流域とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 程度 > 範囲 > 流域の意味・解説 

りゅう‐いき〔リウヰキ〕【流域】


流域 (りゅういき)

 降水由来する表流水集ま範囲集水域ともいう。流域相互境界を流域界または分水界という。

流域

分野
河川に関する用語
意味:
ある河川、または水系四囲にある分水界(二以上の河川流れ分け境界)によって囲まれ区域
備考
洪水予報では、水位予測する基準地点流入する水量推算するための領域を指す。

流域

作者小川国夫

収載図書小川国夫全集 2
出版社小沢書店
刊行年月1992.8


流域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/31 19:50 UTC 版)

流域(りゅういき、英語: watershed, drainage basin)は、特定の河川へ流出する降水の降下範囲のことである[1]水文学において、基礎的な単位地域となる[2]




  1. ^ a b c d 浅沼・田中・辻村 2019, p. 31.
  2. ^ a b c 田中 2009, p. 11.
  3. ^ a b 放送大学『環境工学』より。[要ページ番号]
  4. ^ a b 田中 2009, p. 12.
  5. ^ a b c 田中 2009, pp. 11-12.


「流域」の続きの解説一覧

流域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/27 01:49 UTC 版)

日野市の用水路」の記事における「流域」の解説

同市内を流れる「上田用水の上田にある堰か取水してしばらく歩道の下や民家合間通り途中には「新井用水 ふれあい水路」として親水路整備され箇所がある。かつてはこの親水路直近の浅川に取堰があったが水の出やすい所であった為、現在は上田用水から分水している。この後川崎街道をくぐり、住宅街の間を通りながら、分岐先である「上田用水」の支流と再合流するこの後新川崎街道道路をくぐり他の水路分岐した後、万願寺地区入ってから約700メートル近くをほぼ直線流れ途中には「大木公園」という親水公園存在する。その下流万願寺と石田の境界線付近にある十字路道路に沿って角に2回曲がり浅川に沿う道路出てここから新井の手前にある堰まで浅川に沿う。このあたりから合流部まではかなり深いところを通るため立禁止となっており親水はなっていない。そして橋の手前にある堰で、浅川合流する

※この「流域」の解説は、「日野市の用水路」の解説の一部です。
「流域」を含む「日野市の用水路」の記事については、「日野市の用水路」の概要を参照ください。


流域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/13 20:10 UTC 版)

新町川」の記事における「流域」の解説

新町川の流域には、徳島県県都である徳島市繁華街広がっている。また観光スポット多くの祭典が行われている。

※この「流域」の解説は、「新町川」の解説の一部です。
「流域」を含む「新町川」の記事については、「新町川」の概要を参照ください。


流域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/20 19:24 UTC 版)

オンブラ川」の記事における「流域」の解説

オンブラ川の流域は、少なくとも600平方キロメートルに及び、ドゥブロヴニク地域アドリア海沿岸ポポヴォ平野英語版)の間の領域含めると、900平方キロメートルに至る。川の短い流れ除き、流域は地下水脈限られる。流域の正確な境界は、地下水滲透流動決定する様々な水文学条件優劣によって変化する。この領域には居住地176ヶ所あり、約50,000人の住民がいる。 この地域はカルスト地形をなし、基盤岩大半石灰岩で、ドロマイト第四紀堆積岩比較狭い範囲分布する始新世フリッシュ英語版)が湛水域の南西限を形成して地下水脈流れオンブラ川源泉へと導いている。この基盤岩は、アドリア海炭酸塩プラットフォームとして、三畳紀ノリアン期から後期白亜紀掛けて堆積した一連の分厚い炭酸塩岩英語版)から成り、その厚さは8,000メートルに及ぶ。始新世および前期漸新世において、アドリア海プレート英語版)が北および北東移動してディナル・アルプス山脈隆起させ、アルプス造山運動寄与した。流域のカルスト地形は、露出した炭酸塩岩プラットフォーム風化により発達したカルスト地形化が大規模に始まったのは、漸新世から中新世にかけて生じたディナル・アルプス山脈における最後の隆起活動後で、それにより炭酸塩岩大気中に露出したことによる。これは最終氷期最盛期生じており、海面は現在よりも120メートル低かったカルスト構造一部海面低下初期段階、特にメッシニアン塩分危機英語版)の最中形成されている。フム英語版) とオンブラ川間にある断層のようなこの地域の地理的構造は、湛水域における最近の地殻変動示している周辺地域近年発生した強い地震は、1979年モンテネグロ地震英語版)で、マグニチュード 7.0 だった。直近の地域における強い歴史地震は、1667年ドゥブロヴニク地震唯一で、この際津波発生している。 流域及びポポヴォ平野における水文学型式は、ポリエから地中消えてしまう浸入河川英語版)であるトレビスニカ川(英語版)が決め手有している。この地下水数多く湧泉へと流れていく。その一部は、ポリエ北西にあるネレトヴァ川支流源泉となり、あるいはカルスト泉海中を含む)として表出し、そしてオンブラ川源泉なるものもあるわけである。オンブラ川流量は、Komolac の取水施設計測されており、毎秒 3.96~104 立方メートルの幅で変化し平均毎秒 24.1 立方メートルである。トレビスニカ水力発電所完成と、トレビスニカ川底コンクリート化が進んだ結果平均流量毎秒10 立方メートル減少している。一方、最低流量河川改修影響を受けていない。 湛水域は2つ気候帯区分される標高400下の領域地中海性気候で、それ以外大陸性気候だ。年平均降水量気候帯によって異なり沿岸部ドゥブロヴニクでは 1,238ミリメートルで、ポポヴォ平野フムでは 2,037ミリメートルである。

※この「流域」の解説は、「オンブラ川」の解説の一部です。
「流域」を含む「オンブラ川」の記事については、「オンブラ川」の概要を参照ください。


流域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/21 16:14 UTC 版)

弦巻川」の記事における「流域」の解説

豊島区立元池袋史跡公園西に接す池袋デュープレックスタワーの敷地内にあった丸池源泉丸池 - ホテルメトロポリタン駐車場南西側 - オリナスふくろうの杜(旧雑司が谷小学校南側 - (法明寺本堂 - 法明寺鬼子母神堂間) - コープとうきょう南側 - 日本女子大学体育館北側 - 本浄寺南側 - 護国寺西交差点 - 筑波大学附属視覚特別支援学校東側 - 講談社西側 - 目白坂下交差点西側 - 江戸川橋西側神田川に合流 元々、弦巻川護国寺真南位置まで流れており、その地点護国寺東側流れていた水窪川合流した後、南東に流れ変えて江戸川橋辺り神田川に合流していたが、護国寺天和元年1681年)に建立され際に流域に当たる護国寺から江戸川橋までの間に参道現在の音羽通り)を造る事になったため、弦巻川参道西側水窪川参道東側流れるように河川付け替え工事がされたという説がある。

※この「流域」の解説は、「弦巻川」の解説の一部です。
「流域」を含む「弦巻川」の記事については、「弦巻川」の概要を参照ください。


流域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/17 07:34 UTC 版)

エニセイ川」の記事における「流域」の解説

モンゴルから北へ流れシベリア中央部貫き北極海一部であるエニセイ湾(英語版)に注ぐ。河口川幅1 - 3キロメートル幅の川が十数本に分かれており、幅50キロメートル三角州になっている上流部急流洪水多く人口密度は非常に低い。中流部はいくつかの巨大な水力発電ダム建設されており、ロシア原料生産産業支えている。その一部ソビエト時代強制労働よるものである。人口稀薄なタイガ地帯流れ多くの支流集めたのち、一年半分が氷に閉ざされるツンドラ地帯抜けてカラ海に注ぐ。近年流量増加傾向にあり、地球温暖化による永久凍土の融解要因として指摘されている。北極海塩分濃度変化地球規模影響もたらすおそれなどが懸念されている

※この「流域」の解説は、「エニセイ川」の解説の一部です。
「流域」を含む「エニセイ川」の記事については、「エニセイ川」の概要を参照ください。


流域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/30 08:03 UTC 版)

オカ川」の記事における「流域」の解説

かつて、オカ川タルーサより上流には上オカ公国群ベリョーフノヴォシーリ及びオドーエフ、ヴォロティンスク、マサルスクズヴェニゴロドカラチェフコゼルスク、ペレムィシリ、タルーサ及びメシチョフスク、ボリャチノ、オボレンスク)が乱立しリトアニア大公国支配下にあった。ロシア有数の街、ニジニ・ノヴゴロドオカ川ヴォルガ川合流点を守る為に建設された。またロシアの首都モスクワは、オカ川支流モスクワ川面している。

※この「流域」の解説は、「オカ川」の解説の一部です。
「流域」を含む「オカ川」の記事については、「オカ川」の概要を参照ください。


流域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/21 18:33 UTC 版)

名蔵川」の記事における「流域」の解説

上流域には1999年平成11年)に名蔵ダム完成し農業用水として利用されている。流域は島内屈指の水田地帯古くから開発進み下流神田橋近くに下田原土器出土した大田原遺跡や、神田貝塚名蔵貝塚群などがある。しかし大雨のたびに被害出て放置される田も多かったため、乾隆5年1740年)に初め河川整備が行われた。また、流域では近年ウナギ養殖行われている。河口部では1km以上の細長い砂洲河口をふさぐように南北形成されており、両端切れ目から名蔵湾に流入する。その近くに名蔵橋架かっている。 また、付近干潟では祭の時に競馬が行われたという。支流白水川上水道水源であり、近世には四箇村管理していた。

※この「流域」の解説は、「名蔵川」の解説の一部です。
「流域」を含む「名蔵川」の記事については、「名蔵川」の概要を参照ください。


流域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/21 23:11 UTC 版)

宮良川」の記事における「流域」の解説

県内最高峰於茂登岳北東中腹源流とし、上流で支流石橋川(イシバシカーラ、イシパチィカーラ)、底原川合流する中流前山宮良台地の間を流れ支流のヘーギナー川と合流しながら蛇行した後、南流して宮良湾(太平洋)へ流れ出る下流部流れは緩やかであり、ボラブラ)やサヨリ(ハリジャー)が河口から2.5キロメートル赤下付近まで遡上することもある。自然の河岸多く残り下流ではオヒルギなどのマングローブ湿地発達して、「宮良川のヒルギ林」として1972年に国の天然記念物指定されている。また近年カヌーによるエコツアー河口部行われている。 宮良川土地改良事業水源として源流付近に真栄里ダム底原ダムがあり、流路両側にはサトウキビパイナップルの畑、水田など農地広がっている一方でこれらの農地開発などのため大雨後に土壌流出して宮良湾が赤く染まり県内で最も赤土流出激しい河川として知られる

※この「流域」の解説は、「宮良川」の解説の一部です。
「流域」を含む「宮良川」の記事については、「宮良川」の概要を参照ください。


流域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/17 01:25 UTC 版)

嘉瀬川」の記事における「流域」の解説

流域自治体佐賀県神埼市佐賀市小城市の3市。流域面積は368km2で、山地46%、宅地16%、水田38%。流域の人口は約13万人

※この「流域」の解説は、「嘉瀬川」の解説の一部です。
「流域」を含む「嘉瀬川」の記事については、「嘉瀬川」の概要を参照ください。


流域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/15 10:22 UTC 版)

坪井川 (熊本県)」の記事における「流域」の解説

坪井川熊本城内堀として活用されている。流れに沿って長さ242メートルの長塀が走っているが、これは国の重要文化財にも指定されている。また、旧市街地を貫く河川であり、橋本勘五郎の手による明八や明十など歴史感じさせる石橋架けられている。なお、童歌あんたがたどこさ歌われる「せんば川」は船場町流れ坪井川のことであるとされている上流八景水谷水源 熊本市北区清水町山室にある遊水池細川藩五代藩主細川綱利茶庭造り近江八景なぞらえてこう名付けた八景とは、三岳青嵐金峰白雪(金峰山積雪)、熊城暮靄(熊本城夕靄)、壺田落雁(坪井田畑と雁)、浮島夜雨(八景水谷浮島夜の雨)、立山秋月(竜田山秋の月)、亀井晩鐘深林紅葉のことであるとされるまた、1924大正13年)の熊本市水道局創設時からの水源地でもある近年湧水量が減少し枯渇心配されている。 熊本市水の科学館 坪井川遊水公園坪井川緑地 増水時に一時的に貯留する池。公園としても整備されており、市民憩いの場となっている。 八景水谷水源 坪井川遊水池公園 下流石塘跡 高橋稲荷神社 千金甲古墳 奥の建物九州郵政局 旧市街地流れ明八 河口付近

※この「流域」の解説は、「坪井川 (熊本県)」の解説の一部です。
「流域」を含む「坪井川 (熊本県)」の記事については、「坪井川 (熊本県)」の概要を参照ください。


流域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/27 06:09 UTC 版)

野束川」の記事における「流域」の解説

共和町老古美付近ニセコ連峰に源を発し岩内町日本海沿岸まで流れる。流域の多く山地であり、流域面積47.4のうち山地が37.2k平地が10.2kとなっている。

※この「流域」の解説は、「野束川」の解説の一部です。
「流域」を含む「野束川」の記事については、「野束川」の概要を参照ください。


流域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/22 08:42 UTC 版)

洛東江」の記事における「流域」の解説

江原道太白市の咸白山標高1,573m)の黄池を発源地とし、大邱盆地通って釜山西方南海流入する。頴江・琴湖江密陽江、南江などが洛東江に合流する。 主要平野上流安東盆地中流大邱盆地下流慶南平野分けられるが、洛東江傾斜度緩く、低い丘陵地帯広く流れるので氾濫原発達せず、金海デルタ金海平野除けば平野稀である。流域には1969年南江ダム1976年安東ダム建設された。 金海デルタにある乙淑(ウルスク)島(釜山広域市江西区所在)は世界的な渡り鳥渡来地として有名である

※この「流域」の解説は、「洛東江」の解説の一部です。
「流域」を含む「洛東江」の記事については、「洛東江」の概要を参照ください。


流域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/11 23:40 UTC 版)

桑原川 (岐阜県)」の記事における「流域」の解説

岐阜県羽島市中央部福寿小学校付近が源である。長良川堤防付近から発している。東海道新幹線岐阜羽島駅付近通過し南に流れる。名神高速道路を過ぎ、堀津町上中町の間を通過し桑原町中央部南流する。桑原輪中南端羽島市桑原町小藪海津市成戸の境で長良川に注ぐ。合流点のすぐ東には、木曽川流れる。

※この「流域」の解説は、「桑原川 (岐阜県)」の解説の一部です。
「流域」を含む「桑原川 (岐阜県)」の記事については、「桑原川 (岐阜県)」の概要を参照ください。


流域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/23 13:54 UTC 版)

荒田川 (岐阜県)」の記事における「流域」の解説

本来の荒田川水源は、岐阜県岐阜市東部の岐阜市水海道付近が源であるが、流域分離のため現在は新荒田川水源とされている境川支流である岩地川から分流した水路合流している。新荒田川JR高山本線長森駅の北を西進し南に領下川を分け北から岩戸川合流する岐阜市入舟町付近南に流路変え加納東丸町付近北側から清水川合流する南下して加納城の東を流れ済美高等学校川手城址)付近荒田川新荒田川分流する。ただし、新荒田川川幅の方圧倒的に太く新荒田川の方本流に見える分流後、新荒田川南へ流れ羽島郡笠松町羽衣町付近で、境川に合流する。流域分離以降の荒田川この分流点を起点とし、蛇行しながら西進する岐阜市六条江東付近国道21号岐大バイパス)をくぐり、岐阜聖徳学園高等学校岐阜聖徳学園大学岐阜キャンパス)の北側と、岐阜県立岐阜総合学園高等学校南側流れ岐阜市南西部岐阜市日置江論田川合流した後、長良川に合流する

※この「流域」の解説は、「荒田川 (岐阜県)」の解説の一部です。
「流域」を含む「荒田川 (岐阜県)」の記事については、「荒田川 (岐阜県)」の概要を参照ください。


流域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/04/28 15:42 UTC 版)

論田川 (岐阜県)」の記事における「流域」の解説

岐阜県岐阜市中央部岐阜市本荘付近が源である。長良川堤防付近から発している。本荘中学校付近から西進し旧中山道に沿い、鏡島弘法付近から南流する。鏡島小学校校庭内を通過し市立岐阜商業高校東側JR西岐阜駅西側通過南西流れを変える国道21号穂積大橋付近長良川左岸に沿って南流する。岐阜市高河原付近荒田川に合流する

※この「流域」の解説は、「論田川 (岐阜県)」の解説の一部です。
「流域」を含む「論田川 (岐阜県)」の記事については、「論田川 (岐阜県)」の概要を参照ください。


流域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/28 04:31 UTC 版)

ネグロ川 (アルゼンチン)」の記事における「流域」の解説

ネグロ川アルト谷(上流の谷)、メディオ谷(中流の谷)、インフェリオール谷(下流の谷)の3つの部分分かれている。アルト谷では幅3kmほどの樹木密集地通ってステップ草原横切り、インフェリオール谷に向かって川幅は20kmに広がって網状流となる。川床位置これまでに大きく変化しており、乾燥した平原貝殻小石見つけることも可能である

※この「流域」の解説は、「ネグロ川 (アルゼンチン)」の解説の一部です。
「流域」を含む「ネグロ川 (アルゼンチン)」の記事については、「ネグロ川 (アルゼンチン)」の概要を参照ください。


流域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/24 23:55 UTC 版)

水無川 (長崎県)」の記事における「流域」の解説

雲仙山系普賢岳(1,359m)・平成新山(1,483m)の東側斜面水源とする。平成新山東側には垂木台地稲生山・岩上山・貝野岳といった丘陵があり、その間赤松谷・おしが谷などの谷がある。南端にあたる赤松谷から本流にかけては島原市南島原市深江町境界となっている。谷は島原市上木地区南島原市大野木地区島原市安徳地区通り東の有明海繋がる。 本流の谷は約8kmあるが、降雨時の地表流れ平常涸れ川となる。上流部にある雲仙岳火山砕屑物崩落流下するため、流域は火山砕屑物厚く堆積する。特に下流域天井川化している

※この「流域」の解説は、「水無川 (長崎県)」の解説の一部です。
「流域」を含む「水無川 (長崎県)」の記事については、「水無川 (長崎県)」の概要を参照ください。


流域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/22 15:16 UTC 版)

佐護川」の記事における「流域」の解説

対馬最高峰御嶽標高479m)の北側斜面水源とする。森林覆われた山地に谷を刻み蛇行しながら北西流れる。 中流域標高50mを切り、佐護平野広がりはじめる。深山仁田ノ内・恵古の集落があり、西側から中山川仁田内川合流する下流域には井口梨・友谷・湊の各集落があり、川は佐護平野水田地帯の中を蛇行しながら佐護湾へ注ぐ。 流域には佐護白岳遺跡クビル遺跡など弥生時代遺跡がある。

※この「流域」の解説は、「佐護川」の解説の一部です。
「流域」を含む「佐護川」の記事については、「佐護川」の概要を参照ください。


流域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/29 17:32 UTC 版)

トレント川」の記事における「流域」の解説

イングランド中央部炭田地帯工業地帯流れ重要な河川である。上流部ストーク=オン=トレント中心とする地域陶磁器をはじめ窯業盛んで中流部には工業都市ダービーノッティンガム栄える。またレスター支流ソアー川(英語版を介して近い位置にある。流域には多くの発電所設けられている。1960年代にはバートン・アポン・トレント(英語版下流に8つ発電所設けられコタム発電所英語版)は当時ヨーロッパ最大の200kW発電量誇った上流からアルルーワス(英語版付近までは狭い谷を流れるが、それより下流域幅広い氾濫原となっている。ニューアーク=オン=トレントより下流は平野となり、市場園芸盛んな農業地帯となる。ニューアーク付近から海面までの落差非常に小さいため、感潮区間河口から約85kmまで達す感潮河川である。そのためニューアーク近くまで潮汐の影響を受けることがあり(海嘯)、ゲインズバラより下流には高い防潮堤設置されている。 古くから運河発達しており、トレント・アンド・マージー運河英語版)はじめ、多くの運河開削されている。これら運河テイム川英語版)などの支流を通じテムズ川セヴァーン川マージー川、またバーミンガムなどの諸都市と結ばれている水上交通盛んであり、ソーレー(英語版)まで遡航が可能。120t以下の船舶であればノッティンガムまで航行可能である

※この「流域」の解説は、「トレント川」の解説の一部です。
「流域」を含む「トレント川」の記事については、「トレント川」の概要を参照ください。


流域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/30 02:48 UTC 版)

リフィー川」の記事における「流域」の解説

ウィックロー山地水源有しウィックロー州キルデア州ダブリン州通過しアイリッシュ海そそいでいる。全長75マイル(125km)。川には合計3つの水力発電所設けられている。ダブリン市内ではオコンネル橋、ハーペニー・ブリッジなどと交差している。

※この「流域」の解説は、「リフィー川」の解説の一部です。
「流域」を含む「リフィー川」の記事については、「リフィー川」の概要を参照ください。


流域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/27 16:47 UTC 版)

千綿川」の記事における「流域」の解説

東彼杵町大村市佐賀県嬉野市に跨る多良山系の郡岳(標高826m)・遠目山(標高849m)・国見岳標高816m)を水源とする。源流部は深い谷を刻んで西へ流れるが、程なく遠目郷台地大野原」(おおのばる)の南部に出る。大野原では森林原野間に棚田茶畑陸上自衛隊大野原演習場などがある。

※この「流域」の解説は、「千綿川」の解説の一部です。
「流域」を含む「千綿川」の記事については、「千綿川」の概要を参照ください。


流域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/27 01:49 UTC 版)

日野市の用水路」の記事における「流域」の解説

同市川辺堀之内にある浅川堰か取水するが、近年浅川河床下が続け国土交通省の方針もあり蛇籠使った取水が行えないため、せっかく堰を直して出れば石が流され取水がほぼできない態となっていることが多い。市民プール左側通った都道159号線を斜めにくぐる。そして、かつて「多摩コース」と呼ばれた自動車教習所存在したあたりで豊田用水合流しここから先は道路沿いを流れて川崎街道をくぐると日野バイパス近づき宮 (日野市)へ入る。このあたりは区画整理後も水路流れ変えていない事かジグザグに流れており、必然的に日野バイパスを計3回くぐる独特の流れとなっており、この先万願寺地区縦断して根川に合流する詳細は「根川 (日野市)を参照

※この「流域」の解説は、「日野市の用水路」の解説の一部です。
「流域」を含む「日野市の用水路」の記事については、「日野市の用水路」の概要を参照ください。


流域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/10/16 14:39 UTC 版)

木戸川 (船橋市)」の記事における「流域」の解説

船橋市南三咲付近滝不動駅西側に源を発し住宅地地下東流する。大穴南5丁目高根台さくら公園付近地上出て大穴地区松が丘との境界流れ南側松が丘方)に住宅地広がる大穴川(1,124m)を合わせる大穴北古和釜町境界となり、三咲川(3,008m)と神保川(2,095m)を続けて合わせる金堀町付近蛇行し八千代市との境界にて桑納川に合流する流路延長4,151mのうち、地上区間2,700mが準用河川指定されている。

※この「流域」の解説は、「木戸川 (船橋市)」の解説の一部です。
「流域」を含む「木戸川 (船橋市)」の記事については、「木戸川 (船橋市)」の概要を参照ください。


流域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/10/09 15:23 UTC 版)

ボスナ川」の記事における「流域」の解説

ボスナ川ボスナ川渓谷形作るボスニア・ヘルツェゴビナ工業中心百万人近くの人が住む地域形成し主要都市ボスナ川沿いに立地している。主な支流となる河川ジェリェズニツァ川(Željeznica)、ミリャツカ川Miljacka)、フォイニツァ川(Fojnica)、ラシュヴァ川(Lašva)、ゴストヴィッチ川(Gostović)、ウソラ川(Usora)、スプレツァ川(Spreča)などである。 ボスナ川源流サラエヴォ郊外にあるイグマン山麓のヴレロ・ボスネVrelo Bosne)である。ヴレロ・ボスネの泉はボスニア・ヘルツェゴビナ主だった自然的ランドマークになっており、観光地になっているボスナ川は泉を起点北方向に流れボスニア中心部通り最終的にはボサンスキ・シャマツサヴァ川流れ込むボスナ川ボスニア・ヘルツェゴビナ領内だけを流れ国内河川サラエヴォ県ゼニツァ=ドボイ県ドボイ地方ポサヴィナ県流れていく途中ヴィソコゼニツァドボイモドリチャボサンスキ・シャマツ都市経由する

※この「流域」の解説は、「ボスナ川」の解説の一部です。
「流域」を含む「ボスナ川」の記事については、「ボスナ川」の概要を参照ください。


流域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/02 04:26 UTC 版)

石崎川 (神奈川県)」の記事における「流域」の解説

全長は1.6kmで、流域はすべて横浜市西区になる。西区西平沼町尾張屋橋のやや下流帷子川から右に分かれJR東海道本線相鉄本線国道1号間の市街地東に流れる。新横浜通り神奈川県道13号横浜生田線)の高島付近で北に向き変え横浜駅東口付近で再び帷子川に合流し横浜港に注ぐ。周辺には住宅事業所集まり川沿い石崎川プロムナードとして整備されている。帷子川からの分派点の300mほど下流からは、石崎川反対方向に新田間川分かれており、漢字の「中」の字似た流路形づくっている。

※この「流域」の解説は、「石崎川 (神奈川県)」の解説の一部です。
「流域」を含む「石崎川 (神奈川県)」の記事については、「石崎川 (神奈川県)」の概要を参照ください。


流域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/11/01 13:22 UTC 版)

ヴェラ川」の記事における「流域」の解説

テューリンゲン南部テューリンゲンの森スレート山地帯との間にある先述水源から、はまず南西向かって斜面を下る。わずか数km後にはアインスフェルトに達しアウトバーンA73の下をくぐる。ここで川は北西向きを変える。アインスフェルトの直後に南に接したランゲ山地を、その少し後で南西そびえ立つグライヒ山地抜けて流れてゆく。この辺りヴェラ川はヒルトブルクハウゼンの町を流れる。ターマー付近では洪水防止用のグリンメルハウゼン貯水池水量調整されるその後、川はA71をくぐってマイニンゲン達し、さらに西のレーン山地東のテューリンゲンの森の間を、短い間ではあるが、抜けて流れる。 バート・ザルツンゲンを過ぎ、ファッハに至る。この対岸はすなわち、フィリップスタールであり、この町から初めヘッセン州に入る。しかし同州北東部軽くかすめるだけで、ヘーリンゲンのウィダースハウゼン地区で再び国境を越えてテューリンゲン州に戻る。この辺り西側にはゾイリンクスヴァルトが控えているベルカを過ぎると、しばらくは州境離れて、リヒェルスドルファー山地の東縁にそって北に向かって流れてヘルレスハウゼンのヴォムメン地区で再びヘッセンとの州境出会う。この付近ヴェラ川は、A4と平行に流れ、数kmの間両州国境となっている。次いでまたもやテューリンゲン州なのだがクロイツブルクの北、ハイニッヒ国立公園に向かう。この国立公園東側位置しているのだが、ミフラで川は北西向かって鋭角向きを変えるこれにより、川はトレフルトの方向かうこととなり、ヘルドラシュタイン山の麓にあるヴァンフリートのヘルドラ地区ヘッセン州北東部到達するヴェラ川は、このヴァンフリート中心地付近通ってヘッセン州をまっすぐ西に流れシュテルツィンガー山地の北に沿ってエシュヴェーゲ付近から、南西どっしりとしたホーヘン・マイスナーの山容を望むバート・ゾーデン=アレンドルフまでは、幅の広い渓谷を進む。この町直後からリンデヴェラを過ぎる辺りまで、川は高い山の麓を流れる。リンデヴェラで、川はヘッセンテューリンゲン州境から最終的に離れて行く。ヘーヘンツォーク(高い連山)とも呼ばれるこうした山並みの中で目を引くのがハンシュタイン山(テューリンゲン州)であり、川の反対側にはルートヴィヒシュタイン山(ヘッセン州)がそびえている。この後、再びヘッセン州北東部とカウフンガー・ヴァルトの北部過ぎてヴェラ川ヴィッツェンハウゼン中心街達する。そして、この町のゲルテンバッハ地区からヘーデミュンデンまでの数kmの間、ヘッセン州ニーダーザクセン州との州境形成するミュンデン自然公園内のアウトバーンA7ICE鉄道カッセル-ゲッティンゲン-ハノーファー線の高くて重厚なを過ぎると、川は最終的にニーダーザクセン州入りハン・ミュンデン到着する。ここでヴェラ川は、南西から流れてくるフルダ川合流しヴェーザー川となって北海をめざす。この「川の結婚」はヘッセン州との州境からわずか数百m東のラインハルツヴァルトの麓でなされる

※この「流域」の解説は、「ヴェラ川」の解説の一部です。
「流域」を含む「ヴェラ川」の記事については、「ヴェラ川」の概要を参照ください。


流域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/11/08 07:57 UTC 版)

早川 (山梨県)」の記事における「流域」の解説

白鳳渓谷野呂川流域にある。 奈良田温泉 西山温泉 新倉(あらくら)の糸魚川-静岡構造線露頭:国の天然記念物 赤沢宿:国の重要伝統的建造物群保存地区 この項目は、河川関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(PJ河川)。都道府県別スタブ山梨県) ページサイズ順河ページ一覧(小/大)

※この「流域」の解説は、「早川 (山梨県)」の解説の一部です。
「流域」を含む「早川 (山梨県)」の記事については、「早川 (山梨県)」の概要を参照ください。


流域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/21 01:40 UTC 版)

西山川 (大阪府)」の記事における「流域」の解説

大阪府高槻市北部流れる、芥川支流であり、淀川の二次支流一級河川起点高槻市塚脇2丁目その後市道塚脇浦堂A2に沿って南流し西之川原一丁目二丁目境界付近芥川中流部左岸に注ぐ。高槻市城山松が丘清水谷方面丘陵からの水や芥川からの分水流入する田園地帯流れ性質取水のための用水路として利用されており、天井川呈する

※この「流域」の解説は、「西山川 (大阪府)」の解説の一部です。
「流域」を含む「西山川 (大阪府)」の記事については、「西山川 (大阪府)」の概要を参照ください。


流域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/06/22 07:48 UTC 版)

浜益川」の記事における「流域」の解説

浜益区御料地付近増毛山地に源を発し国道451号に沿って流れる。谷間には水田多く広葉樹林繁茂する下流域はたびたび洪水起こし浸水被害問題となったため、護岸工事が行われ流路直線化されている。道管理の二級河川指定区間は14.0kmである。 9月から10月にかけて、かなり遡上するサケに関して浜益川サケ有効利用調査」が実施され原則禁止サケ捕獲を、市民の手なされるイベント実施される

※この「流域」の解説は、「浜益川」の解説の一部です。
「流域」を含む「浜益川」の記事については、「浜益川」の概要を参照ください。


流域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/08/23 15:48 UTC 版)

レドニッツ川」の記事における「流域」の解説

この川は、海抜342mのロート郡ゲオルゲンスグミュントフレンキシェ・レーツァト川とシュヴェービシェ・レーツァト川とが合流して形成されるレドニッツ川ここから北に向かいロートビューヒェンバッハレドニッツヘムバッハシュヴァーバッハシュタインニュルンベルク、オーバーシュバッハ、ツィルンドルフ経てフュルト至り、その旧市街北西部で東から流れてくるペグニッツ川合流しレグニッツ川となる。

※この「流域」の解説は、「レドニッツ川」の解説の一部です。
「流域」を含む「レドニッツ川」の記事については、「レドニッツ川」の概要を参照ください。


流域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/08/29 06:46 UTC 版)

天の川 (北海道)」の記事における「流域」の解説

渡島山地分水嶺尖岳に源を発する源流部は膳棚川と呼ばれており、上膳棚川下膳棚川合流した北海道道5号江差木古内線に沿って下る。湯ノ岱付近中流域からは針葉樹林谷間蛇行する宮越内川合流する谷間開け水田地帯流れる。下流部上ノ国市街地西側流れ日本海流入する上ノ国町中心河川であり、総延長28.6kmのうち、うぐい川との合流地点から河口までの22.2kmが道管区間二級河川である。 道内でも屈指の清流であり、アユサケの遡上有名である7・8月のシーズン時期には多くの釣り人集まる。支流ではヤマメイワナ等も見られる

※この「流域」の解説は、「天の川 (北海道)」の解説の一部です。
「流域」を含む「天の川 (北海道)」の記事については、「天の川 (北海道)」の概要を参照ください。


流域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/05/30 04:13 UTC 版)

楠根川」の記事における「流域」の解説

現在の流域はほぼ八尾市内に限定される一級河川起点八尾市八尾木地区八尾市役所曙川出張所北東付近となっている。地図上の流域はさらに続いているが、住宅地田畑の中を流れ用水路のようになっており、曙川小学校の南付近東西別れ、さらにさかのぼると、玉串川八尾市曙川東地区)や長瀬川八尾市天王寺屋地区)の農業用水取水口から取り込まれており、水源農業用水路の余り見なせる。 八尾木地区から中田地区まではまっすぐ北上し南小阪合町付近で少し西に向きを変える近鉄大阪線ガード下越えると川幅深さ大きくなる。ここ以北上記の治水工事付け替え拡張された流域である。萱振町楠根町内を通り八尾市域を出てすぐ、東大阪市若江南町5丁目第二寝屋川に合流する近鉄大阪線ガード下以南は、平成に入るまで治水護岸工事がされずに放置され付近市街地化から取り残されていたが、八尾市役所建て替えに伴い青山町3丁目に庁舎建設されるため、アクセス道路整備平行して楠根川付け替え整備がようやくされた新庁舎竣工後は庁舎跡地に「八尾市総合体育館」が建てられた。 なお、小阪合町内(府道大阪港八尾線近鉄大阪線の間)は暗渠となっている。

※この「流域」の解説は、「楠根川」の解説の一部です。
「流域」を含む「楠根川」の記事については、「楠根川」の概要を参照ください。


流域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/27 01:49 UTC 版)

日野市の用水路」の記事における「流域」の解説

日野市東豊田にある黒川清流公園西端にあるわさび農園付近源流で、途中園内にある複数湧水合流する。しかし、公園東端であるJR中央線築堤からしばらく暗渠となり、住宅街抜けた先の大字豊田付近地上に戻る。隠れている距離が長い上に水路存在ほのめかす物も特に見当たらず説明無ければ無関係水路にも感じる。ここから先は区画整理の進む川辺堀之内地区谷戸を進むが畑のあった頃の流路保持されており、日野バイパス側壁畑も見えてきて坂を下りきると豊田用水に合流する

※この「流域」の解説は、「日野市の用水路」の解説の一部です。
「流域」を含む「日野市の用水路」の記事については、「日野市の用水路」の概要を参照ください。


流域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/20 06:32 UTC 版)

稲付川」の記事における「流域」の解説

石神井川からの分岐は、環七通り東武東上線交点近く向屋敷付近智清寺板橋区大和町境内には、中用水架かっていたかつての石橋残っている正徳4年1714年)造)。ここから北東側にしばらくは石神井川に沿って東へ流れ稲荷台へ入る。北東向き変えて環七通り姥ヶ陸橋の下を通って北区立梅木小学校南側東に大きく曲線描き西が丘赤羽西上十条十条仲原との境界線四辻へ出る。この四辻付近にはかつて水車小屋があり、大正期には遊園という川魚料亭があった。四辻から十条仲原上がる坂道はこれに因んで「遊園の坂」と呼ばれた四辻から旧・北区清水小学校北側経由し(この付近までは河道跡が一般道として残る)、旧岩槻街道を現在は消滅した高橋でくぐる。この先神谷付近一帯は、かつて大正6年医者実業家岸一太建てた赤羽航空機製作所併設赤羽飛行場創立者の名から「岸飛行場」とも呼ばれた)があったが、大正10年倒産、その跡地区画整理進み東京都都営住宅学校公園など置かれて現在は河道はっきりしないちなみに高橋付近から北東に向けて弧を描く道は、志茂にあった赤羽火力発電所大正10年設置昭和32年廃止)へ東北本線から燃料用石炭運び入れるための引き込み線廃線跡である。 下流の上十条、稲付、赤羽岩淵本宿、下、神谷といった村落明治頃までの農業水や生活水はすべて中用水から得ており、開設当初から上流村々との利水をめぐる対立絶えなかった。明治5年には、上流村民智清寺竹槍を持って立て篭もり姥ヶ下流村々対峙した。また明治9年には取水堰改修をめぐって上流6ヶ下流22対立する大騒動となったいずれも東京府仲裁している。 北区立神谷中学校南へ達した後、住宅地工場の裏手を縫うように通り、北町赤羽志茂)から開渠となって隅田川に合流していた。 北区では一部河川跡遊歩道として整備している。幅員はおよそ4m程度自動車通行困難である歩行者自転車通行者には安全な道であるが、夜間の街灯少ない。それ以外では生活道路として使用している部分もある。こちらは自動車が通るので散策際に注意されたい。ただし、姥ヶから上方向へ約10mの部分と、北町より先の隅田川までの区間歩行者含め立ち入ることはできない

※この「流域」の解説は、「稲付川」の解説の一部です。
「流域」を含む「稲付川」の記事については、「稲付川」の概要を参照ください。


流域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/11/19 20:21 UTC 版)

フェニ川」の記事における「流域」の解説

フェニ川インドトリプラ州トリプラ県を水源としてサブルームの町を経て国境流れてからバングラデシュ入りチッタゴン管区ノアカリ県を水源とするムフリ川河口近くで合流しベンガル湾へと注いでいる。河口からおよそ80キロメートル (50 mi)上流にあるラムガルまでは小舟での航行可能である

※この「流域」の解説は、「フェニ川」の解説の一部です。
「流域」を含む「フェニ川」の記事については、「フェニ川」の概要を参照ください。


流域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/12/11 16:16 UTC 版)

ダンマ氷河」の記事における「流域」の解説

ダンマ氷河起点は、ダンマシュトック東側山腹絶壁の下、標高約3300m の地点にある。氷河東に向かって広く雪原のように延び、その勾配一部で 1/2.5 を越える。南にはグレッチホルン(標高3305m)とヴィンターシュトック(標高3203m)が隣接する幅の狭い氷舌は谷をさらに下り標高2060m で終端達する。ここからはダンマロイス川が流れ出してゲシェネラルプ湖へ注ぎ、そのはまたゲシェナー・ロイス川として流れ、ゲシェネンでロイス川に合流するダンマ氷河の北には、ヴィンターベルク東側斜面上に1km2 ほどの規模広がる別の雪原ロートフィルンが隣接する

※この「流域」の解説は、「ダンマ氷河」の解説の一部です。
「流域」を含む「ダンマ氷河」の記事については、「ダンマ氷河」の概要を参照ください。


流域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/05 23:54 UTC 版)

湘江」の記事における「流域」の解説

湘江流域は長江南側南嶺山脈の北に広がっている。東は羅霄山脈贛江かんこう水系との分水界になっており、西は衡山山脈資水水系分かれている。94,600平方km流域面積のうち85,300平方km湖南省属するが、これは湖南省面積40%に相当する湘江流域の多く起伏の多い丘陵地帯と、その間川沿いに連なる河谷平原盆地からなる下流長沙から先は広い沖積平野になっており、洞庭湖に入る湘江以外の大きな川である資江沅江げんこう)、澧水れいすい)の沖積平野と一体となった浜湖平原形成している。 湘江流域の海抜高度は、上流下流で差は大きくない。ただし起伏多く雨水速やかに谷底流れてが川に集中するのも早い湘江をはじめ各支流は上流で山地屈曲しながら流れ渓谷形成している。湘江永州市より上流では水流早く急で、川は山の岩層削り峡谷作っている。石灰岩分布が多いため鍾乳洞なども多く洞窟通ってきた地下水大量に川に供給される懐化市から衡陽市までの間が湘江中流で、沿岸起伏のある丘陵になっており、その間盆地峡谷続いている衡山県から先が下流で、地勢平坦であり川の流れは緩やかで、川に沿って砂州断続的に続く。湘江河口付近には大小の湖沼が広がっているが、これらは洞庭湖が現在より広かった頃の名残である。 上流広西チワン族自治区桂林市興安県には、北へ流れ湘江と、その西方流れ珠江支流漓江を結ぶ長さ30kmあまりの運河霊渠」がある。これは秦の始皇帝南越国征服のために築かせたとされるもので、双方川の水がここで交換されている。

※この「流域」の解説は、「湘江」の解説の一部です。
「流域」を含む「湘江」の記事については、「湘江」の概要を参照ください。


流域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/29 09:45 UTC 版)

ペグニッツ川」の記事における「流域」の解説

ペグニッツ川水源ペグニッツの町のシュロスベルク山(標高543m)に位置している。この山の標高425mのカルスト地形から流れ出したペグニッツ川となり、まずペグニッツ中心街流れその後南に向かってノイハウスフェルデン、ヘルスブルックそしてフレンキシェ・シュヴァイツ=フェルデンシュタインの自然公園の中を流れる。ここからペグニッツ川方向西に変えラウフニュルンベルク通りフュルトにいたる。フュルト中心街のすぐ北側標高283mの地点レドニッツ川合流しレグニッツ川となる。 川やその岸辺には多くのカモオオバンハクチョウカモメ住んでいる

※この「流域」の解説は、「ペグニッツ川」の解説の一部です。
「流域」を含む「ペグニッツ川」の記事については、「ペグニッツ川」の概要を参照ください。


流域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/11 15:43 UTC 版)

堂々川砂留群」の記事における「流域」の解説

6番砂留上流側にはその堆砂敷を利用して堂々公園」が整備されている。敷地面積約29.9ヘクタール全体にサクラフジ属植えられ日本庭園風に造られ堂々川護岸石組作られた親水護岸河川敷芝生植えられている。毎年秋にはここで「かんなべウッドフェスティバル」が行われている。 流域は2004年設立した堂々川ホタル同好会」による周辺美化および学習活動進められている。同好会木々雑草の伐開の他、特にヒガンバナ植えホタルの餌であるカワニナ放流行っている。現在夏にはゲンジボタル・ヘイケボタル1,200匹ほど飛んでいるといい、秋にヒガンバナ約2,000開花するという。その他、カスミサンショウウオ・ニホンアカガエル・シュレーゲルアオガエルといった希少種や、タヌキモ・ヒルムシロなども確認されている。

※この「流域」の解説は、「堂々川砂留群」の解説の一部です。
「流域」を含む「堂々川砂留群」の記事については、「堂々川砂留群」の概要を参照ください。


流域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/07 06:51 UTC 版)

バン川」の記事における「流域」の解説

バン川はすべて北アイルランド内を流れる。ダウン州モーン山地端を発し、バンフットでネイ湖へ注ぐ。トゥームでネイ湖から流れ出したバン川はポートスチュアートで海へ注ぐ。

※この「流域」の解説は、「バン川」の解説の一部です。
「流域」を含む「バン川」の記事については、「バン川」の概要を参照ください。


流域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/15 08:40 UTC 版)

伊佐ノ浦川」の記事における「流域」の解説

西彼杵半島北部溶岩台地のうち、白岳標高356m)の北側斜面水源とする。上流部起伏少なく流れに沿って水田作られている。川は水田の間をまず北へ流れ緩やかに南へ流路変える水源から約3kmを過ぎると西向き斜面突き当たるが、1987年昭和62年)にはこの地点に伊佐ノ浦ダム完成したダム以降は上流とは逆に険しV字谷形成され、川は森林覆われた西向き斜面流れ下る河口から1.3km地点には砂防ダム作られているが、昭和47年1972年)にはここから大島への海底水道開通し上水道用水送水している。 V字谷そのまま河口まで続き、川は七釜東側伊佐ノ浦に注ぐ。川の流れ削られ土砂河口周辺堆積し転石海岸砂泥干潟形成する

※この「流域」の解説は、「伊佐ノ浦川」の解説の一部です。
「流域」を含む「伊佐ノ浦川」の記事については、「伊佐ノ浦川」の概要を参照ください。


流域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/13 17:28 UTC 版)

ヨーク川」の記事における「流域」の解説

ヨーク川は、リッチモンドの東約41マイル (64 km) にあるバージニア州ウェストポイントで、マタポニ川とパマンキー川(全長90マイル (145 km))合流する所が水源である。パマンキー川に流れ込むアンナ川(全長85マイル (135 km))までを合わせると、総延長は約214マイル (340 km)となる。ヨーク川チェサピーク湾向かって南東に流れ南岸位置するヨークタウンの東約5マイル (8 km) で湾に注いでいる。ヨークタウンからグロスターポイントには、ジョージ・P・コールマン記念橋アメリカ国道17号線川を渡っている。

※この「流域」の解説は、「ヨーク川」の解説の一部です。
「流域」を含む「ヨーク川」の記事については、「ヨーク川」の概要を参照ください。


流域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/15 02:15 UTC 版)

白エルスター川」の記事における「流域」の解説

白エルスター川は、アシュ東側水源から約10km流れ下った後、ドイツとの国境を越えるその後ザクセンのフォクトラントおよびバート・エルスターに達する。オエルシュニッツの下流で、白エルスター川はピルクダムによって貯水される。プラウエン通り、エルスターベルクを越えたところでテューリンゲンとの州境達する。 続いてグライツゲラといった町を抜けるが、この時ゲラの少し手前中低山地帯を抜ける。そして、ザクセン=アンハルト州の町ツァイツザクセン州ライプツィヒ流れる。ライプツィヒで川は二手流れ分岐しこのうち北側流れそのままエルスター呼ばれる。ただし、ライプツィヒでは普通、エルスター川と呼ばれる南側分流はルッペ川と呼ばれライプツィヒのシュコパウ地区ザーレ川に合流する白エルスター川は、最終的にはザクセン=アンハルト州ハレの南でザーレ川注ぎ込む東独時代褐炭採掘場連なるライプツィヒ付近で、川の流れ改修された。

※この「流域」の解説は、「白エルスター川」の解説の一部です。
「流域」を含む「白エルスター川」の記事については、「白エルスター川」の概要を参照ください。


流域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/27 01:49 UTC 版)

日野市の用水路」の記事における「流域」の解説

東京都八王子市源流とする浅川の滝合付近から取水されるが平山橋付近までは並んでおり、そこから先は豊田東豊田川辺堀之内地区通りつつ上田地区上田用水に合流する21年現在、豊田用水用い水稲栽培行っている営農者は2軒まで減った

※この「流域」の解説は、「日野市の用水路」の解説の一部です。
「流域」を含む「日野市の用水路」の記事については、「日野市の用水路」の概要を参照ください。


流域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/15 08:25 UTC 版)

東山川」の記事における「流域」の解説

大阪府高槻市北部流れる、西山川支流高槻市安岡寺町水源とし南西流れ宮之川原西進し西之川原西山川下流部左岸に注ぐ。丘陵地住宅地流下する小流である。高度成長期の流域の宅地開発に伴ってコンクリート川底河岸固められ、(三面張と言う今では都市河川の様相を呈する

※この「流域」の解説は、「東山川」の解説の一部です。
「流域」を含む「東山川」の記事については、「東山川」の概要を参照ください。


流域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/15 08:22 UTC 版)

氷室川」の記事における「流域」の解説

大阪府高槻市西部流れる女瀬川支流である。阿武山丘陵発し南流し土室町(はむろちょう)で東に転じ氷室町ひむろちょう)と宮田町境界付近女瀬川中流部右岸に注ぐ。

※この「流域」の解説は、「氷室川」の解説の一部です。
「流域」を含む「氷室川」の記事については、「氷室川」の概要を参照ください。


流域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/15 07:51 UTC 版)

真如寺川」の記事における「流域」の解説

大阪府高槻市北部流れる、芥川支流高槻市浦堂2丁目一級河川起点とする。他に、「寺谷川」とも称される安岡寺町北部丘陵発し南流したあと、安岡寺町寺谷町の町境を流れ浦堂地区貫流し西真上一丁目二丁目境界付近芥川左岸に注ぐ。高度成長期造成開発され住宅地の中を流れるため護岸工事なされており、コンクリートによって覆われた三面張りの都市河川化している

※この「流域」の解説は、「真如寺川」の解説の一部です。
「流域」を含む「真如寺川」の記事については、「真如寺川」の概要を参照ください。


流域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/15 21:52 UTC 版)

田能川」の記事における「流域」の解説

大阪府高槻市最北部に位置する田地区を流れる、芥川上流部に注ぐ川。高槻市北部田地区・田能明神ケ岳南麓付近に発し南流し田能地区高槻カントリー倶楽部南西で向き南東に転じ高槻市出灰(いずりは)で芥川上流部右岸に注ぐ。府道6号枚方亀岡線が沿う。。

※この「流域」の解説は、「田能川」の解説の一部です。
「流域」を含む「田能川」の記事については、「田能川」の概要を参照ください。


流域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/07 06:45 UTC 版)

今井川 (神奈川県)」の記事における「流域」の解説

全長は7.0kmで、流域はすべて横浜市保土ケ谷区になる。保土ケ谷区今井町横浜カントリークラブ付近に源を発し横浜新道をくぐる地点より下流約5.6Kmは二級河川となる。保土ケ谷区法泉付近よりJR東海道本線国道1号に沿って市街地東に流れる。天王町駅付近相鉄本線をくぐり、西区との区境に近い岩間町西久保町の境で帷子川に合流する横浜市保土ケ谷二俣川線沿いの環状2号線立体交差より上流部は今井雨水幹線として整備され暗渠となっている。跡地今井大上バス停付近から環状2号線付近までは『今井川いこいの水辺』として遊歩道化されている。

※この「流域」の解説は、「今井川 (神奈川県)」の解説の一部です。
「流域」を含む「今井川 (神奈川県)」の記事については、「今井川 (神奈川県)」の概要を参照ください。


流域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/11 09:53 UTC 版)

東檜尾川」の記事における「流域」の解説

高槻市北東部位置する成合川久保地区山中から流れ出る支流稲葉谷・地谷・山神川など)を合わせ大字成合彫刻の里・岩滝寺前、新名神高速道路高架下成合北の町春日神社の東を通り成合中の町最南端位置する落合西方面から流れ檜尾川西檜尾川とも言う左岸に注ぐ。新名神高速道路及びそれに関連する工事のため、平成後期護岸工事実施された。

※この「流域」の解説は、「東檜尾川」の解説の一部です。
「流域」を含む「東檜尾川」の記事については、「東檜尾川」の概要を参照ください。


流域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ()

ブトゥロイ川」の記事における「流域」の解説

ブトゥロイ川の流域にはフルイス(英語版)、ムンギアなどの町があり、河口付近にはプレンツィアの町がある。流域にはButroeという地名存在する

※この「流域」の解説は、「ブトゥロイ川」の解説の一部です。
「流域」を含む「ブトゥロイ川」の記事については、「ブトゥロイ川」の概要を参照ください。


流域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/08 08:31 UTC 版)

イラティ川」の記事における「流域」の解説

イラティ川は、イラティの森バスク語Iratiko oihana)から流れ出している。この呼称イラティ川から取られた。この川は最終的にアラゴン川流れる。なお、イラティ川にはサライツ川合流してくる付近にフォス・デ・ルンビエル(スペイン語版)と呼ばれる峡谷存在することで知られているエブロ川水系集水域を薄い黄色イラティ川集水域は濃い黄色 最上流部に建設されダムとイラビア湖(バスク語版) 中流域建設されたダムイトイツ湖(スペイン語版

※この「流域」の解説は、「イラティ川」の解説の一部です。
「流域」を含む「イラティ川」の記事については、「イラティ川」の概要を参照ください。


流域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/29 01:33 UTC 版)

アルガ川」の記事における「流域」の解説

スペインフランス国境に近いピレネー山脈山麓ナバーラ州エステリバル(スペイン語版)に端を発し北東から南西流れる。エステリバルのエウギ地区にはエウギ貯水池というダム湖があり、このダムパンプローナ都市圏スペイン語版)に供給している。中流部ではアルガ川流域最大の都市であるパンプローナを含むパンプローナ都市圏横断しており、ビリャバ=アタラビア(スペイン語版)、ブルラーダ/ブルラタ、アンソアイン/アンツォアイン(スペイン語版)、バラニャインなどの自治体蛇行して流れているサンティアゴ巡礼路沿いにあるプエンテ・ラ・レイナには、11世紀初頭架けられた石橋現存している。 プエンテ・ラ・レイナからは真南下りペラルタ/アスコイエン(スペイン語版)などを通りナバーラ州南部フネス付近アラゴン川合流した後に10kmほど下ってアラゴン州との州境エブロ川本流に合流する中下流部にはプエンテ・ラ・レイナペラルタ/アスコエインを除いて目立った都市がなく、タリファオリテ/エリベリなどの都市10kmほど東側離れているパンプローナナバーラ州南部を結ぶ交通路にAP-15号線やレンフェスペイン国鉄)の路線があるが、これらはやはりアルガ川から10kmほど東側並行しており、河川交通路標高638mのブスキル山や504mの無名峰などで隔てられている。

※この「流域」の解説は、「アルガ川」の解説の一部です。
「流域」を含む「アルガ川」の記事については、「アルガ川」の概要を参照ください。


流域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/31 14:08 UTC 版)

川棚川」の記事における「流域」の解説

佐賀県嬉野市武雄市長崎県波佐見町境界となっているノ木峠を水源とする。なおノ木峠の武雄市域は六角川嬉野市域は塩田川の流域となっている。 川棚川ノ木峠から北の波佐見町域へ流れ出し緩やかに西へ流路変え中尾川村木川長野川など多くの支流集めながら波佐見町中央部盆地流れる。蛇行しながら流路緩やかに南へ変え支流集め用水路分岐しながら川棚町へ入る。 川棚町では中山川猪乗川石木川などの支流合流する。川は幅数百mほどの平野蛇行しながら流れ大村湾へ注ぐ。下流域沖積地には川棚町中心部商工業用地造成され、河口外側両岸川棚港として利用されている。 流域はほぼ全域亘って約1,000haの水田作られ県内有数の穀倉地帯となっている。川の水農業以外に上水道用、波佐見焼陶磁器工業用などにも利用され地域住民の生活を潤すまた、内水面漁業協同組合組織されている。 生息する水生生物多く、特に純淡水魚相では佐賀県九州北部)との繋がり見られる九州北部の中で長崎県域は河川規模乏しく九州北部産の純淡水魚でも長崎県内では見られないという種類が多い。しかし佐賀県近接しある程度規模もある川棚川では、長崎県内では殆ど見られないムギツクカマツカなどが生息している。

※この「流域」の解説は、「川棚川」の解説の一部です。
「流域」を含む「川棚川」の記事については、「川棚川」の概要を参照ください。


流域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/13 06:36 UTC 版)

ヴェッテルン湖」の記事における「流域」の解説

流域では、鉱業製造業林業製紙業といった多くの産業雇用提供している農家は、牛、羊、豚、家禽類飼育している。

※この「流域」の解説は、「ヴェッテルン湖」の解説の一部です。
「流域」を含む「ヴェッテルン湖」の記事については、「ヴェッテルン湖」の概要を参照ください。


流域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/01 04:57 UTC 版)

アクス川」の記事における「流域」の解説

アクス川水源は、キルギス領のハン・テングリ山の北西斜面存在する河川南西流れて高山通過し中国新疆ウイグル自治区含まれるタリム盆地北部入り込むアクス市至って西から流れタシカン川合流し水流はさらに南に向かう。アクト県アクス川ヤルカンド川ホータン川合流してタリム川となる。 勝利渠などのアクス川利用したダム用水路多く建設され水利施設利用した農業盛んに行われている。

※この「流域」の解説は、「アクス川」の解説の一部です。
「流域」を含む「アクス川」の記事については、「アクス川」の概要を参照ください。


流域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/01 19:39 UTC 版)

大ザブ川」の記事における「流域」の解説

大ザブ川流域面積推計値差が大きい。狭い見積もりでは25,810平方キロメートル、広い見積もりでは40,300平方キロメートルとなる。流域面積のおよそ62パーセントイラク領内位置し残りトルコ領内にある。大ザブ川の流域の南側小ザブ川の流域に接しており、東側ティグリス川の流域に接している。ザグロス山脈並走する石灰岩褶曲山脈であり、海抜3,000メートルを超える大ザブ川河谷を含む山あい渓谷南西山麓地帯砂利礫岩砂岩満たされている。これはによる浸食結果である。大ザブ川流域内のアマディヤ渓谷(The Amadiya valley)は、シャフリゾール(英語版)とラニヤ平原次いでイラク領内ザグロス山脈3番目に大きな渓谷である。 大ザブ川ザグロス山脈高地から湧き出ている。この地域の冬は寒く年間降水量は1,000ミリメートルを超えるここから大ザブ川年間降水量300ミリメートル下回るザグロス山脈山麓下りティグリス川合流する。この山麓地帯の夏の平均気温一般的にザグロス山脈の上方より高い。ザグロスの高地3つの異な生物地理区(Terrestrial ecozone)によって特徴づけられる。森林限界がある標高1,800メートルよりも上では(herbs)と灌木(shrubs)が支配的な植生であり、標高1800メートルから610メートルの間では開けたオーク(Quercus aegilops)の中心であり、河谷随所沼沢地がある。この森林地帯標高が高い位置では、オーク他にセイヨウネズjuniper)を見ることができ、中間的な高度にセイヨウトネリコash)、サンザシhawthorn)、カエデmaple)、クルミwalnut)が生育している。また、より乾燥した低高度ではピスタチオオリーブの木確認できる。現在、山麓地帯多く耕作地となっているが、疎らにPhlomis属(genus)の(herbs)が支配的な自然植生残されている。

※この「流域」の解説は、「大ザブ川」の解説の一部です。
「流域」を含む「大ザブ川」の記事については、「大ザブ川」の概要を参照ください。


流域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/02 21:04 UTC 版)

小ザブ川」の記事における「流域」の解説

小ザブ川の流域は21,475-22,250平方キロメートル範囲にわたる。ドゥカン・ダム(英語版)が建設された場所の下流に限れば、11,700平方キロメートルである。流域の大部分74パーセント)はイラク領内にあり、残りイランにある。小ザブ川流域の北側大ザブ川の流域に接し、南はアドハイム川(英語版)およびディヤラ川(英語版)の流域に面している。並走する石灰岩山脈であるザグロス山脈標高3,000メートルを超えるによる浸食によって小ザブ川河谷とザグロス南西山麓砂利と砂の混合物の層で満たされている。ラニヤ平原小ザブ川流域で最大の河谷であり、Shahrazor背後にあるイラク領内のザグロスで2番目に大き河谷でもある小ザブ川多種多様な気候帯および生態系通過する川沿い年間降水量上流から下へかけてイラン領内のザグロスにおける1,000ミリメートル上からアルザブ英語版近郊ティグリス川との合流点における200ミリメートル未満まで減少する平均気温同様の勾配描きザグロス山脈河谷一般的に山麓地域よりも冬の寒さ厳しく、夏は山麓地域の方が暑い。ザグロスの高地では3つの異な生物地理区(Terrestrial ecozone)が見られる森林限界標高およそ1800メートル位置にあり、それ以上の標高では(herbs)と灌木(shrubs)が主たる植生となる。標高1800メートルから610メートルの間ではオーク(Quercus aegilops)の支配的であったが、元来植生はほとんど失われている。小ザブ川河谷は好水性の植物(water-loving plants)と、排水が無い湿地帯かつては排水無くマラリア流行していた)に特徴づけられている山麓、特にアルビール平野くまなく耕作されているが、自然の植生疎らに残されており、Phlomis属(genus)の繁茂している。

※この「流域」の解説は、「小ザブ川」の解説の一部です。
「流域」を含む「小ザブ川」の記事については、「小ザブ川」の概要を参照ください。


流域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/15 07:08 UTC 版)

サンワーキン川」の記事における「流域」の解説

サンワーキン川中部カリフォルニアの約82,000km2の面積を流域に抱えており、これはサウスカロライナ州ほぼ同じ面積である。このうち42,000km2(アッパー半島ほぼ同じ面積)はトゥーレアリ湖に注ぐ。カリフォルニア州内のみを流れる川としては最も流域面積が広い川となっている。サンワーキン川の流域は大雑把にいえばサンホアキン・バレー同義であり、東はシエラネバダ山脈、西は海岸山脈、南はテハチャピ山地分水嶺である。 流域は主に南東から北西方向に、幅185451概ね太平洋と平行に広がっている。北はローダイ (カリフォルニア州)から南はベーカーズフィールド (カリフォルニア州)まで、州内17の郡に流域は跨っている。 サンワーキン川流域の西側北西側では太平洋に注ぐ川と流域を接している一方その他の方向では、大半グレートベースンなど内陸湖流れ込む川と流域を接している。流域の北側にはサクラメント川流れている海岸山脈西側流れるパハロ川、サリナス川やカリッツォプレインとの分水嶺になっている。南ではテハチャピ山地サンホアキン・バレーモハーヴェ砂漠遮断している。東ではシエラネバダ山脈によって、サンワーキン川グレートベースンの湖に注ぐカーソン川ウォーカー川オーエンズ川などの小河川とが隔てられている。 サンワーキン川流域の経済的な基盤は、圧倒的に農業が主になっているサンホアキン・バレー世界で最も農業生産性の高いの一つだと考えられている。アメリカで農業生産額の多い郡のトップ4は、全てサンワーキン川またはトゥーレアリ湖の流域に位置している。4つの郡で生産される農作物年間で合126ドル以上、バレー全体で144ドル以上と推計される 。バレー生産されるおもな農作物木綿であるが、他にもサンワーキン川やトゥーレアリ湖流域ではコメアーモンドレタスなど200種類以上の農作物栽培されている。畜産バレー主要な産業である 。 2009年時点でサンワーキン川流域の人口は4,039,000人で、このうちトゥーレアリ湖の流域を除くと190万人である。最大の都市バレー南端部、カーン川沿い位置するベーカーズフィールドで、以下フレズノストックトンモデストと続く。その他の主要な都市としてバイセイリア、トゥーレアリ、ハンフォード、ポータービル、マデラマーセド、ターロック、マンテカ、ローダイなどがある。人口増加率カリフォルニア州内でも最も高く全米平均2倍以上ある。サンワーキン川流域で人口増加率が最も高い郡はバレー中央部位置するマデラ郡で、1990年から2003年にかけて人口が51.5%増加した主要な都市の多くは、バレー内の幹線道路であるカリフォルニア州99号によって結ばれている州間高速道路5号線バレー西側において主要な交通路となっている。 流域の土地大部分農地森林で、低木林半乾燥地域広い面積占めるほか、市街地割合増えてきている。灌漑された農地は流域の30%を占め国有林国立公園含んだ森林面積は26.8%を占める。市街地割合少なく1.9%にすぎない。流域で人口集中しているのは北部と南部であり、人口密度は川の西側より東側のほうが概して高い。市街地面積割合比較少ないにもかかわらず、流域の人口半分以上フレズノベーカーズフィールドストックトンモデスト4大都市集中している。

※この「流域」の解説は、「サンワーキン川」の解説の一部です。
「流域」を含む「サンワーキン川」の記事については、「サンワーキン川」の概要を参照ください。


流域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/17 03:58 UTC 版)

幡鉾川」の記事における「流域」の解説

芦辺町湯岳地区西にある鉾の木山標高135m)を水源とする。本流はまず西、次いで南へ流れる。柳田方面からの支流合流した後は東へ流路変える下流域は約3km2の河内盆地広がり大原・湯岳・池田・深江といった集落がある。川は町谷川池田川などの支流併せながら、水田地帯の中を東へ流れる。河内盆地最下流に原の辻遺跡があり、旧石器時代から中世までの複合遺跡となっている。内海へ注ぐ河口域壱岐島形成する溶岩台地を刻む谷となっていて、両岸丘陵地が迫る。 水源標高135mと低いうえに勾配緩く、流域のほとんどが標高50m以下である。昔は海だったとも伝えられている河内盆地のみならず川に沿ったほぼ全域水田利用され壱岐最大の稲作地帯となっている。 本流に対して流域面積比較広く降った同時に川に集まる。さらに流れ緩く蛇行多かったため、流域は古来から洪水頻発していた。1952年-1959年昭和27-34年)に耕地整理事業に伴う河川改修が行われ、幡鉾川流れ直線化された。また1992年-2004年平成4-16年)にも河川改修が行われた。ただし度重なる河川改修によって、淡水魚ニホンイシガメなど各種水生生物大きく個体数減らした

※この「流域」の解説は、「幡鉾川」の解説の一部です。
「流域」を含む「幡鉾川」の記事については、「幡鉾川」の概要を参照ください。


流域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/17 03:59 UTC 版)

有家川」の記事における「流域」の解説

雲仙山系南西部から南部にかけて連なる、絹笠山標高879m)・矢岳標高940m)・高岩山(標高881m)を水源とする。絹笠山矢岳挟まれ雲仙盆地雲仙温泉)から清水川矢岳東側斜面から有家川両河川に挟まれ高岩山の南側斜面から見岳川流れ出す清水川源流部の雲仙温泉除けば上流域森林覆われた急斜面である。川はそれぞれ雲仙岳斜面に谷を刻んで南へ流れる。清水川にある「一切経の滝」「戸の隅滝」、有家川の「帰りの滝」など名所になっている滝もある。 斜面緩くなる長野慈恩寺・見岳などの集落があり、川の両岸田畑広がる。見岳川有家川合流し続いて清水川合流する下流域は、西の須川(すかわ)、東の蒲河(かまが)と連続した扇状地形成され田畑とともに西有家有家中心部となる街並み広がる。川は田畑住宅地の中を流れ有明海へ注ぐ。

※この「流域」の解説は、「有家川」の解説の一部です。
「流域」を含む「有家川」の記事については、「有家川」の概要を参照ください。


流域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/17 03:58 UTC 版)

鰐川 (長崎県)」の記事における「流域」の解説

福江島中央部にある、南北5km東西2kmの山内盆地やまのうちぼんち)に、周辺の山から多くの支流流れこむ。山内盆地西に福江島最高峰の父ヶ岳(ててがたけ : 標高461m)、南西に七ツ岳(標高432m)、東に行者山標高340m)などの山がある。 川は山内盆地北側から流れ出て志田尾-楠原-岐宿と続く玄武岩質の溶岩台地に深い谷を刻んで流れ下る。狭い谷は下流まで続き、岐宿の南で岐宿湾へ注ぐ。

※この「流域」の解説は、「鰐川 (長崎県)」の解説の一部です。
「流域」を含む「鰐川 (長崎県)」の記事については、「鰐川 (長崎県)」の概要を参照ください。


流域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/17 03:54 UTC 版)

郡川」の記事における「流域」の解説

郡岳・経ヶ岳多良岳五家原岳囲まれ多良山系西側斜面水源とする。源流渓流群は「黒木渓谷」と呼ばれるそれらの細流黒木地区下流標高約250mの盆地集まる。昭和37年1962年)にはここに萱瀬ダム(かやぜだむ)が完成した萱瀬ダムを過ぎると流路南へ変え多良山系なだらかな山裾に深い谷を刻んで流れ下る田下町南東方向から流れてくる南ノ川内川合流する合流後谷底平野の中を西へ流れる。 大村市中心部扇状地に出ると川は北西流れ市街地北側迂回する今富町北東方向から流れてくる佐奈川内川合流する寿古町沖田町の境を流れ大村湾へ注ぐ。 上流から中流まで国道444号黒木地区では長崎県道252号が並走する。流域は源流部を除いて田畑多く作られている。長崎県内では数少ない内水面漁業協同組合組織されている川でもあり、アユコイフナウナギなどが漁獲される。ただしダム建設河川改修により漁獲量激減した森林水田の中を流れ大村市街地からも外れていて比較水質良いまた、長崎県内では珍し淡水魚アリアケギバチ記録されている。

※この「流域」の解説は、「郡川」の解説の一部です。
「流域」を含む「郡川」の記事については、「郡川」の概要を参照ください。


流域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/17 03:54 UTC 版)

浦上川」の記事における「流域」の解説

すり鉢状地形をなす長崎市中心部のうち、北東部前岳標高366m)を水源とする。畦別当継、川平山間を経ながら南西流れ大手町付近三川川大井手川合流する他にも数本支川集めながら流路南へ変え大橋付近城山川合流し長崎港に注ぐ。 狭い谷や沖積地に沿って集落住宅地商工業用地公共施設整備されている。上流域長崎県道45号線と長崎バイパス下流域国道206号および国道202号長崎本線長崎電気軌道並行する各所に架けられており、特に下流大橋下大、竹岩橋梁川橋稲佐旭大橋市街地交通の要である。 1945年8月9日には浦上地区原子爆弾ファットマン」が落とされ、川では多くの被爆者求めた原爆落下中心地周辺平和公園として整備されている。 市街地の中を流れこともあり下流域水質よくないまた、長崎大水害1982年7月23日)の際に中島川と共に氾濫し大きな被害出した経緯もあって、ほとんどの流域で護岸施されている。支流では三面護岸暗渠となった区域も多い。ただし上流部は照葉樹林など自然が多く残りゲンジボタル生息地点在する県・市地域住民による自然保護活動行われている。

※この「流域」の解説は、「浦上川」の解説の一部です。
「流域」を含む「浦上川」の記事については、「浦上川」の概要を参照ください。


流域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/17 04:07 UTC 版)

氷川」の記事における「流域」の解説

2005年10月1日八代郡竜北町宮原町合併した際、町名はこの川が町域を流れていることから氷川町となった絶滅危惧種であるクロツラヘラサギ越冬地ともなっている。

※この「流域」の解説は、「氷川」の解説の一部です。
「流域」を含む「氷川」の記事については、「氷川」の概要を参照ください。


流域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/15 02:29 UTC 版)

ジーク川」の記事における「流域」の解説

ジーク川中央中低山地経済圏流れライン川水系属する。流域は、ゲルギシェ地方、ヴァエスターヴァルト、ロタール山地ライン平野を含む2,832 km²このうち2,190 km²ノルトライン=ヴェストファーレン州642 km²ラインラント=プファルツ州である。南北60km、東西85kmの範囲広がっている

※この「流域」の解説は、「ジーク川」の解説の一部です。
「流域」を含む「ジーク川」の記事については、「ジーク川」の概要を参照ください。


流域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/17 03:54 UTC 版)

神浦川」の記事における「流域」の解説

西彼杵半島南部三方山(さんぽうざん/標高412m)、および半島中央の長浦岳(標高561m)南西側斜面水源とする。細い渓流山間それぞれV字谷刻んで西へ流れる。長浦方面からの支流には長崎県道57号線が並走する。それらは扇山地区下流標高120m地点で合流するが、昭和44年1969年)にはここに神浦ダム完成したダム下流鶴山谷川合流するダム以降V字谷形成されるが、ダムから約2kmで谷底平野となる。左岸南側)は上流部同じく森林覆われた丘陵地だが、右岸北側)には河岸段丘見られ、そこに神浦集落農耕地広がる平野入り口設置され可動堰河川公園以降は川の流れ緩くなり、公園下から感潮域となる。川は支流用水路集めながら神浦南側斜面沿いを蛇行し角力灘へ注ぐ。河口部埋立浚渫護岸防波堤施され神浦港として利用されている。

※この「流域」の解説は、「神浦川」の解説の一部です。
「流域」を含む「神浦川」の記事については、「神浦川」の概要を参照ください。


流域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/09 08:18 UTC 版)

春木川 (大阪府)」の記事における「流域」の解説

大阪府岸和田市北阪町の神於山(295メートル大阪50山)に源を発し市内山間部北へ流下し、市内尾生町北西向き変え大阪湾に注ぐ。全流域が同市内に終始し流域面積は14.4平方キロメートル流路延長は約10.0キロメートルであり、そのうち二級河川指定区間は5.7キロメートルである。水源の神於山は、和泉葛城連山前山にあたる。同川が形成する浸食谷尾生谷(おぶだに)と呼ばれる。 以下、流域は全域岸和田市内であるためその町丁・大字上流ら列挙する北阪町 三ヶ山町 尾生町 額原町 西之内町 加守町 春木泉町下野町

※この「流域」の解説は、「春木川 (大阪府)」の解説の一部です。
「流域」を含む「春木川 (大阪府)」の記事については、「春木川 (大阪府)」の概要を参照ください。


流域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/14 03:11 UTC 版)

セントクレア川」の記事における「流域」の解説

セントクレア川と、カナダ側オンタリオ州ラムトン郡にある支流合わせて103,210エーカー (417.70 km2) の流域がある。ただし、これにはセントクレア湖直接注ぐシデナム川の流域を含んでいない。ミシガン州では、ラピーア郡、マコーム郡、サニラック郡、セントクレア郡にあるブラック川パイン川、ベル川の流域合わせて780,600エーカー (3159 km2) ある。バンス・クリークとマリーンシティ周辺の流域は比較小さい。

※この「流域」の解説は、「セントクレア川」の解説の一部です。
「流域」を含む「セントクレア川」の記事については、「セントクレア川」の概要を参照ください。


流域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/17 09:22 UTC 版)

ブラマプトラ川」の記事における「流域」の解説

全長2,900km。源流ヒマラヤ山脈北側で、マーナサローワル湖から流れでチベット高原南部東進した後ヒマラヤ山脈東端をかすめ南下インドアッサム州西へ向け横断ガンジスに合流する。その合流点では世界最大広大な三角洲形成している。中流から下流にかけて堆積平野広がり、主に農業営まれる雨季はしばし氾濫し氾濫のためにできた沼沢地や池が残る。

※この「流域」の解説は、「ブラマプトラ川」の解説の一部です。
「流域」を含む「ブラマプトラ川」の記事については、「ブラマプトラ川」の概要を参照ください。


流域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/13 14:04 UTC 版)

バロー川」の記事における「流域」の解説

リーシュ県・スリーヴブルーム山脈英語版)の Glenbarrow を水源とするバロー川はポーターリントン(英語版)、モナスタレヴァン(英語版)、アサイ英語版)、カーロウMuine Bheag、Goresbridge、Graiguenamanagh、ニュー・ロス(英語版)などのタウン貫流しウォーターフォードを超え海に流れ込む。流域は肥沃な農業地帯として知られるバロー川によって、右岸に当たるキルケニー県及びウォーターフォード県左岸に当たるカーロウ県及びウェックスフォード県間には、自然による境界線成立している

※この「流域」の解説は、「バロー川」の解説の一部です。
「流域」を含む「バロー川」の記事については、「バロー川」の概要を参照ください。


流域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/11 01:18 UTC 版)

サンタアナ川」の記事における「流域」の解説

サンタアナ川の流域は南カリフォルニア南部海岸では最大であり流域面積は2,650平方マイル (6,863 km²) である。州内4郡に跨っている。本流はこれら4郡のうち3郡を流れ支流ロサンゼルス郡流れてサンタアナ川入っているその特徴平坦で乾燥したインランド・エンパイア盆地オレンジ郡北中部海岸平原であり、またこの川と垂直に近く交わり北西から南東に走るサンタアナ山脈で2つ部分分かれている。かつては自由に流れ永続していた川に50以上の支流合流している。テメスカル・クリーク・バレーがサンタアナ川流域の主要部分自然地理的な様相代表している。テメスカル・クリークとサンジャシント川流れる流域が全体45%ほどに相当し、アンサ・ボレンゴ州立公園まで南に拡がっている。 2000年時点でサンタアナ川流域には約480万人が住んでいる人口大半はサンバーナーディーノ市、リバーサイド市およびサンタアナ市といった川に近い都市中心に集中している。インランド・エンパイアでは人々川沿いの狭い領域生活しており、他の土地農業牧畜使用されている。しかしオレンジ郡ではほとんど全ての土地都市化されている。その結果サンタアナ川流域はサンタアナ山脈を境として2つ特徴ある地域分かれていると考えられる途中にある大きな湖としてはエルシノーレ湖、アーバイン湖マシューズ湖、ペリス湖、ダイアモンドバレー湖、スキナー湖およびビッグベア湖がある。エルシノーレ湖のみが自然の湖である。他の湖は郡や州の水管機関建設したダム形成された。例えばダイアモンドバレー湖はカリフォルニア州プロジェクトのために造られた。 南カリフォルニア主要な川の流域幾つかサンタアナ川流域と接している。北西にはサンガブリエル川がありロングビーチ河口とする主要河川である。南西にはサンディエゴ・クリークがあり、その流域はほとんどオレンジ郡内にある。南西部太平洋間の地域流れ河川としてはアリソ・クリーク、サンフアン・クリーク、サンマテオ・クリーク、サンタマルガリータ川、およびサンルイスレイ川がある。サンタアナ川流域の東にホワイトウォーター川流域とコーアチェラ・バレーがあり、ソルトン湖流れ込んでいる。北にはモハーヴェ川があり、モハーヴェ砂漠内陸湖流れ込んでいる。 サンティアゴ・クリークの下流オレンジ郡内の流域は極端に狭い。これはオレンジ郡内の元の流れ分岐してタルバートハンティントンビーチ洪水制御水路入りサンタアナ川河口に大変近い所で太平洋注いでいるからであるオレンジ郡抜けサンタアナ川大半は現在上流地域流出直接太平洋に導く導管として機能しており、サンティアゴ・クリーク合流点下流地域ではほとんど流れていない。オレンジ郡内で昔サンタアナ川流していた約21.4平方マイル (55.4 km²) の土地は現在、2つ洪水制御水路人口では「タルバート水路」と呼ばれるものに排水している。サンタアナ川は昔、太平洋に注ぐ多くの出口があった。その内1つ北のサンガブリエル川、あるいは南のニューポート・ハーバーにまで広げられた。 実際に最終的に太平洋注いでいた当初河口現在のニューポート・ハーバーへの入口となっている所にあった。1878年ら行われたアメリカ合衆国海岸調査によれば、ニューポート・ベイは幾つかの開放水路のある川の入り江だった。川がこの入り江流れ込んで沈泥もたらし操船難しくなった。ニューポート・ハーバーを造るために、サンタアナ川積み上げた砂で湾が埋まないようにしておく必要があった。1920年、川がニューポート・ベイに入らないようにするためにビターポイント・ダムが建設され現在のハンティントンビーチ大洋に注ぐ水路になった新し河口形成するために石の突堤造られた。ニューポート・ハーバーにある島の全て浚渫による産物であり、サンタアナ川長い間運んできた砂と沈泥から人造り上げものである

※この「流域」の解説は、「サンタアナ川」の解説の一部です。
「流域」を含む「サンタアナ川」の記事については、「サンタアナ川」の概要を参照ください。


流域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/22 00:51 UTC 版)

レグニッツ川」の記事における「流域」の解説

この川はフュルトペグニッツ川レドニッツ川合流して生まれる。北西向かいエアランゲンメーレンドルフバイアースドルフハウゼンフォルヒハイムバンベルク流れバンベルク北西部ビシュベルク地区で、マイン川の384km地点に合流するレグニッツ川渓谷を、この川と並行してマイン=ドナウ運河アウトバーンA73、バンベルクニュルンベルクを結ぶ鉄道路線走っている

※この「流域」の解説は、「レグニッツ川」の解説の一部です。
「流域」を含む「レグニッツ川」の記事については、「レグニッツ川」の概要を参照ください。


流域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/28 08:53 UTC 版)

程久保川」の記事における「流域」の解説

都道155号線の「程久保六丁目交差点」の右側付近に起点有り、しばらく都道503号線のみと並走する。このあたりは川というよりも用水路規模流量である。多摩動物公園駅付近になると、多摩都市モノレール線右方向から合流して来る。駅を過ぎてからは、川幅広がると同時に道路モノレール左側に移り谷間に沿って程久保地区一帯を通る。その後、「程久保橋丁字路」で道路モノレール別れ京王電鉄動物園線くぐった後、京王線をくぐる。線路くぐってからは、右方向進路変え三沢地区一帯を通る。このあたりから、最下流の落川地区付近まで、「左〜右〜左」と緩やかにカーブする。このカーブ抜けると、ほぼ直線であり、そのまま浅川多摩川に合流する

※この「流域」の解説は、「程久保川」の解説の一部です。
「流域」を含む「程久保川」の記事については、「程久保川」の概要を参照ください。


流域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/05/04 13:40 UTC 版)

鴨居川」の記事における「流域」の解説

横浜市緑区鴨居地区流れ鴨居一丁目鶴見川右岸南側に合流するJR横浜線橋りょう下流端から鶴見川合流点にかけては横浜川崎治水事務所所管となる。

※この「流域」の解説は、「鴨居川」の解説の一部です。
「流域」を含む「鴨居川」の記事については、「鴨居川」の概要を参照ください。


流域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/16 03:36 UTC 版)

ジェームズ川」の記事における「流域」の解説

ジェームズ川アレゲーニー山脈のアリゲイニー郡とボトトート郡境目にあるアイアンゲイト近く、カウパスチャー川とジャクソン川の合流点に源を発しハンプトン・ローズチェサピーク湾流れ込んでいる。潮汐バージニア州リッチモンドの西、瀑布線航行可能限界)まで及んでいる。潮汐が及ぶところまで流れ込む大きな支流としては、アポマトックス川、チカホミニー川、ウォーウィック川、パガン川およびナンセモンド川がある。 ニューポートニューズ・ポイント近く河口で、エリザベス川がジェームズ川に合流しハンプトン・ローズ呼ばれる港湾地域形成する。オールドポイント・コンフォート近くバージニア半島先端と、サウス・ハンプトン・ローズにあるノーフォーク市のウィロビー・スピット地域間にハンプトン・ローズからチェサピーク湾さらにはマイル東の大西洋に出る水路がある。

※この「流域」の解説は、「ジェームズ川」の解説の一部です。
「流域」を含む「ジェームズ川」の記事については、「ジェームズ川」の概要を参照ください。


流域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/07 19:03 UTC 版)

額平川」の記事における「流域」の解説

北海道日高振興局沙流郡平取町新冠郡新冠町に跨る日高山脈最高峰幌尻岳(北カール)で源を発し貫気別川(ぬきべつがわ)を筆頭とした多くの支流合流した後に水系本流沙流川合流する水系支流と言えども延長流域面積ともに二級河川水系本流厚真川匹敵凌駕する河川規模を誇る。

※この「流域」の解説は、「額平川」の解説の一部です。
「流域」を含む「額平川」の記事については、「額平川」の概要を参照ください。


流域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/09 18:24 UTC 版)

中山川」の記事における「流域」の解説

古木源太」を含む並木のような景観桜の名所となっている峠道桜三里」がある。 鞍瀬川が鞍瀬渓谷景観作り出している。

※この「流域」の解説は、「中山川」の解説の一部です。
「流域」を含む「中山川」の記事については、「中山川」の概要を参照ください。


流域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/09 16:27 UTC 版)

那智川」の記事における「流域」の解説

上流峻険流れ早く那智滝をはじめとする那智四十八滝がある。また、関西電力那智発電所設置されている。水源地周辺の山岳地以外は流れ緩やかだが、水深が浅いため舟運には用いられなかった。かつては熊野那智大社への参詣者が二瀬付近水垢離をとったといわれる河口付近には補陀洛山寺がある。また昔は河口深く大型帆船停泊したが、現在はその面影はない。近世以降妙法山銅山としての採掘が行なわれたため下流域公害及ぼした

※この「流域」の解説は、「那智川」の解説の一部です。
「流域」を含む「那智川」の記事については、「那智川」の概要を参照ください。


流域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/09 18:49 UTC 版)

志佐川」の記事における「流域」の解説

北松浦半島中央部国見山標高776m)北麓水源とする。上流部溶岩台地樹枝状の深い谷を刻む。これらの流れ国見断層長浜断層仕切られ伊万里市滝野地区盆地集まり、幅数百mほどの谷底平野流れ下る松浦市域では蛇行しながら北西流れ長野川笛吹川落合川庄野川などが合流する下流域沖積平野広がる右岸には松浦市中心部街並みがあり、河口外側に砂浜広がる川沿い堤防遊歩道作られ志佐川河畔公園」として整備されている。 流域のほぼ全域水田利用されており、集落各所に散在するまた、内水面漁業協同組合があり、アユ・コイ・ウナギ・モクズガニなどが漁獲される。ただし下流域では一部禁漁区間が設定されている。お盆には下流域精霊流し行われる

※この「流域」の解説は、「志佐川」の解説の一部です。
「流域」を含む「志佐川」の記事については、「志佐川」の概要を参照ください。


流域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/09 19:14 UTC 版)

高橋川 (鹿児島県)」の記事における「流域」の解説

高橋川流域は鹿児島県霧島市国分上之段敷根この地域の田園潤す水源一つとなっている。また歴史的に文久三年1863年)に薩摩藩島津斉彬により敷根水車動力とする「敷根火薬製造所」が作られた際、その水車動か動力源として利用された。 この項目は、河川関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(PJ河川)。都道府県別スタブ鹿児島県) ページサイズ順河ページ一覧(小/大)

※この「流域」の解説は、「高橋川 (鹿児島県)」の解説の一部です。
「流域」を含む「高橋川 (鹿児島県)」の記事については、「高橋川 (鹿児島県)」の概要を参照ください。


流域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/22 23:40 UTC 版)

エステポナ川」の記事における「流域」の解説

その全流路スペイン・バスクビスカヤ県流れている河口部バキオビスケー湾カンタブリア海)に注いでいる。

※この「流域」の解説は、「エステポナ川」の解説の一部です。
「流域」を含む「エステポナ川」の記事については、「エステポナ川」の概要を参照ください。


流域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/22 23:53 UTC 版)

バルバドゥン川」の記事における「流域」の解説

流域にはムスキスなどの町がある。上流域には牧草地混在している。上流域から中流域主要産業畜産農業である。河口近くでは石油化学工業などが行われている。河口付近にはペトロノール石油化学コンビナートがある。

※この「流域」の解説は、「バルバドゥン川」の解説の一部です。
「流域」を含む「バルバドゥン川」の記事については、「バルバドゥン川」の概要を参照ください。


流域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/08 04:51 UTC 版)

アルティバイ川」の記事における「流域」の解説

アルティバイ川の上流域では農業・畜産業林業主要産業である。左岸には在来種トキワガシ散見される河口部にはオンダロアの町が形成されており、オンダロア大西洋ビスケー湾カンタブリア海)に注いでいる。ビスカヤ県東部にはこの河川の名前にちなんだレア=アルティバイ(英語版)郡があり、オンダロアなどを含んでいる。中心都市マルキナ=シェメインである。 オンダロア流れアルティバイ川 オンダロア流れアルティバイ川 ベリアトゥア(英語版)を流れアルティバイ川

※この「流域」の解説は、「アルティバイ川」の解説の一部です。
「流域」を含む「アルティバイ川」の記事については、「アルティバイ川」の概要を参照ください。


流域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/22 23:48 UTC 版)

デバ川」の記事における「流域」の解説

バスク山脈のウルキリャ山地にあるアルラバン山(Arlaban)の西麓バスク自治州ギプスコア県・サリナス・デ・レニス(Salinas de Leniz)に端を発する。サリナス・デ・レニスはギプスコア県最南西端にある自治体であり、アラバ県接している。デバ川ギプスコア県西端部を南から北に流れ河口デバビスケー湾大西洋)に注いでいる。デバ川形成する谷はギプスコア県西部の主要な交通路であり、アラバ県ビトリア=ガステイスエイバルを結ぶGI-627号線が走っており、より直線的なルートビトリア=ガステイスギプスコア県サン・セバスティアンを結ぶAP-1号線も走っている下流部エイバルからデバまではバスク鉄道路線デバ川に沿って走っており、この路線ビスカヤ県ビルバオサン・セバスティアン結んでいる。また、デバ川流域は工業発展しており、アラサーテ/モンドラゴンモンドラゴン協同組合企業本社所在地として知られるほか、エイバルは「武器の町」、エルゴイバルは「工作機械首都」という愛称を持つ。 ギプスコア県流れてビスケー湾に注ぐ河川には、東から西に、ビダソア川ウルメア川オリア川ウロラ川デバ川などがある。ギプスコア県南西端にはアルト・デバ(上デバ)というコマルカ(郡)があり、北西端にはバホ・デバ(下デバ)というコマルカがある。いずれもデバ川の流域にあり、名称は河川名由来する中流部のアルト・デバにはアレチャバレタ、アラサーテ/モンドラゴンベルガラオニャティデバ川本流ではなく支流沿い)などの自治体があり、下流部のバホ・デバにはエイバル支流沿い)、エルゴイバルデバ河口部)などの自治体がある。デバ川の流域の大部分はギプスコア県にあるが、アラバ県のアラマイオ、ビスカヤ県のマリャビアとエルムアのみは例外的である。

※この「流域」の解説は、「デバ川」の解説の一部です。
「流域」を含む「デバ川」の記事については、「デバ川」の概要を参照ください。


流域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/22 23:41 UTC 版)

オイアルツン川」の記事における「流域」の解説

水源ピレネー山脈アジャ峰(スペイン語版)。流路長は20.3 kmであり、流域面積は85.27 km2である。大西洋ビスケー湾カンタブリア海)にあるパサイア湾に注いでいる。オイアルツン川の流域には中流域オイアルツン下流部エレンテリア河口近くレソバスク語版)、河口パサイアなどの町がある。

※この「流域」の解説は、「オイアルツン川」の解説の一部です。
「流域」を含む「オイアルツン川」の記事については、「オイアルツン川」の概要を参照ください。


流域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/22 23:51 UTC 版)

ニヴェル川」の記事における「流域」の解説

ニヴェル川スペインフランスの2国を流れ国際河川である。スペイン北部ナバーラ州北東端部から流れ出してフランス南西端部フランス領バスクラプルディ入りその後大西洋ビスケー湾注いでいる。河口付近ではニヴェル川シブールサン=ジャン=ド=リュズ境界となっている。なお、フランス領バスク部分流れている長さは39.2 kmである。 支流ラピチュリ川 ニヴェル川河口 河口付近地図

※この「流域」の解説は、「ニヴェル川」の解説の一部です。
「流域」を含む「ニヴェル川」の記事については、「ニヴェル川」の概要を参照ください。


流域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/23 19:48 UTC 版)

コリマ川」の記事における「流域」の解説

水源オホーツク海港町マガダンのすぐ北にある山地で、北極海一部である東シベリア海へと注ぐ。山地出た後は無数の湖沼のある湿地帯コリマ低地蛇行し途中でオモロン川などの大きな支流をあわせる。

※この「流域」の解説は、「コリマ川」の解説の一部です。
「流域」を含む「コリマ川」の記事については、「コリマ川」の概要を参照ください。


流域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/22 23:52 UTC 版)

バゾス川」の記事における「流域」の解説

河口 バルセロナ市街地における河口位置 バゾス川流域面積は1,038 km2であり、地中海カタルーニャ海岸山脈囲まれている。プラ・ダ・ラ・カルマ(1350m)やタガマネント(1055m)、ムンセニー山地山々、すなわちムラ(1100m)やムンカウ(1035m)、ティビダボ(512m)などサント・リュレンク・ダ・ムントの山々、クルセローラ山地、クリドール(634m)などがある。バリェス・ウリアンタル端を発しバルセロナ都市圏北側流れサント・アドリアー・ダ・バゾス地中海注いでいる。 バゾス川支流は非対照の流域を形成しており、本流左岸からはムジェント川が、右岸からはテネス川、カルデス川、リポイ川が合流する本流支流すべてを合わせた長さは530kmである。流域は典型的な地中海河川であり、乾期には河口部で2m3/秒と流量著しく少なくなるが、秋季嵐の際にその1,000倍以上もの水量となる。 バゾス川の流域は山地囲まれている。バルセロナビック結んでいる鉄道路線高速道路C-17号線やA-7号線など、いくつかの鉄道路線高速道路バゾス川に沿って走っているバゾス川は「「カタルーニャ州」」でもっとも流域人口が多い河川であり、支流含めた流域には200万人上が暮らしている。

※この「流域」の解説は、「バゾス川」の解説の一部です。
「流域」を含む「バゾス川」の記事については、「バゾス川」の概要を参照ください。


流域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/22 23:39 UTC 版)

ウロラ川」の記事における「流域」の解説

ウロラ川は、スペイン北部バスク州ギプスコア県を、ほぼ南から北へ流れ河川である。バスク地方ギプスコア地方をほぼ南から北へ流れ河川とも説明できるウロラ川流路長は約64.5 kmで、流域面積は337.47 km2である。ウロラ川沿いには上流から順に、レガスピスマラガ、ウレチュ、アスコイティアアスペイティア、アイサルナサバル、セストア、スマイアなどの町が形成されている。 ほぼ真北へと流れていたウロラ川は、レガスピの先でイリモ山東に迂回するような流路をとっており、ウロラ川イリモ山東に大きく迂回した所に形成された町がスマラガとウレチュである。その後イリモ山回り込むように今度北西方向へ少しの間流れた後、再び北へ流れる。アスペイティアでは支流イバイエデル川集める。1991年にはイバル川がイバイエデル川に合流する地点イバイエデル湖作られたイバイエデル川支流であるエレシル川東から西流れ河川であり、その浸食作用によって東西方向に谷を形成している。エレシル川の流域には、アスペイティアから約10km位置にエレシル(バスク語版)という自治体がある。 イバイエデル川との合流後ウロラ川ショショテ山東側北へ流れる。同じくウロラ川主要な支流グラナダ川が合流してくる付近に形成されたのが、アイサルナサバルの町。スマイアの町は、ウロラ川河口部形成された町である。河口における平均流量は7.97 (m3/s)である。

※この「流域」の解説は、「ウロラ川」の解説の一部です。
「流域」を含む「ウロラ川」の記事については、「ウロラ川」の概要を参照ください。


流域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/22 23:23 UTC 版)

テスト川」の記事における「流域」の解説

川はアッシュ近く水源とし、オバートンやラバストークといった村落、ホイットチャーチの町を通って西へ流れ、テストボーンでボーン川と合流する手前で、流路の向き南方へと変えている。そこからは、ロングパリッシュやミドルトン村落通過しデバー川とアントン川と合流するホエアウェルやチルボルトンの村落へと流れてゆく。 チルボルトンからは、レックフォード、ロングストック、ストックブリッジホートンといった村落通りダン川と合流するモティスフォントやキンブリッジの村落へと流れる。ここからはティムズベリーの通ってロムジーに届く手前でロケ・マナーの荘園内を流れる。ロムジー西の端には、18世紀水車小屋であるサドラーズ・ミルがテスト川川岸建っているロムジー南部では、川はルイス・マウントバッテン卿が住んだブロードランズの屋敷通り、かつてローマ人建設したがあったナースリングの村落通過し、そしてサウサンプトン郊外にあるトットンとレッドブリッジの間を流れてゆく。サウサンプトン郊外ブラックウォーター川と合流しそこからまもなく河口になる。広い河口付近では北側川岸に沿ってコンテナターミナルサウサンプトン港の岸壁広がっている最終的に河口付近でイッチェン川と並走し、二つの川はサウサンプトン湾に流れ込む。 チルボルトンとレッドブリッジ間において、かつてテスト川廃止されアンドーヴァー運河並走して流れていた。この運河大部分は1865年鉄道のスプラット・アンド・ウィンクル線を建設するために埋め立てられてしまい、今日ではこの鉄道区間大部分廃止されている。ティムズベリーとラムジー間では運河遺構をまだ確認することができるが、鉄道工事結果運河大部分は完全に失われてしまった。 テスト川イギリス環境庁によって管理されており、レッドブリッジより下流の感潮河川部分サウサンプトン港が船舶航行管理している。 アンドーヴァーの町に議会を置く非都市ディストリクトであるテスト・ヴァレーの名はテスト川由来しており、イギリス議会下院(庶民院)のサウサンプトン・テスト選挙区同様にテスト川由来している。

※この「流域」の解説は、「テスト川」の解説の一部です。
「流域」を含む「テスト川」の記事については、「テスト川」の概要を参照ください。


流域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/22 23:44 UTC 版)

グアディアナ川」の記事における「流域」の解説

グアディアナ川全長は818kmであり、スペイン領土を578km、スペイン=ポルトガル国境を約100km、ポルトガル領土を140km流れる。流域面積67,733km2であり、82%の55,444km2がスペイン領土に、17%11,560km2がポルトガル領土に存在するグアディアナ川スペイン領土でカスティーリャ=ラ・マンチャ州シウダ・レアル県アルバセテ県)、エストレマドゥーラ州バダホス県)、アンダルシア州ウエルバ県)の3自治州を流域としておりポルトガル領土でアレンテージョ県、アルガルヴェ県、ポルタレグレ県エヴォラ県ベージャ県ファーロ県6県を流域としている。

※この「流域」の解説は、「グアディアナ川」の解説の一部です。
「流域」を含む「グアディアナ川」の記事については、「グアディアナ川」の概要を参照ください。


流域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/22 23:58 UTC 版)

レア川」の記事における「流域」の解説

流路長は25 km流域面積は83.74 km2である。 流域には上流側からムニティバル(バスク語版)、アウレスティ(バスク語版)、ギサブルアガ(バスク語版)、アモロト(バスク語版)、河口部のメンデシャ(バスク語版)とレケイティオなどの町がある。ビスカヤ県レア=アルティバイ(英語版)郡の名称はレア川アルティバイ川由来する。流域における主要な産業は、農業畜産林業である。

※この「流域」の解説は、「レア川」の解説の一部です。
「流域」を含む「レア川」の記事については、「レア川」の概要を参照ください。


流域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/27 00:54 UTC 版)

鄭国渠」の記事における「流域」の解説

鄭国渠は、咸陽北方の瓠口(現在の涇陽県鎮上然出口付近)で涇河(中国語版)(渭水支流)の分け洛河中国語版)(同じく渭水支流)に至る水路である。 瓠口(谷口とも)は、涇河が北方黄土山地から関中平原渭水盆地)に出てくる地点にあたり、ここで川の水幹線水路(主渠)に引き入れている。1985年には秦代引水口付近で、川をせき止めるように築かれた長さ2650mの版築見つかっており、ダム築いて水位上げて取水したもの推測されている。幹線水路ははじめ涇河と平行に進むが、関中平原に入ると「斗」と呼ばれる水門設け多くの支線水路分出する。 鄭国渠流路について酈道元は『水経注』(515年成立)の沮水の項目(卷十六)で以下のように描写している。 渠首上承涇中山西邸瓠口,……渠瀆東逕宜秋城北,又東逕中山南。……又東逕捨車宮南絶冶谷水。鄭渠故瀆又東逕巀嶭山南池陽故城北,又東絶清水。又東逕北原下,濁水注焉。自濁水以上,今無水。……又東歴原,逕曲梁城北,又東逕太上陵南原下,北屈逕原東與沮水合,……沮循鄭渠,東逕當道城南,……又東逕蓮勺縣故城北,……又東逕粟邑故城北,……又東北流,注于洛水也。 灌漑地域は、現在の涇陽三原高陵臨潼富平臨渭にあたるとされる

※この「流域」の解説は、「鄭国渠」の解説の一部です。
「流域」を含む「鄭国渠」の記事については、「鄭国渠」の概要を参照ください。


流域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/21 08:40 UTC 版)

七瀬川 (京都府)」の記事における「流域」の解説

大岩山 仁明天皇藤森神社 本町通 (直違橋通) - 直違七瀬川交差する西岸寺 鴨川運河 京阪本線 近鉄伏見駅 竹田街道 - 棒鼻バス停(旧京都市電伏見線棒鼻電停付近交差する

※この「流域」の解説は、「七瀬川 (京都府)」の解説の一部です。
「流域」を含む「七瀬川 (京都府)」の記事については、「七瀬川 (京都府)」の概要を参照ください。


流域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/05/20 17:52 UTC 版)

新田間川」の記事における「流域」の解説

全長新田間川が1.41km、幸川が0.3kmで、流域はすべて横浜市西区になる。西区南浅間町岡野二丁目の境で帷子川から左に分かれ市街地北東流れる。横浜駅西口内海橋付近南西向き変え横浜ビブレの前で幸川となり、相鉄ジョイナス付近で再び帷子川に合流し横浜港に注ぐ。かつては新田間川が現・横浜駅西口広場付近流れ派新田間川途中に合流していたが、この部分埋め立てられた。幸川沿いには、横浜駅西口開発始まった1955(昭和30年ごろから道路占用許可得ず営業する屋台軒を連ねていたが、2016年1月末にすべて営業終了し、現在は歩道として整備されている。帷子川からの分派点の300mほど上流からは新田間川反対方向に石崎川分かれており、漢字の「中」の字似た流路形づくっている。

※この「流域」の解説は、「新田間川」の解説の一部です。
「流域」を含む「新田間川」の記事については、「新田間川」の概要を参照ください。


流域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/06 17:56 UTC 版)

カプアス川」の記事における「流域」の解説

カプアス川インドネシア最長の河川であり、ボルネオ島西部の主要な河川である。カプアス川の流域は、その全域インドネシア西カリマンタン州属している。同州北東端部マレーシアサラワク州との境界近くのカプアス・フルの山地端を発し西へ流れる。ポンティアナックの南およそ20kmの場所で南シナ海に注ぐ。流域にはセンタルム湖地域を含む。そこは湿地淡水湖および時に水没するからなる広大な保護区である。なお、この川の中流域のごく限られた地域には、肺を持たないカエルであるBarbourula kalimantanensis生息していることで知られている。 川の大部分は船の航行可能であり西カリマンタン州重要な交通路となっている。島の奥地からの材木輸送や、流域の集落への往来使用されている河口から約400km上流のサンガウ近くにかかっているカプアス川河口付近には、西カリマンタン州州都であるポンティアナック形成されており、ここには同州有数の港も整備されている。

※この「流域」の解説は、「カプアス川」の解説の一部です。
「流域」を含む「カプアス川」の記事については、「カプアス川」の概要を参照ください。


流域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/10 21:44 UTC 版)

高屋川 (芦田川水系)」の記事における「流域」の解説

広島県福山市神辺町三谷に源を発し南東に進みながら県境を超え岡山県井原市高屋町落石入りそのまま進み井原市高屋町井原市下出部町の境で大きく南西転じ、再び県境を超え広島県福山市神辺町上御領入りそのまま南西にすすみ、福山市神辺町川南南に進み福山市御幸町中津原南西転じ福山市北本庄本流芦田川に合流する流路延長24km(約21kmとも。広島県側が流域面積142.3km2、流路延長13.7km)。河床勾配1/1,800 - 1/1,100。流域ほとんどが神辺平野流れ平地河川である。本流芦田川との合流地点は、芦田川河口左岸側から上10kmにあたる。 以下高屋川の主な支流芦田川二次三次支流)を列挙する。 名称上流通過及び流末河川延長(km)流域面積(km2)芦田川水系 0高屋川 00吉野川 福山市駅家町法成寺 南進合流 5.6 10.2 00加茂川 福山市加茂町南進合流 8.1 32.7 000百谷川 福山市加茂町百谷 東南進し加茂川へ 2.9 5.3 000四川 福山市加茂町北山 東南進し加茂川へ 3.7 10.0 00六反田川 福山市神辺町道上 南進合流 3.7 6.0 00箱田川 福山市神辺町東中条 南進合流 5.5 9.0 00深水川 福山市神辺町西中条 南進合流 2.9 3.2 00竹田川 福山市神辺町竹田 西北進し合流 4.7 21.3 000狭間川 福山市神辺町竹田 北進竹田川2.0 6.1 00清水川 福山市神辺町上御領 東南進し合流 2.5 2.6 井原市高屋町から東側高梁川水系小田川までの一帯上・下出部町、井原町七日市町)も、高屋川水系形成した谷底平野である。通説によると、元々小田川上流部山野川呼ばれ西側流下高屋川繋がり芦田川へと注いでいたが、初代藩主水野勝成時代備後福山藩井原堤防築き変えしたことにより東側流下高梁川へと注ぐようになったという。2つ河川江戸時代から用水路つながっていたという資料もあり、その分水界下出部町内にあたるがはっきりしていない

※この「流域」の解説は、「高屋川 (芦田川水系)」の解説の一部です。
「流域」を含む「高屋川 (芦田川水系)」の記事については、「高屋川 (芦田川水系)」の概要を参照ください。


流域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/19 05:44 UTC 版)

ネリス川」の記事における「流域」の解説

総流域は25100 km2その内訳は1万920 km2ベラルーシ流れ(およそ79.4%)、リトアニア内の流域面積1万3849 km2である。

※この「流域」の解説は、「ネリス川」の解説の一部です。
「流域」を含む「ネリス川」の記事については、「ネリス川」の概要を参照ください。


流域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/19 07:48 UTC 版)

女瀬川」の記事における「流域」の解説

大阪府高槻市北部流れる、芥川支流であり、淀川の二次支流高槻市奈佐原山地発し南流し高槻市西部貫流し津之江町三丁目芝生町(しぼちょう)二丁目の境で芥川下流部右岸に注ぐ。下流域JR京都線阪急京都線国道171号線といった大動脈横切る。

※この「流域」の解説は、「女瀬川」の解説の一部です。
「流域」を含む「女瀬川」の記事については、「女瀬川」の概要を参照ください。


流域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/18 07:36 UTC 版)

江の川」の記事における「流域」の解説

流路(0:源流0-1:上流域1-2:中流域2-3:下流域広島県山県郡北広島町阿佐山標高1,217m)に源を発し北東進み三次市中心部3つの支流が3方から合流するそこから西進し島根県入り中国山地内を北に進み美郷町大きく西南進路変え江津市日本海に注ぐ。 江の川の全流域は、東西方向に約85km、南北方向に約60km 。一見すると楕円形であるが神戸川水系中央付近北側から島根県飯南町赤来付近にまで約20kmほどくさび状食い込んでいることからが羽を広げたような形状に近い。流路延長は約190kmであるが、源流から河口まで直線距離では約50km程度である。流域面積島根県側が1,260km2、広島県側が2,640km2でほぼ1:2になる。以下、本流および主要な支流にある市町村上流側ら列挙する江の川 - 広島県山県郡北広島町同県安芸高田市同県三次市島根県邑智郡邑南町、同郡美郷町、同郡川本町同県江津市簸ノ川 - 広島県安芸高田市 馬洗川 - 広島県世羅郡世羅町同県三次市上下川 - 広島県府中市同県三次市 西城川 - 広島県庄原市同県三次市 神野瀬川 - 広島県庄原市同県三次市 出羽川 - 島根県邑智郡邑南町 塩谷川 - 島根県飯石郡飯南町同県美郷町 濁川 - 島根県邑智郡邑南町、同郡川本町 八戸川 - 島根県邑南町同県浜田市同県江津市 都治川 - 島根県大田市同県江津市 他、2次下の支流には広島県神石郡神石高原町同県東広島市域を流れるものもある。 上流 上流域風景 広島県山県郡北広島町壬生中央の川が江の川奥に写る中国道高架陰で志路原川合流する広島県安芸高田市吉田町中央の川。 阿佐山から南進北広島町高野東進する北広島町大朝田原川大塚川合流したそこから南東に進み北広島町壬生志路原川合流土師ダム八千代湖形成するダムから流下し、安芸高田市吉田町長屋簸ノ川合流吉田町桂北東進み甲田町下小原戸島川合流そのまま北東進み三次市中心部馬洗川合流するそこから大きく西へ進路変え神野瀬川合流、更に西進し江の川取水堰鳴瀬堰)に入る。 源流から江の川取水堰付近までにあたる最上流部が大谷川また上流域は可愛川とも呼ばれている。河床勾配は1/500から1/900、丘陵地隆起準平原の中を比較緩やかに流れていく中流 中流域風景 広島県安芸高田市高宮町川根付近から上流側。 島根県邑智郡美郷町長藤付近から下流側。 取水堰から西進する。この区間からは川が安芸高田市三次市市境になる。左岸安芸高田市高宮町船木生田川合流左岸安芸高田市高宮町佐々部右岸三次市作木町門田大きく北に進路を変える左岸高宮町川根長瀬川合流左岸高宮町川根右岸三次市作木町香淀左岸側島根県との県境越え邑智郡邑南町に入る。ここから左岸側島根県右岸側が広島県になり、川が県境となる。右岸三次市作木町下作木作木川同地区で砂井谷川合流左岸邑南町下口羽出羽川合流する北進し、左岸邑南町宇都井右岸作木町伊賀和志右岸側が島根県との県境を超え邑智郡美郷町へ入る。川は町境になるも、すぐ邑南町境は西の内陸部移り川面美郷町内になる。そのまま北進続け浜原ダム浜原貯水池形成する江の川取水堰から浜原ダム付近までにあたる大きく蛇行しながら中国山地内を流れいわゆる山地流であり、河床勾配は1/300から1/600と上流域よりも急勾配になる。先行谷形成河岸段丘とごく狭い谷底平野発達流路に岩・巨石露出し両岸急峻な斜面が迫る。所々にある狭い氾濫原集落点在する日本海から季節風吹き込むため、この中流域のことを「江の川関門」と呼ばれる下流 下流域風景 島根県邑智郡美郷町明塚付近から上流側。 島根県江津市金田町付近から河口側。 北進していた川は美郷町中心部大きく南西進路を変える川本町入りその中心部三谷川が、川本町川下木谷川合流する川本町因原濁川合流すると、西に進路変え江津市に入る。江津市桜江町川戸八戸川合流西北西進路変え江津市松川町下河戸都治川合流江津市