書記とは?

しょ き [0][1]書記

スル
書きしるすこと。記録すること。また、その役。 一月に何百何斤を製し出す迄細かに-し/新聞雑誌 13
労働組合政党などで、書記局構成員


書記

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/06/27 22:56 UTC 版)

書記(しょき)とは、本来は記録などを残すために文字を書き記す職業またはその職務にあたる者をさす。古来は右筆(ゆうひつ)と言われた。団体の幹部職の名前に転用されている。


  1. ^ a b c d 瀧澤中 『悪魔の政治力』 経済界新書、2012年、102-103頁。


「書記」の続きの解説一覧



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「書記」の関連用語

書記のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



書記のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの書記 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS