アーチとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 建設 > 構造 > アーチ > アーチの意味・解説 

アーチ【arch】

読み方:あーち

建造物で、上方へ弓形曲がった(はり)。半円尖頭形・馬蹄形などがあり、窓・入り口門・橋などに用いる。迫持(せりもち)。

祝祭典の会場設け記念門上部弓形にして、ヒノキなどの青葉で包むように飾る。緑門(りょくもん)。

弓形のもの。「虹(にじ)の—」

野球で、本塁打のこと。「逆転の—をかける」


アーチ

【英】:arch

円弧を描く弓形構造物をいう。造園施設としては洋風の庭門やアーチトンネル,ツルバラ絡ませたツルバラアーチなどが知られている

アーチ

名前 ArchArcheyArchie

アーチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 03:06 UTC 版)

アーチ: arch)とは、中央部が上方向に凸な曲線形状をした、もしくは上方向に凸な曲線形状そのものを言う。上部をアーチ形に築いた門のことを拱門(きょうもん、英語: archway)、常緑樹の葉で包んだ弓形の門を緑門(りょくもん、英語: green arch[1]と呼ばれる。


  1. ^ 上田 1941, p. 2.
  2. ^ 辻本敬子/ダーリング常田益代 2003, p. 44
  3. ^ 「図説 人類の歴史 別巻 古代の科学と技術 世界を創った70の大発明」p70 ブライアン・M・フェイガン編 西秋良宏監訳 朝倉書店 2012年5月30日初版第1刷
  4. ^ Robertson, D.S.: Greek and Roman Architecture, 2nd edn., Cambridge 1943, p.231
  5. ^ Stuart Munro-Hay, Aksum: A Civilization of Late Antiquity. Edinburgh: University Press. 1991. ISBN 0-7486-0106-6, p.111.


「アーチ」の続きの解説一覧

アーチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/08 06:57 UTC 版)

構造工学」の記事における「アーチ」の解説

アーチは圧縮力一方向にのみかかるため、石造でアーチを作るのが適切である。力の推力の線がアーチの深さ内に残ることを保障することによって設計されており、主にはあらゆる構造物でその豊かさを増すためにも活用されている。

※この「アーチ」の解説は、「構造工学」の解説の一部です。
「アーチ」を含む「構造工学」の記事については、「構造工学」の概要を参照ください。


アーチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/03/25 02:20 UTC 版)

ティムナ渓谷」の記事における「アーチ」の解説

アーチは浸食により形成され天然橋である。このアーチは渓谷西側岸壁見ることができる

※この「アーチ」の解説は、「ティムナ渓谷」の解説の一部です。
「アーチ」を含む「ティムナ渓谷」の記事については、「ティムナ渓谷」の概要を参照ください。


アーチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/19 14:27 UTC 版)

スプリンターセルコンビクション」の記事における「アーチ」の解説

気づいていない敵の視界入った時にの方向と発覚まで時間をアーチ上のメーター表示する発覚するメーター白色から赤色変わる。後にFar Cry 3探知メーターとして採用された

※この「アーチ」の解説は、「スプリンターセルコンビクション」の解説の一部です。
「アーチ」を含む「スプリンターセルコンビクション」の記事については、「スプリンターセルコンビクション」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「アーチ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

アーチ

出典:『Wiktionary』 (2021/08/19 13:07 UTC 版)

語源

英語 arch

発音

名詞

アーチ

  1. トンネル家屋入り口などを、レンガ・石または鉄材で、円弧半円あるいは楕円形構成したもの
  2. 祝賀の日などに、青葉などで包み飾った弓形の門。緑門
  3. (野球, ソフトボール) ホームラン

翻訳


「アーチ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



アーチと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

アーチのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



アーチのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
社団法人日本造園組合連合会社団法人日本造園組合連合会
JAPAN FEDERATION OF LANDSCAPE CONTRACTORS 2022 All rights reserved
園芸ネット園芸ネット
(c) copyright 1999-2022 engei.net all rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアーチ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの構造工学 (改訂履歴)、ティムナ渓谷 (改訂履歴)、スプリンターセルコンビクション (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのアーチ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS