ケベック州とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > ケベック州の意味・解説 

ケベック【(フランス)Québec】


ケベック州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/30 03:09 UTC 版)

【西経63度以東】
大西洋標準時(AST、UTC-4
夏時間は採用していない。


  1. ^ Population and dwelling counts, for Canada, provinces and territories, 2016 and 2011 censuses”. Statistics Canada (2017年2月8日). 2017年2月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年2月12日閲覧。
  2. ^ Gross domestic product, expenditure-based, by province and territory (2015)”. Statistics Canada (2016年11月9日). 2012年9月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月13日閲覧。
  3. ^ Land and freshwater area, by province and territory”. Statistics Canada (2005年2月1日). 2010年5月26日閲覧。
  4. ^ Population by year of Canada of Canada and territories”. Statistics Canada (2014年9月26日). 2016年6月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年3月20日閲覧。
  5. ^ https://www.benricho.org/kanji/kanji_chimei/database/csv_search.cgi
  6. ^ The Nation That Sits Astride the U.S.-Canada Border”. ポリティコ. 2019年8月18日閲覧。
  7. ^ Canada’s Toughest Border Crossing”. The Walrus. 2019年8月18日閲覧。
  8. ^ a b c 矢ケ崎、菊池、丸山 2018, pp. 3.
  9. ^ 矢ケ崎、菊池、丸山 2018, pp. 5.
  10. ^ Louise Accolas and Marie Barrette (2001年10月31日). “Le ministre des Ressources naturelles du Québec et le ministre délégué aux Affaires intergouvernementales canadiennes expriment la position du Québec relativement à la modification de la désignation constitutionnelle de Terre-Neuve”. Secrétariat aux affaires intergouvernementales canadiennes. 2009年12月24日閲覧。
  11. ^ Maps of provincial electoral divisions by administrative region”. Le Directeur général des élections du Québec. 2009年12月24日閲覧。
  12. ^ Les frontières du Québec”. Ministère des Ressources naturelles et de la Faune (2002年). 2009年12月24日閲覧。
  13. ^ 矢ケ崎、菊池、丸山 2018, pp. 7.
  14. ^ 矢ケ崎、菊池、丸山 2018, pp. 8.
  15. ^ 太陽嵐で大規模停電が起きるわけ”. ナショナルジオグラフィック. 2022年2月23日閲覧。
  16. ^ カナダ・モントリオールで反コロナ規制デモ、接種会場が閉鎖に”. AFP (2020年5月2日). 2021年5月2日閲覧。
  17. ^ F・カニンガム; 中谷 義和 & 柳原 克行 (翻訳) (一九九六年三号). “カナダ/ケベックの難問: 三民族型パースペクティブ”. 立命館法学. 2009年12月22日閲覧。
  18. ^ カナダ・ケベック州議会選:新興政党CAQが勝利、移民抑制掲げる”. ブルームバーグ. 2018年10月2日閲覧。
  19. ^ 世界の潮流がケベックから見えてくる〜ナショナリズムはこう変わった”. 現代ビジネス. 2018年11月14日閲覧。
  20. ^ Chung, Andrew (2010年3月30日). “Quebec to tackle deficit by raising taxes”. Toronto Star. http://www.thestar.com/news/canada/article/787823--quebec-to-tackle-deficit-by-raising-taxes 2010年6月15日閲覧。 
  21. ^ SÉGUIN, RHÉAL (2009年12月1日). “Quebec offers public sector 7 per cent over 5 years”. Globe and Mail (QUEBEC). http://www.theglobeandmail.com/news/national/quebec-offers-public-sector-7-per-cent-over-5-years/article1383579 2009年12月2日閲覧。 
  22. ^ Tomesco, Frederic (2010年3月30日). “Quebec to Raise Taxes, Freeze Spending to Cut Deficit”. Bloomberg Businessweek. http://www.businessweek.com/news/2010-03-30/quebec-to-raise-taxes-freeze-spending-to-cut-deficit-update2-.html&usg=AFQjCNHlXad8e4FhuoOJFdY6RfAw5d6ypg 2010年6月15日閲覧。 
  23. ^ Howard, David (2010年5月28日). “Quebec still gets $8B”. Ottawa Citizen. 2010年6月30日閲覧。
  24. ^ Claude Bélanger (1999年). “Equalization Payments - Quebec History”. Marianopolis College. 2009年10月23日閲覧。
  25. ^ Equalization Program”. Department of Finance Canada (2009年1月1日). 2009年10月23日閲覧。
  26. ^ “Quebec argues Ottawa shorted province $1B in federal budget”. CBC News. (2009年1月27日). http://www.cbc.ca/canada/montreal/story/2009/01/27/mtl-qc-budget-reaction-0127.html 2009年10月27日閲覧。 
  27. ^ Gross domestic product, expenditure-based, by province and territory”. Statistics Canada. 2012年8月4日閲覧。
  28. ^ a b 宮尾尊弘 (2007年8月30日). “ラ・プレスのジャーナリスト、アラン・ドゥブック(Alain Dubuc)氏とのインタビュー”. 日本・ケベック情報 (ラ・プレス社にて). http://japanquebec.blog76.fc2.com/blog-entry-22.html 2009年12月22日閲覧。 
  29. ^ a b Heather Scofield (2009年8月4日). “Few bumps in la belle province's recession ride”. GlobeAdvisor.com. Globe and Mail. 2009年12月22日閲覧。
  30. ^ “Quebec gives Bridgestone plant $4.8 million”. The Montreal Gazette. (2009年11月13日). http://www.montrealgazette.com/business/Quebec+gives+Bridgestone+plant+million/2220240/story.html 2009年12月24日閲覧。 
  31. ^ カナダに集積するゲーム産業、人材開発で官民協力”. アニメニュース Japanimate.com. 日経産業新聞より (2009年12月8日). 2009年12月24日閲覧。
  32. ^ Parizeau is at it again”. Toronto Star (2009年11月18日). 2009年12月2日閲覧。
  33. ^ a b Muller, Paul Daniel (2006年1月13日). “Don’t let Quebec’s daycare system serve as a model for all of Canada”. The Province (Vancouver). Institut économique de Montréal. 2009年12月24日閲覧。
  34. ^ “Quebec daycare biased: PQ”. Toronto Sun (QUEBEC: THE CANADIAN PRESS). (2009年12月2日). http://www.torontosun.com/news/canada/2009/12/02/12003631-sun.html 2009年12月2日閲覧。 
  35. ^ Mrozek, Andrea (2009年11月24日). “The high cost of early learning”. Globe and Mail. http://www.theglobeandmail.com/news/opinions/the-high-cost-of-early-learning/article1376048/ 2009年12月2日閲覧。 
  36. ^ Goar, Carol (2009年9月9日). “Quebec shows the way on poverty”. Toronto Star. 2009年12月2日閲覧。
  37. ^ Quebec Budget or Policies”. Ontario Coalition for Better Child Care (2009年9月9日). 2009年12月2日閲覧。
  38. ^ Nalcor (2009) (pdf). Annual Report 2008. St. John's. pp. 76. ISBN 978-2-550-55046-4. http://www.nalcorenergy.com/assets/nalcor%20annual%20report_final%20version.pdf 
  39. ^ Moore, Lynn (2009年11月30日). “Newfoundland challenges Churchill Falls hydro deal with Quebec”. Canwest News Service (Montreal Gazette). http://www.canada.com/Newfoundland+challenges+Churchill+Falls+hydro+deal+with+Quebec/2286897/story.html 2009年12月1日閲覧。 
  40. ^ Statistiques sur l'immigration récente . Tableaux sur l'immigration permanente au Québec 2012-2016
  41. ^ Présence en 2012 des immigrants admis au Québec de 2001 à 2010
  42. ^ 2006 Census of Population”. Statistics Canada (06/12/2008). 2009年10月31日閲覧。
  43. ^ Statistiques sur l'immigration récente . Tableaux sur l'immigration permanente au Québec 2011-2015
  44. ^ Séguin, Rhéal (2010年6月5日). “Quebec NHL dream nears reality”. Globe and Mail. http://www.theglobeandmail.com/sports/hockey/quebec-nhl-dream-nears-reality/article1593328/ 2010年6月8日閲覧。 



ケベック州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 19:42 UTC 版)

電動バス」の記事における「ケベック州」の解説

カナダケベック拠点のノヴァバス(Nova Bus)は最近、ケベック州の4つ交通局から24台の電気バス受注したモントリオールからセントローレンス川挟んだ対岸都市ロングイユ市の市長は、2030年までにバス車両半分電気バスにする予定であると声明で述べている。

※この「ケベック州」の解説は、「電動バス」の解説の一部です。
「ケベック州」を含む「電動バス」の記事については、「電動バス」の概要を参照ください。


ケベック州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/27 02:57 UTC 版)

ディストリクト」の記事における「ケベック州」の解説

ケベック州では、都市内下位区画であるバラ (boroughs) をさらに細分した自治体選挙区のことをディストリクト称している。このディストリクトは、他の地域ウォード(区:ward)と呼ばれているものと同様機能する

※この「ケベック州」の解説は、「ディストリクト」の解説の一部です。
「ケベック州」を含む「ディストリクト」の記事については、「ディストリクト」の概要を参照ください。


ケベック州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/10 06:24 UTC 版)

フラングレ」の記事における「ケベック州」の解説

フラングレケベック・フランス語同一視されることがあるが、後者モントリオール中心として州内広く2つ言語コミュニティ歴史的に併存してきた結果、英語からの借用歴史長いという違いがある同様に州内では少数派である英語話者によって使われるケベック英語も、panneur(コンビニエンスストア)、autoroute(高速道路)、stageインターンシップ)、metro地下鉄)、circularチラシフライヤー)などフランス語からの借用語多く抱える。これらは、フレングリッシュのような個人による他言語誤用」というよりも、長期にわたってその地域全体に根付いた用法というべきものである

※この「ケベック州」の解説は、「フラングレ」の解説の一部です。
「ケベック州」を含む「フラングレ」の記事については、「フラングレ」の概要を参照ください。


ケベック州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/10 18:48 UTC 版)

イドロ・ケベック」の記事における「ケベック州」の解説

2010年2011年それぞれの12月31日営業統計電気使用者数ケベック州での電気販売量 (GWh)収益 (C$M)平均年間消費量 (kWh)20112010201120102011201020112010家庭農場3,746,397 3,698,169 62,748 59,534 4,536 4,302 16,857 16,205 商業団体291,212 300,163 33,569 33,865 2,599 2,648 113,529 113,347 企業18,573 9,589 67,621 68,439 3,262 3,185 4,802,287 7,049,027 その他4,013 3,868 6,028 7,647 323 371 1,529,755 2,033,506 総計4,060,195 4,011,789 169,966 169,495 10,720 10,506 2010年終わりの時点で、イドロ・ケベックには406195人の顧客がおり、家庭農場(D料金)、商業団体(G料金)、企業(M及びL料金)と3つグループ分けされる。その他区分には公共照明システム自治体流通システム含まれる。 この数ある電気料金毎年公聴会後にgie de l'énergie」で決められる値段供給送電コスト固定資産減価償却費施設保全顧客成長率利益率に関する規定を含む配電コスト基になっている。 ブロック内で異な全ての料金はケベック州中で均一であり、顧客種類消費量に基づいている。全て料金住宅商業企業顧客間の相互補助効果軽減している。 イドロ・ケベック商業料金北米で最も安い。料金据え置き1998年5月1日から2004年1月1日まで5年間で、2004年から2010年の間「gie」は値上げを8回行った。総計18.4%にのぼる。一方で2011年に0.4%、2012年0.5%と調整の意味合い連続して値下げ行った2010年のケベック州予算にてヘリテージプール電力緩やかに増加することを受けて2014年から2018年にかけて料金は3.7%上昇する予想されている。

※この「ケベック州」の解説は、「イドロ・ケベック」の解説の一部です。
「ケベック州」を含む「イドロ・ケベック」の記事については、「イドロ・ケベック」の概要を参照ください。


ケベック州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/03 23:07 UTC 版)

アングロアメリカ」の記事における「ケベック州」の解説

カナダのケベック州は古くフランス領で、民族的文化的言語的にラテン系属すフランス系であるが、1763年パリ条約以来イギリス領だったこともありラテンアメリカではなくアングロアメリカ含められる

※この「ケベック州」の解説は、「アングロアメリカ」の解説の一部です。
「ケベック州」を含む「アングロアメリカ」の記事については、「アングロアメリカ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ケベック州」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ケベック州」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ケベック州」の関連用語

ケベック州のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ケベック州のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのケベック州 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの電動バス (改訂履歴)、ディストリクト (改訂履歴)、フラングレ (改訂履歴)、イドロ・ケベック (改訂履歴)、アングロアメリカ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS