工作とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 工作 > 工作の意味・解説 

こう‐さく【工作】

読み方:こうさく

[名](スル)

簡単な器物作ることまた、それを学ぶ学科。「図画―」

土木・建築製造などの工事作業

ある目的を達するために、前もって他に働きかけたり、計画めぐらしたりして下準備すること。「陰にまわって―する」「和平―」


工作

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/13 03:07 UTC 版)

工作(こうさく)




「工作」の続きの解説一覧

工作

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 19:29 UTC 版)

ファーリー・ファンダム」の記事における「工作」の解説

技能を持つファンぬいぐるみや、ファースーツ呼ばれる着ぐるみ作ることがある。こうした着ぐるみパレードコンベンション内で着られるファースーツにはシンプルな構造スポーツチームマスコットキャラクター真似たものから、顎を動かせるギミックオーディオアニマトロニクス特殊メイクなどを実装した洗練されたものまでさまざまなものがあるファースーツ価格には開きがあり、500ドル程度安価なものからアニマトロニクス組み込んだ10000ドル以上のものまである80パーセント以上のファーリー全身を覆うタイプファースーツを持っておらず、購入費用の高さがその理由のひとつとして挙げられがちである大多数ファーリー着ぐるみや、着ぐるみイベント好意的印象を持っている。一部ファーリー・ファンは耳だけ、手だけ、尻尾だけといった一部分だけのファースーツを持っている。 ファーリー・ファンなかには操り人形興味持ち、『Rapid T. Rabbit and Friends英語版)』や『Funday PawPet Show英語版)』のような人形劇の上映やビデオ撮影を行うものもいるほか、獣耳尻尾といった装身具作成するものもいる。

※この「工作」の解説は、「ファーリー・ファンダム」の解説の一部です。
「工作」を含む「ファーリー・ファンダム」の記事については、「ファーリー・ファンダム」の概要を参照ください。


工作

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/21 06:11 UTC 版)

図画工作」の記事における「工作」の解説

意図用途ある程度明確で、生活を楽しくしたり伝えたりするものなどを表すこと。 生活に役立つもの(本立て入れ物など)や、仕組み使って動かすもの(クランク使った動くおもちゃなど)など、目的用途あるものを指す。 ポスターアニメーションもこれに含まれるビー玉転がしゲーム(工作) 車輪使ったおもちゃ(工作)

※この「工作」の解説は、「図画工作」の解説の一部です。
「工作」を含む「図画工作」の記事については、「図画工作」の概要を参照ください。


工作

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/23 00:25 UTC 版)

長岡鉄男」の記事における「工作」の解説

長岡設計発表したスピーカー前述のとおり数百機種と非常に数が多く初心者向け簡単な物から、メーカースピーカーローコスト版を狙った物、使用場面想定したユニークなオリジナル型、自身のリファレンス用から実験目的の物まで様々な物があり、動作原理設計理論確立していないダブルバスレフやバックロードホーンなどでは、工作を重ねて計算式まで自作していた。工作についてはあくまでも自作」することを前提にしてはいたが、その難易度もまた当然ながら様々で、特に人気のあったバックロードホーン型スピーカー構造複雑で製作の難易度高かったそういった工作精度板材塗装内部配線ネットワーク部品といった変化要因で、完成した自作スピーカーの音が品質管理されたメーカースピーカーのように一様でないのは自作スピーカー宿命であり、長岡設計スピーカー自作してみたものの希望通りの音が出なかったという声も『Stereo』誌の質問コーナーには寄せられた。しかしその一方で、長岡驚嘆させる個体作り上げる者も現れた長岡は、自作スピーカーに対する読者評判落差を「どうしようもない。これが趣味世界である」として読者感性違い含めて認めていた。 ちなみに、『Stereo』誌で定期的に掲載されたスピーカー工作特集において他の評論家まな板人工大理石寄木作り、などといったあまり一般的ではない手法材料スピーカー制作したに対し長岡は「誰にも作れないようなものを発表して仕方が無い」として合板による自作可能なスピーカー工作に徹した

※この「工作」の解説は、「長岡鉄男」の解説の一部です。
「工作」を含む「長岡鉄男」の記事については、「長岡鉄男」の概要を参照ください。


工作

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/23 01:54 UTC 版)

自由研究」の記事における「工作」の解説

工作もテーマ必要性身近なところにある。ペットボトルなどをリサイクルしたり、日常生活ちょっとしたこと役に立つもの、伝統的科学性の高いおもちゃなどを作るよい機会である。

※この「工作」の解説は、「自由研究」の解説の一部です。
「工作」を含む「自由研究」の記事については、「自由研究」の概要を参照ください。


工作

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 04:03 UTC 版)

ラーザリ・カガノーヴィチ」の記事における「工作」の解説

1928年、カガノーヴイチ指導部に対する数多く抵抗のため、スターリンカガノーヴィチウクライナからモスクワ転任させ、党中央委員会書記役職戻した1939年まで)。スターリンこそが国家の唯一の指導者となるという期待のもと、彼は書記として、いわゆる共産党内の左翼反対派および右翼反対派に対するスターリン闘争支援した1933年から1934年まで、彼は共産党党員粛正委員会議長(Tsentral'naja komissija po proverke partijnykh ryadov)を務めながら、個人的には共産党追放されスターリン敵対者とは誰も連絡をとれないようにした。1934年第17回党大会において、カガノーヴィチ集計委員会議長となった彼は中央委員会役員選挙において、スターリン立候補反対する290個の票を取り除き改竄した彼の行為により、セルゲイ・キーロフ代わりにスターリン書記長として再選させた。規約では、反対票がより少な候補者書記長となる。カガノーヴィチ改竄する前のスターリン反対票292対してキーロフはわずか3票であったしかしながら、「公式」の結果では(カガノーヴィチ妨害により)、スターリンへの反対票は2票だけであった

※この「工作」の解説は、「ラーザリ・カガノーヴィチ」の解説の一部です。
「工作」を含む「ラーザリ・カガノーヴィチ」の記事については、「ラーザリ・カガノーヴィチ」の概要を参照ください。


工作

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/15 21:52 UTC 版)

情報調査局」の記事における「工作」の解説

大使館要員を通じて工作を行ったほか、協力的な知識人著作広める事でプロパガンダ行った。特にジョージ・オーウェルの「1984」「動物農場」は価値のある本とされた。情報調査局海外での著作権を買い、海外出版社無償出版権与える事で大量に広め事に成功したジョージ・オーウェル協力者にすべきでない人間リスト作成して情報調査局友人に渡しており、このリストは「オーウェル・リスト」と呼ばれている。このリストにはチャーリー・チャップリンJ・B・プリーストリー等が含まれている。 BBCワールドサービス情報流していたほか、東側数々の行い内外労働組合政党暴露したその際情報調査局労働党国際部をうまく利用した。彼らは内外労働団体接触できたからである内外から集めた共産主義者情報渡して労働党パージにも加担したという。

※この「工作」の解説は、「情報調査局」の解説の一部です。
「工作」を含む「情報調査局」の記事については、「情報調査局」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「工作」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

工作

出典:『Wiktionary』 (2021/08/12 11:16 UTC 版)

名詞

こうさく

  1. 切ったり接着したり組み立てたりして比較簡単ものを作ること。また小学校科目ある図画工作の一部
  2. 物を製造すること。
  3. 土木建築における工事
  4. ある目的のために働きかけること。

発音(?)

こ↗ーさく

関連語

翻訳

動詞

活用

サ行変格活用
工作-する

翻訳


「工作」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



工作と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「工作」の関連用語

工作のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



工作のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの工作 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのファーリー・ファンダム (改訂履歴)、図画工作 (改訂履歴)、長岡鉄男 (改訂履歴)、自由研究 (改訂履歴)、ラーザリ・カガノーヴィチ (改訂履歴)、情報調査局 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの工作 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS