後漢とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 政治 > 国家 > 王朝 > 後漢の意味・解説 

こう‐かん【後漢】

読み方:こうかん

中国五代一国947年後晋劉知遠(りゅうちえん)(高祖)が建国。都は汴京(べんけい)(開封)。950年後周滅ぼされた。ごかん。


ご‐かん【後漢】

読み方:ごかん

[一]中国古代王朝25年前漢景帝6世の孫、劉秀(りゅうしゅう)(光武帝)が新を滅ぼして、漢を再興。都は洛陽(らくよう)。220年献帝のとき魏(ぎ)に滅ぼされた。東漢

[二]こうかん(後漢)


後漢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/25 01:48 UTC 版)

後漢(ごかん、中国語: 東漢拼音: Dōnghàn25年 - 220年)は、中国の古代王朝[1]王朝の皇族劉秀(光武帝)が、王莽に滅ぼされたを再興して立てた。都は洛陽(当時は雒陽と称した。ただし後漢最末期には長安許昌へと遷都)。五代後漢(こうかん)と区別するため、中国では東漢と言う(この場合、長安に都した前漢を西漢という)。


  1. ^ 後漢(ごかん)の意味”. goo国語辞書. 2019年12月9日閲覧。
  2. ^ 柿沼陽平「後漢貨幣経済の展開とその特質」(初出:『史滴』第31期(早稲田大学、2009年12月)/所収:柿沼『中国古代貨幣経済の持続と展開』(汲古書院、2018年)) 2018年、P33.
  3. ^ 柿沼陽平「後漢貨幣経済の展開とその特質」(初出:『史滴』第31期(早稲田大学、2009年12月)/所収:柿沼『中国古代貨幣経済の持続と展開』(汲古書院、2018年)) 2018年、P42-50.
  4. ^ 柿沼陽平「後漢時代における金銭至上主義の台頭」『中国古代貨幣経済の持続と展開』(汲古書院、2018年)P63-101.
  5. ^ 大秦はローマ帝国のことで、安敦はマルクス・アウレリウス・アントニヌスもしくは先代皇帝であるアントニヌス・ピウスに比定される。しかしローマ側の記録には使者を派遣したということが載っていないので、この使者と言うのは単なる交易商人に過ぎず、ローマ皇帝の名を名乗っただけではないかと考えられる。



後漢(伝来)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/13 11:57 UTC 版)

中国の仏教」の記事における「後漢(伝来)」の解説

仏教のシルクロード伝播」も参照 中国地域への仏教の伝来は、1世紀頃と推定される伝来に関する説話幾つかあるが、最も有名なのは、後漢の永平10年67年)の明帝洛陽白馬寺纏わる求法説話である。また『後漢書』には、楚王英伝に仏教信仰に関する記録がある。 また、1990年代以降古代中国仏教伝来した時代遺物意匠中から仏像と見られるものが発見されるなど、考古学的な面からもこの時代仏像伝来していたことが立証されている。恐らく、シルクロード往来する商人仏像持ち込み、それから民衆間に徐々に仏教浸透していったものと推定されるまた、後漢末期の武将として小説『三国志演義』にも登場する笮融が、揚州大寺建立した事で知られている桓帝時期インド西域仏教者が漢土到来し洛陽中心に仏典翻訳従事したなかでも安世高・安玄・支婁迦讖(支讖)・竺仏朔(竺朔仏)・支曜・康巨・康孟詳・竺大力らが経典訳出携わった。また初めての漢人出家者として厳仏調が現れ、安玄の訳経助けたこの時代仏教書としては『牟子理惑論』や『四十二章経』など、幾つか挙げられるが、いずれも後世書かれた物であるとの疑いが強い。明帝求法説話摂摩騰の『四十二章経』等の翻訳架空の創作とすると、中国初め仏教経典翻訳したのは、安息国パルティア出身安世高となる。安世高は『安般守意経』『陰持入経』等の部派仏教禅観に関する経典アビダルマ論書である『阿毘曇五法行経』を訳した。 また『出三蔵記集』巻七、「道行後記によれば霊帝時期に竺仏朔・支婁迦讖らが大乗経典の『道行般若経』を訳出したという。また『般舟三昧経』が光和2年179年)の10月8日に胡本か漢訳された(『道行般若経』は同年10月18日)。なかでも、『般舟三昧経』が説く般舟三昧禅観法として受容され、東晋時代白蓮社結成される至ったインド西域など幅広い地域から部派仏教大乗仏教双方仏典時を同じくして相次いで訳された。

※この「後漢(伝来)」の解説は、「中国の仏教」の解説の一部です。
「後漢(伝来)」を含む「中国の仏教」の記事については、「中国の仏教」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「後漢」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「後漢」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



後漢と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「後漢」の関連用語

後漢のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



後漢のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの後漢 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの中国の仏教 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS