西ドイツとは? わかりやすく解説

にし‐ドイツ【西ドイツ】


西ドイツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/10 16:27 UTC 版)

西ドイツ(にしドイツ、: Westdeutschland: West Germany)は、1949年5月23日から1990年10月2日までのドイツ連邦共和国の通称である。略称、西独


注釈

  1. ^ 1953年から1971年まで、西ドイツは毎年マーシャル・プランの貸付資金の返済を行わねばならなかった。この債務は戦争の補償に上積みされた。
  2. ^ 1950年にイギリスのタイムズ紙がドイツ復興をこう表現した。
  3. ^ 国外に保有する資産に関しては日本も同様の境遇にあった。
  4. ^ ここから西ドイツ成立後の市場経済主義経済政策に至るまで、ルートヴィヒ・エアハルトが経済大臣・首相を歴任した。
  5. ^ 出資割合は、シーメンス6に対しヌーケム4。

出典

  1. ^ Bildung, Bundeszentrale für politische. “Themen | bpb” (ドイツ語). bpb.de. 2021年10月24日閲覧。
  2. ^ a b 東京大学社会科学研究所 『国際環境』 東京大学出版会 1974年 pp.128-129.
  3. ^ 清水忠之、「複数議決権等と株主平等の原則」『明治学院大学法律科学研究所年報』2015年 31巻 p.39-45, hdl:10723/2512, 明治学院大学法律科学研究所
  4. ^ シュテルン 1988年1月21日号
  5. ^ ヌーケム NUKEM History or the Roots of NUKEM Alzenau, August 2013
  6. ^ IDSA News Review on East Asia, vol. 3, Institute for Defence Studies and Analyses, 1989, p. 143.
  7. ^ Harpers & Queen, March, 1990



西ドイツ(当時)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/03 00:45 UTC 版)

ライトレール」の記事における「西ドイツ(当時)」の解説

現在の北米ライトレール性格特徴を持つ都市鉄道の起源は、西ドイツの一部都市1960年代後半生まれたシュタットバーンStadtbahn)である。 西ドイツの都市の路面鉄道(シュトラーセンバーン)は、第二次世界大戦後は車の普及に伴い都市内路線廃止進んだが、一方では連節電車大量投入や、信用乗車方式導入郊外路線増強などを行っていた。これを都市鉄道向けて漸進的にメトロ地下鉄)へ近づく形の高規格化改良に取組んだ。すなわち、都心部路線一部地下化路線専用軌道化・標準軌化及び信号装置改良などによる定時性確保高速化及び大輸送力化、車輛高性能化高出力化・高床化など)を行った高床車両対応させるためにプラットフォーム高くする改良行われたこのような漸進策がとられたのは、西ドイツ各都市の人口100万人以であったこと、本格的な地下鉄新設投資見合う条件限られていたことが挙げられるこのようなシュタットバーン路線は、フランクフルト・アム・マイン1968年開業したのが始まりである。これは郊外では路面鉄道改良したセンターリザベーション軌道または普通鉄道だが、都心部では地下線となっている。車両シーメンス/デュワグU2形用いた。このシュタットバーンは、以降ケルンシュタットバーンボンシュタットバーンエッセンデュッセルドルフシュトゥットガルトなど、各地開業した

※この「西ドイツ(当時)」の解説は、「ライトレール」の解説の一部です。
「西ドイツ(当時)」を含む「ライトレール」の記事については、「ライトレール」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「西ドイツ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「西ドイツ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

西ドイツのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



西ドイツのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの西ドイツ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのライトレール (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS