タブーとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 道具 > > タブーの意味・解説 

タブー [2][1] 【taboo】

ポリネシア語で,明確にしるしをつける意〕
聖・俗,浄・不浄,正常・異常を区別し,両者接近接触回避禁止し,それを犯し場合には超自然的制裁がくだるとする観念慣習総称特定の人間(王・死者妊産婦など),事物動植物鉱物食物など),状態(出産月経成人・死など),行為戦闘狩猟近親相姦食事言葉など),日時方角などをめぐるものなどがある。禁忌
言及したり行なったりしてはいけないこと。 「社長の前でゴルフの話は-だ」

タブー 【taboo】

ポリネシア語で〈明確に印を付ける〉意とか〈聖なる〉の意とかいわれる。超自然的な危険な力をもつ事物に対して社会的厳禁されている特定の行為をいう。触れたり口に出したりしてはいけないとされる物や事柄禁忌。タブーという語は、一七七七年探検家キャプテン-クックポリネシアトンガ島で発見した土語。①現象的には、人間のタブー(地位身分職能性別など)、物体のタブー(動植物無生物器物食物など)、状態のタブー(出産成人結婚病気・死など)、時空のタブー(日時方角聖所など)、行為のタブー(戦闘狩猟食事睡眠言葉など)、②形態的には、宗教的タブー、伝説的タブー、教訓的タブー、呪術的タブー、③内容的には、本来的宗教的タブー、派生的呪術的タブー、などと分類する仕方を『宗教学辞典』は示している。竹中信常『タブーの研究』などに詳しい。

タブー

作者星新一

収載図書ご依頼の件
出版社新潮社
刊行年月1989.4
シリーズ名新潮文庫

収載図書やっかいな関係
出版社青龍社
刊行年月1991.6


タブー

作者須和

収載図書タブー
出版社角川書店
刊行年月1993.2
シリーズ名角川ルビー文庫


タブー

作者浜野卓也

収載図書ジェラシー
出版社岩崎書店
刊行年月1994.11
シリーズ名ヤング・アダルト文庫


タブー

作者安部公房

収載図書安部公房全集 1 1942.12-1948.5
出版社新潮社
刊行年月1997.7


タブー―阿佐子22歳

作者小池真理子

収載図書美神
出版社講談社
刊行年月2000.5
シリーズ名講談社文庫


タブー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/04/24 13:42 UTC 版)

タブー (taboo) とは、もともとは未開社会や古代の社会で観察された、何をしてはならない、何をすべきであるという決まり事で、個人や共同体における行動のありようを規制する広義の文化的規範である。ポリネシア語tabu語源。18世紀末にジェームズ・クックが旅行記において、ポリネシアの習俗を紹介する際に用いたことから西洋社会に伝わり、その後世界各地に同様の文化があることから広まった。禁忌(きんき)という訳語も用いられる。


  1. ^ 非合理的な恐怖の面はゾンビなどいわゆる「怖いもの見たさ」でしばしば怪談ホラー作品の題材にされる。
  2. ^ 女人禁制はこれによるとする解釈もあるが、本土と類縁の文化を持つ沖縄琉球の信仰参照)では逆に男子禁制の色が濃い。


「タブー」の続きの解説一覧

タブー

出典:『Wiktionary』 (2011/06/19 16:33 UTC 版)

名詞

  1. 禁忌

語源

関連語






タブーと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「タブー」の関連用語

1
100% |||||



4
忌み 国語辞典
72% |||||

5
禁じ手 国語辞典
72% |||||

6
禁物 国語辞典
72% |||||





タブーのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ハンネバッハ石

小小町竹

排草香

揚水車

コーヒー博物館

正法寺川北沢第十五号石堰堤

パキケファロサウルスの一種

キャンピングナイフ





タブーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
中経出版中経出版
Copyright (C) 2018 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのタブー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのタブー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2018 Weblio RSS