生活様式とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 様子 > 様式 > 生活様式の意味・解説 

せいかつ‐ようしき〔セイクワツヤウシキ〕【生活様式】

読み方:せいかつようしき

ある社会・集団属する人に共通してみられる生活の型。


生活様式

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/16 03:55 UTC 版)

生活様式(せいかつようしき)は、ライフスタイル(Lifestyle)とも呼ばれ、ある社会においての成員が共通して成り立っているような生活の送り方のことを言う。より広義には、ある個人や集団あるいは文化の興味・意見・行動、および行動指向を指す[1][2]




「生活様式」の続きの解説一覧

生活様式

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/01 05:34 UTC 版)

JUNKMETAL」の記事における「生活様式」の解説

アルター8移民した人口当初120万人グール存在という厄介事はあったものの、現在では開拓進んでいることもあり順調に人口増やしている。 通貨単位solという独自のもの使われている。 食料日用品など、生活するうえで必要とされているものは全てプラント生産されている。各プラント惑星開拓のため、またより良い生活を追求して切磋琢磨しているため、肉の品質の向上、野菜劇的な値下げ、はてはジャンクメタル著し性能向上など、アルター8生活水準の向上めざましい。 また機械駆動するための動力はほとんどが水素エンジンである。アルター8では化石燃料出ないため、から生成した水素使ったエンジンを主に使っている。ウェスタンオアシスノーザンフォートなど、電力の供給安定して行える街で電気使用されている推定される多様なエネルギー源確保アルター8における目下の悩み一つであり、微生物使って化石燃料作るなどの研究行われている。

※この「生活様式」の解説は、「JUNKMETAL」の解説の一部です。
「生活様式」を含む「JUNKMETAL」の記事については、「JUNKMETAL」の概要を参照ください。


生活様式

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/06 13:52 UTC 版)

香港植民地史 (1800年代-1930年代)」の記事における「生活様式」の解説

植民地化した香港東部は、主としてイギリス人捧げられ競争場、練兵場兵舎クリケットポログランド埋め尽くされた。西部中国人商店大衆市場茶室があった。香港文化この時代始まり飲茶発展した。最も大衆的な朝食一つが、オオムギ入ったであった1800年代中葉商人の多くが、絹、ヒスイ売ろうとし、精神的な安定得られる所に開店しようと風水助け得ようとした。苦力のような下層階級は、きつい仕事将来良い地位得られるとの考え達した。そして香港船頭商人運搬人猟師として成功することで、中国で最も一般的な広東の港を踏み出そうとした。1800年まで香港の港は、大陸輸出27%、輸入37%を取り扱うことになったイギリス旅行家イザベラ・バードは、1870年代香港ヴィクトリア朝社会唯一楽しめる快楽娯楽満ち溢れていると言った。また宮廷ホテル郵便局商店市庁舎美術館図書館建造物この時代印象的な礼儀作法見出した多くのヨーロッパ人実業家が、事業行おう香港行った大班または「大尽」と見られた。大班有名な溜まり場一つが、皇后大道香港会所であった

※この「生活様式」の解説は、「香港植民地史 (1800年代-1930年代)」の解説の一部です。
「生活様式」を含む「香港植民地史 (1800年代-1930年代)」の記事については、「香港植民地史 (1800年代-1930年代)」の概要を参照ください。


生活様式

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/06 04:53 UTC 版)

迷宮キングダム」の記事における「生活様式」の解説

迷宮内では、「星」という鉱石光源熱源になっている星の明滅によって、昼夜時間区別している。

※この「生活様式」の解説は、「迷宮キングダム」の解説の一部です。
「生活様式」を含む「迷宮キングダム」の記事については、「迷宮キングダム」の概要を参照ください。


生活様式

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/16 08:43 UTC 版)

ヘーゼビュー」の記事における「生活様式」の解説

ヘーゼビューでの人生短く雑然としていた。小さな家碁盤の目ように密集して建てられ住人寿命3040歳これより長生きするのはまれだった考古学的な研究により、晩年かれらは結核のような重い病気苦しんだことがわかっている。さらに男性化粧女性の権利など現代では驚くような事実わかっている。ユダヤ系アラブ人旅行者イブラヒム・アル=タルトゥーシ(10世紀終わり頃)は、しばしば引用されるヘーゼビュー生活についてもっとも興味深い記録提供してくれる。アル=タルトゥーシはヘゼビューに比べてかなり豊かで快適に生活できるスペインコルドバからこの地訪れている。そのため彼はヘーゼビュースカンディナヴィア人にとって重要な位置を占めるという印象は受けなかったようだ。 シュレヴグ(ヘーゼビュー)は世界の大洋のはずれにある大きな町である… 少数派ではある教会を持つキリスト教徒除き、そこの住人シリウス信仰している… 生贄として動物を殺す者はそれを中庭へと続くドア吊り下げ頭上にあるそれを突き刺す犠牲供されるのは牛や羊、山羊、豚であるが、隣人達は彼が神に敬意を表して生贄捧げていることに気付く。この町物資や富に乏しく住人達は主に豊富にいる食べる。赤ん坊経済的な理由から海に棄てられる離婚する権利があるのは女性である… 目に施される不自然な化粧もう一つ特徴であるが、化粧をしても彼らの美は損なわれ男も女も一層美しくなる加えると、私はかつて彼らの歌声ほど不快なものを聞いたことがない。彼らの喉から発せられる声はのそれか、一層けものじみたものだった

※この「生活様式」の解説は、「ヘーゼビュー」の解説の一部です。
「生活様式」を含む「ヘーゼビュー」の記事については、「ヘーゼビュー」の概要を参照ください。


生活様式

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/13 00:32 UTC 版)

アメリカ合衆国の植民地時代」の記事における「生活様式」の解説

大西洋岸中部建築多くはその民族多様性反映していた。ニューヨーク植民地オールバニニューヨーク市では、建物大多数オランダ様式で、煉瓦外装両端の高い破風特徴であり、多くのオランダ教会八角形のように造られた。ペンシルベニアドイツ人ウェールズ人開拓者母国でのやり方倣ってその家屋に切り石使いこの地域に多量にあった木材完全に無視した。この例としてフィラデルフィアのジャーマンタウンは、建物80%が完全に石で造られた。一方アイルランドからの開拓者アメリカ豊富に得られる木材活かして堅牢な丸太小屋建設した民族文化家具の様式にも影響した田園部のクエーカー教徒テーブル椅子チェストのような家具単純なデザイン好み華美な装飾避けた。しかし都会クエーカー教徒精巧な細工家具所有したフィラデルフィア市はクエーカー教徒イギリス人商人の大きな富があったために家具製作大きな中心地になったフィラデルフィア家具職人優美な箪笥製作したドイツ人職人はそのチェストなどの家具手の込んだデザイン施し花や鳥のある景色描いたドイツ人陶器工は優雅で伝統的なデザインジャグポットおよび皿を多く制作した女性待遇についても民族による違いがあった。ニューイングランドピューリタン開拓者では、妻が夫と一緒の畑で働くことはほとんど無かったペンシルベニアドイツ人社会では多くの女性が畑や馬小屋働いたドイツ人オランダ人移民女性がその資産管理すること認めたが、これはイギリスの法律では認められていなかった。イギリス植民地の妻とは異なりドイツ人オランダ人の妻は自分の衣類など物品所有し結婚する時に持ってきた資産の処分について遺書書くこともできた。 アメリカ独立戦争の時までに、白人アメリカ人の約85%はイングランド人アイルランド人ウェールズ人およびスコットランド人の子孫だった。白人の約8.8%はドイツ人、3.5%はオランダ人起源としていた。

※この「生活様式」の解説は、「アメリカ合衆国の植民地時代」の解説の一部です。
「生活様式」を含む「アメリカ合衆国の植民地時代」の記事については、「アメリカ合衆国の植民地時代」の概要を参照ください。


生活様式

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 04:19 UTC 版)

ヨコエビ」の記事における「生活様式」の解説

ヨコエビ類の多く水生底生生物だが、なかには遊泳するもの、さらには陸生ものもいる(大塚 & 駒井 2008)。 陸上生活をするハマトビムシ科の種は跳躍力優れそれぞれの和名も「~トビムシ」と名付けられている(トビムシ目粘管目)の動物も「トビムシ」と呼ばれるが、同じ節足動物門ではあるものの亜門レベル異な別物である)。ハマトビムシ科ジャンプは脚ではなく腹部下に曲げてバネとする。高さは体の数十倍から100倍に達し捕食者の眼をくらませるのに役立つ。 底質内に潜り込む習性をもつものや近底遊泳性の種には、「ソコエビ」との和名がつけられている。深海産は大型化する傾向があり、中には20cmにも達す大型種もいる。 石の下などの隙間棲むものは体を横に倒して生活することが多く、和名が「ヨコエビ」とつけられている。石をひっくり返すと腹部を激しく振って泳ぎだすが、深い水中でふつうに体を立てて泳ぎ、再び石などの下に入り込むこれらの種は第5~7胸脚三脚のように展開して平面上を歩き回ることができ、岩や海藻表面横向きのまま移動することがある。

※この「生活様式」の解説は、「ヨコエビ」の解説の一部です。
「生活様式」を含む「ヨコエビ」の記事については、「ヨコエビ」の概要を参照ください。


生活様式

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/27 23:38 UTC 版)

地球温暖化への対策」の記事における「生活様式」の解説

あらゆる生活部面持続可能性求め持続社会への転換有効性、および必要性指摘されている(AR4 WG III)。具体的には、ライフスタイル(生活様式)の改善により温室効果ガス排出削減目指すものであるIPCC議長ベジタリアンでもあるラジェンドラ・パチャウリは、畜産業全体から排出される温室効果ガス世界5分の1近く占めるとし、イギリス政府に対して2020年までにイギリス国の食肉消費量60減らキャンペーン実施求めた個人ができる対策として、肉の消費減らし自転車利用し必要なものだけを買うというライフスタイル変革提案している。 小規模分散型エネルギー導入再生可能エネルギー導入電化促進省エネルギー節電節水3R4R5Rのほかに、以下のようなものがある食生活 - 世界全体では、牛などの反芻動物腸内発酵厩肥管理によって年間2.9~5.3 GtGHG発生している。それらを減らすため、野菜中心健康的な食事切り替えることで、土地部門からの排出量世界全体年間0.7~8Gt(CO2換算)のGHG削減でき、世界人口半数が肉からのタンパク質の量を1日60gに制限した食事をした場合GHG排出量を2.2Gt削減することが出来るとされる健康的持続可能な食事例としては、エネルギー消費の多い動由来食品や、嗜好品食品(甘味飲料など)の量が少なく雑穀豆類野菜及び果物や、ナッツ及び種子多く炭水化物閾値がある食事などが考えられるまた、代替肉(植物製品由来)、培養肉などが注目されているが、ipcc代替肉(植物製品由来)、培養肉昆虫などの肉の類似品は、カーボンフットプリント受容性不確かであるとしている。食品に関しては、地産地消フードマイレージ低減・(栽培必要なエネルギー消費最小となる)適地適作視点から最適なものを購入するグリーン購入 - 低エネルギー消費製品製造廃棄に伴う温室効果ガス排出少な製品購入買い替え過剰な購入自粛エコバッグなど多様なものがあり、物だけではなくサービスについても適用できる手法交通移動手段 - 温室効果ガス排出少な移動手段への転換電気自動車電車自転車徒歩への転換2アップ3ダウンなど。 衣生活 - クールビズウォームビズを通じ節電など。 住生活 - 自宅緑化断熱建材利用、自然採光による照明削減LED照明への利用など。 この分野は、吸収源活動産業部門での削減に比べ削減量の見込みに関して不確実性が最も高い。日本の京都議定書目標達成計画見直し議論おいても国民ライフスタイル改善による温室効果ガス削減量を2010年度678~1050トン見込む具体的な数値算出されたことに対して、その根拠曖昧であることなどへの批判噴出した

※この「生活様式」の解説は、「地球温暖化への対策」の解説の一部です。
「生活様式」を含む「地球温暖化への対策」の記事については、「地球温暖化への対策」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「生活様式」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「生活様式」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



生活様式と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

生活様式のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



生活様式のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの生活様式 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのJUNKMETAL (改訂履歴)、香港植民地史 (1800年代-1930年代) (改訂履歴)、迷宮キングダム (改訂履歴)、ヘーゼビュー (改訂履歴)、アメリカ合衆国の植民地時代 (改訂履歴)、ヨコエビ (改訂履歴)、地球温暖化への対策 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS