極左とは? わかりやすく解説

きょく‐さ【極左】

読み方:きょくさ

極端な左翼思想また、その思想をもつ人。⇔極右


極左

読み方:きょくさ

  1. 左翼極端なもの。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

極左

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/12/29 00:02 UTC 版)

極左(きょくさ、:far left, extreme left)、急進左翼(きゅうしんさよく、:radical left)ないし、革命的左翼(かくめいてきさよく、:revolutionary left)とは、極端に左翼的な思想・人物・党派・勢力を指す。対義語極右である。


  1. ^ Left and right: the significance of a political distinction, Norberto Bobbio and Allan Cameron, University of Chicago Press, 1997. pp. xvii, 37.
  2. ^ Altemeyer, Bob. The authoritarian specter. President and Fellows of Harvard College, 1996. p. 219.
  3. ^ Altemeyer, Bob. Personality and democratic politics. President and Fellows of Harvard College, 1996. Berkeley and Los Angeles, California, USA; London, England, UK: University of California Press, 1975. p. 203.
  4. ^ http://www.politicalcompass.org/analysis2
  5. ^ Cosseron, Serge (編). Le dictionnaire de l'extrême gauche. パリ: Larousse, 2007. p.20
  6. ^ 戦後左翼に学ぶ暴力入門〈其の一〉新左翼から過激派へ 彼らがいかに人を殺してきたか 若杉大 ジャパニズム17号
  7. ^ 第4章 公安情勢 過激派警察庁
  8. ^ 今どきの若者なぜ中核派? 反原発やサークル装い浸透 京大捜索で注目産経新聞 2014年11月30日
  9. ^ 吉田茂とサンフランシスコ講和・第 1 巻三浦陽一
  10. ^ 政治学・行政学の基礎知識(堀江湛)149p
  11. ^ 「Truman {far right) emphasizes point while Stalin {far left) listens」LIFE - 1955年10月17日
  12. ^ 「Joseph Stalin (far right) and Leon Trotsky (second from left) stand together as comrades in 1917」 - Systems of Government Communism (R. Grant)
  13. ^ 「The radical distrust of mainstream media found on the far Left can certainly be found in spades on the ultra-Right.」Radical media: rebellious communication and social movements (John Downing)
  14. ^ 「Stalinism as ultraleft and nationalism as ultraright」Yugoslavia: a state that withered away (Dejan Jović) p191
  15. ^ ニセ「左翼」への「泳がせ政策」とは? - 日本共産党
  16. ^ 共産主義者, 第166~171号
  17. ^ 中曽根の国家改造計画批判(城戶通隆)361P
  18. ^ 米帝の戦争政策と日帝の軍事大国化:反戦・反安保・反核闘争の発展のために(樫山康次)P509
  19. ^ Yahoo!百科事典(小学館『日本大百科全書』)[リンク切れ]
  20. ^ 警察庁私の戦後史と日本共産党論日本の労働組合100年


「極左」の続きの解説一覧

極左

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/24 06:24 UTC 版)

左翼」の記事における「極左」の解説

詳細は「極左」を参照 左翼の中で極端に急進的な変革暴力革命目指すものは極左と呼ばれテロを行う組織もある。ウラジーミル・レーニンは、各国の共産党において左翼派と称する人々現実忘れてむやみに急進的な説を唱えることを指摘し、これを嘲笑的に「左翼小児病」と呼んだ。なお極左と極右全体主義党派性などに類似性指摘される事もあり、また反権力観点から極左と極右連係する場合もある。

※この「極左」の解説は、「左翼」の解説の一部です。
「極左」を含む「左翼」の記事については、「左翼」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「極左」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

極左

出典:『Wiktionary』 (2021/08/21 02:08 UTC 版)

名詞

  (きょくさ)

  1. 極端過激左翼思想。その思想を持つ人。

対義語


「極左」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「極左」の関連用語

極左のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



極左のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
皓星社皓星社
Copyright (C) 2023 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの極左 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの左翼 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの極左 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS