67とは? わかりやすく解説

67

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/20 07:44 UTC 版)

67六十七、ろくじゅうしち、ろくじゅうなな、むそじあまりななつ)は、自然数、また整数において、66の次で68の前の数である。




「67」の続きの解説一覧

67

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/07 21:15 UTC 版)

所有者専用種別不明

※この「67」の解説は、「JR貨物UT5A形コンテナ」の解説の一部です。» 「JR貨物UT5A形コンテナ」の概要を見る


67(2000形からの改造車)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/28 04:33 UTC 版)

この車両のみ車歴大きく異なり元は宮城電気鉄道現在のJR仙石線)のクハ301形サハ302で、国鉄買収される直前制御車化されクハ302となった国鉄買収後もしばらく使用されたが、1950年代初頭除籍となった除籍後、もう2両の制御車と共に琴電入り2000形220号として営業開始した1965年6265続いて体化されて60形67号に改番され、同時に制御電動車となった。しかし他の2両とは異なり張り上げ屋根ではなく、扉配置3扉ロングシートのままであった元の木造車体寸法で鋼体化したため、窓が小さく古めかしいスタイルであった。もう2両の制御車のうち、210号は木造車のまま1969年廃車となった230号は1957年の鋼体化後も制御車として運用され老朽化のため1998年廃車となった。 67号も2003年62と共にさよなら運転行い廃車となった引退に際しては62と共に塗装茶色クリーム色戻されている。廃車後は保存検討されたが、引き取り手現れなかったためそのまま解体された。

※この「67(2000形からの改造車)」の解説は、「高松琴平電気鉄道60形電車」の解説の一部です。» 「高松琴平電気鉄道60形電車」の概要を見る


6 - 7

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/17 05:56 UTC 版)

中央通所有HORIBA借受総重量6.8t。

※この「6 - 7」の解説は、「JR貨物U19D形コンテナ」の解説の一部です。» 「JR貨物U19D形コンテナ」の概要を見る


6 - 7

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/17 05:56 UTC 版)

中央通所有HORIBA借受総重量6.8t。

※この「6 - 7」の解説は、「JR貨物U19D形コンテナ」の解説の一部です。» 「JR貨物U19D形コンテナ」の概要を見る


6, 7

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/02 03:39 UTC 版)

日本石油輸送所有。フェノールホルマリン専用

※この「6, 7」の解説は、「JR貨物UT3C形コンテナ」の解説の一部です。» 「JR貨物UT3C形コンテナ」の概要を見る


6, 7

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/02 03:39 UTC 版)

日本石油輸送所有。フェノールホルマリン専用

※この「6, 7」の解説は、「JR貨物UT3C形コンテナ」の解説の一部です。» 「JR貨物UT3C形コンテナ」の概要を見る


6・7(3000形)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/09 05:20 UTC 版)

1928年新京阪鉄道製造した有蓋電動貨車である。2両が製造され1929年に6・7から3000形30013002改番された。1954年貨物営業廃止後、1956年廃車された。機器台車210系流用された。

※この「6・7(3000形)」の解説は、「阪急電鉄の貨車」の解説の一部です。» 「阪急電鉄の貨車」の概要を見る


6・7(3000形)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/09 05:20 UTC 版)

1928年新京阪鉄道製造した有蓋電動貨車である。2両が製造され1929年に6・7から3000形30013002改番された。1954年貨物営業廃止後、1956年廃車された。機器台車210系流用された。

※この「6・7(3000形)」の解説は、「阪急電鉄の貨車」の解説の一部です。» 「阪急電鉄の貨車」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「67」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「67」に関係したコラム

  • 株式の投資判断とされる自己資本比率とは

    株式の投資判断とされる自己資本比率とは、資本の総資産の割合をパーセンテージで表したものです。自己資本比率は、株主資本比率、株主持分比率などとも呼びます。自己資本比率は、次の計算式で求めることができます...

  • 株365の相場と原油相場との関係

    株365で取引可能な日経225証拠金取引、DAX証拠金取引、FTSE100証拠金取引、FTSE中国25証拠金取引の4銘柄と原油相場とはどのような関係にあるでしょうか。下の図は、株365の4銘柄のもとに...

  • CFDの株式取引での手数料と損益の計算方法

    CFDでの取引手数料は、コモディティや株価指数、債券などでは無料のところが多く、株式では有料のところが多いようです。ここでは、CFDの株式売買をした際の手数料を含めた損益の計算方法を紹介します。株式売...

  • 株式の投資判断とされるPBR変化率とは

    株式の投資判断とされるPBR変化率とは、現在のPBRが、過去のPBRと比べてどのくらい変化したかをパーセンテージで表したものです。PBRは、次の計算式で求めることができます。PBR=株価÷1株あたり純...

  • モンテカルロ法を用いたバイナリーオプションの売買手法

    モンテカルロ法は、勝率が33%、払い戻しが3倍の勝負に用いられる手法の1つです。1回目は「1、2、3」の数列を作り、両端の1と3の和の4をかけ金とします。ここで勝ったら次回も同じように「1、2、3」の...

  • FXのスワップポイントによる損益のシミュレーション

    FX(外国為替証拠金取引)のスワップポイントは、通貨ペアの金利差による利息のことで、半年から1年、2年と長期間保有すればスワップポイントのみで大きな利益を得ることができます。為替レートが値下がりして損...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

67のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



67のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの67 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのJR貨物UT5A形コンテナ (改訂履歴)、高松琴平電気鉄道60形電車 (改訂履歴)、JR貨物U19D形コンテナ (改訂履歴)、JR貨物U19D形コンテナ (改訂履歴)、JR貨物UT3C形コンテナ (改訂履歴)、JR貨物UT3C形コンテナ (改訂履歴)、阪急電鉄の貨車 (改訂履歴)、阪急電鉄の貨車 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS