作製とは? わかりやすく解説

さく‐せい【作製】

読み方:さくせい

[名](スル)物品作ることまた、図面などを作ること。「設計図を―する」


作製

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/27 00:54 UTC 版)

World 1-1」の記事における「作製」の解説

World 1-1開始時に、マリオ操作するプレイヤーは、ゆっくりと接近するクリボー遭遇する。1UP.com(英語版)によると、この最初の敵はジャンプすることで簡単に回避できるが、不慣れなうちは避けきれずにマリオ死んでしまう可能性があるゲームの進行がほとんど失われないので、プレイヤー失敗から学び再試行することができる。このクリボー先にブロック配置されており、そのうちのいくつか金色になっている金色ブロック1つ下から叩くとコイン飛び出す宮本によると、コイン出てくるのを見ると「プレイヤー幸せにする」ので同じ操作繰り返したくなるという。それによって2番目の金色ブロックを叩くとパワーアップアイテムのキノコ出てくる。プレイヤークリボーとの遭遇キノコの形をした存在避けるべき存在であることを学習し、おそらくプレイヤーパワーアップしたキノコ避けようとするが、頭上に並んでいるブロックぶつかって回避失敗するキノコに触れるマリオサイズ強さ増し、もう1つ前向きな補強になる。 このエリア後には、飛び越えなければならない一連の4つ垂直な障害物(土管)がある。土管の高さはそれぞれ異なっており、ジャンプボタン長く押し続けるほどジャンプ高くなることをプレイヤー微妙に教える。さまざまなサイズ落とし穴遭遇すると、プレイヤー大きくジャンプして落とし穴越えるためにボタン使用して走る方法を見つけることがある。さらに宮本一部落とし穴に床を設置することで、マリオ死なせプレイヤーステージ全体再プレイさせる代わりに簡単に飛び出すことができるようにした。 World 1-1には、ボーナスステージにつながるワープ土管や、1UPを含む隠しブロックなど、プレイヤー再挑戦することで発見できるいくつかの秘密含まれている。ワープ土管プレイヤーステージ大部分スキップすることを可能とするため、経験豊富なプレイヤーは、ゲーム繰り返しリプレイする際より速く進むことができる。

※この「作製」の解説は、「World 1-1」の解説の一部です。
「作製」を含む「World 1-1」の記事については、「World 1-1」の概要を参照ください。


作製

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/24 16:23 UTC 版)

ぼくらのショウタイム」の記事における「作製」の解説

本節では本作きっかけである情報番組デルサタ』とA.B.C-Zコラボについて述べる。 『デルサタ』にはメンバー塚田僚一橋本良亮がデルサタファミリーとして出演していた。 コラボ第1弾2017年8月A.B.C-Zコンサートツアー5Stars 5Years Tour 55名古屋公演濱口優サプライズゲストとしてステージ登場。"6人目"のメンバーとしてパフォーマンスを披露したA.B.C-Zデビュー曲Za ABC〜5stars〜』を濱口アクロバット盛り込んだ6人のフォーメーション披露し、その練習本番模様2017年9月24日23日深夜土曜1:32 - 2:03メ~テレ開局55周年記念番組よゐこ濱口×A.B.C-Z 夢の一夜に完全密着』として放送された。 コラボ第2弾2017年12月濱口A.B.C-Zの5人を連れて自身の故郷大阪神戸案内するドライブ企画実施した。その模様2017年12月23日の『デルサタ』で放送された。 コラボ第3弾2018年6月A.B.C-ZコンサートツアーLove Battle Tour名古屋公演客席からステージ上のA.B.C-Z向けて人文字横断幕結成10周年お祝いメッセージを贈るドッキリ企画が行われた。濱口裏方徹しコンサート会場でも濱口がいるとはメンバー知らせず敢行された。 コラボ第4弾2019年4月放送された本スペシャルドラマぼくらのショウタイム』である。 本作の舞台挨拶で「次やるなら何がやりたいですか?」という質問に、橋本が「リアルに学園ものをやりたい!」とコメントすると、監督が「定時制のね」とツッコミをいれたが、これがコラボ第5弾2021年4月から放送連続ドラマワンモア』のきっかけとなった

※この「作製」の解説は、「ぼくらのショウタイム」の解説の一部です。
「作製」を含む「ぼくらのショウタイム」の記事については、「ぼくらのショウタイム」の概要を参照ください。


作製

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/18 21:32 UTC 版)

組換えDNA」の記事における「作製」の解説

詳細は「分子クローニング英語版)」を参照 分子クローニングは、組換えDNAの作製のために用いられる実験室手法である。ポリメラーゼ連鎖反応PCR)ともに、特定のDNA配列複製するために最も広く用いられている実験手法1つである。分子クローニングPCRには、2つ基本的な差異存在する1つは、分子クローニング生細胞内でDNAの複製を行うのに対しPCR試験管内で行うという点である。もう1つは、分子クローニングDNA配列切り貼りを伴うのに対しPCR既存配列コピーのみで増幅を行うという点である。 組換えDNA形成には、生細胞内で複製を行うDNA分子であるクローニングベクター必要とするベクター一般的にプラスミドウイルス由来し複製必要な遺伝的シグナルを含む比較小さなDNA断片存在するその他に外来DNA挿入や、細胞組換えDNA含んでいるかどうか同定外来DNA発現を行う際に便利なエレメントなどが含まれている場合がある分子クローニングの際のベクター選択は、宿主生物選択クローニングするDNAサイズ外来DNA発現を行うかどうかどのように行うかに依存するDNA断片結合は、制限酵素リガーゼによるクローニングギブソン・アセンブリなど、さまざまな手法行われる標準的なクローニングプロトコルでは、DNA断片クローニング次の7つ段階行われる宿主生物クローニングベクター選択 ベクターDNA調製 クローニングするDNA調製 組換えDNAの作製 組換えDNA宿主生物への導入 組換えDNAを含む個体選択 目的DNA挿入生物学的性質有するクローンスクリーニング

※この「作製」の解説は、「組換えDNA」の解説の一部です。
「作製」を含む「組換えDNA」の記事については、「組換えDNA」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「作製」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

作製

出典:『Wiktionary』 (2021/10/03 09:39 UTC 版)

名詞

さくせい

  1. 道具機械などを用い物品作ること。また、芸術作品作り出すこと。

動詞

関連語


「作製」の例文・使い方・用例・文例




品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「作製」の関連用語

作製のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



作製のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのWorld 1-1 (改訂履歴)、ぼくらのショウタイム (改訂履歴)、組換えDNA (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの作製 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS