エジプトとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > エジプトの意味・解説 

エジプト―久遠の墓標

作者南家

収載図書エジプト―久遠墓標
出版社フリープレス
刊行年月1999.11


エジプト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/03 06:08 UTC 版)

エジプト・アラブ共和国(エジプト・アラブきょうわこく、アラビア語: جمهورية مصر العربية‎)、通称エジプトアラビア語: مِصر‎)は、中東および北アフリカ位置する共和制国家首都カイロ


  1. ^ a b UNdata”. 国連. 2021年10月31日閲覧。
  2. ^ a b c d e IMF Data and Statistics 2021年10月31日閲覧[1]
  3. ^ a b 「エジプト、広がる電子決済/大手ファウリ、時価総額4倍に/携帯も台頭、変わる現金大国」『日経MJ2020年12月4日(アジア・グローバル面)
  4. ^ エジプト - 藤井宏志『日本大百科全書』(小学館2020年2月1日閲覧
  5. ^ a b c d エジプト・アラブ共和国 基礎データ”. 各国:地域情勢. 外務省 (2019年8月27日). 2021年8月31日閲覧。
  6. ^ 西谷進「一九世紀後半エジプト国家財政の行詰まりと外債 (一)」『社会経済史学』1971年 37巻 2号 p.113 - 134,216, doi:10.20624/sehs.37.2_113
  7. ^ 西谷進「一九世紀後半エジプト国家財政の行詰まりと外債 (二)」『社会経済史学』1971年 37巻 3号 p.283 - 311,330-33, doi:10.20624/sehs.37.3_283
  8. ^ 片山正人『現代アフリカ・クーデター全史』(叢文社 2005年 ISBN 4-7947-0523-9)p49
  9. ^ 共産主義者の四組織を摘発『朝日新聞』1977年(昭和52年)1月27日朝刊、13版、7面
  10. ^ 『エジプトの経済発展の現状と課題』(海外経済協力基金開発援助研究所 1998年)23頁
  11. ^ “エジプト副大統領が野党代表者らと会談、譲歩示す”. CNN. (2011年2月7日). オリジナルの2011年2月9日時点におけるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20110209101202/http://www.cnn.co.jp/world/30001719.html 2021年8月31日閲覧。 
  12. ^ IMFArab Republic of Egypt: Selected Issues, 2005(2020年12月12日閲覧)
  13. ^ エリン・カニンガム「『アラブの春』の国で繰り返される悪夢」・『ニューズウィーク日本版』2013年3月5日号
  14. ^ “I will leave my position if people want: Egypt's interior minister”. アハラムオンライン. (2013年2月2日). http://english.ahram.org.eg/News/63894.aspx 2013年5月8日閲覧。 
  15. ^ 川上, 泰徳 (2013年7月9日). “エジプトのクーデターに至る過程:朝日新聞記事再録”. 朝日新聞. オリジナルの2013年8月18日時点におけるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20130818142520/http://middleeast.asahi.com/watch/2013070800008.html 2013年7月13日閲覧。 
  16. ^ “エジプトのシシ新大統領が就任、前大統領の追放からほぼ1年”. AFP通信. (2014年6月8日). https://www.afpbb.com/articles/-/3017089 2021年8月31日閲覧。 
  17. ^ “エジプト、カイロの東に新行政首都建設へ=住宅相”. ロイター通信. (2015年3月16日). https://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0MC0B720150316 2021年8月31日閲覧。 
  18. ^ PARASIE, NICOLAS (2015年3月15日). “エジプト、新首都建設を計画―カイロと紅海の間に”. ウォール・ストリート・ジャーナル日本版. https://jp.wsj.com/articles/SB10030317691824024149004580519060782977390 2021年8月31日閲覧。 
  19. ^ Bo, Xiang (2016年4月2日). “Egypt kicks off 1st phase of building new capital” (英語). 新華社通信. オリジナルの2018年6月25日時点におけるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20180625185253/http://www.xinhuanet.com/english/2016-04/02/c_135246252.htm 2018年6月25日閲覧。 
  20. ^ “埃及总理表示,将新首都CBD项目建成“金字塔”一样的地标”. 知乎专栏. (2018年8月6日). https://zhuanlan.zhihu.com/p/41444500 2018年8月18日閲覧。 
  21. ^ Yi, Yang (2017年10月12日). “Chinese firm finalizes deal for building huge business district in Egypt's new capital” (英語). 新華社通信. http://www.xinhuanet.com//english/2017-10/12/c_136672905.htm 2021年8月31日閲覧。 
  22. ^ “China to build Egypt-Africa tallest tower in new capital: spokesperson” (英語). Amwal Al Ghad. (2018年6月28日). https://en.amwalalghad.com/egypts-holdings-of-u-s-treasuries-hit-2-2-billion-in-may/ 2021年8月31日閲覧。 
  23. ^ Magdy, Mirette (2018年3月18日). “China to Finance Majority of New Egypt Capital's Tower District” (英語). ブルームバーグ. https://www.bloomberg.com/news/articles/2018-03-18/china-to-finance-majority-of-new-egypt-capital-s-tower-district 2021年8月31日閲覧。 
  24. ^ “中建埃及新行政首都CBD项目开工仪式在开罗举行”. 中華人民共和国駐エジプト大使館. (2018年3月21日). http://eg.mofcom.gov.cn/article/todayheader/201803/20180302720170.shtml 2018年6月25日閲覧。 
  25. ^ 鈴木恵美「エジプト革命以後の新体制形成過程における軍の役割」『地域研究』第12巻第1号、京都大学地域研究統合情報センター、2012年3月28日、 135-147頁、 ISBN 978-4-8122-1178-6ISSN 1349-50382012年6月17日閲覧。
  26. ^ a b エジプト基礎情報~政治・外交”. エジプト情報. 在エジプト日本国大使館 (2011年7月30日). 2016年10月1日閲覧。
  27. ^ 金谷 美紗 (2019年4月18日). “№20 エジプト:議会で憲法改正案が可決、国民投票へ”. 中東かわら版. 中東調査会. 2021年6月18日閲覧。
  28. ^ 貫洞, 欣寛 (2011年11月22日). “エジプト・シャラフ内閣が総辞職表明 デモの混乱で引責”. 朝日新聞. http://www.asahi.com/special/meastdemo/TKY201111220122.html 2021年8月31日閲覧。 
  29. ^ 貫洞, 欣寛; 山尾, 有紀恵 (2011年11月23日). “エジプト軍議長「近く挙国一致内閣」とテレビ演説”. 朝日新聞. http://www.asahi.com/special/meastdemo/TKY201111230004.html 2021年8月31日閲覧。 
  30. ^ 貫洞, 欣寛 (2011年11月25日). “エジプト軍議長、元首相に組閣要請 選挙管理内閣を想定”. 朝日新聞. http://www.asahi.com/special/meastdemo/TKY201111250136.html 2021年8月31日閲覧。 
  31. ^ “「エジプト議会選は無効」、憲法裁が大統領選直前に違法判断”. ロイター通信. (2012年6月15日). https://www.reuters.com/article/tk0828480-egypt-court-constitution-idJPTYE85D06R20120614 2021年8月31日閲覧。 
  32. ^ “エジプト議会、解散へ 大統領選にも影響か”. 日テレNEWS24. (2012年6月15日). https://www.news24.jp/articles/2012/06/15/10207632.html 2021年8月31日閲覧。 
  33. ^ “エジプト、軍が議会に解散命令 憲法裁判所の判断で”. 47NEWS. 共同通信. (2012年6月17日). オリジナルの2014年7月10日時点におけるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20140710050415/http://www.47news.jp/CN/201206/CN2012061701001315.html 2012年6月18日閲覧。 
  34. ^ 金谷 美紗 (2020年12月23日). “№119 エジプト:下院・代議院選挙の最終結果”. 中東かわら版. 中東調査会. 2021年6月18日閲覧。
  35. ^ Egypt”. CIA-The World Factbook. 2012年6月15日閲覧。
  36. ^ Aperçu Historique”. 最高憲法裁判所. 2013年8月27日閲覧。
  37. ^ Current Members of the Court”. 最高憲法裁判所. 2013年8月27日閲覧。
  38. ^ 貫洞欣寛 (2012年6月9日). “エジプト司法が逆襲 ムバラク裁判「判決批判許さん」”. 朝日新聞. http://digital.asahi.com/articles/TKY201206080567.html?ref=comkiji_txt_end 2012年6月15日閲覧。 
  39. ^ 中東要人講演会”. 2012年9月9日閲覧。
  40. ^ Judiciary Authority”. Egypt State Information Service. 2013年8月29日閲覧。
  41. ^ エジプトでイスラーム政党が認可”. [中東研ニュースリポート]. 日本エネルギー経済研究所 中東研究センター (2月21日). 2012年5月19日閲覧。
  42. ^ 『アフリカを知る事典』(平凡社ISBN 4-582-12623-5 1989年2月6日 初版第1刷) p.58
  43. ^ 和田, 浩明 (2011年5月26日). “エジプト:ガザ、出入り自由に 検問所開放、外交転換鮮明に”. 毎日新聞. オリジナルの2011年5月30日時点におけるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20110530024518/http://mainichi.jp/select/world/news/20110526dde007030008000c.html 2021年8月31日閲覧。 
  44. ^ 「ロシアが中東に接近 プーチン大統領、エジプトに軍事協力 米の中東政策の揺らぎつく」日本経済新聞ニュースサイト(2017年12月11日)2019年1月9日閲覧。
  45. ^ The Middle East and North Africa 2012 (58th ed.). Routledge. (2011). p. 380. ISBN 978-1-85743-626-6 
  46. ^ 「対IS イスラエルと協力」エジプト大統領 治安重視東京新聞』朝刊2019年1月6日(国際面)2019年1月9日閲覧。
  47. ^ “イラン、中ロ主導組織加盟へ 上海協力機構が合意”. 日本経済新聞. (2021年9月17日). https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGR14ASP0U1A910C2000000/ 2021年9月18日閲覧。 
  48. ^ 『朝倉世界地理講座 アフリカI』初版所収「ナイル川の自然形態」春山成子、2007年4月10日(朝倉書店)p198
  49. ^ 『ミリオーネ全世界事典』第10巻 アフリカI(学習研究社1980年11月)p206
  50. ^ 2014 Global Cities Index and Emerging Cities Outlook(2014年4月公表)
  51. ^ a b c 堀江 正人 (2019-01-08). エジプト経済の現状と今後の展望 ~経済の復調が注目される中東北アフリカの大国エジプト~ (Report). 三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社. https://www.murc.jp/report/economy/analysis/research/report_190108/ 2020年2月3日閲覧。. 
  52. ^ エジプト農業と農産品輸出の現状と課題”. JETRO (2019年12月17日). 2020年8月4日閲覧。
  53. ^ 「遅配解消へ地震 来月の放出、本年最高」『朝日新聞』昭和23年7月28日(2面)
  54. ^ “エジプトの人口が1億人に”. Arab News Japan. AFP通信. (2020年2月12日). https://www.arabnews.jp/article/middle-east/article_9374/ 2021年8月31日閲覧。 
  55. ^ Mayton, Joseph (2005年12月10日). “Coptic language's last survivors” (英語). Daily News Egypt. https://dailynewsegypt.com/2005/12/10/coptic-languages-last-survivors/ 2021年8月31日閲覧。 
  56. ^ a b c d CIA World Factbook "Egypt" - 2010年1月31日閲覧。
  57. ^ Egyptian Culture, Cultural Atlas.
  58. ^ a b c d e やまがたニュースオンライン”. やまがたニュースオンライン (2020年3月17日). 2021年9月23日閲覧。
  59. ^ 諸外国の学校情報(国の詳細情報) 日本国外務省
  60. ^ 『福岡県立大学人間社会学部紀要』 田中哲也
  61. ^ 光石達哉「「日本式教育」で、子どもたちが変わる! エジプト」『mundi』、国際協力機構、2019年4月、 6-11頁、2021年8月31日閲覧。
  62. ^ “「エジプト・日本学校」35校が開校:日本式教育をエジプトへ本格導入” (プレスリリース), 国際協力機構, (2018年10月4日), https://www.jica.go.jp/press/2018/20181004_01.html 2021年8月31日閲覧。 
  63. ^ 斉藤, 勝久 (2019年7月8日). “エジプトの小学校に「日本式教育」、協調性など成果も”. ニッポンドットコム. https://www.nippon.com/ja/japan-topics/g00727/ 2021年8月31日閲覧。 
  64. ^ Yoshida, Haruka (2019年5月17日). “「日本式教育」はエジプトの教育現場をどう変えたか。「掃除は社会階層が低い人が行うもの」という反発を乗り越えて”. ハフポスト日本版. https://www.huffingtonpost.jp/entry/egypt-japan-school_jp_5cdba4c0e4b0c39d2a13534f 2021年8月31日閲覧。 
  65. ^ 「エジプト・日本学校」(EJS)について - エジプト大使館、2020年11月22日閲覧
  66. ^ “32.5% of Egyptians live in extreme poverty: CAPMAS” (英語). Egypt Today. (2019年8月1日). https://www.egypttoday.com/Article/1/73437/32-5-of-Egyptians-live-in-extreme-poverty-CAPMAS 2021年8月31日閲覧。 
  67. ^ Soliman, Omar (2020年1月17日). “My brother is one of Egypt's 60,000 political prisoners – and Trump is happy to let him rot in jail” (英語). インデペンデント. https://www.independent.co.uk/voices/moustafa-kassem-abdel-fattah-el-sisi-trump-egypt-us-prisoner-a9288401.html 2021年8月31日閲覧。 
  68. ^ エジプト:青年の死が波紋…警察の暴力か逮捕時の事故か[リンク切れ]
  69. ^ Egypt profile - Media 2018年10月23日 BBC News



エジプト

出典:『Wiktionary』 (2018/07/01 20:36 UTC 版)

固有名詞

エジプト漢字表記:埃及

  1. アフリカ北東部にある正式名称エジプト・アラブ共和国首都カイロ

翻訳



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「エジプト」に関係したコラム

  • 株式の取引が行われる証券取引所の一覧

    2012年6月現在の日本の証券取引所、および、世界各国の証券取引所の一覧です。▼日本東京証券取引所(東証)大阪証券取引所(大証)名古屋証券取引所(名証)福岡証券取引所(福証)札幌証券取引所(札証)TO...

  • CFDの小麦相場の見方

    小麦は、米やトウモロコシと並んで世界の三大穀物として世界各国で消費されています。次の図は、小麦の生産量をグラフに表したものです(アメリカ合衆国農務省調べ)。EU27か国、中国、インド、アメリカ合衆国の...

  • CFDの天然ガス相場の見方

    天然ガスは、石油や石炭と同じく化石燃料の1つです。次の図は天然ガスの生産量をグラフに表したものです。ロシアやアメリカ合衆国、カナダなどでの生産量の多いことがわかります。※BP Statistical ...

  • 世界の株価指数一覧

    株価指数は、証券取引所に上場している銘柄を一定の基準で選出し、それらの銘柄の株価を一定の計算方法で算出したものです。例えば、日本の株価指数の日経平均株価(日経平均、日経225)は、東京証券取引所(東証...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「エジプト」の関連用語

エジプトのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



エジプトのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのエジプト (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのエジプト (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS