東側とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 言葉 > > 東側の意味・解説 

ひがし‐がわ〔‐がは〕【東側】

読み方:ひがしがわ

東に面した側。また、ある地点より東の方。⇔西側

米国西欧などの資本主義諸国に対してソ連および東欧旧社会主諸国をいった語。⇔西側

「東側」に似た言葉

東側

名字 読み方
東側ひがしがわ
名字辞典では、珍しい名字を中心に扱っているため、一般的な名字の読み方とは異なる場合がございます。

東側

読み方
東側ひがしがわ

東側

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/07 05:28 UTC 版)

東側(ひがしがわ)




「東側」の続きの解説一覧

東側(生田川~天王谷)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/02 14:53 UTC 版)

山麓バイパス」の記事における「東側(生田川天王谷)」の解説

生田川ICら天王谷IC区間片側2車線で、東行きが「布引トンネル」・西行きが「第二布引トンネル」というそれぞれのトンネルがほとんどを占めている。このうち東行き新神戸駅前の新神戸オリエンタルシティ一体化した三宮出口」とその少し先の生田川沿いにある「生田川出口」でトンネル終了し一般道接続するに対し西行き国道2号入り口からしばらく阪神高速32号新神戸トンネル路線共有し新神戸トンネル入ってすぐのトンネル内の布引JCT布引公園直下)で第2布引トンネル分岐する。 もともとは布引トンネル1本片側1車線対面通行行なっていたが、1992年第2布引トンネル新たに建設従来布引トンネル東行に、第2布引トンネル西行きにすることで片側2車線になった

※この「東側(生田川~天王谷)」の解説は、「山麓バイパス」の解説の一部です。
「東側(生田川~天王谷)」を含む「山麓バイパス」の記事については、「山麓バイパス」の概要を参照ください。


東側(桜通口・広小路口)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/03 01:02 UTC 版)

名古屋駅」の記事における「東側(桜通口・広小路口)」の解説

旧来から名古屋玄関口で、バス地下鉄近鉄名鉄JR間の乗り換え客などで人通り多く商業施設も多い。 主な大型商業施設は、JRセントラルタワーズ内のジェイアール名古屋タカシマヤ筆頭に近鉄パッセ名鉄百貨店本店ヤマダデンキLABI名古屋・ミッドランドスクエア名鉄レジャックなどがある。また市バスターミナルの他、市内最大のバスターミナル名鉄バスセンター」もある。地下にはサンロードやメイチカ・ゲートウォーク地下街・ユニモール・ミヤコ地下街広大な地下街広がる

※この「東側(桜通口・広小路口)」の解説は、「名古屋駅」の解説の一部です。
「東側(桜通口・広小路口)」を含む「名古屋駅」の記事については、「名古屋駅」の概要を参照ください。


東側(港南口)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 07:49 UTC 版)

品川駅」の記事における「東側(港南口)」の解説

東口外観港南2016年6月品川ツインズ(奥アネックス従来駅東側昭和初期からの埋立地として工場倉庫などが広がる地帯西側に比べ発展が遅れ、橋上駅舎化するまでは地方単線駅と見まごうような駅出入口あるだけだった。各線ホーム東口との間に長大な操車場横たわるため、構内ら出るには下を抜け長い地下通路経由する必要があった。その頃駅周辺名立たる企業はファッションアパレルメーカーのJUN本社東洋水産本社コクヨ東京オフィス中日新聞東京本社東京新聞東京中日スポーツ編集・発行所、2006年移転程度で、少し先に荒涼とした空き地広がっていた。 1990年代から貨物ターミナル新幹線車両基地旧東京第一車両所1992年移転)の跡地再開発され1994年品川インターシティ、さらに2001年 - 2002年頃より再開発によるタワーマンション高層ビル建設始まり2004年3月には港南地区におけるタワーマンション先駆けである品川Vタワーを含む品川グランドコモンズオープン以降タワーマンション開発進んで人口増加した。こうして2000年代後半には大規模なオフィス街およびマンション街へと変貌遂げたこれらの再開発事業バブル景気以降の不景気に起因する負債圧縮のため企業数多く所有していた工場倉庫などの敷地不動産業者売却処分したためとされる京急羽田空港乗り換えなしでアクセスできることや、さらに東海道新幹線の駅が開業し中京圏近畿圏とのアクセス向上したこともあって、企業の本社などの集積進んでいる。 朝ラッシュ時は駅通路歩道港南方面企業へと出社する大勢会社員混雑するため、港南口へ向か利用客連絡通路中央部を、港南口からJR線京急線へと進む利用客通路両端部を進むよう推奨されている。 また、東京湾アクアライン経由する千葉県方面高速バスのうち品川駅 - 袖ケ浦バスターミナル - 木更津駅東口線、品川駅 - 袖ケ浦バスターミナル - 袖ケ浦駅 - 長浦駅北口線が発着しており木更津市袖ケ浦市といった房総半島西部へ玄関口ともなっている。これらの路線定期券導入深夜バス運行などにより、東京地区への通勤路線一端を担っている

※この「東側(港南口)」の解説は、「品川駅」の解説の一部です。
「東側(港南口)」を含む「品川駅」の記事については、「品川駅」の概要を参照ください。


東側(大室・吉祥院方面)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 00:02 UTC 版)

柏たなか駅」の記事における「東側(大室吉祥院方面)」の解説

東急ビレジ 柏警察署 花野井交番 柏市立柏病院 - バス市立病院入口下車平日日中構内に入る。 柏市立田中中学校 柏田郵便局 JAいちかわ 田中支店 ヨークマート 花野井サンドラッグ 花野井セレクション 花野井業務スーパー 花野井オリンピック 柏花野井ヤックスドラッグ 柏たなかセキ薬品 花野井ドラッグセイムス 柏花野井FRONTIER INN 柏たなか三協フロンテア運営するカプセルホテル吉祥院真言宗豊山派) - 牡丹樹齢500年を超える巨木が有名。 柏たなか駅公園(セナリオハウスパーク柏たなか柏たなか緑地公園 ビレジ近隣公園東京実業健保体育センター みらい農場

※この「東側(大室・吉祥院方面)」の解説は、「柏たなか駅」の解説の一部です。
「東側(大室・吉祥院方面)」を含む「柏たなか駅」の記事については、「柏たなか駅」の概要を参照ください。


東側(市道 北四番丁岩切線区間)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/08 00:12 UTC 版)

北四番丁通り」の記事における「東側(市道 北四番丁岩切線区間)」の解説

それまで北四番丁東端は、宮町以東迷路になっていたため、より北側を通る北六番丁宮町以東梅田川渡って利府街道へと繋がっていた。その後都市計画道路北四番丁岩切線建設により、北六番丁替わって北四番丁利府街道への主要接続路となった全線開通した当初は仙台市営バス東仙台営業所線」(現在の110系統115系統)が北六番丁経由から北四番丁経由変更された(宮町 - 中江西行き一方通行時代も、堤通雨宮町代わりに勝山公園附属小学校前を経由していた時期があった)。北六番丁花京院間の上杉錦町地区は、中央循環廃止により市役所一番町方面向かバス路線皆無となり、その代替措置として同路線経路変更検討され比較他路線との重複が多い同路線選定され道路完成と同時に経路変更実行された。これにより二の森地区光が丘地区北六番丁経由消滅したものの、それ以外の地域では北六番丁東仙台地区原町経由県庁市役所経由北四番丁経由選択行えるようになり、特別大きな混乱見られなかった。しかし、朝夕登下校時間帯中心に混雑激化した北六番丁経由に対しバス停間隔広く上杉福沢町区間での利用客少な北四番丁経由終日利用客まばらな態であった。この為拡幅後僅か数年で再び北六番丁経由に再経路変更され、北四番丁経由勝山公園前停~福沢町停)は廃止された。なお、仙台市営バス東仙台営業所回送便や、石巻方面との高速バスは現在でも北四番丁通過している。 道路拡幅時に新設されセットバック勝山公園前・上五丁目)は、県庁市役所前発着路線バス宮城交通高速バス)及び仙台市営バス回送便の待機スペースとして使用されている。(県庁市役所前付近にバス駐車場が無い為、同停留所起点とするバスこのように一般道路路肩にて待機することが多い) 廃止前のバス停留所 二日町北四番丁無印) - 勝山公園前 - 上五丁目 - 宮町四丁目 - 福沢町

※この「東側(市道 北四番丁岩切線区間)」の解説は、「北四番丁通り」の解説の一部です。
「東側(市道 北四番丁岩切線区間)」を含む「北四番丁通り」の記事については、「北四番丁通り」の概要を参照ください。


東側(駅裏側)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 17:58 UTC 版)

南延岡駅」の記事における「東側(駅裏側)」の解説

駅裏側へ行くには、駅入口から駅の直ぐ南の浜町、または駅北方向の別府町(びゅうまち)にある踏切を渡る必要がある。ただし聖心ウルスラ学園聡明中学校・聖心ウルスラ学園高等学校聖心ウルスラ学園短期大学など南方向はこの限りではない旭化成レオナ繊維工場延岡工業高校方面へは徒歩でおよそ15分くらいである。当駅から乗車できるバス便はあるが遠回り経路である。 国道10号 ベスト電器 延岡ファッションセンターしまむら ホームセンター安川 ニトリ延岡生活協同組合コープみやざき浜町店ザ・ダイソーコープみやざき浜町宮崎県立延岡工業高等学校 ホームワイド緑ヶ丘店 旭ケミテック 旭化成レオナ繊維工場

※この「東側(駅裏側)」の解説は、「南延岡駅」の解説の一部です。
「東側(駅裏側)」を含む「南延岡駅」の記事については、「南延岡駅」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「東側」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「東側」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



東側と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

東側のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



東側のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
名字見聞録名字見聞録
copyright©1996-2022 SPECTRE all rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの東側 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの山麓バイパス (改訂履歴)、名古屋駅 (改訂履歴)、品川駅 (改訂履歴)、柏たなか駅 (改訂履歴)、北四番丁通り (改訂履歴)、南延岡駅 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS