天球儀とは?

てん きゅうぎ -きう- [3] 【天球儀】

球体表面に、天球投影された星座赤道黄道などを記入し、天の南北両極を軸に回転できるようにしたもの天体位置を知るのに使う。

天球儀〈(渾天新図)/(銅製)〉

主名称: 天球儀〈(渾天新図)/(銅製)〉
指定番号 31
枝番 0
指定年月日 1986.06.06(昭和61.06.06)
国宝重文区分 重要文化財
部門種別 歴史資料
ト書 台座寛文十三年安井算哲作製刻銘
員数 1基
時代区分 江戸
年代 寛文13年
検索年代
解説文: 天球儀は、天に散りばめられた星々黄道赤道などの位置球面上に表わした器具である。
 この天球儀は肥後熊本藩細川家伝来したもので、江戸時代初期天文学者安井算哲やすいさんてつ】(渋川春海一六三七-一七一五)が考究し、工人津田正に寛文十三年一六七三)に作製させ、「渾天新図【こんてんしんず】」と称した。
 全体銅製であるが、鋳銅台に大小の龍形支柱立てて大き支柱胴部には地平環の〓を差しこみ、小さ支柱口部には地平環の他の一方を噛ませている。天球南北中心軸に支えられて回転し、星座の状態の変化がわかるようになっており、それら全体を板台の上に置いている。
 地平環の表面には方位を示す干支を銀平象嵌で表わし、天球には二十八宿の線や常現圏などを陰刻している。二十八宿北斗などの星の位置には金銅鋲を打ち、その傍らにその名を金平象嵌示しそのほか星座星座名は銀鋲、銀平象嵌表わす黄道帯状線刻して七十三孔をあけ、立春夏至等の二十四節気の各文字象嵌し、赤道の方は銅製帯をはめて示し三百六十五と四分の一区分している。また、南極近くには、銀平象嵌で「渾天新図」「南極三十六度常隠而不見の文字がある。
 板台の表面には、中国日本における天文器具歴史を概述し、「渾天新図」を考究するに至った旨の算哲の識語陰刻されている。裏面には寛文十三年癸丑春日作製記の刻銘があり、算哲が考案した「渾天新図」をもとに津田友正がこの天球儀を作製したことが判明する。
 この天球儀は、算哲の初期学問研究の跡を伝え近世科学史上に価値が高い。

天球儀

主名称: 天球儀
指定番号 54
枝番 1
指定年月日 1990.06.29(平成2.06.29)
国宝重文区分 重要文化財
部門種別 歴史資料
ト書 元禄十年渋川春海作図
員数 1基
時代区分 江戸
年代 元録10年
検索年代
解説文: 両球儀は江戸時代天文暦学者渋川春海一六三七―一七一五)が作製し、高弟神道学者儒学者谷秦山たにじんざん】(一六六三―一七一八)の家に伝来した。
 天球儀は紙張子製の天球木製台座支える。天球面に赤道黄道、常現圏(上規)、常陰圏(下規)、二十八宿距星を通る赤経線(距線)、星、星座銀河図示し、星・星座名や二十四節気名を記す。
 星は赤・黄・黒・青の四色の小円点で表示し、星座は薄い墨線を引き、星座名を墨書しており合計三六一座七七三星記入されている。四色の星のうち赤・黄・黒が中国甘徳かんとく】・石申【せきしん】・巫咸【ふかん】三家設け星座で、春海創始し、『天文瓊統てんもんけいとう】』で発表した星座六一座三〇八星は青で加えている。
 南極付近の常陰圏には元禄十年一六九七)に春海が図を書いたことが記されており、本天球儀は春海の独自に観測研究した成果反映したものとして貴重である。
 地球儀紙張子製の球を木製台座支える。球面には金色経線緯線を引き、赤道赤と黒塗り分けた縞【しま】の線である。海は水色で、島や大陸等の陸地輪郭領土界は薄い赤線で描き、その中を種々の色で区分する。
 大陸名はヨーロッパ・アジア・リビア(アフリカ)・南北アメリカ大陸の他、オーストラリア発見以前南極を含む未知大陸として考えられていた「墨瓦泥加」(メガラニカ)が描かれている
 この他、利瑪竇りまとう】(マテオ・リッチ)の「坤輿万国全図こんよばんこくぜんず】」から抜粋した多く地名地理学的、地誌記述がある。
 別に伝わる旧台座円形板に元禄八年の製作を示す刻銘があり、本地球儀は日本製地球儀初期段階のものと考えられる
 以上の天球儀と地球儀は製作時期明らかにし、春海学問研究の跡を伝え揃い伝来したものとして、わが国天文学地理学史研究の上で貴重である。
重要文化財のほかの用語一覧
歴史資料:  鉄道古文書  天海版木活字  天球儀  天球儀  天草四郎時貞関係資料  天体望遠鏡  天之図

天球儀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/02/03 08:11 UTC 版)

天球儀(てんきゅうぎ、Armillary sphere)、またはアーミラリ天球儀、または渾天儀とは、天球を象った模型である。




「天球儀」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「天球儀」の関連用語

天球儀のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



天球儀のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
文化庁文化庁
Copyright (c) 1997-2019 The Agency for Cultural Affairs, All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの天球儀 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS