法学とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 学問 > 専攻 > 法学 > 法学の意味・解説 

ほう‐がく〔ハフ‐〕【法学】

読み方:ほうがく

に関する学問法解釈学法哲学法社会学法史学比較法学などを含む。狭義には法解釈学をさす。法律学


法学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/01/23 06:59 UTC 版)

法学(ほうがく)または法律学(ほうりつがく、: jurisprudence: jurisprudence: Rechtswissenschaft, Jurisprudenz: giurisprudenza)とは、[1]又は法律[2]に関する学問[3]である。


  1. ^ : law: droit: Recht: legge: jus
  2. ^ : laws: loi: Gesetz: diritto: lex
  3. ^ : : science: Wissenschaft
  4. ^ Jurastudentenユーラシュトゥデンテン」「Ich studiere Jura.イヒ・シュトゥディェレ・ユーラ」等。
  5. ^ ラテン語: iuris prudentia est ... iusti atque iniusti scientiaイウリス・プルデンティア・エスト・イウスティ・アトケ・イニウスティ・スキエンティア


「法学」の続きの解説一覧

法学(School of Law)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/02 09:34 UTC 版)

リバティ大学」の記事における「法学(School of Law)」の解説

ロー・スクールSchool of Law)の法曹就職率卒業後9ヶ月以内)は82%。2010年以降は、アメリカ法曹協会から認証を受けている。また、2019年2月の州司法試験合格率100%であり、バージニア大学並んで同率首位であった

※この「法学(School of Law)」の解説は、「リバティ大学」の解説の一部です。
「法学(School of Law)」を含む「リバティ大学」の記事については、「リバティ大学」の概要を参照ください。


法学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/20 08:27 UTC 版)

歴史主義」の記事における「法学」の解説

歴史法学を参照のこと。

※この「法学」の解説は、「歴史主義」の解説の一部です。
「法学」を含む「歴史主義」の記事については、「歴史主義」の概要を参照ください。


法学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/20 09:58 UTC 版)

行為論」の記事における「法学」の解説

詳細は「行為#法律上行為を参照 行為論 (刑法学) - 下位分野目的的行為論など。

※この「法学」の解説は、「行為論」の解説の一部です。
「法学」を含む「行為論」の記事については、「行為論」の概要を参照ください。


法学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 16:41 UTC 版)

パリ第2大学」の記事における「法学」の解説

QS世界大学ランキングでは、法律分野世界で62位にランクされている。

※この「法学」の解説は、「パリ第2大学」の解説の一部です。
「法学」を含む「パリ第2大学」の記事については、「パリ第2大学」の概要を参照ください。


法学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/11 03:31 UTC 版)

プレプリント」の記事における「法学」の解説

LawArXivは2017年5月発表された

※この「法学」の解説は、「プレプリント」の解説の一部です。
「法学」を含む「プレプリント」の記事については、「プレプリント」の概要を参照ください。


法学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/12 09:23 UTC 版)

解釈学」の記事における「法学」の解説

法律の条文適用解釈を巡って問題提起を行う法解釈学がある。ここでは、判決は法を文字通り理解したものでなくてはならないだろうか、それとも、その意味類推するということ許されるだろうかという問題がある

※この「法学」の解説は、「解釈学」の解説の一部です。
「法学」を含む「解釈学」の記事については、「解釈学」の概要を参照ください。


法学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/10 15:24 UTC 版)

新カント派」の記事における「法学」の解説

刑法学分野においてはM・E・マイヤー多くの学者によって取り入れられ当時自然主義的法実証主義的な刑法理論批判して目的論的価値関係思考的な理論樹立したが、後にハンス・ヴェルツェル目的的行為論によって批判されるようになり、多くの論争引き起こした

※この「法学」の解説は、「新カント派」の解説の一部です。
「法学」を含む「新カント派」の記事については、「新カント派」の概要を参照ください。


法学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/02 15:18 UTC 版)

ガザーリー」の記事における「法学」の解説

ガザーリーはイマームル・ハラマイン・ジュワイニーからシャーフィイー学派の法学を学び、それを発展させた。ガザーリー著した法学書には最晩年執筆した法源学の精髄』などがあるが、散逸したものも多い。 ガザーリー世に出たとき、既にイスラーム法学権威社会隅々にまで行き渡っていたが、ガザーリー権威主義陥った信仰有り方疑問視し、仰を個人内面戻そう試みたガザーリー権力癒着したウラマー堕落批判しイスラーム法遵守スーフィズム実践の両立説いた批判対象とされた人物の一人にハールーン・ラシード時代宰相アブー・ユースフがおり、来世のために奉仕することを忘れて現世利益のみを追求するウラマー本来の理念から逸脱した人間たち批判している。

※この「法学」の解説は、「ガザーリー」の解説の一部です。
「法学」を含む「ガザーリー」の記事については、「ガザーリー」の概要を参照ください。


法学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/03 15:11 UTC 版)

二次資料」の記事における「法学」の解説

法学の分野において、情報源信頼性通常その来歴依存するため、情報源の分類重要である一次的な情報源には、判例憲法法令政令その他の法裏付け伴なう情報源含まれるだろう。一方で二次的な法的情報源には、書物判例集頭注記事百科事典含まれるだろう。法学分野著述家通常一次資料引用を好むが、それは一次資料だけが権威備え判例として有効だからであり、二次資料せいぜい解説文に過ぎないからである

※この「法学」の解説は、「二次資料」の解説の一部です。
「法学」を含む「二次資料」の記事については、「二次資料」の概要を参照ください。


法学(School of Law)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/15 02:59 UTC 版)

セントルイス・ワシントン大学」の記事における「法学(School of Law)」の解説

学部の様々なジョイントプログラムが盛んで経営修士人文科学修士医学部社会福祉学修士とのジョイントプログラムを提供しているまた、資産法、税法外国法律、司法司法博士等のプログラムがある。法科大学院全米18位にランクされている。

※この「法学(School of Law)」の解説は、「セントルイス・ワシントン大学」の解説の一部です。
「法学(School of Law)」を含む「セントルイス・ワシントン大学」の記事については、「セントルイス・ワシントン大学」の概要を参照ください。


法学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/09 16:51 UTC 版)

「∵」の記事における「法学」の解説

根拠を示す目的で使用される

※この「法学」の解説は、「∵」の解説の一部です。
「法学」を含む「∵」の記事については、「∵」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「法学」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

法学

出典:『Wiktionary』 (2021/07/28 12:27 UTC 版)

名詞

ほうがく

  1. 法律について研究する学問総称基礎法学実定法学分けられる。別名、法律学

関連語

翻訳


「法学」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



法学と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「法学」の関連用語

法学のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



法学のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの法学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのリバティ大学 (改訂履歴)、歴史主義 (改訂履歴)、行為論 (改訂履歴)、パリ第2大学 (改訂履歴)、プレプリント (改訂履歴)、解釈学 (改訂履歴)、新カント派 (改訂履歴)、ガザーリー (改訂履歴)、二次資料 (改訂履歴)、セントルイス・ワシントン大学 (改訂履歴)、∵ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの法学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS