統治機構とは? わかりやすく解説

統治機構

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/01 08:34 UTC 版)

統治機構とうちきこう: stateauthority)とは、国家を統治する仕組み組織機関のことをを指す。中央政府を指して統治機構と呼ぶこともある。なお、統治する側のことを統治者、統治される側を被治者と呼ぶ。




「統治機構」の続きの解説一覧

統治機構

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/02 03:41 UTC 版)

サータヴァーハナ朝」の記事における「統治機構」の解説

サータヴァーハナ朝中央政府組織はほぼわかっていない。数少ない史料などから都市管理官将軍内侍官、会計官家庭火管理官倉庫管理官などの地位があったといわれているが、必ずしも中央政府官制を示すものである断定はできないサータヴァーハナ朝地方行政区画単位はラーシュトラ(Rāṣṭra 地方)であり、各地方支配するのはマハーセナーパティ(Mahāsenāpati 大将軍であった大将軍という称号当時南インドでのみ見られるものであり、「将軍」とは言っても中央政府によって任命され軍事司令官ではなく世襲的封建諸侯であったこの地位についてはドイツ語ヘルツォークが元々軍の指揮官の意味であったが、後に貴族称号となったと同様経緯によって地方貴族称号となったものであると言われている[誰によって?]。それに続く地位としてマハーボージャ(Mahābhoja 大封侯)やマハーラーシュトリン(Mahārāṣṭrin 大領主)などがあり、両者はほぼ同列地位であったと言われているが[誰によって?]詳細不明である。(マハーラーシュトリンの中には「アーンビ家の裔」と称する家もあったが、これとアレクサンドロス大王服したタクシラの王アーンビ(英語版)との関係を指摘する学者もいる。しかし時代的地理的な隔たり大きく不詳。)。藩侯にはそれぞれ書記などお抱え官僚があって地方政府形成していた。 王族分家各地に藩侯として封じられていたことがわかっており、中には3世紀サータヴァーハナ朝本体崩壊した後も4世紀まで命脈保った分家もある(クンタラ地方)。 こういった藩侯とは別にアマーティヤ(Amātya 地方官)が配置され赴任地土地問題などを管轄していた。例えサータヴァーハナ朝国王仏教教団に対する土地寄進などを命じた場合実際にこの業務にあたるのはアマーティヤであり、中央の命令地方伝え上で重要な官職であった

※この「統治機構」の解説は、「サータヴァーハナ朝」の解説の一部です。
「統治機構」を含む「サータヴァーハナ朝」の記事については、「サータヴァーハナ朝」の概要を参照ください。


統治機構

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/13 03:00 UTC 版)

インドネシアの法」の記事における「統治機構」の解説

インドネシアの統治機構は、立法・行政・司法三権それぞれ別の国家機関属させる三権分立採っている。国民選挙によって選出される大統領国家元首とする共和制である。立法府は、国民議会定数560)及び地方代表議会定数132)と、この二院双方議員からなる国民協議会構成されるが、国民議会地方代表議会いずれの議員国民選挙によって選出されるまた、インドネシア行政区画34の州に分かれるが、州ごとに地方自治認め知事及び地方議会置かれている。 総人口約2億5000万人80%以上をイスラム教徒占め世界最大イスラム人口有する国家であるが、イスラム教国教としているわけではなく法制としても、イスラム法シャリーア)による統治を掲げていない多民族国家として、「多様性の中の統一インドネシア語版、英語版)」(Bhinneka Tunggal Ika)を国是としている。

※この「統治機構」の解説は、「インドネシアの法」の解説の一部です。
「統治機構」を含む「インドネシアの法」の記事については、「インドネシアの法」の概要を参照ください。


統治機構

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/27 06:55 UTC 版)

マッラ国」の記事における「統治機構」の解説

マッラ族を含めて9つ部族が国各地におり、その居住地に合うようにマッラ国9つ地方区分された。その区分において選ばれる代表による会議(संघ サンガ)によって、国政運営されていたと伝えられている。この会議の構成員は、自ら「王」(राजन् ラージャン)と名乗る習わしであった近年このような古代インド国家ガナ・サンガ国というようになっている

※この「統治機構」の解説は、「マッラ国」の解説の一部です。
「統治機構」を含む「マッラ国」の記事については、「マッラ国」の概要を参照ください。


統治機構

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/22 07:58 UTC 版)

銀河帝国 (スター・ウォーズ)」の記事における「統治機構」の解説

帝国政府 (Imperial Government) パルパティーンクローン大戦時に付与され非常時大権保持し続けたため、皇帝として絶対的な権力を持っていた。彼は居城インペリアル・パレス籠り命令下し腹心であるベイダー恐怖支配執行者として銀河中を巡り人々から恐れられる存在として君臨した帝国にはヤヴィンの戦い直前まで元老院存在した実質的な権力持っておらず、元老院解散後モフ総督)やその上位者であるグランド・モフが各惑星星系統治した帝国軍 (Imperial Military) インペリアル・ガード (Imperial Guard) シーヴ・パルパティーン皇帝親衛隊。赤い装甲服と赤衣着たストームトルーパーで、高い忠誠心能力認められた者の中から選抜される原則的に彼らはパルパティーン皇帝直属しており、ダース・ベイダーですら彼らへの指揮権を得るには皇帝からの特別な許可必要とする前身となったのは、共和国末期パルパティーン創設した警護レッド・ガードで、この頃から赤衣着用していた。元々最高議長の護衛元老院下部組織として青衣着たセネト・ガードが担当していたが、パルパティーン元老院警護兵を議長個人私設部隊レッド・ガードや、コルサント保安部隊として特殊訓練受けたクローン・トルーパー構成されたクローン・ショック・トルーパーへと段階的に入れ替え帝国成立時には彼の護衛完全にインペリアル・ガードが担当するようになった宇宙軍 (Imperial Navy) 銀河系秩序維持するために編成され帝国軍主力パルパティーンの「New Order新秩序)」に基き、ベイダー命令共和国軍から再編されモフ統率した。反帝国運動の弾圧他に海賊密輸業者取締り担当し帝国内の交易監督行っていた。 最盛期には25,000隻のスター・デストロイヤーを含む数百万隻の軍艦保有しパルパティーン恐怖支配実現した宇宙軍大型艦攻撃想定して設計されたため、同盟軍小型戦闘機による攻撃苦戦したパルパティーン死後各地モフ統率下にある艦隊私兵化して軍閥形成したため、宇宙軍は分裂した。 地上軍 (Imperial Army) AT-ATなどの兵器中心に編成され惑星駐屯しているが、パルパティーンを守るため首都コルサントにも大規模な師団駐屯している。兵力銀河中で作戦展開するため膨大な師団存在し宇宙軍とも連携して行動するストームトルーパー (Stormtrooper) 帝国軍歩兵部隊地上軍所属して治安維持任務に就いているが、宇宙軍揚陸部隊としても活動している。 帝国保安局 (Imperial Security Bureau) 保安問題担当する諜報機関で、秘密警察役割担っている帝国軍指揮系統からは独立しており、国民帝国軍内部監視摘発行っている帝国情報部 (Imperial Intelligence) 帝国軍所属する諜報機関で、パルパティーン帝国軍本部情報報告している。元々は宇宙軍情報部存在したが、宇宙軍情報部長官が反逆罪処刑された後、帝国情報部統合された別系統諜報機関である保安局とは対立関係にある。 黒い装甲服を着用したストームトルーパー部隊「デス・トルーパー」を組織している。

※この「統治機構」の解説は、「銀河帝国 (スター・ウォーズ)」の解説の一部です。
「統治機構」を含む「銀河帝国 (スター・ウォーズ)」の記事については、「銀河帝国 (スター・ウォーズ)」の概要を参照ください。


統治機構

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/01 09:22 UTC 版)

カバドゥグー (王国)」の記事における「統治機構」の解説

カバドゥグーの支配者政治軍事司法において最高権力を持つファアマであり、ファアマは自ら地方の長(ファアマ・ディン)を任命した

※この「統治機構」の解説は、「カバドゥグー (王国)」の解説の一部です。
「統治機構」を含む「カバドゥグー (王国)」の記事については、「カバドゥグー (王国)」の概要を参照ください。


統治機構

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 09:45 UTC 版)

グアンチェ族」の記事における「統治機構」の解説

グアンチェ族政治・社会構造について不明な点が多い。グラン・カナリア島などでは母系優位で世襲専制政治が行われており、その他の島では選挙により統治者決めていた。テネリフェ島では土地全て王のものであり、民にこれを貸し与えていることになっていた。グラン・カナリア島では自死名誉であり新しい王が就任するとき、臣民うちひとりが誇りを持って断崖絶壁からの自発的な身投げ行った一部の島では一妻多夫制とられたが、それ以外の地域一夫一婦制であった武装した男性女性辱めた場合死罪にされたという。犯罪行為告発した場合は必ずTagoror(集会広場)での会議持ち込むことになっており、告発された者は公開裁判討議後に判決言い渡された。 テネリフェ島9の小さな国(menceyato)に別れており、それぞれに統治者(Mencey)が存在した。Menceyは各国最高権力者で、定期的に他の国統治者達と討議行っていた。カスティーリャ勢力カナリア諸島進攻した際、島南部諸国比較豊かな北部土地与えられるとの条件で、カスティーリャ側についた。しかしカスティーリャ勢力はアグエーレの戦い英語版)と第二次アセンテホの戦い英語版)によって優位確定的なものとすると、この約定破棄した

※この「統治機構」の解説は、「グアンチェ族」の解説の一部です。
「統治機構」を含む「グアンチェ族」の記事については、「グアンチェ族」の概要を参照ください。


統治機構

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/10 06:05 UTC 版)

心理学的ユートピア」の記事における「統治機構」の解説

ウォールデン2は、「プランナーPlanner、別訳「企画委員」)」、「マネージャーManager、別訳「役員」)」、「ワーカーWorker、別訳「労働者」)」、「サイエンティストScientist、別訳「科学者」)」の4つ階級(またはグループ)の人々構成される。この階級一般的な社会階級のように固定されたものではなく流動的なものであるウォールデン2には、この共同体の「唯一の政府」である「プランナー評議会Board of Planners、別訳「企画委員会」)」が置かれている。ただしこの評議会が行使できる権力は、共同体世話役程度のものでしかないプランナー評議会は、この共同体がまだ計画段階だったときに着想された。プランナー評議会は6名(通常男女3名ずつ)のプランナー構成されるプランナー評議会メンバーは、共同体成功責任を負い政策策定しマネージャー(各労働領域責任者)たちが行った仕事評価し共同体全体としての状態に気を配る。また、いくつかの司法機能も担う。任期7年を超えることができないプランナー委員会欠員生じたときは、マネージャーたちから推薦された2名の候補から、評議会メンバーが1名を選び補充する。統治機構に関わるこうしたルールは、プランナー全員賛成およびマネージャー3分の2賛成があったときは、変更できるバリスたちがウォールデン2を訪れたときは、フレイジャーを含む6名がプランナー評議会メンバーだった。メンバー任期短く互いにずらされている。プランナー評議会による統治には、いかなる強制力用いられない個人崇拝依怙贔屓など、共通善反す腐敗行為起こ可能性は極端なまでに抑止されている。たとえばプランナー評議会に就任したメンバーは、就任公式に発表することさえしない。共同体成員ほとんどは誰がプランナーなのかさえ知ろうとしないそのため、またその結果として、プランナーたちは共同体他の成員変わらない質素な生活送っている。ウォールデン2の平等主義文化構造にあっては、富や地位これみよがしな顕示起こ余地はまったくない。 マネージャー各分野専門家で、ウォールデン2の各部門サービス責任者務める。ウォールデン2の成員は、様々な責任を負う中間管理者地位に就き必要な下積み積んだ上でマネージャーまで出世できる。マネージャーは、ウォールデン2の成員投票によって選ばれるわけではないマネージャー選出する方法詳細作品中示されていないが、ウォールデン2の「唯一の政府」であるプランナー評議会によって任命されると考えられるウォールデン2の一般メンバーは(公式には)「ワーカー」と呼ばれるワーカーは、退屈しないように、仕事の領域や場所を毎日変えることができる。1日労働時間平均4時間である。就くことができる仕事には、建設作業修繕清掃農作業といった共同体維持するための肉体労働含まれることが多い。報酬には「労働クレジット」を単位とするポイント制用いられる。ごみの処理な比較好まれない仕事をすると、より多くの労働クレジット」を稼ぐことができ、稼いだ労働クレジット」でより多くの自由時間を得ることができる。 サイエンティストは、工場家畜交配幼児行動監督いくつかの種類教育プロセス、および一部天然資源利用法に関する実験を行う。サイエンティストに関する説明最も少なく、その選抜、総人数固有の義務実験の方法についてはほとんど言及されていないが、ウォールデン2にとって最も有益な戦略策定するための社会実験行っている推測される

※この「統治機構」の解説は、「心理学的ユートピア」の解説の一部です。
「統治機構」を含む「心理学的ユートピア」の記事については、「心理学的ユートピア」の概要を参照ください。


統治機構

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/08 23:14 UTC 版)

マウリヤ朝」の記事における「統治機構」の解説

マウリヤ朝政府組織史料的制約によって全貌今なお知られていない。主にアショーカ王時代勅令などからは「会議」(パリシャド Pariad)などの政府組織や、「大官」(マハーマートラ Mahātra)などの官職などが復元されうる。 上級官僚地位世襲され身分集団となっていた。カウティリヤの『実利論』では、上級官僚高貴な家柄出身求めつつ、能力応じた役職につける必要性論じている。

※この「統治機構」の解説は、「マウリヤ朝」の解説の一部です。
「統治機構」を含む「マウリヤ朝」の記事については、「マウリヤ朝」の概要を参照ください。


統治機構

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/01 15:32 UTC 版)

光武帝」の記事における「統治機構」の解説

光武帝期における統治機構の整備としては次のようなものが挙げられる後漢前漢の統治機構を踏襲して郡国制採用したが、諸侯王列侯封邑前漢比してきわめて小さいものであった諸侯王封邑も1郡に過ぎず功臣封侯しても多くとも数県を与えるのみであった王莽廃した前漢諸侯王光武帝即位時に地位回復されたものも37年建武13年)には列侯に格下げされ、その後に光武帝期に諸侯王とされたのはかれの同族たる南陽舂陵の劉氏一族皇子たちのみであった中央政府には大司徒大司空大司馬三公政治最高責任者として設けた。もっとも、政治実務上は皇帝秘書たる尚書重用された。その他、官制軍制については役所統廃合し冗官削減実現し31年建武7年)には地方常備軍である材官・騎士などを廃止して労働力民間への転換を行うなどしている。混乱期将軍多くが解任され小規模な常備軍準備するに留め財政負担の軽減図っている。 また財政機関再編成として、前漢では帝室財政所管していた少府の管掌国家財政機関たる大司農移し帝室財政国家財政包含させたり前漢では大司農直属していた国家財政重要な機関である塩官・鉄官を在地郡県属させるなどした。

※この「統治機構」の解説は、「光武帝」の解説の一部です。
「統治機構」を含む「光武帝」の記事については、「光武帝」の概要を参照ください。


統治機構

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 04:31 UTC 版)

ナチス・ドイツ」の記事における「統治機構」の解説

国内政治機構ナチズム影響強く受けたヴァイマル共和政時代では内閣合議機関であったが、やがて形式だけのものとなり、権力を持つものは一部大臣のみとなったドイツ帝国以来官僚機構並立して党の機関権力一部となり、時には優位に立つこともあった。党の地方区分であった大管区公的なものとなり、大管区指導者地方の長として大きな権限ふるった。また親衛隊勢力拡大大きく国内治安権力を掌握した最有力組織一つとなった。またナチス時代初期の外交分野では、外務省のほか党の外交政策局、さらにリッベントロップ個人事務所(「リッベントロップ事務所」Büro Ribbentrop1936年以降はリッベントロップ機関」Dienststelle Ribbentrop)が並立し、それぞれ別個の外交活動を行うことさえあった。 またナチ党ヴァイマル共和政下の強い地方自治阻害要因でしかない考えており、ヒトラー内閣成立すると州の自治権次第奪われていった中央政府から国家代理官国家弁務官送り込まれ中央政府権限強化される一方で地方議会解散追い込まれ州政府形骸化した。またナチ党地方組織大管区実質的な地方区分となり、大管区指導者地方支配者となった

※この「統治機構」の解説は、「ナチス・ドイツ」の解説の一部です。
「統治機構」を含む「ナチス・ドイツ」の記事については、「ナチス・ドイツ」の概要を参照ください。


統治機構

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 15:59 UTC 版)

律令制」の記事における「統治機構」の解説

律令定める統治機構は、祭祀所管する神祇官と、政務一般統括する太政官二官大きく分けられていた。中国律令では、祭祀所管庁通常の官庁同列置かれていたが、日本律令は、神祇官置くことで祭祀政務明確に分離した太政官下には、実際の行政担当する八省置かれ、更に各省下に個々の事務分掌する職・寮・司・所などの諸官庁置かれた。この機構総称して二官八省という。 太政官は、国政意思決定を行う最も重要な機関であり、太政大臣左大臣右大臣大納言後に中納言参議加わる)による議政官組織とそれを実務面で補佐する少納言左右弁官局外記局から構成されていた。 議政官政務重要な案件を審議し最終的な裁可天皇が行うとされていた重要でない案件の場合は議政官審議のみとされた。このように議政官任務は非常に重要であり実質的に国政意思決定左右する組織であった天皇裁可もしくは議政官審議して決裁され案件は、弁官回付され、弁官太政官符作成して実行移された。弁官国政中枢の実務担っていたため、これも重要な官職見られていた。また、天皇案件を提起する場合は、天皇から中務省命じて詔書作成され中務省起案した詔書文案は、外記局点検を受けて天皇または弁官回付されており、外記局重要な部署認識されていた。決裁され政策実行するのが八省であり、左弁官右弁官四省ずつ担当していた。 以上に見る太政官組織形態は、唐律令のそれを大きく改変したものである。唐律令では、国政意思決定機構は、天子の命を受けて政策企画立案する中書省中書立案審議する門下省門下省同意した政策実行する尚書省から構成されていた。このうち中書省天子とのつながり強かったが、門下省貴族層の意思代表する機関であり、中書門下の力が拮抗していた。日本比較してみると、中書省中務省門下省議政官尚書省左右弁官およびその下の八省に当たる日本では太政官門下尚書の両省を兼ねて更に中書省である中務省指揮するなど強力な権限有しとりわけ門下省に当たる議政官、即ち貴族層の役割が非常に大きかったことが判る中央官制詳細日本の官制の項を参照地方統治は、中央に近い大和国山城国河内国和泉国摂津国の五国を畿内とし、その他を七つの道(どう)に区分した。これを五畿七道という。行政単位としては、国・郡・里(郷)の三層分けて、国には国司、郡には郡司、里には里長郷長)を置いたこのうち国司には中央から派遣されたが、郡司里長かつての在地首長である地域豪族層が終身官として任命され実質上自分の支配地域行政単位として認められていた。これについては、日本の律令制が、律令基づ国家による人民支配並行して在地首長による氏族制的な人民支配をも内包してたとする見解がある。 重要な地域には特別の機関置かれた首都である京域を管轄する左右京職首都の外交窓口である難波管轄する摂津職国家外交窓口である西海道管轄する大宰府である。 中央地方情報伝達迅速円滑に行うために駅伝制実施され、この駅伝制の下で、中央諸国を結ぶ道路網整備されていた。道路網は、幅員広く長い直線区間を持つ古代日本ハイウェイであり、現代までその痕跡残っている地方官制詳細古代日本の地方官制の項を参照古代日本の道路網の詳細は、日本の古代道路の項を参照以上の統治機構に属す官僚は、それぞれ官職位階与えられていた。官職とは官庁における役職で、押し並べて官庁内では役職が四階級、即ち長官(かみ)・次官(すけ)・判官(じょう)・主典(さかん)に区分されていた。これを四等官制という。また、位階とは官僚序列を表す等級である。律令において、全ての官職相当する位階定められており、これを官位相当制という。例えば、弁官局次官である左右中弁正五位上定められ正五位上の者の中から左右中弁選任されていたのである位階のうち五位以上の者には位田位封位禄位分資人使用人)が給与されるなど多くの特権与えられており、特別の身分階層形成していた。これを貴族という。 詳しくは官位位階の項を参照

※この「統治機構」の解説は、「律令制」の解説の一部です。
「統治機構」を含む「律令制」の記事については、「律令制」の概要を参照ください。


統治機構

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/19 18:56 UTC 版)

ザンジバル革命政府」の記事における「統治機構」の解説

ザンジバル革命政府の長は大統領タンザニアの大統領とは別の役職)で、ザンジバル革命政府管轄する5州の住民によって直接選挙により選出される任期5年。3選は禁止されている。閣僚大統領ザンジバル議会議員中から任命する現在の大統領タンザニア革命党 (CCM) のフセイン・ムウィニ(英語版)(第8代)。フセイン第2代タンザニア大統領第3ザンジバル大統領務めたアリ・ハッサン・ムウィニ息子であり、親子2代ザンジバル率いることになる。 大統領のもとに革命評議会置かれ大統領へ諮問機関として機能する革命評議会議長大統領兼任するが、その他の議員ザンジバル革命政府閣僚や、大統領任命する議員構成される立法府一院制議会で、定数81議席50議席小選挙区制基づ住民選出15議席選挙の結果考慮して割り振られる女性議員10議席大統領任命、5議席政府により任命された5州の知事着任し最後の1議席司法長官割り当てられている。議員任期5年ザンジバル革命政府成立以降ザンジバル政治はアフロ・シラジ党 (ASP) の一党独裁のもとに置かれてきたが、1977年タンガニーカ支配政党であるタンガニーカ・アフリカ民族同盟 (TANU) とASP合併しタンザニア革命党 (CCM) を樹立以後CCMタンザニア政府に加えザンジバル政治支配している。1992年からはCCM以外の政党設立許可されるようになったが、野党勢力弱くCCM政権依然として続いている比較有力な野党としては、ザンジバル支持基盤とする市民統一戦線CUF)が存在する

※この「統治機構」の解説は、「ザンジバル革命政府」の解説の一部です。
「統治機構」を含む「ザンジバル革命政府」の記事については、「ザンジバル革命政府」の概要を参照ください。


統治機構

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/22 20:31 UTC 版)

サウジアラビア法」の記事における「統治機構」の解説

サウジアラビアは、国王元首とする絶対君主制国家であり、その統治は、実質的に国王親政で、「司法行政立法三権は、国王の下で、相互に協力して執行されるとされている統治基本法44条)。 国王行政府の長である首相兼ね副首相下の閣僚任命する制定法立法権国王属するが、国王任命する150名の議員と1名の議長構成される諮問評議会法律制定改正などの実質的な検討をする機関として存在する法律制定通常のプロセスは、行政府担当閣僚等が法律案起草し諮問評議会審議に付され、諮問評議会異議なければ国王承認得た上で法律として公布されるというものである。ただし、上記のとおり、制定法設けることができる範囲は、イスラム法シャリーア)との関係で相当に制約されている。

※この「統治機構」の解説は、「サウジアラビア法」の解説の一部です。
「統治機構」を含む「サウジアラビア法」の記事については、「サウジアラビア法」の概要を参照ください。


統治機構

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/10/23 19:35 UTC 版)

ヴァッジ国」の記事における「統治機構」の解説

ヴァッジ国王は、「ヴァッジ・サンガ」と呼ばれた代表議会議長であった考えられている。「ヴァッジ・サンガ」は、各地方からの代表者から成り国政取り仕切っていたもの考えられている。近年このような古代インド国家ガナ・サンガ国というようになっている

※この「統治機構」の解説は、「ヴァッジ国」の解説の一部です。
「統治機構」を含む「ヴァッジ国」の記事については、「ヴァッジ国」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「統治機構」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「統治機構」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「統治機構」の関連用語

統治機構のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



統治機構のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの統治機構 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのサータヴァーハナ朝 (改訂履歴)、インドネシアの法 (改訂履歴)、マッラ国 (改訂履歴)、銀河帝国 (スター・ウォーズ) (改訂履歴)、カバドゥグー (王国) (改訂履歴)、グアンチェ族 (改訂履歴)、心理学的ユートピア (改訂履歴)、マウリヤ朝 (改訂履歴)、光武帝 (改訂履歴)、ナチス・ドイツ (改訂履歴)、律令制 (改訂履歴)、ザンジバル革命政府 (改訂履歴)、サウジアラビア法 (改訂履歴)、ヴァッジ国 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS