ジョン・ロックとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 学者・研究者 > 哲学者 > 思想家 > ジョン・ロックの意味・解説 

ジョン・ロック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/05 06:52 UTC 版)

ジョン・ロック(John Locke、1632年8月29日 - 1704年10月28日)は、イギリス哲学者。哲学者としては、イギリス経験論の父と呼ばれ、主著『人間悟性論』(『人間知性論』)において経験論的認識論を体系化した。また、政治哲学者としての側面も非常に有名である。『統治二論』などにおける彼の自由主義的な政治思想名誉革命を理論的に正当化するものとなり、その中で示された社会契約抵抗権についての考えはアメリカ独立宣言フランス人権宣言に大きな影響を与えた。




  1. ^ Peter Laslett (1988). “Introduction: Locke and Hobbes”. Two Treatises on Government. Cambridge University Press. p. 68. ISBN 9780521357302. 
  2. ^ John LockeInternet Encyclopedia of Philosophy 2018年7月21日閲覧。
  3. ^ 「「豊かさ」の誕生 成長と発展の文明史」pp104-105ウィリアム・バーンスタイン著 徳川家広訳 日本経済新聞社 2006年8月24日1版1刷
  4. ^ 「ロック政治論集」(叢書・ウニベルシタス844)pp420-424 ジョン・ロック マーク・ゴルディ編 山田園子・吉村伸夫訳 法政大学出版局 2007年6月21日初版第1刷
  5. ^ 「国民百科事典7」平凡社 p588 1962年6月15日初版発行
  6. ^ この区別はロックの独創ではなく、既にあったものである
  7. ^ John Locke "Second Treatise of Government" Sect.6
  8. ^ 『ジョージ王朝時代のイギリス』 ジョルジュ・ミノワ著 手塚リリ子・手塚喬介訳 白水社文庫クセジュ 2004年10月10日発行 p.8


「ジョン・ロック」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ジョン・ロック」の関連用語

ジョン・ロックのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ジョン・ロックのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのジョン・ロック (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS