湾とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > > の意味・解説 

わん【湾〔灣〕】

読み方:わん

常用漢字] [音]ワン(漢)

海が陸地入り込んでいる所。「湾口湾内峡湾港湾

(「彎」の代用字弓なりに曲がる。「湾曲湾入

名のり]みずくま


わん【湾】

読み方:わん

海が陸地大きく入り込んでいる海面


読み方: わん
【英】: bays

領海条約国連海洋法条約では、湾は海岸単一の国に属す場合で、奥行湾口の幅に比べて十分深い湾入定義される具体的には、低潮線を基に測ったとき、湾口の幅を直径とする半円面積よりも湾入内の面積大きければ“十分深い”ことになる。湾口に島があって複数入口分かれているときは、それぞれの開口の幅の合計距離を半径とする半円描いて比較する。もし湾口の幅、すなわち天然入口両側の低潮線上の点の間の距離が、24海里を超えなければ両点を結ぶ閉鎖より内側の水域内水として扱われる一方地学上の湾の定義は明確なものがない一般に幅広い海岸湾入を湾とするが、相模湾のように湾口の幅に対して奥行の浅いものを開湾(bight)、東京湾のように深いものを内湾、あるいは入江と呼ぶことが多い。湾の大きいものを海湾gulf)とする人もいるが、湾口の幅約 1,100km 、奥行き約 1,800km のハドソン湾bay であり、結局 baygulf同義語見なされる特殊な湾として、スカンジナビア地方多く見られる氷食谷海水侵入した狭長かつ水深の深い入江峡湾fjord)という。峡湾リアス式海岸の溺谷{おぼれだに}とは別である

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

読み方
わん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/18 02:45 UTC 版)

(わん)は、の一部で、幅の広い入り込みを形成した領域[1]。規模の小さなものを入り江と呼ぶ[1]。英語では規模の大きなものをgulfガルフ)、小さなものをbayベイ)と呼ぶ。




  1. ^ a b 日本陸水学会, ed (2006年3月31日). 陸水の事典. 講談社. p. 19 
  2. ^ a b c 中西良夫「海峡地形の呼称について その呼称起源と妥当性の問題」『地図』第1巻第4号、日本地図学会、1963年、 18-22頁、 doi:10.11212/jjca1963.1.4_182020年2月25日閲覧。
  3. ^ a b c d e 島上毅徳「東京湾北部海上巡検用図」『地図』第33巻第4号、日本地図学会、1995年、 25-26頁、 doi:10.11212/jjca1963.33.4_252020年2月25日閲覧。
  4. ^ 藤岡換太郎著『深海底の科学』 日本放送出版協会 1997年11月25日第1刷発行 ISBN 4140018143


「湾」の続きの解説一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/02 16:56 UTC 版)

バレアレス海」の記事における「湾」の解説

バレアレス海面する海岸には多くの湾や入江がある。主要な湾はイベリア半島本土バレンシア湾であり、南端ナウ岬、北端をエブロ・デルタ(英語版)のオロペサ岬とする。バレンシア湾海岸コスタ・デル・アサアールバレンシア州沿岸部)と呼ばれコスタ・デル・アサアール北側にはコスタ・ブラバジローナ県沿岸部)、コスタ・ドラダ英語版)(バルセロナ県タラゴナ県沿岸部)がある。エブロ・デルタのトルトーサ岬とバラゲール崖に挟まれ小規模なサン・ホルヘ湾もある。マヨルカ島には南部パルマ湾が、北部アルクーディア湾とポリェンサ湾がある。

※この「湾」の解説は、「バレアレス海」の解説の一部です。
「湾」を含む「バレアレス海」の記事については、「バレアレス海」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/27 14:37 UTC 版)

ハンボルト郡 (カリフォルニア州)」の記事における「湾」の解説

ハンボルト湾サンフランシスコからオレゴン州クーズ湾の間では唯一の水深のある港であり、郡中央部の海岸にある。

※この「湾」の解説は、「ハンボルト郡 (カリフォルニア州)」の解説の一部です。
「湾」を含む「ハンボルト郡 (カリフォルニア州)」の記事については、「ハンボルト郡 (カリフォルニア州)」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/13 18:47 UTC 版)

内水」の記事における「湾」の解説

「湾」とは湾口(湾の入り口となる部分)の幅に比べ奥行き十分に深く湾口引いた直線直径とする半円面積よりも湾入部の水域が広いものとされる国連海洋法条約102項)。これを満たさない湾曲部は単に沿岸となる。 海岸形状深く湾入して切り込んでいる湾の場合には、領海基線通常基線方式ではなく湾口の幅を基準とした直線基線方式によって引くことになる。湾内すべてが沿岸国の国の内水となるためには、その湾の海岸単一の国にのみ属していて、湾口の幅が24カイリ未満あり、か湾口直径とする半円より湾内面積広くなければならない領海条約第7条)。このような基準をこえる湾であっても沿岸国平穏かつ長期的にある水域内水として扱い、これに対して他国反対ない場合には、歴史的湾としてその湾内全域沿岸国内水として認められる場合もある(領海条約第7条第6項)。

※この「湾」の解説は、「内水」の解説の一部です。
「湾」を含む「内水」の記事については、「内水」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「湾」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

出典:『Wiktionary』 (2021/08/12 00:54 UTC 版)

発音(?)

名詞

  1. ワン海岸陸地入り込んでいるところ。

発音(?)

わ↘ん

熟語


出典:『Wiktionary』 (2021/08/12 00:54 UTC 版)

発音(?)



※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

「湾」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



湾と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「湾」の関連用語

湾のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



湾のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JOGMECJOGMEC
Global Disclaimer(免責事項)
本資料は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)石油・天然ガス調査グループが信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、 機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。 また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。 したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。 なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。
※Copyright (c) 2022 Japan Oil, Gas and Metals National Corporation. All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの湾 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのバレアレス海 (改訂履歴)、ハンボルト郡 (カリフォルニア州) (改訂履歴)、内水 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)、 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS