ノーム・チョムスキーとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 学者・研究者 > 哲学者 > アメリカ合衆国の哲学者 > ノーム・チョムスキーの意味・解説 

ノーム・チョムスキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/14 03:58 UTC 版)

エイヴラム・ノーム・チョムスキーAvram Noam Chomsky1928年12月7日 - )は、アメリカ合衆国哲学者[1][2]言語哲学者言語学者認知科学者論理学者[3][4]マサチューセッツ工科大学言語学および言語哲学の研究所教授 (Institute Professor) 兼名誉教授[5]。妻は言語学者・教育学者のキャロル・チョムスキー




注釈

  1. ^ 3年間財政支援を受けながら何の義務無し(論文作成も講義への出席も不要)で研究できる制度。多数の天才を輩出している。
  2. ^ 現代では、心身二元論は学術的に重要視されていない。一部に臨死体験などの心的なものを軸に心身二元論との関係を論ずる研究者も存在する。

出典

  1. ^ a b "Noam Chomsky", by Zoltán Gendler Szabó, in Dictionary of Modern American Philosophers, 1860–1960, ed. Ernest Lepore (2004).
  2. ^ ケンブリッジ哲学辞典英語版 (1999), "Chomsky, Noam," ケンブリッジ大学出版局, pg. 138.
  3. ^ Edwin D. Reilly (2003). Milestones in Computer Science and Information Technology. Greenwood Publishing Group. pp. 43–44. ISBN 9781573565219. 
  4. ^ H. L. Somers (2003). Sergei Nirenburg, H. L. Somers, Yorick Wilks. ed. Readings in Machine Translation. マサチューセッツ工科大学出版局. p. 68. ISBN 9780262140744. 
  5. ^ MIT Department of Linguistics: People: Faculty: Noam Chomsky”. Web.mit.edu. 2011年8月16日閲覧。
  6. ^ Barsky 1997, p. 9
  7. ^ a b The Life and Times of Noam Chomsky, Noam Chomsky interviewed by Amy Goodman”. www.chomsky.info. 2008年12月21日閲覧。
  8. ^ Barsky 1997, p. 11
  9. ^ Barsky 1997, pp. 9f
  10. ^ a b Barsky 1997, pp. 11-13
  11. ^ Barsky 1997, p. 15
  12. ^ Kreisler 2002
  13. ^ Barsky 1997, p. 14
  14. ^ a b Barsky 1997, p. 23
  15. ^ a b Conversation with Noam Chomsky, p. 1 of 5”. Globetrotter.berkeley.edu. 2011年8月16日閲覧。
  16. ^ Barsky 1997, pp. 17-19
  17. ^ Barsky 1997, pp. 15-17
  18. ^ Kreisler 2002, Chapter 1: Background
  19. ^ Barsky 1997, pp. 21f
  20. ^ Barsky, Robert Franklin (1997). Noam Chomsky: a life of dissent. ECW Press. pp. 47. ISBN 978-1-55022-281-4. http://books.google.com/books?id=GhwvCoZBFoYC&pg=PA47 2011年8月16日閲覧。. 
  21. ^ Barsky 1997, p. 24
  22. ^ Barsky 1997, pp. 24f
  23. ^ Barsky 1997, p. 26
  24. ^ Barsky 1997, pp. 34f
  25. ^ Barsky 1997, pp. 36-40
  26. ^ Barsky 1997, p. 36
  27. ^ Barsky 1997, pp. 43f
  28. ^ Barsky 1997, p. 13
  29. ^ Marquard, Bryan (2008年12月20日). “Carol Chomsky; at 78; Harvard language professor was wife of MIT linguist”. Boston Globe. 2008年12月20日閲覧。
  30. ^ Noam Chomsky interviewed by Shira Hadad”. Chomsky.info. 2011年8月16日閲覧。
  31. ^ Books”. chomsky.info. 2011年8月30日閲覧。
  32. ^ Noam Chomsky”. Web.archive.org (2010年5月28日). 2010年5月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年8月16日閲覧。
  33. ^ “Chomsky is Citation Champ”. マサチューセッツ工科大学 News Office. (1992年4月15日). http://web.mit.edu/newsoffice/1992/citation-0415.html 2007年9月3日閲覧。 
  34. ^ Hughes, Samuel (July/August 2001). “Speech!”. The Pennsylvania Gazette. オリジナルの2007年9月29日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070929095612/http://www.chomsky.info/onchomsky/200107--.htm 2007年9月3日閲覧. "According to a recent survey by the Institute for Scientific Information, only Marx, Lenin, Shakespeare, Aristotle, the Bible, Plato, and Freud are cited more often in academic journals than Chomsky, who edges out Hegel and Cicero." 
  35. ^ Robinson, Paul (1979年2月25日). “The Chomsky Problem”. ニューヨーク・タイムズ. "Judged in terms of the power, range, novelty and influence of his thought, Noam Chomsky is arguably the most important intellectual alive today. He is also a disturbingly divided intellectual." 
  36. ^ Duncan Campbell (2005年10月18日). “Chomsky is voted world's top public intellectual”. The Guardian. https://www.theguardian.com/world/2005/oct/18/books.highereducation 
  37. ^ Matt Dellinger (2003年3月31日). “Noam Chomsky”. The New Yorker. 2019年3月30日閲覧。
  38. ^ Fox, Margalit (1998年12月5日). “A Changed Noam Chomsky Simplifies”. New York Times. オリジナルの2012年5月29日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/eDfc 2008年8月2日閲覧. "... Noam Chomsky, father of modern linguistics and the field's most influential practitioner; ..." 
  39. ^ Thomas Tymoczko, Jim Henle, James M. Henle, Sweet Reason: A Field Guide to Modern Logic, Birkhäuser, 2000, p. 101.
  40. ^ Michael Sipser (1997). Introduction to the Theory of Computation. PWS Publishing. ISBN 0-534-94728-X. 
  41. ^ The Cognitive Science Millennium Project”. Cogsci.umn.edu. 2011年10月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年8月16日閲覧。
  42. ^ The Accidental Bestseller”. Publishers Weekly. PWxyz, LLC.. 2003年5月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月30日閲覧。
  43. ^ Noam Chomsky. “On Capitalism”. 2013年9月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年5月29日閲覧。
  44. ^ Arnove, Anthony (March 1997). “In Perspective: Noam Chomsky”. International Socialism. http://pubs.socialistreviewindex.org.uk/isj74/arnove.htm 2011年10月29日閲覧。. 
  45. ^ Chomsky 1996, p. 71
  46. ^ 酒井邦嘉『科学者という仕事』(中公新書 2006年)pp.68-74.
  47. ^ Noam Chomsky - Extremist of the Left and Right”. 2008年2月20日閲覧。
  48. ^ The Treachery of the Intelligentsia: A French Travesty”. 2008年2月20日閲覧。
  49. ^ Hot Type on the Middle East”. 2008年2月20日閲覧。
  50. ^ On the Future of Israel and Palestine
  51. ^ Solomon, Deborah (2003年11月2日). “Questions for Noam Chomsky: The Professorial Provocateur”. The New York Times Magazine (The New York Times). http://www.nytimes.com/2003/11/02/magazine/way-we-live-now-11-02-03-questions-for-noam-chomsky-professorial-provocateur.html 
  52. ^ 松本典久 2009, p. 91-92.
  53. ^ 松本典久 2009, p. 92-93.
  54. ^ The Faurisson Affair”. CHOMSKY.INFO. 2019年3月30日閲覧。
  55. ^ 外部リンク


「ノーム・チョムスキー」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ノーム・チョムスキー」の関連用語

ノーム・チョムスキーのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ノーム・チョムスキーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのノーム・チョムスキー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS