正義とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > > 正義の意味・解説 

せい‐ぎ【正義】

読み方:せいぎ

人の道かなっていて正しいこと。「—を貫く」「—の味方

正し意義また、正し解釈。「四書—」

「其実はあたの語の—に非るなり」〈西村茂樹明六雑誌三三

人間社会行動評価基準で、その違反に対し厳格な制裁を伴う規範


正義

作者関口誠人

収載図書青春ちゃん
出版社CBS・ソニー出版
刊行年月1988.1


正義

作者ウィリアム・フォークナー

収載図書エミリーに薔薇を
出版社福武書店
刊行年月1988.5
シリーズ名福武文庫


正義

作者北原亜以子

収載図書埋もれ火
出版社文芸春秋
刊行年月1999.10


正義

作者浜尾四郎

収載図書新青年傑作選幻の探偵雑誌 10
出版社光文社
刊行年月2002.2
シリーズ名光文社文庫

収載図書浜尾四郎探偵小説
出版社論創社
刊行年月2004.4
シリーズ名論創ミステリ叢書

収載図書浜尾四郎全集 1 殺人小説集
出版社沖積舎
刊行年月2004.11


正義(まさよし)

作者小林正樹

収載図書“浅”見の明
出版社彩図社
刊行年月1999.10
シリーズ名ぶんりき文庫


正義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/04 10:26 UTC 版)

正義(せいぎ、: justice: justice: Gerechtigkeit: jūstitia: δικαιοσύνη)は、明治以降「義」に代わって使用され[1]倫理合理性法律自然法宗教、公正などに基づく道徳的な正しさ[要出典]に関する概念である。対義語は「不義」。正義の実質的な内容を探究する学問分野は正義論と呼ばれる。広義すなわち日本語の日常的な意味においては、道理に適った正しいこと全般を意味する。以下では、もっぱら西洋における概念(すなわちjusticeないしそれに類似する言葉で示されるもの)を記述する。東洋のそれについてはのページを参照。


  1. ^ 『あいまいな言葉』有紀書房、1957年、146-148頁。
  2. ^ Encyclopaedia britannica, "Talion, lex talionis".
  3. ^ プラトン『国家』368e2-3
  4. ^ プラトン『国家』435e1-3
  5. ^ 野村秀世『プラトンの正義論』東海大学出版会、2008年、260頁。
  6. ^ プラトン『国家』433a8-b1
  7. ^ プラトン『国家』441d12-e2
  8. ^ たとえば、松下圭一 『現代政治の基礎理論』(東京大学出版会, 1995年)


「正義」の続きの解説一覧

正義(まさよし)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 06:43 UTC 版)

捨てがたき人々」の記事における「正義(まさよし)」の解説

勇介と京子間に生まれた長男

※この「正義(まさよし)」の解説は、「捨てがたき人々」の解説の一部です。
「正義(まさよし)」を含む「捨てがたき人々」の記事については、「捨てがたき人々」の概要を参照ください。


正義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/06/11 14:57 UTC 版)

精神コマンド一覧」の記事における「正義」の解説

第1作登場ゲーム中は「せいぎ」とひらがな表記される味方ユニット全員の「忠義」を上げ効果があるまた、ランダム主人公の「カリスマ」が上がることもある。

※この「正義」の解説は、「精神コマンド一覧」の解説の一部です。
「正義」を含む「精神コマンド一覧」の記事については、「精神コマンド一覧」の概要を参照ください。


正義(まさよし)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/25 21:49 UTC 版)

KAPPEI」の記事における「正義(まさよし)」の解説

無戒殺風拳馬跳流(ばちょうりゅう)の使い手都会出てから、たまたま聴いた尾崎豊の「15の夜」の影響でヤンキーとなっていた。島で暮らしていたころは勝平たちにとってよき兄貴分であったが、師範裏切られことから大人信じられなくなる。来年三十路勝平との戦いで敗れた後、啓太部屋居候をし、働くこともなくブラブラしている。

※この「正義(まさよし)」の解説は、「KAPPEI」の解説の一部です。
「正義(まさよし)」を含む「KAPPEI」の記事については、「KAPPEI」の概要を参照ください。


正義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/13 08:19 UTC 版)

ソクラテスの弁明」の記事における「正義」の解説

本篇では、正義に反することが自分にとっては死刑その他の刑罰よりも大きな禍であると、ソクラテスによって述べられている。この発想は、続編である『クリトン』においても繰り返し反復される。『クリトン』の内容則るならば、ソクラテスにとっての正義とは、「熟慮検討結果最善思える考え」のことであり、それに則っておくことで、いかなる場合おいても死後の冥府においてすらも、「自身をちゃんと弁明できるようにしておくこと」である。 本篇おいても、また続編の『クリトン』においても、「いかなる場合おいても故意に不正は行わない」(知らずに不正を行っていたのであれば改める)という倫理観言及されている。

※この「正義」の解説は、「ソクラテスの弁明」の解説の一部です。
「正義」を含む「ソクラテスの弁明」の記事については、「ソクラテスの弁明」の概要を参照ください。


正義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/14 21:40 UTC 版)

クリトン」の記事における「正義」の解説

本篇は、一人市民としての義務遂行仕方、その正義について述べられるここで言う正義とは、「熟考結果最善と思われる考え」として言及される運動選手専門家ではなく一般大衆意見耳を傾け身体害して生き甲斐失ってしまってよくないと同じように一般大衆風聞評判気にして不正を犯し、魂を害して生き甲斐失ってしまう(人生台無しにしてしまう)ことがないよう、徹底的に熟考して正しいと思える結論のみに従うことで合意した上で、話が進められるまた、いかなる条件下おいても、不正を犯すことは悪」であり、「不正に対して不正で報復することも悪」であるという考え方も、議論前提として言及される最終的にソクラテス脱走逃亡することは不正であること正義を貫徹することこそが全ての関係者にとっても最善の選択であるというソクラテス結論に対しクリトン説得諦めることになる。

※この「正義」の解説は、「クリトン」の解説の一部です。
「正義」を含む「クリトン」の記事については、「クリトン」の概要を参照ください。


正義(第19話他)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/20 00:03 UTC 版)

キャンディポップナイトメア」の記事における「正義(第19話他)」の解説

一般人蛮勇間違った正義感UNKNOWN化した姿。19話では戦隊モノ然としたUNKNOWNが5名で登場をはじめ各話猛威を振るうが、その裏にはUNKNOWN・正義となった者をメサイアに加えとともに他のUNKNOWN戦闘させることにより、戦力育成するという神代思惑動いている

※この「正義(第19話他)」の解説は、「キャンディポップナイトメア」の解説の一部です。
「正義(第19話他)」を含む「キャンディポップナイトメア」の記事については、「キャンディポップナイトメア」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「正義」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

正義

出典:『Wiktionary』 (2021/11/18 16:32 UTC 版)

この単語漢字
せい
第一学年

第五学年
漢音 音読み

発音

名詞

(せいぎ)

  1. 道理かなっていて正しいこと。

派生語

翻訳


「正義」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



正義と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

正義のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



正義のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの正義 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの捨てがたき人々 (改訂履歴)、精神コマンド一覧 (改訂履歴)、KAPPEI (改訂履歴)、ソクラテスの弁明 (改訂履歴)、クリトン (改訂履歴)、キャンディポップナイトメア (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの正義 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS