タブーとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 道具 > > タブーの意味・解説 

taboo

別表記:タブー

「taboo」の意味・「taboo」とは

「taboo」は、社会的な規範宗教的な理由から避けられるべきとされる行為話題を指す英語の単語である。特定の文化社会において、禁止されている、または強く忌避される事象を表す。例えば、特定の食物食べることや、特定の言葉発することが「taboo」とされることがある

「taboo」の発音・読み方

「taboo」の発音は、IPA表記では/təˈbuː/となる。IPAカタカナ読みでは「タブー」となり、日本人発音するカタカナ英語では「タブー」と読む。この単語発音によって意味や品詞が変わる単語ではない。

「taboo」の定義を英語で解説

「taboo」は、"a social or religious custom prohibiting or restricting a particular practice or forbidding association with a particular person, place, or thing."と定義される。これは、「社会的または宗教的な慣習により、特定の行為禁止制限、または特定の人、場所、物との関連禁じること」という意味である。

「taboo」の類語

「taboo」の類語としては、「prohibition」、「ban」、「restriction」などがある。これらの単語同様に、何かを禁止する、または制限するという意味を持つが、その理由背景範囲によって使い分けられる。

「taboo」に関連する用語・表現

「taboo」に関連する用語表現としては、「taboo subject」、「break a taboo」、「cultural taboo」などがある。「taboo subject」は避けるべき話題を、「break a taboo」はタブーを破る行為を、「cultural taboo」は特定の文化におけるタブーを指す。

「taboo」の例文

1. "In some cultures, it's a taboo to eat certain animals."(一部文化では、特定の動物食べることはタブーである。)
2. "Talking about personal finances is often considered a taboo."(個人財務について話すことは、しばしばタブーと考えられる。)
3. "He broke the taboo by marrying a woman from a different caste."(彼は異なカースト女性と結婚することでタブーを破った。)
4. "There are many taboos associated with death in our society."(私たち社会では、死に関連する多くのタブーがある。)
5. "The book discusses the taboos and myths of mental health."(その本は、メンタルヘルスのタブーと神話について論じている。)
6. "It's a taboo subject that no one wants to talk about."(それは誰も話したくないタブーの話題である。)
7. "In this community, divorce is still a big taboo."(このコミュニティでは、離婚はまだ大きなタブーである。)
8. "There are certain taboos in every culture."(すべての文化には特定のタブーがある。)
9. "The film explores the taboos of the Victorian era."(その映画は、ヴィクトリア時代のタブーを探求している。)
10. "Breaking social taboos can lead to ostracism."(社会的なタブーを破ると、追放につながることがある。)

タブー【taboo/tabu】

読み方:たぶー

《(ポリネシア)tapu(はっきり印をつけられた、の意)から》

聖と俗清浄不浄、異常と正常とを区別し両者接近接触禁止し、これを犯す超自然的制裁加えられるとする観念風習また、禁止され事物言動未開社会広くみられる禁忌禁制。「宗教上の—を犯す

ある集団の中で、言ったり、したりしてはならないこと。法度(はっと)。「彼にはその話は—だ」


タブー 【taboo】

ポリネシア語で〈明確に印を付ける〉意とか〈聖なる〉の意とかいわれる。超自然的な危険な力をもつ事物に対して社会的に厳禁されている特定の行為をいう。触れたり口に出したりしてはいけないとされる物や事柄禁忌。タブーという語は、一七七七年に探検家キャプテン-クックポリネシアトンガ島で発見した土語。①現象的には、人間のタブー(地位・身分職能性別など)、物体のタブー(動植物無生物器物食物など)、状態のタブー(出産成人結婚病気・死など)、時空のタブー(日時方角聖所など)、行為のタブー(戦闘狩猟食事・睡眠言葉など)、②形態的には、宗教的タブー、伝説的タブー、教訓的タブー、呪術的タブー、③内容的には、本来的宗教的タブー、派生的呪術的タブー、などと分類する仕方を『宗教学辞典』は示している。竹中信常『タブーの研究』などに詳しい。

タブー

作者星新一

収載図書ご依頼の件
出版社新潮社
刊行年月1989.4
シリーズ名新潮文庫

収載図書やっかいな関係
出版社青龍社
刊行年月1991.6


タブー

作者須和

収載図書タブー
出版社角川書店
刊行年月1993.2
シリーズ名角川ルビー文庫


タブー

作者浜野卓也

収載図書ジェラシー
出版社岩崎書店
刊行年月1994.11
シリーズ名ヤング・アダルト文庫


タブー

作者安部公房

収載図書安部公房全集 1 1942.12-1948.5
出版社新潮社
刊行年月1997.7


タブー―阿佐子22歳

作者小池真理子

収載図書美神
出版社講談社
刊行年月2000.5
シリーズ名講談社文庫


タブー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/11/09 09:42 UTC 版)

タブー(taboo)とは、もともとは未開社会や古代の社会で観察された、何をしてはならない、何をすべきであるという決まり事で、個人や共同体における行動のありようを規制する広義の文化的規範である。ポリネシア語tabu語源。18世紀末にジェームズ・クックが旅行記において、ポリネシアの習俗を紹介する際に用いたことから西洋社会に伝わり、その後世界各地に同様の文化があることから広まった。禁忌(きんき)という訳語も用いられる。


  1. ^ 非合理的な恐怖の面はゾンビなどいわゆる「怖いもの見たさ」でしばしば怪談ホラー作品の題材にされる。
  2. ^ 女人禁制はこれによるとする解釈もあるが、本土と類縁の文化を持つ沖縄琉球神道参照)では逆に男子禁制の色が濃い。



タブー(Tabuu)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/03 23:42 UTC 版)

亜空軍」の記事における「タブー(Tabuu)」の解説

スマブラXオリジナルキャラクターの『亜空の使者』における一連の黒幕であり、同モード最終ボス

※この「タブー(Tabuu)」の解説は、「亜空軍」の解説の一部です。
「タブー(Tabuu)」を含む「亜空軍」の記事については、「亜空軍」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「タブー」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

タブー

出典:『Wiktionary』 (2021/08/06 17:21 UTC 版)

語源

名詞

タブー

  1. 禁忌

派生語


「タブー」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



タブーと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「タブー」の関連用語

タブーのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



タブーのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2024実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2024 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのタブー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの亜空軍 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのタブー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS