セックスの哲学とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > セックスの哲学の意味・解説 

セックスの哲学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/04/26 22:59 UTC 版)

セックスの哲学: Philosophy of sex)とは、セックス性愛に関する研究を行う応用哲学の一分野である。売春レイプセクシャルハラスメント、性的アイデンティティー同意年齢同性愛のような現象についての倫理学的考察や、「セックスとは何か?」のような問いに対する概念分析が行われている。また、セクシャリティや性的アイデンティティーにまつわる問いや、ジェンダー存在論的地位についての問題も扱う。現代のセックスの哲学者として代表的な人物には、アラン・ソーブルとジュディス・バトラーがいる。


  1. ^ Alan Soble. Internet encyclopedia of philosophy: Philosophy of Sexuality
  2. ^ Kant, Immanuel. Lectures on Ethics, p. 163
  3. ^ St. Paul's praising, in 1 Corinthians 7, sexual celibacy as the ideal spiritual state.
  4. ^ Nagel's "Sexual Perversion," pp. 15-17.


「セックスの哲学」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「セックスの哲学」の関連用語

セックスの哲学のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



セックスの哲学のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのセックスの哲学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS