 版)

角行 (富士講)」の記事における「後継」の解説

詳細は「富士講#主な指導者一覧」を参照 後継者二世日行日玵(にちぎょうにちがん)、三世赤葉心(あかばがんしん)、四世前野月玵(まえのげつがん)、五世村上心と続いた村上心の死後は、月心の二男、六世村上光清1682年 - 1759年)の光清派富士御法家)と、玵心あるいは月玵の弟子月行劊忡(げつぎょうそうじゅう)から食行身禄(じきぎょうみろく、1671年 - 1733年)への身禄派がある。 身禄派講を認めたため、そこからさらに清康派、伊勢派出雲派など、俗に八百八講」と呼ばれる多数の派を生んだその中から主流として、食行三女伊藤一行(お花あるいは花子に連なるとする小谷三志神仏混合拝して神道一派として不二道成し明治維新のころ大きく教派神道柴田花守率い実行教宍野半率い扶桑教へと別れたまた、丸山教なども生まれたが、そのまま形で残る講も複数あった。 光清派富士御法家)は講を認めなかったため昭和入り断絶するが、その後継を称する宗教として冨士教存在する

※この「後継」の解説は、「角行 (富士講)」の解説の一部です。
「後継」を含む「角行 (富士講)」の記事については、「角行 (富士講)」の概要を参照ください。


後継

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/23 06:54 UTC 版)

GP32」の記事における「後継」の解説

GP2X - 別の会社であるGamePark Holdings開発したゲームGP2X Wiz - GP2X後継機 XGP - Game Park開発していた後継機だが、リリース前倒産した

※この「後継」の解説は、「GP32」の解説の一部です。
「後継」を含む「GP32」の記事については、「GP32」の概要を参照ください。


後継

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/13 15:55 UTC 版)

ヴワディスワフ2世 (ポーランド王)」の記事における「後継」の解説

ヴワディスワフ2世2番目の妃であるアンナ・ツェレイスカは1416年1人娘のヤドヴィカを残して没した。翌1417年ヴワディスワフ2世エルジュビェタ・グラノフスカ再々婚するものの、彼女は1420年に子を残すことなく没しその2年後ゾフィア・ホルシャンスカ再々々婚をすることで2人の男子を儲けた1431年最後のピャスト朝血筋相続人であったヤドヴィガ王女の死はヴワディスワフ2世ソフィアとの間に儲けた2人の男子を後継者にすることを可能にしたにも係わらず、その同意確固たるものにするためにポーランド貴族に対して譲歩を伴うごまをする必要があり、それ以来君主制選挙的なものとなったヴワディスワフ2世最終的に1434年没し長男ヴワディスワフ3世に、リトアニア次男のカジミェラスに遺したが、両人とも当時は未だ幼年であった。 ただし、リトアニア相続ヴワディスワフ2世考えた通りにはいかなかった。1434年彼の死は2つ王国間の個々の連合終止符打ち両国今後先行き不明であった

※この「後継」の解説は、「ヴワディスワフ2世 (ポーランド王)」の解説の一部です。
「後継」を含む「ヴワディスワフ2世 (ポーランド王)」の記事については、「ヴワディスワフ2世 (ポーランド王)」の概要を参照ください。


後継

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/30 14:23 UTC 版)

Turbo Pascal」の記事における「後継」の解説

Borland PascalDelphiは、Turbo Pascal後継ソフトウェアである。Turbo PascalDelphi言語仕様インテルパーソナルコンピュータ上でALGOL言語ではデファクトスタンダードに近い存在となり[要出典]、他のベンダからも(ソースレベルでの)Turbo PascalないしDelphi互換をうたう統合開発環境数多く登場した一方でコード最適化面では同じALGOL各種言語を含む他の処理系及ばない面もあった(ワンパスコンパイラの限界もあった)。 Windows対応に際して開発導入された ObjectWindows (OWL) は、その後 Borland C++他の言語製品でも使われるようになった2006年8月8日ボーランド(現コードギア)は1995年(日本では1997年、または2001年)以降使われていなかった、Turbo ブランド復活させた。

※この「後継」の解説は、「Turbo Pascal」の解説の一部です。
「後継」を含む「Turbo Pascal」の記事については、「Turbo Pascal」の概要を参照ください。


後継

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/03 14:44 UTC 版)

89式装甲戦闘車」の記事における「後継」の解説

89式装甲戦闘車87式偵察警戒車の後継は、将来の装輪戦闘車両構想一部と考えられる近接戦闘車として計画中で、砲塔には国産開発テレスコープ弾機関砲CTA機関砲)を搭載するとしている。89式の後継となる「人員輸送型」と、87式の後継となる「偵察型」が計画されており、偵察型には対地センサ搭載するとしている。また、近年尖閣諸島問題をはじめ今まで考慮されて来なかった島嶼作戦必要性が生じて来たため水両用能力を持つアメリカ海兵隊装備している強襲揚陸装甲車AAV7導入されている。なお、陸上幕僚監部防衛部防衛開発室は、2020年令和2年)に「諸外国装軌式装甲車に係る調査」を部外発注している。

※この「後継」の解説は、「89式装甲戦闘車」の解説の一部です。
「後継」を含む「89式装甲戦闘車」の記事については、「89式装甲戦闘車」の概要を参照ください。


後継

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/30 06:22 UTC 版)

サイクロペディア」の記事における「後継」の解説

チェンバースの『サイクロペディア』は、ドゥニ・ディドロジャン・ル・ロン・ダランベールらの『百科全書』(Encyclopédie)に影響与えた。『百科全書』は、1744年ジョン・ミルズ英語版)がゴットフリート・セリウス(英語版)の協力得て、『サイクロペディア』のフランス語訳提案したことに端を発している。 19世紀発行されたチェンバーズ百科事典』(Chambers's Encyclopaedia、1860-1868)は、イーフレイム・チェンバースの『サイクロペディア』とは関係なくロバート・チェンバースとその兄ウィリアム・チェンバースよるものである。

※この「後継」の解説は、「サイクロペディア」の解説の一部です。
「後継」を含む「サイクロペディア」の記事については、「サイクロペディア」の概要を参照ください。


後継

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/07 04:42 UTC 版)

こじま (巡視船・3代)」の記事における「後継」の解説

2020年度令和2年度第三次補正予算案2021年度令和3年度概算要求事項要求前倒し)において大型練習船1隻が新規に盛り込まれた。その主要要目は、全長約154m、総トン数約5500トンとされ、2024年度(令和6年度)竣工予定である

※この「後継」の解説は、「こじま (巡視船・3代)」の解説の一部です。
「後継」を含む「こじま (巡視船・3代)」の記事については、「こじま (巡視船・3代)」の概要を参照ください。


後継

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/04 04:36 UTC 版)

スタンダード・オイル」の記事における「後継」の解説

スタンダード・オイルの後継会社: スタンダード・オイル・オブ・オハイオ(ソハイオ)- BP一部。 スタンダード・オイル・オブ・インディアナ(スタノリンド、後にアモコ改名)- BP一部スタンダード・オイル・オブ・ニューヨーク(ソコニー、その後ヴァキューム・オイルと合併)- モービル(en:Mobil)に改名後、現在はエクソンモービルスタンダード・オイル・オブ・ニュージャージーエッソ、S.O.)- エクソン(en:Exxon)に改名後エクソンモービル。 スタンダード・オイル・オブ・カリフォルニア(ソーカル)- シェブロン改名後、[シェブロン]]の一部。 アトランティック・オイル - リッチフィールド石油合併しアトランティック・リッチフィールド(アーコ en:ARCO)を形成BP一部アトランティック部門離脱しスノコ買収された。 スタンダード・オイル・オブ・ケンタッキー(ケイソ)- ソーカルによって買収されシェブロン一部。 コンチネンタル・オイル・カンパニー(コノコ) - フィリップス石油合併してコノコフィリップス形成下流部門離脱してフィリップス66一部他のスタンダード・オイル: スタンダード・オイル・オブ・アイオワ(1911年以前) - スタンダード・オイル・オブ・カリフォルニアになる スタンダード・オイル・オブ・ミネソタ(1911年以前) - スタンダード・オイル・オブ・インディアナによって買収 スタンダード・オイル・オブ・イリノイ(1911年以前) - スタンダード・オイル・オブ・インディアナによって買収 スタンダード・オイル・オブ・カンザス(精製のみ) - スタンダード・オイル・オブ・インディアナによって買収 スタンダード・オイル・オブ・ミズーリ(1911年以前) - 解散 スタンダード・オイル・オブ・ネブラスカ - スタンダード・オイル・オブ・インディアナによって買収 スタンダード・オイル・オブ・ルイジアナ - スタンダード・オイル・オブ・ニュージャージーエッソ、現:エクソンモービルが所有 スタンダード・オイル・オブ・ブラジル - スタンダード・オイル・オブ・ニュージャージーエッソ、現:エクソンモービルが所有 スタンダード・オイル・オブ・コロラド - 1930年代スタンダード・オイル商標用いた詐欺使用され実態のない会社 スタンダード・オイル・オブ・コネチカット - ロックフェラー会社とは関係の無い燃料油販売業者 1911年解散売却され他の企業: アングロアメリカン・オイル社 - 1930年にジャージー・スタンダード社に買収され現在のエッソUK。 バックアイ・パイプ・ライン 株式会社ボルネスクライマー ボルネスクライマー株式会社化学製品) チェゼブラ・マニュファクチャリング(英語版)(ユニリーバ買収) コロニアルオイル クレセント・パイプライン社 カンバーランド・パイプライン社(買収先アシュランド) ユーレカパイプライン株式会社 ガレナシグナル石油株会社 インディアナパイプライン社 ナショナル・トランジット社 ニューヨーク・トランジット社 ノーザンパイプライン社 プレーリーオイル&ガス ソーラーリファイニング サザンパイプライン社 サウス・ペン・オイル社 - 最終的にはペンゾイルとなり、現在はシェル一部となっている。 サウスウェストペンシルバニアパイプライン社 スワン・アンド・フィンチ ユニオン・タンク・ラインズ ワシントン・オイル社 ウォーターズピアース

※この「後継」の解説は、「スタンダード・オイル」の解説の一部です。
「後継」を含む「スタンダード・オイル」の記事については、「スタンダード・オイル」の概要を参照ください。


後継

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/31 03:07 UTC 版)

9mm拳銃」の記事における「後継」の解説

2019年令和元年12月6日防衛省から陸上自衛隊の後継拳銃Glock17オーストリアGLOCK製)とベレッタAPXイタリアBERETTA製)を含む3機種中から選定され、「HK SFP9ドイツHECKLER&KOCH製)」としたことが発表された2020年5月18日陸自採用される新型拳銃9mm拳銃SFP9」が、正式に報道陣公開された

※この「後継」の解説は、「9mm拳銃」の解説の一部です。
「後継」を含む「9mm拳銃」の記事については、「9mm拳銃」の概要を参照ください。


後継

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/05 23:50 UTC 版)

ダイノボット」の記事における「後継」の解説

TFシリーズ同じくタカラ玩具担当する勇者エクスカイザー』には、ダイノボット変形機構流用したガイスター四将が登場それぞれ元のデザインは、陸将ホーンガイストはスラッグ海将サンダーガイストはスラージ、地将アーマーガイストはスナール空将プテラガイストはスワープである。これらの玩具発売されていない。各キャラクターの詳細作品の項目を参照

※この「後継」の解説は、「ダイノボット」の解説の一部です。
「後継」を含む「ダイノボット」の記事については、「ダイノボット」の概要を参照ください。


後継

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/18 23:50 UTC 版)

NT File System」の記事における「後継」の解説

サーバ向けにマイクロソフトWindows Server 2012においてNTFS欠点解消したReFS導入している。HomeProバージョンでは今後NTFS使われていく予定である

※この「後継」の解説は、「NT File System」の解説の一部です。
「後継」を含む「NT File System」の記事については、「NT File System」の概要を参照ください。


後継

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/11 05:26 UTC 版)

浜崎太平次」の記事における「後継」の解説

1863年に9代浜崎太平次(1845-1865)が跡を継いだ9代目五代才助薩摩藩遣英使節団支援するどしたが21歳夭折したため、8代太平次の次弟・弥兵衛の子である17歳の太兵衛10代浜崎太平次(1849-1910)として浜崎家継いだ実質的な切り盛りは、指宿出身番頭大阪店総支配人務めた肥後左衛門(1843-1909)が行なった。 浜崎家1867年慶応3年)に鹿児島紡績所開設されると、その綿糸販売原料綿花買入行ない1870年明治3年)に開設され島津家堺紡績所原料製品購買販売引受け同所官営となったのちに1878年払い下げとなると肥後名義でそれを所有した。しかし、10代目放蕩により浜崎家没落し堺紡績所浜崎家大番頭からのちに造船となった川崎正蔵の手渡った10代目大阪人力車夫となり、同情した昔馴染み芸者養われたという。

※この「後継」の解説は、「浜崎太平次」の解説の一部です。
「後継」を含む「浜崎太平次」の記事については、「浜崎太平次」の概要を参照ください。


後継

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/26 13:43 UTC 版)

Harvard Mark I」の記事における「後継」の解説

その後 Mark I の後継として、Mark II英語版)(1947年または1948年)、Mark III/ADEC(1949年9月)、Mark IV英語版)(1952年)が開発された。全てエイケン仕事である。Mark IIMark I改良したものだが、相変わら電気機械式のリレー使っている。Mark III は、大部分真空管クリスタル・ダイオードなどの電子部品構成しMark IV では完全に電子化され半導体部品使っている。Mark IIIMark IV磁気ドラムメモリ使いMark IV はさらに磁気コアメモリ使っていた。Mark IIMark IIIアメリカ海軍基地納入された。Mark IVアメリカ空軍のために製作されたが、ハーバード残されたMark I はすでに分解されているが、その一部ハーバードのキャボット・サイエンス・センターに残されている。

※この「後継」の解説は、「Harvard Mark I」の解説の一部です。
「後継」を含む「Harvard Mark I」の記事については、「Harvard Mark I」の概要を参照ください。


後継

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/04 23:13 UTC 版)

C99」の記事における「後継」の解説

詳細は「C11 (C言語)を参照 C99 の後継の仕様C11 (ISO/IEC 9899:2011)。 C99受理の後、標準作業部会組み込み分野文字データ型追加Unicodeサポート)、境界チェック付きライブラリ関数などのためのテクニカルレポートを準備してきた。作業十進浮動小数数学特殊関数追加動的メモリ確保関数追加についてのテクニカルレポートについて継続している。CとC++標準委員会スレッドについての規格制定協調して取り組んでいる2007年以降非公式に"C1x"と呼ばれるさらなるC標準期待され始めた標準委員会現在の実装テストされていない新し機能採用制限するというガイドライン採用した安全でないインタフェース設計に関する不具合報告応えて公式に廃止予定とされているgets関数C11では削除され、gets_sを使わなくてはならなくなった

※この「後継」の解説は、「C99」の解説の一部です。
「後継」を含む「C99」の記事については、「C99」の概要を参照ください。


後継

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/21 09:08 UTC 版)

87式偵察警戒車」の記事における「後継」の解説

87式偵察警戒車89式装甲戦闘車の後継は、将来の装輪戦闘車両構想一部と考えられる近接戦闘車として計画中で、砲塔には国産開発テレスコープ弾(Cased Telescoped Ammunition, CTA機関砲搭載するとしている。87式の後継となる「偵察型」と、89式の後継となる「人員輸送型」が計画され偵察型には対地センサ搭載されるという。

※この「後継」の解説は、「87式偵察警戒車」の解説の一部です。
「後継」を含む「87式偵察警戒車」の記事については、「87式偵察警戒車」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「後継」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「後継」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

後継のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



後継の意味のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの後継 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのニセフォール・ニエプス (改訂履歴)、陳淏子 (改訂履歴)、望月玉蟾 (改訂履歴)、Skylakeマイクロアーキテクチャ (改訂履歴)、17K114 レゲンダ (改訂履歴)、戦術航空偵察ポッドシステム (改訂履歴)、シクヴァル (改訂履歴)、Bourne Shell (改訂履歴)、81式自走架柱橋 (改訂履歴)、96式多目的誘導弾システム (改訂履歴)、82式指揮通信車 (改訂履歴)、安井春哲仙角 (改訂履歴)、VisiCalc (改訂履歴)、プリムス・ホライゾンTC3 (改訂履歴)、Broadwellマイクロアーキテクチャ (改訂履歴)、Haswellマイクロアーキテクチャ (改訂履歴)、Ivy Bridgeマイクロアーキテクチャ (改訂履歴)、Sandy Bridgeマイクロアーキテクチャ (改訂履歴)、Abramowitz and Stegun (改訂履歴)、師団対空情報処理システム (改訂履歴)、角行 (富士講) (改訂履歴)、GP32 (改訂履歴)、ヴワディスワフ2世 (ポーランド王) (改訂履歴)、Turbo Pascal (改訂履歴)、89式装甲戦闘車 (改訂履歴)、サイクロペディア (改訂履歴)、こじま (巡視船・3代) (改訂履歴)、スタンダード・オイル (改訂履歴)、9mm拳銃 (改訂履歴)、ダイノボット (改訂履歴)、NT File System (改訂履歴)、浜崎太平次 (改訂履歴)、Harvard Mark I (改訂履歴)、C99 (改訂履歴)、87式偵察警戒車 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS