東京湾とは? わかりやすく解説

とうきょう‐わん〔トウキヤウ‐〕【東京湾】


東京湾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/20 13:54 UTC 版)

東京湾(とうきょうわん)は、日本関東地方にある、太平洋に開けたである。南に向けて開いた湾であり、浦賀水道房総半島三浦半島の間)が湾口となっている。


  1. ^ a b c 日本の閉鎖性海域”. (公式ウェブサイト). 国際エメックスセンター (2009年3月25日). 2011年9月1日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年6月18日閲覧。
  2. ^ 国際航海船舶及び国際港湾施設の保安の確保等に関する法律施行規則第3条第1号、船舶油濁損害賠償保障法施行規則第11条第1号、海上交通安全法施行令第1条、海洋汚染等及び海上災害の防止に関する法律施行規則第33条の6第2号(剱埼灯台は「剣埼灯台」表記)
  3. ^ a b 菊池利夫 『東京湾史』 13-14頁。
  4. ^ a b 児玉幸多 『東京都の地名(日本歴史地名大系 13)』 43頁。
  5. ^ 盛本昌広 『日本中世の贈与と負担』 275頁。
  6. ^ 横浜気象台防災業務課. “横浜地方気象台/発表する情報について” (日本語). 2010年3月2日閲覧。[リンク切れ]
  7. ^ 加藤庸二『東京湾諸島』(駒草出版)
  8. ^ 高橋在久, 1996 『東京湾学への窓』 蒼洋社(ブレーン出版). 2014年6月19日閲覧
  9. ^ 河野博, 2011 『東京湾の魚類』323頁 平凡社. 2014年6月19日閲覧
  10. ^ https://www.youtube.com/watch?v=t5xVIc5zCts
  11. ^ https://www.youtube.com/watch?v=-u0wjio-5cQ
  12. ^ http://www.yumekuzira.com/club.asp?div=tokyo
  13. ^ 首都圏4000万人の生活と産業を支える東京港東京港埠頭株式会社(2019年10月14日閲覧)
  14. ^ 千葉県理科学習資料データベース『東京湾の海底』
  15. ^ 東京湾に潜む「深海の楽園」 内房沖の大渓谷「東京海底谷」の奇妙な世界産経新聞』(2009年8月15日)Archived 2009年8月18日, at the Wayback Machine.
  16. ^ 葛飾の歴史”. 葛飾区. 2017年4月30日閲覧。
  17. ^ 縄文の海は、広かった! (PDF)”. +2°Cの世界 縄文時代に見る地球温暖化 ワークテキスト. 神奈川県立生命の星・地球博物館. 2015年5月26日閲覧。
  18. ^ 遠藤邦彦ほか「関東平野の《沖積層》」『アーバンクボタ』No.21、クボタ、1983年4月、 26-43頁、 NAID 10007427996
  19. ^ 地面の下って、どうなっているの?”. 埼玉県環境科学国際センター. 2017年4月29日閲覧。
  20. ^ 第2章 富士見の歴史”. 富士見市. 2017年4月29日閲覧。
  21. ^ 家康が夢見た港湾都市。東京港は夢のはじまり
  22. ^ 東京湾2億坪の埋め立てについての勧告
  23. ^ 東京計画1960
  24. ^ “奇跡の地球物語 東京湾 ~サンゴが棲む海~”. テレビ朝日. (2010年7月18日). http://www.tv-asahi.co.jp/miracle-earth/backnumber/20100718/ 2014年6月1日閲覧。 
  25. ^ ボクらの地球 奇跡の深海を潜る あなたの知らない東京湾 探検!"東京海底谷"の神秘”. 2014年6月1日閲覧。
  26. ^ 次回は「シリーズ東京湾① 生きものいっぱい!大都会の海」”. 2014年6月1日閲覧。
  27. ^ 都内河川及び東京湾の水環境の状況”. 2014年6月1日閲覧。
  28. ^ ふしぎな生物いっぱい しながわ水族館「日本の固有種展」毎日新聞』朝刊2018年9月13日(東京面)2018年11月28日閲覧。
  29. ^ 江戸前の復活!東京湾の再生をめざして”. 2014年6月1日閲覧。
  30. ^ アサリやマハゼ・アユの稚魚で知る人工干潟の重要性”. 2014年6月1日閲覧。
  31. ^ 内湾調査平成19年10月 東なぎさとお台場人工干潟の貝類生息環境の違いについて”. 2014年6月1日閲覧。
  32. ^ きれいな東京湾を目指して (PDF)
  33. ^ べいくりん関東地方整備局千葉港湾事務所(2019年10月14日閲覧)


「東京湾」の続きの解説一覧

東京湾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/04 01:51 UTC 版)

海の王子」の記事における「東京湾」解説

海へび大帝の猛襲」などに登場海へのような怪物出現し漁船などが被害を受けていた。その正体海へび大帝海龍戦艦シー・ドラゴンで、襲われ海上保安庁巡視船くろしお」は遠隔操縦で船を襲う幽霊船されてしまったその後鉄の獅子の襲来でも、鉄の獅子侵略兵器ゴルゴン上陸され大きな被害受けた

※この「東京湾」の解説は、「海の王子」の解説の一部です。
「東京湾」を含む「海の王子」の記事については、「海の王子」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「東京湾」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「東京湾」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



東京湾と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

東京湾のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



東京湾のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
気象庁気象庁
©2022 Japan Meteorological Agency. All rights reserved.
なお、「気象庁 予報用語」には、気象庁の「気象庁が天気予報等で用いる予報用語」に掲載されている2009年11月現在の情報から引用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの東京湾 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの海の王子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS