称するとは?

しょう・する【称する】

[動サ変[文]しょう・すサ変

名乗る名づけて言う。「自ら名人と—・する」「論文と—・するほどのものではない」

口実として言う。偽って言う。「病気だと—・して会社を休む」

ほめたたえる。「その功績を—・する」


しょう‐・する【称】

〔他サ変〕 [文]しょう・す 〔他サ変〕 (「しょうずる」とも)

人前公然と言う。唱える名づけて言う。名のる。

和漢朗詠(1018頃)下「晉の騎兵参軍王子猷 栽ゑて此の君称す藤原篤茂〉」

今昔1120頃か)五「皆、各(おのおの)心を一にして仏の御名を称し」

他人の手前はそのように偽って言う。

高野平家13C前)四「或は神慮にあひはばかり或は綸言と称(セウ)するによて」

③ ほめる。たたえる

台記康治二年(1143五月五日清慎公者、彼時摂政、以賢名称」

中華若木詩抄(1520頃)上「天下英雄と称ぜらるるほどの者は」




品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「称する」の関連用語

称するのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



称するの意味のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2021 GRAS Group, Inc.RSS