法哲学とは?

ほう てつがく はふ- [4][3] 【法哲学】

法を対象とし、その本質理念、また根拠価値などを哲学的な方法態度により原理的根本的研究する学問法理学法律哲学


法哲学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/13 17:11 UTC 版)

法哲学(ほうてつがく、: Philosophy of law: Rechtsphilosophie)とは、に関して、その制定および運用や様ざまな人の法観念・法感覚、また、法現象とよばれる社会現象等に視点をあてて、哲学的に、平たく言えば、既存の諸概念にとらわれることなく考察する学問分野である。そのため、具体的な内容について研究者間の見解の相違が大きく、法の一般的定義は困難となっている。




  1. ^ 三島、1980年、第1章を参照。
  2. ^ 書名に「法理学」を冠する例も少なく、田中成明『法理学講義』(有斐閣1994年)、青井秀夫『法理学概説』(有斐閣、2007年)など、数例を数えるにすぎない。
  3. ^ メイン(Henry James Sumner Maine, 1822-1888)は、イギリス歴史法学の始祖。主著は『古代法』(信山社出版、復刻版、1995年、原著は1861年)。


「法哲学」の続きの解説一覧



法哲学と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「法哲学」の関連用語

法哲学のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



法哲学のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの法哲学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS