継承とは? わかりやすく解説

けい‐しょう【継承】

読み方:けいしょう

[名](スル)前代の人の身分仕事財産などを受け継ぐこと。承継。「伝統芸能を—する」


継承

【英】 Inheritance

クラス作成する際、あるクラスメソッドプロパティ全て引き継ぐこと。

引き継いだメソッドプロパティ定義しなくても使用することができる。

あるクラス継承するには、次のようにextendsという言葉をつける。

例)

class A {

public $ap = 1;

}

class B extends A {

public $bp = 2;

}

$b = new B();

echo $b->ap;

Bクラス内ではapというプロパティ定義していないが、BクラスAクラス継承しているので、$bというBクラスインスタンスは、apというプロパティを持つ。

関連用語


継承

同義/類義語:遺伝
英訳・(英)同義/類義語:Inheritance

ある形質が親から子へと伝搬すること。そのもと遺伝子といい、その総称ゲノムという。
「生物学用語辞典」の他の用語
現象や動作行為に関連する概念:  組織適合抗原  経割  絶滅  継承  網膜形成  緊張状態  緊縮応答

継承

作者諒夏

収載図書Tsubasa
出版社文芸社
刊行年月2008.6


継承

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/10/15 02:10 UTC 版)

継承(けいしょう)とは、受け継ぐこと。




「継承」の続きの解説一覧

継承 (inheritance/extension/generalization)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/02 14:27 UTC 版)

クラス (コンピュータ)」の記事における「継承 (inheritance/extension/generalization)」の解説

詳細は「継承 (プログラミング)」を参照 継承(inheritance)または拡張extension)とも呼ばれる。継承の目的は、単純なクラス基づいてもっと複雑なクラス構成することである。また、複雑なクラスはそれを定義する単純なクラス従属するという意味で、クラス階層をつけることができるようになる。継承の基になったクラス親クラス基本クラス基底クラススーパークラスなどといい、継承してできたクラス子クラス派生クラスサブクラスなどという。派生クラスインスタンスはまた基本クラスインスタンスとしても扱えるうになるリスコフの置換原則)。継承により、後述ポリモーフィズム実現することができるようになるUMLでは継承のことを汎化 (generalization) と呼んでいる。汎化とはスーパークラスによる抽象化であり、対義語特化 (specialization) はサブクラスによる具象化を指す。 また、オブジェクト指向効率よく使いこなすためには継承だけでなく集約 (aggregation)、委譲 (delegation) を理解する必要がある。 継承は、開放/閉鎖原則に基づき単純な基本クラスからより複雑な派生クラス構成する機構であり、コードの再利用拡張容易にする。逆に複雑なクラス所属物のいくつか除いて単純なクラス構成しようとすると、コードの再利用拡張阻害することになる。 すなわち、最初から多数所属物をカプセル化したり、基本クラスから継承するにしても多数所属物を付け加えて極めて特化されクラス最初から作成してしまうと、途中でそれよりや一般的なクラス必要になっても代替させることができない複数基本クラス継承して一つ新しクラス派生させることを多重継承 (multiple inheritance) と呼ぶ。多重継承により、基となった全てのクラス所属物は合わせて一つになり、全ての動作組み合わさった新し一つクラス構成される。ただし、実装多重継承二つ基本クラス同名メソッドオーバーライドによるコンフリクト始めとするいくつかの問題点菱形継承問題など)が指摘されている。したがって実装の継承は通例一つクラス基づいてその拡張を行う単一継承用いる。C++多重継承許可し多重継承まつわる問題解決手段仮想継承によって提供しているが、他の多く言語例えJavaC#D言語では実装多重継承サポートされておらず、インターフェイス複数実装による型の多重継承のみサポートされている。ただしJava 8以降インターフェイスデフォルト実装により、実装多重継承限定的にサポートするようになった。なお、Simula 67多重継承インターフェイスサポートしていなかった。

※この「継承 (inheritance/extension/generalization)」の解説は、「クラス (コンピュータ)」の解説の一部です。
「継承 (inheritance/extension/generalization)」を含む「クラス (コンピュータ)」の記事については、「クラス (コンピュータ)」の概要を参照ください。


継承(明治期)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/07/02 13:38 UTC 版)

皇学」の記事における「継承(明治期)」の解説

1868年明治元年12月14日京都皇学所開講されたが、翌年廃止され教務省が設置されると同省が講究にあたる。 1882年明治15年4月30日伊勢信仰である伊勢講母体とした神宮教は、伊勢神宮として伊勢神宮神宮皇學館)を設置する。 ※現皇學館大学では、全学共通科目皇学入門科目置いている。 1883年明治16年4月28日皇學館開校となり、皇学以後継承されることとなる。

※この「継承(明治期)」の解説は、「皇学」の解説の一部です。
「継承(明治期)」を含む「皇学」の記事については、「皇学」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「継承」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

継承

出典:『Wiktionary』 (2021/07/14 10:30 UTC 版)

この単語漢字
けい
常用漢字
しょう
第六学年
音読み 音読み

名詞

(けいしょう)

  1. 制度手法うけつぐこと。

関連語

動詞

活用


「継承」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「継承」の関連用語

継承のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



継承のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
PHPプロ!PHPプロ!
©COPYRIGHT ASIAL CORPORATION ALL RIGHTS RESERVED.
JabionJabion
Copyright (C) 2024 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの継承 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのクラス (コンピュータ) (改訂履歴)、皇学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの継承 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS