トンネルとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 建設 > 施設 > トンネル > トンネルの意味・解説 

トンネル【tunnel】

[名](スル)

山腹地下などを掘り貫いた通路鉄道自動車道人道水路用。隧道(ずいどう)。

比喩的に並木が、両側から道の上に広がった状態。また、1のように花に囲まれた状態。「桜の—」「藤の花の—」

比喩的に長く続く具合悪い状態。「開幕5連敗の—を抜ける」

野球で、野手ゴロ捕りそこない、球をまたの間を通過させて、後ろに逃がすこと。


トンネル

 #一括下請負をみよ!

トンネル(道路)

トンネル
トンネル(道路)は、地下通っている道路あらわします複数道路近くにあって、それぞれがトンネルとなる場合も、すべて表示します坑口記号いっしょに表示します
1:25,000地形図笹子
山梨県大月市付近の地形図

トンネル(中央自動車道);山梨県大月市
トンネル(道路)の画像


トンネル(鉄道)


大山崎山荘琅洞(トンネル)

名称: 大山崎山荘琅洞(トンネル)
ふりがな おおやまざきさんそうろうかんどうとんねる
登録番号 26 - 0181
員数(数): 1
員数(単位):
構造 煉瓦造延長5.6m、幅員3.6m
時代区分 昭和
年代 昭和初期
代表都道府県 京都府
所在地 京都府乙訓郡大山崎町大山崎小字上ノ田5-1
登録基準 造形規範となっているもの
備考(調査):
施工者
解説文 敷地南東隅部,山荘への進入路として設けられたトンネル。延長5.6m,幅員3.6m,岩盤くり抜い煉瓦造躯体でフラットアーチ形に築き正面側坑門は切石積とする。小規模だが,内部覆工煉瓦積に焼過ぎ煉瓦織りまぜるなど,装飾的な造りとする。
住宅のほかの用語一覧
その他工作物:  齋藤家住宅庭門及び塀  野家住宅高塀
土木構造物:  南惣家住宅主屋  大山崎山荘琅洞  平尾家住宅下の石橋  平尾家住宅石橋
建築物:  うろこの家

トンネル

作者津山紘一

収載図書ショート・ショート劇場 3
出版社双葉社
刊行年月1986.7
シリーズ名双葉文庫


トンネル

作者福澤徹三

収載図書廃屋の幽霊
出版社双葉社
刊行年月2003.8

収載図書廃屋の幽霊
出版社双葉社
刊行年月2006.8
シリーズ名双葉文庫


トンネル

作者加用章勝

収載図書トンネル―幻想短編小説集
出版社驢馬出版
刊行年月2003.9


トンネル

作者草上仁

収載図書アジアン怪綺―異形コレクション
出版社光文社
刊行年月2003.12
シリーズ名光文社文庫


トンネル

作者ヨシイドク,ヨシイミツ

収載図書ねむりばこ
出版社新風舎
刊行年月2004.7


トンネル


トンネル

作者平山夢明

収載図書怖い本 8
出版社角川春樹事務所
刊行年月2008.7
シリーズ名ハルキ・ホラー文庫


トンネル

作者矢橋

収載図書Give way交通安全ショート・ショート
出版社中日出版社
刊行年月2008.10


トンネル

作者笠原淳

収載図書サイモンの塔
出版社文芸春秋
刊行年月1986.11


トンネル

作者伊集院静

収載図書現代小説 1993
出版社徳間書店
刊行年月1993.5


トンネル


トンネル

作者清水義範

収載図書茶色い部屋の謎
出版社光文社
刊行年月1997.3
シリーズ名光文社文庫


トンネル

作者鶴島緋沙子

収載図書トミーの夕陽
出版社柘植書房新社
刊行年月1997.4


トンネル

作者佐伯一麦

収載図書少年詩篇
出版社新潮社
刊行年月1997.8

収載図書あんちゃんおやすみ
出版社新潮社
刊行年月2007.12
シリーズ名新潮文庫


トンネル

作者水本真稀

収載図書転生
出版社新風舎
刊行年月1999.10
シリーズ名新風選書


トンネル

作者稲葉真弓

収載図書花響
出版社平凡社
刊行年月2002.2


トンネル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/05 07:37 UTC 版)

トンネル: tunnel [ˈtʌnl] ( 音声ファイル))または隧道(すいどう、ずいどう[1][注釈 1])は、地上から目的地まで地下海底山岳などの土中を通る人工の、または自然に形成された土木構造物であり、断面の高さあるいは幅に比べて軸方向に細長い地下空間をいう。1970年OECDトンネル会議で「計画された位置に所定の断面寸法をもって設けられた地下構造物で、その施工法は問わないが、仕上がり断面積が2平方メートル (m2) 以上のものとする」と定義された[2][3]


注釈

  1. ^ 呉音では「ずいどう」、漢音では「すいとう」となる。国土交通省は「ずいどう」を用いている[1]
  2. ^ より稀な例としては、川沿いや谷底の道が冬季に雪崩の危険があることからトンネルで迂回することもある。
  3. ^ 関越トンネルでは天井板の撤去は難しいとされ、撤去は一部にとどまった。

出典

  1. ^ 隧道』 - コトバンク
  2. ^ トンネルとは?、一般社団法人日本トンネル技術協会
  3. ^ a b 浅井建爾 2015, p. 190.
  4. ^ a b c d e 浅井建爾 2001, p. 234.
  5. ^ 長崎新聞 (2019年6月21日). “トンネル工事で減水 水源確保、水田に送水 諫早市多良見町井樋ノ尾地区 | 長崎新聞” (日本語). 長崎新聞. 2020年7月10日閲覧。
  6. ^ 九州新幹線工事で水枯れ 代替井戸で水田へ送水、久々の田植えに喜び” (日本語). 毎日新聞. 2020年7月10日閲覧。
  7. ^ トンネルでは基準の10倍超 - 東大など、高速道路上の二酸化窒素濃度を調査(2012年1月13日マイナビニュース)
  8. ^ 「長いトンネル、外気は禁物…NO2基準の50倍」 『読売新聞』 、2012年1月14日。 オリジナルの2012年1月23日時点によるアーカイブhttps://web.archive.org/web/20120123221429/http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=52993 
  9. ^ 「河口湖・新倉掘抜史跡館」山梨新報社公式HP
  10. ^ 「河口湖新倉掘抜史跡館」河口湖net公式HP
  11. ^ 「市指定史跡・市指定名勝」富士吉田市公式HP
  12. ^ 『東北新幹線工事誌 黒川・有壁間』(日本国有鉄道仙台新幹線工事局編)及び『上越新幹線工事誌 大宮・水上間』(日本鉄道建設公団東京新幹線建設局編)による
  13. ^ 快適で安全な地下鉄を目指して(営団地下鉄ホームページ)(インターネットアーカイブ・2003年時点の版)
  14. ^ 浅井建爾 2001, pp. 234–235.
  15. ^ 例:旭川市・旭山動物園
  16. ^ 浅井建爾 2015, p. 192.
  17. ^ 下水処理場なんでも一番・その2_日本最初のトンネル式下水処理場
  18. ^ 産業遺産保存・活用事例集33_甲州市勝沼地域におけるワイン貯蔵庫・遊歩道としての活用
  19. ^ 「予防医療.com」・特集・キノコ多糖体
  20. ^ a b 社団法人交通工学研究会, ed. (2007), 道路交通技術必携2007, p. 116, ISBN ISBN 978-4-7676-7600-5 (PDF)
  21. ^ 品川線の秘密13 トンネルの換気方式 (PDF) - 東京SMOOTH(首都高速道路特設サイト)内
  22. ^ a b 浅井建爾 2001, p. 241.
  23. ^ a b c d e 浅井建爾 2015, p. v.
  24. ^ 月報KAJIMA 2001 October
  25. ^ ジオスター(株)
  26. ^ 浅井建爾 2001, p. 240.
  27. ^ 浅井建爾 2001, pp. 238–239.
  28. ^ a b 浅井建爾 2015, p. 188.
  29. ^ 浅井建爾 2015, p. vi.
  30. ^ 『南日本新聞』 2012年2月14日付 4面(新武岡トンネル貫通)
  31. ^ 鹿児島東西道路鹿児島IC~建部IC間が開通 - 鹿児島建設新聞、2013年9月28日付
  32. ^ a b 高速道路のトンネルで火災が発生した場合の対処とは?”. 日本自動車連盟. 2013年12月10日閲覧。
  33. ^ a b c d e ロム・インターナショナル(編) 2005, pp. 95–96.
  34. ^ 一例として 「トンネル工事で女性を立入禁止」 『日経コンストラクション』 、2001年9月5日http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/article/const/news/20010905/1712/ 
  35. ^ 圧巻のスケールと技術力、世界の巨大トンネル10選 CNN(2017年3月25日)2017年5月14日閲覧



トンネル (Le Tunnel)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/29 08:40 UTC 版)

F1開催されるサーキットの中で唯一のトンネル。薄暗がりの中をアクセル全開通過する右に緩くカーブしており、ラインを外すと埃に乗ってクラッシュしてしまう。2011年以降、ここではDRS使用禁止されている。トンネル出口では、このコース最高速の280km/h後半記録する

※この「トンネル (Le Tunnel)」の解説は、「モンテカルロ市街地コース」の解説の一部です。» 「モンテカルロ市街地コース」の概要を見る


トンネル(Misty Island tunnel / the tunnel)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/01 15:16 UTC 版)

レスキューセンター付近に入り口があるトンネル。海底トンネルで、ミスティアイランドまで繋がっているいつ頃誰が掘削したのかは不明。距離も正確には分かっていないが、トンネルを走ったウィフパーシートーマスが相当疲れていたほどの長さではある。トンネルの途中には固い壁があったが、ウィフパーシーによって破壊された長く使われていなかったトンネルだが、レスキューセンター開設と同時に正式オープンしたそれ以来ソドー島ミスティアイランドを結ぶ重要なトンネルとなった

※この「トンネル(Misty Island tunnel / the tunnel)」の解説は、「きかんしゃトーマス ミスティアイランド レスキュー大作戦!!」の解説の一部です。» 「きかんしゃトーマス ミスティアイランド レスキュー大作戦!!」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

トンネル

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 00:45 UTC 版)

語源

英語 tunnel転写

発音(?)

と↗んねる

名詞

トンネル

  1. 隧道山腹河底地下掘り抜いた通路
  2. (野球) 捕球の際、ゴロを股のから取り逃がすこと。
  3. 課税逃れなどの目的のため、二つまたはそれ以上の事業体間に入り業務融資などを形式的に請け負いそのまま何もせず他へ委託すること。

関連語


「トンネル」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



トンネルと同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



トンネルのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日本民営鉄道協会日本民営鉄道協会
(C) 2022 (社)日本民営鉄道協会
ダイキン工業ダイキン工業
Copyright (C) 2022 DAIKIN INDUSTRIES, ltd. All Rights Reserved.
国土交通省国土地理院国土交通省国土地理院
Copyright. Geographical Survey Institute. ALL RIGHTS RESERVED.
文化庁文化庁
Copyright (c) 1997-2022 The Agency for Cultural Affairs, All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのトンネル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのモンテカルロ市街地コース (改訂履歴)、きかんしゃトーマス ミスティアイランド レスキュー大作戦!! (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのトンネル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS