ニッコロ・マキャヴェッリとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 学者・研究者 > 哲学者 > 思想家 > ニッコロ・マキャヴェッリの意味・解説 

ニッコロ・マキャヴェッリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/06/17 09:36 UTC 版)

ニッコロ・マキャヴェッリイタリア語: Niccolò Machiavelli, 1469年5月3日 - 1527年6月21日)は、イタリアルネサンス期の政治思想家フィレンツェ共和国外交官




  1. ^ 亀長洋子 『イタリアの中世都市』 山川出版社2011年、65頁。ISBN 978-4-634-34944-5
  2. ^ de Grazia (1989) p.5
  3. ^ 池田 (1995) 205頁。
  4. ^ Wikisource-logo.svg Herbermann, Charles, ed. (1913). "Niccolò Machiavelli". Catholic Encyclopedia. New York: Robert Appleton Company. 
  5. ^ 復帰を狙うメディチ家とそれを支援するヴェネツィア共和国に通じていた
  6. ^ ただし費用はフィレンツェ持ち
  7. ^ "Discorso sopra le cose di Pisa" に記録
  8. ^ 実際には加担していなかったとされる
  9. ^ 拷問の中ではさほど残酷な部類には入らない
  10. ^ 大赦によりフィレンツェ市内からの1年の追放刑も赦されていたので、マキャヴェッリが追放されたという説は疑問である。また、マキャヴェッリ自身「失業して給料が入らなくなり、これでは、にわとりでも飼って口をしのぐしかない」と書いている
  11. ^ 池田 (1995) 221頁。
  12. ^ 他に『君主論』の主な訳注は、池田廉訳(中公文庫、新版2018年)。佐々木毅訳(講談社学術文庫、2004年)、なお岩波版の旧訳は黒田正利
  13. ^ 旧訳版は大岩誠訳(上下)。大岩訳は他に、旧版『ローマ史論』(岩波文庫 全3巻)、『君主論』(角川文庫、のち改訂版・角川ソフィア文庫)がある。
  14. ^ 國際的精神の養成』。国際連盟協会『震災に関する諸名士の所感』、1923年。


「ニッコロ・マキャヴェッリ」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ニッコロ・マキャヴェッリ」の関連用語

ニッコロ・マキャヴェッリのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ニッコロ・マキャヴェッリのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのニッコロ・マキャヴェッリ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS